【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    2020年05月

    ライトの黄ばみが酷いと車検NG? 自分でも出来る! 効果的な解決方法



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/05/18(月) 22:34:54.50

    2020.05.18 Peaco* Blue K.K.


    どんなに最新のクルマであっても、ヘッドライトの経年劣化による黄ばみは避けられない問題です。しかし、この黄ばみがあまりにも酷い場合、車検に通らないケースがあります。なぜ車検を通せなくなるのでしょうか。





    ヘットライトの黄ばみや曇りが目立つ理由とは?

     クルマのヘッドライトの黄ばみが酷くなると、光量が落ちるため車検に通らないことがあります。さらに、2015年9月以降、ヘッドライトの検査基準が改正されたことで、その判断基準はより厳しくなりました。

     以前までは、ハイビーム(走行用前照灯)の検査をおこなって不合格になった場合のみ、ロービーム(前照灯)に切り替えるものでした。

     しかし、現在はロービームでの検査をおこなった後、カットオフラインやエルボー点がはっきり測定できない場合にハイビーム測定へと切り替わっています。

     そのため、以前は問題なく通過できたヘッドライトも、新基準によるロービームの照射範囲によってクリアできないケースも増えているようです。

     ヘッドライトの黄ばみが目立つ大きな要因は、経年劣化によるものが大半です。ヘッドライトは樹脂製の素材で出来ているため、ある程度の長い年数が経過すれば自然と黄ばみが目立ってくるため、徐々に曇りも酷くなっていきます。

     また、劣化の度合いはクルマの保管方法でも大きく変わります。屋外駐車場など、直射日光のあたりやすい場所では樹脂素材が焼けてしまうため、劣化の進みも早くなるほか、雨風や走行中に石が当たったりすれば、コーティングも徐々に剥がれることも要因のひとつです。

     では、実際どの程度の黄ばみだと車検をクリアできなくなるのでしょうか。都内の自動車整備工場に勤務する職員は、以下のように話します。

    「黄ばみの度合いについては、実際に確認してみないと判断できません。ただ、なかの電球が変色するとライトが暗くなってしまうので、車検に通過するのは難しいでしょう。これは、持ち込みの場合でも同じことがいえます。

     よほど酷い場合は、レンズだけ交換することができないのでヘッドライトごと取り替える必要もありますが、なかなかこういったケースは見かけません。

     また、10年以上乗っているクルマであれば、ほとんどのヘッドライトは曇ります。最近の車種であれば、玉の性質が変わっているので変色する可能性は低いでしょう。

     気になるようであれば、ホームセンターなどで取り扱っているコンパウンドを使用するのもおすすめです。多少の曇りは軽減できるので、車検前に試してみるのもいいかもしれません。

     とはいえ、実際に見ないと判断できないことが大前提なので、まずは整備工場で一度チェックしてもらってください」

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://kuruma-news.jp/post/254320


    続きを読む

    「教えて!」なぜ、自動車屋さんは固定資産税を払わない?



    (出典 car-mo.jp)



    1 うさぎ追いし名無しさん :2012/05/17(木) 01:52:47.06

    自動車屋さんの半数以上は固定資産税を払っていない。なぜなら土地の
    用途別が田・畑・市街化調整区域など元来営業できない場所です。意見どうぞ~


    続きを読む

    パッシングも…あおり運転に罰則新設へ改正案 閣議決定



    1 ばーど ★ :2020/03/03(火) 13:05:16.97

    車で通行を妨害したり、危険な車線変更やパッシングなど、いわゆる「あおり運転」の罰則が盛り込んだ道路交通法の改正案が閣議決定された。

    改正案では、車の通行を妨害する事を目的に執拗(しつよう)に車間距離を詰めたり、危険な車線変更や急ブレーキのほか、逆走や蛇行運転、パッシングなどの行為もあおり運転の対象と定義している。

    罰則については、「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」と規定し、高速道路で停止させるなど、より著しい危険を生じさせた場合には、「5年以下の懲役または100万円以下の罰金」とさらに厳しく定め、即免許の取り消しも盛り込まれている。

    警察庁は改正案を今国会に提出し、成立すれば、夏前にも試行される見通し。

    2020年3月3日 火曜 午前9:54
    https://www.fnn.jp/posts/00433141CX/202003030954_CX_CX

    関連スレ
    【道交法改正案】高速道路で停車「懲役5年」 割り込み幅寄せキ「懲役3年」 あおり運転厳罰化
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1583197143/


    続きを読む

    「何パッシングしてんだ、この野郎」軽乗用車でバスにあおり運転し暴行...ドラレコで浮上した男(42)を逮捕/千葉・東金市



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 ばーど ★ :2020/02/09(日) 13:32:30.69

     あおり運転の末に相手側の路線バスを止めて運転席の窓をたたいたとして、東金署は8日、暴行の疑いで大網白里市、自称運転手の男(42)を逮捕した。

     逮捕容疑は6日午後4時5分ごろ、東金市油井の県道で軽乗用車を運転、車間距離を詰めるなどのあおり運転をして前の路線バスを追い越した際、男性運転手(43)からパッシングされたことに立腹し、バスを止めて運転席の窓を数回殴った疑い。

     同署によると、男は容疑を認めている。現場は追い越し禁止車線で、自分の車をバスの前に止めて進路をふさぎ、「何パッシングしてんだ、この野郎」などと怒号して運転席の窓をたたいたという。

     ドライブレコーダーの映像などから男が浮上した。男性運転手と乗客6人にけがはなかった。(本紙、千葉日報オンラインでは実名報道)

    2/9(日) 13:23
    千葉日報オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-00010000-chibatopi-l12


    続きを読む

    「不所持や軽はNG!」20代美人女子が男に持ってほしいと思うモノ、第1位は「普通乗用車」



    (出典 otonamens-factory.jp)



    1 オールトの雲(北海道) [AT] :2019/08/24(土) 18:11:32.19


    【調査概要:女性が憧れる男性に関するアンケート】
    ■調査日:2019年6月14日(金) ~ 2019年6月20日(木)
    ■調査方法:インターネット調査
    ■調査人数:1,109人
    ■調査対象:全国の20代女性
    ■モニター提供元:ゼネラルリサーチ

    男性に持っていてほしいもの第1位は「車」!その理由とは…?

    次に、男性に持っていてほしいと思うものについて聞いてみると、『車(63.9%)』と回答した女性の割合が最も多く、
    次いで『ハンカチ(13.1%)』『ブランドの時計(5.5%)』『オシャレな革靴(4.4%)』と続きました。



    圧倒的第1位は「車」という結果になりましたね。
    「車は男のステータス」と言われるほど、男性の印象を左右する大切な要素です。

    なぜ、車持ちの男性がモテるのでしょうか。

    その理由について聞いてみました。

    ■車持ちの男性が理想!その理由とは…?
    ・「一緒にドライブデートがしたいから!」(静岡県/専業主婦)
    ・「デートの行動範囲が広がるし、ある程度収入がある証拠にもなる」(愛知県/パート・アルバイト)
    ・「デートの時は運転してほしい。助手席に乗っている姿を見ると幻滅する。男性の運転している姿が好き!」(福岡県/自営業・自由業)
    ・「車がなければ始まらない」(北海道/専業主婦)

    車があれば出かける場所の選択肢も広がり、デートへのモチベーションにもつながります。
    車は、モテオヤジの必須アイテムと言えるでしょう。

    https://www.fnn.jp/posts/000000001_000044700/201907231400_PRT_PRT


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    i2iアクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ