【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    やはり日本は「輸入車の墓場」?韓国の研究機関が分析=韓国ネットも納得「当然の結果」



    1 LingLing ★ :2022/06/21(火) 23:34:11.00
    やはり日本は「輸入車の墓場」?韓国の研究機関が分析=韓国ネットも納得「当然の結果」

    2022年6月20日、韓国メディア・マネーS は、「日本が『輸入車の墓場』という事実が改めて証明された」と報じた。

    記事によると、韓国自動車研究院は20日、「産業動向報告書 日本の完成車の内需市場の特性」と題する報告書を発表。それによると、21年に日本で販売された新車445万台のうち、日本系メーカーの物は416万台で、全体の93.4%に達していた。企業別に見るとトヨタが47.4%で、圧倒的なシェアを占めていたという。

    一方で海外メーカーは売れ行きを伸ばせず、メルセデスやBMW、フォルクスワーゲン、ステランティスグループの車はある程度売れたものの、これらを合算しても年間販売量は4万台に満たなかったとのこと。

    研究員は、「日本は道路幅が狭く外部の駐車場の利用率が高いため、軽自動車や小型車の人気が高い」と分析。実際に21年の新車販売台数の37.2%は軽自動車であり、乗用車の販売台数の60.6%が軽自動車と小型車だった。そのため、「世界市場で人気を集めたモデルも日本市場で成功するのは難しく、逆に日本国内の人気モデルも世界市場で販売されることは少ない」と指摘している。

    また報告書は、「中年と老年層が主軸となる日本の保守的消費行動や、自動車関連の各種制度と交通環境、経済成長率などを考慮すると、日本の消費者が車を購入する形態に大きな変化は期待できない」と推測。電気自動車についても、「日本の自家用車の年間平均走行距離は6186キロに過ぎず、現時点では電気自動車の高額な購入費用を低い維持費で相*るのは難しい」とし、「日本市場において電気自動車が成功する可能性は低い」としている。ただし、「今後電気自動車の購入費用が内燃機関車やハイブリッド車よりも低くなり、電気自動車のインフラ拡充や制度の改善が進めば、市場が変化する余地はある」と見込んでいるという。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「国産車の性能がいいんだから当然の結果でしょ」「まず国産車の質がいい。韓国人のように虚勢を張らない。経済成長率が低くて買うお金がない。これが理由」「年間で6000キロ程度なら、レンタカーで十分だよね」「日本人の全員が金持ちのわけじゃないし、駐車場などの問題もあるからトヨタで満足なんだよ」「日本ほど自国びいきの国はない」「島国だから閉鎖的」など、さまざまな理由から「当然」との声が寄せられている。

    また、「韓国は逆に『輸入車の天国』だね」「韓国メーカーの場合、韓国内より海外の方が安く売られている。自国民を無視してるから、輸入車に走りたくなって当然」など、韓国の状況と比較するコメントも見られた。(翻訳・編集/丸山)

    ソース Record China
    https://news.biglobe.ne.jp/international/0621/rec_220621_8792209005.html

    【やはり日本は「輸入車の墓場」?韓国の研究機関が分析=韓国ネットも納得「当然の結果」】の続きを読む

    こちらもおすすめ!

    自転車の女子高生に“あおり運転”“故意に追突” そして襲いかかる 容疑者の男 手段選ばぬ犯行が「恐怖」



    1 ぐれ ★ :2022/06/22(水) 09:14:15.05
    ※2022/06/22 06:10FNNプライムオンライン

    自転車に乗った女子高生を狙って、”あおり運転”をして、性的暴行に及ぼうとしたとされる男が、神奈川県警捜査一課に逮捕された。卑劣な動機のもと、手段を選ばぬ犯行は、これが初めてではなかった。

    自転車に”あおり運転” 女子高生に襲いかかる
    調べによると、会社員の野嵜彰太朗容疑者(27)は、今年4月下旬のある日、神奈川県茅ヶ崎市の路上で、自転車に乗った女子高生を狙って、性的暴行に及ぼうとしたとされる。被害者がケガをしたため、逮捕容疑は強制性交致傷となった(以下、茅ヶ崎事件とする)。

    当時、女子高生は、1人で自転車に乗り、家路を急いでいた。時刻は午後10時20分ごろ。突然、走ってきた車が追い越したかと思うと、自転車の前で、急ブレーキをかけたという。まるで”あおり運転”のようだ。行く手をふさがれた女子高生は、当然、ペダルをこぐ足を止めたという。

    すると、車から男が降りてきた。それが野嵜容疑者だった。野嵜容疑者は、女子高生に襲いかかると、性的暴行に及ぼうとしたという。しかし、その様子を目撃した通行人が「女の子が襲われている」と110番通報した。

    女子高生の自転車をはねて・・・
    野嵜容疑者は、通行人に気づかれたため、そのまま現場から車で逃走。女子高生は難を逃れたものの、頭を打つなどして、全治1週間のケガをした。取り調べに対して黙秘している野嵜容疑者だが、実は、今回の逮捕は2回目だった。

    野嵜容疑者は、別の自転車の女子高生を”ひき*う”とした疑いで、すでに逮捕されていたのだ。1回目の逮捕容疑は、以下の通り。

    野嵜容疑者は、今年5月中旬ごろ、神奈川県海老名市の路上で、自転車に乗っていた女子高生を、車で故意にはねて、殺害しようとしたとされる(以下、海老名事件とする)。発生時間は午後8時過ぎ。当時、この女子高生は、1人で帰宅途中だった。

    野嵜容疑者は、車で後ろから近づくと、いきなり自転車にぶつけたそうだ。女子高生は、そのはずみで転倒。右足にケガをするなど重傷を負ったという。野嵜容疑者は、ケガをした被害者を助けることなく、現場から立ち去ったとのこと。

    同じ車、被害者は女子高生、余罪は・・・

    続きは↓
    https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/fnn/nation/fnn-378543

    【自転車の女子高生に“あおり運転”“故意に追突” そして襲いかかる 容疑者の男 手段選ばぬ犯行が「恐怖」】の続きを読む

    こちらもおすすめ!

    ロードバイクタイプで自転車通勤中、横断の90歳女性はね死なす…58歳会社員逮捕



    1 ぐれ ★ :2022/06/22(水) 19:36:20.19
    ※2022/06/22 07:38

     21日午前8時20分頃、東京都中野区野方の区道を歩いて横断していた近くの無職松本イチさん(90)が、右から来た自転車にはねられて頭を強く打ち、まもなく死亡した。野方署は、自転車に乗っていた男性会社員(58)から業務上過失致死容疑で事情を聞いている。

    続きは↓
    読売新聞オンライン: ロードバイクタイプで自転車通勤中、横断の90歳女性はね*す…58歳会社員逮捕.
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20220622-OYT1T50061/
    ※前スレ
    【東京】ロードバイクタイプで自転車通勤中、横断の90歳女性はね*す…58歳会社員逮捕 ★2 [ぐれ★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1655870193/

    ★1 2022/06/22(水) 09:19:49.47

    【ロードバイクタイプで自転車通勤中、横断の90歳女性はね死なす…58歳会社員逮捕】の続きを読む

    こちらもおすすめ!

    居眠り運転の可能性も 第三京浜で乗用車の事故 1人死亡、2人重体



    1 首都圏の虎 ★ :2022/06/19(日) 12:50:13.40
    横浜市を走る第三京浜道路で乗用車の単独事故があり、1人が死亡し、2人が重体です。

    警察によりますと、19日午前6時前、横浜市の自動車専用道路「第三京浜」で、乗用車が港北インターチェンジの出口に向かう分岐部分に衝突しました。

    この車には5人が乗っていて、助手席の19歳とみられる男性が死亡し、2人が重体となっています。現場にはブレーキの痕がないことなどから、警察は居眠り運転の可能性もあるとみて調べています。

    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/73825?display=1

    【居眠り運転の可能性も 第三京浜で乗用車の事故 1人死亡、2人重体】の続きを読む

    こちらもおすすめ!

    パトカーも出動!! 急増地域の「ヤード取材」で外国人のクルマ2台に追いかけられた…盗難車の温床「ヤード」とは?



    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/06/20(月) 19:30:10.60
    2022年6月19日 / ビジネス

     自動車解体施設「ヤード」が増えている。解体を待つ車両が大量に置かれる施設を指し、運営業者は真っ当な人たちがほとんどであるはずだが、その一方で盗難車の保管場所として利用されるケースが多発していることから、全国の自治体で「ヤード」の不正行為を規制する「ヤード規制条例」(通称:ヤード条例)を制定するケースが増えつつある。
     そんな「ヤード」が急増している地域が三重県にある。本稿ではそんなヤードを取材した体験記と、ヤード急増の背景解説をお届けします。

    文/加藤久美子、写真/伊崎豊


























    ■ヤード急増の背景

     三重県木曽岬町(きそさきちょう)は愛知県との県境、木曽三川の河口部に位置する人口約6000人の小さな町だ。この町に近年、自動車解体のための作業場「ヤード」が急増している。理由はいろいろあるが、まずは隣接する愛知県で2019年12月より「ヤードにおける盗難自動車の解体の防止に関する条例(ヤード条例)」が施行され、ヤードへの規制が厳しくなったことがあげられる。
     条例の制定で監視の目が厳しくなり、なにかと都合が悪くなった愛知県のヤード運営業者(自動車解体業者)が、隣接する木曽岬町などでヤードの設置を始めたのである。
     2020年に木曽岬町の隣町である愛知県弥富市に大規模自動車オークション会場『MIRIVE愛知会場』が新規オープンしたことも関係しているだろう。オークションで仕入れた中古車や部品を海外に輸出するための作業場として、ヤードは欠かせない存在だからだ。

     もちろん、すべてのヤードが自動車盗難や犯罪に関わっているわけではないが、実際のところ自動車盗難の温床となっているヤードも多い。そして、木曽岬町をはじめ、愛知県と近い場所に違法ヤードが急増していることから、三重県においても2021年10月1日に全国5県めとなるヤード条例が施行されている。

    https://bestcarweb.jp/news/business/445292

    【パトカーも出動!! 急増地域の「ヤード取材」で外国人のクルマ2台に追いかけられた…盗難車の温床「ヤード」とは?】の続きを読む

    こちらもおすすめ!

    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    i2iアクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ