【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    2021年06月

    「懐か~しい、いつのクルマ?」彼氏の車で高速道路走ったらキンコン鳴り出した…



    (出典 img.bestcarweb.jp)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/06/25(金) 19:57:50.427


    続きを読む

    クルマ雑誌「ハスラーはセカンドカーにピッタリ!」



    (出典 cdn.autoc-one.jp)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/06/22(火) 18:26:27.383

    ハスラーをメインカーにしか出来ない人に失礼じゃないですかね


    続きを読む

    トヨタ新型「ランクル」先行発売! 新たな4Lエンジン仕様を設定! 価格約694万円~



    (出典 cdn.car-moby.jp)



    1 まそ ★ :2021/06/25(金) 15:13:59.58

    トヨタ新型「ランドクルーザー」発売! 中東で約694万円から

     2021年6月10日に世界初公開されたトヨタの新型「ランドクルーザー(300系)」(以下300系)ですが、オンライン発表の発信地となったトヨタの中東法人(トヨタUAE)から発売されています。

     また、6月24日には最初の顧客50人に対しての納車イベントをドバイでおこなったことをトヨタUAEはSNSにて明かしています。

     すでに、内外装デザインやある程度のスペック、機能などは明らかにされていますが、トヨタ中東から発売される300系はどのような仕様なのでしょうか。

     ランドクルーザーシリーズは、世界170の国や地域で累計約1040万台かつ年間30万台を販売するトヨタを代表するモデルです。

     300系のエクステリアデザインは、ランドクルーザーシリーズのヘリテージを継承。オフロード走行時のダメージを受けにくいライト類の配置やバンパーデザインなど機能美を追求しているものの、ボディサイズやディパーチャーアングル&アプローチアングルは200系を踏襲しています。

     また、300系ではオンロードを走行するメッキ調水平グリルが存在感を示すフロントデザインのモデル。

     砂漠の悪路を走破してオフロード性能を表現したGRバッチ装着モデルの2種類が明かされているため、グレードや仕様によってデザインが異なると見られます。

     パワートレインは、新開発の3.5リッターV型6気筒ツインターボガソリンエンジン(最高出力415馬力)と、3.3リッターV型6気筒ツインターボディーゼルンエンジン(最高出力309馬力)のそれぞれに新開発の10速ATを設定。

     また、一部地域にはV型6気筒自然吸気ガソリンエンジン(6AT)仕様も存在するとしています。

     これらを念頭に300系は、ランドクルーザーシリーズの本質を守る礎であるフレーム構造を踏襲しながらも、TNGAに基づく新GA-Fプラットフォームを採用しています。

     そのほか、軽量化・低重心化・高剛性化や重量配分。サスペンション構造の改善を実施して、走行テストを繰り返しおこなったことで、オンロード・オフロードの双方で快適なクルマとなりました。

     伝統の悪路走破性能を向上させるために「サスペンションの基本性能向上」、「世界初のE-KDSS採用による接地性向上」。

    「ドライバー視点で障害物を可視化出来るマルチテレインモニターの採用」、「路面状況を自動で判断して走行モードを選択するマルチテレインセレクト」などの新技術を搭載するなど、あらゆる道を走破する信頼性は世界トップといえるレベルです。

     そうしたなかで、先行して300系が発売されたトヨタUAEでは、2種類のパワートレインに各3グレードが設定されています。

     ひとつは、オンライン発売でスペックが公開された3.5リッターV型6気筒ツインターボガソリンエンジン(最高出力415馬力)に10速ATを組み合わせた仕様です。

     ふたつめは、オンライン発表で存在がほのめかされていた4リッターV型6気筒自然吸気ガソリンエンジン(最高出力約274馬力)と6速ATを組み合わせた仕様となります。

     なお、トヨタUAEでは現時点で前述のディーゼル車やGRスポーツは設定されていません。

     グレードでは、18インチホイールやオフロードバンパーなどを採用した「EXR」、20インチホイールやエアロキットを採用した「GXR」、メッキ加飾やプレミアムレザーシート、JBL製14スピーカーを採用した「VXR」とわかれており、UAE仕様のボディサイズは、全長5115-5145mm×全幅1980mm×全高1890-1920mmとなっています。

     それぞれの価格は、4リッターガソリン車が22万9900AEDから28万9900(約694万円から約875万円)、3.5リッター車が29万7900AEDから35万4900(約899万円から約1071万円)です。

    ※ ※ ※

     世界中が待望していた300系ですが、まずは需要が高い中東市場から導入されました。

     そのほかの国や地域に関しては、2021年夏以降に世界各地で発売する予定です。

    https://kuruma-news.jp/post/394362


    (出典 i.imgur.com)


    続きを読む

    「軽トラ」が人気のワケ キャンプ業界も注目の万能ぶりと手軽さ 「オシャレ」「男のロマン」の声



    (出典 cdn.autoc-one.jp)



    1 鬼瓦権蔵 ★ :2021/06/23(水) 22:28:53.55

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9f9d2f0f7432795c534eb89330fcc56fc33d01ed

    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1624428886/


    岩城滉一さんの愛車

    (出典 i.daily.jp)


    軽トラ改造のキャンピングカー「かるキャン・ナゲット」 ベースはスズキ「キャリイ」
    https://contents.trafficnews.jp/image/000/046/405/large_210614_ktru*_02.jpg


    ホンダが軽トラの生産終了…軽トラの時代は終わった?

    2021年4月、“農道の*ーリ”の異名を持つホンダの軽トラック「アクティ」が生産終了しました。
    2021年6月現在、国内で生産されている軽トラは、スズキの「キャリイ」とダイハツの「ハイゼット」の2種のみになっています。

    軽トラは価格も安く、積載性に優れることから農業従事者などの根強い需要があるだけでなく、特に地方では手軽な移動手段としても認識されています。
    小さなボディとホイールベースの短さから小回りが利き、狭い道でもすいすい走れるためです。

    生産終了の背景には、第一次産業従事者の減少や、車両への環境・安全性能に対する規制の強化などが挙げられていますが、一方で、軽トラを見直す動きもあります。
    それは、趣味のクルマとしてです。

    例えば俳優の岩城滉一さん。
    2021年5月、自身のYouTubeチャンネルで、スズキ「スーパーキャリイ」のシートを交換する様子を紹介しました。

    岩城さんの軽トラは通常よりもキャビン(室内)が広くなっている仕様です。
    シートをドイツのメーカー「RECARO」のものに交換したほか、荷台に特注のロールバーを装着したり、内装にカーボンラッピングを施したりするなど、思いのままに手を加えています。

    視聴者からは「センス次第でオシャレにできる」「男のロマン。めちゃくちゃかっこいい」などといった声が多数寄せられています。

    軽トラ需要はキャンプ業界にも

    キャンプ業界も軽トラに注目しています。
    軽トラベースのキャンピングカーが2年ほど前から、ジワジワと人気を博しているのです。

    例えば、キャンピングカーの製造などを手掛けるコイズミが販売する「かるキャン・ナゲット」は、中古の軽トラをベースに作られています。広島のカスタムブランド・ドリブンが販売し、様々なアイテムが収納できる「Dプロイボックス」や収納式小型テントが装着。
    「Dプロイボックス」には簡易型のシンクのほか、シャワールームとして使える小型テントも付いています。
    ボックスは着脱式なので、荷台から降ろせば通常通り軽トラックとしても使えます。

    さらに、軽トラを気軽にキャンピングカー化できる「TRAVEL HOUSE」というキャンパーシェルも販売されています。
    キャンパーシェルとは、荷台に載せることでキャンピングカー化できるユニットのことで、「TRAVEL HOUSE」は日本の軽トラ規格に合わせられています。

    キャンプ業界に軽トラが進出している理由のひとつには、ナンバー区分が荷物輸送を目的とした小型自動車に付与される「4ナンバー」であり、自動車税や自動車重量税が一般的な8ナンバー(特殊用途自動車)のキャンピングカーと比べても割安な点が挙げられます。
    加えてコロナ禍、キャンプ需要の高まりもあり、軽トラに白羽の矢が立ったのです。

    かっこよくカスタムもできて、キャンプも可能。
    安くて小回りも利く令和の軽トラは、従来の軽トラのイメージを変えるかもしれません。


    続きを読む

    「過失割合は!?」ノーブレーキで飛び出した軽とプリウスが衝突。



    1 ヒアデス星団(愛知県) [US] :2021/06/23(水) 18:30:41.13


    「いきなり飛び出し」車衝突…破損で修理に100万円[2021/06/23 09:31]

    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000220199.html

     今月13日、愛知県岩倉市を走行中の車のドライブレコーダーの映像です。

     片側一車線の道路を走っていると、左の脇道から軽自動車が飛び出してきたのです。

     運転手は、避けようと右にハンドルを切りますが、間に合いませんでした。

     運転手は「真っすぐ普通に走ってたんですけど、いきなり飛び出してきたので、もう避けようもなく。結構なスピードで飛び出ましたからね」と話します。

     運転手は、同乗していた妻とともに、病院に搬送され、打撲やむち打ちなど、全治約2週間のけがと診断されたといいます。

     また、車のほうも大きく破損し、修理には約100万円かかるということです。

    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000220199.html

    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    (出典 i.imgur.com)


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    i2iアクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ