【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    2021年10月

    92歳女性運転の軽乗用車にはねられ96歳女性大けが/栃木・大田原市



    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/10/29(金) 15:34:14.74

    2021/10/28 10:42 (JST)
    10/28 10:56 (JST)updated
    © 株式会社とちぎテレビ

    27日正午ごろ、大田原市新富町2丁目の市道で女性(92)が運転する軽自動車が駐車場からバックで出ようとしたところ歩いていた女性(96)をはねました。

    はねられた女性は意識はあるものの太ももの骨が折れた疑いで病院に搬送されました。

    大田原警察署で事故の詳しい原因を調べています。

    https://nordot.app/826270044662628352?c=643662570251043937


    続きを読む

    【前環境大臣】小泉進次郎氏「エンジン車からEVへの大きな転換を、若い世代が30年後まで責任を持って見続ける必要がある」



    1 ボラえもん ★ :2021/10/27(水) 19:28:50.70

     小泉進次郎前環境相=神奈川11区=が25日、衆院選三重2区に立候補している自民新人の川崎秀人氏(39)の応援で来県し、
    四日市市や鈴鹿市で支持拡大を求めた。

     小泉氏は鈴鹿市算所二丁目の鈴鹿ハンターショッピングセンター敷地で、支援者ら約千人(主催者発表)を前に街頭演説に立った。
    小泉氏は「相手はベテランで強い。少しでも力になりたいという思いで応援にきた」と呼び掛けた。

     小泉氏は気候変動の問題にも触れ「2030年以降、イギリス、ドイツなどでガソリン車の販売をやめていく。日本が今まで作ってきた物が売れる国が減る」と指摘。
    「エンジン車から電気自動車や燃料電池車に変わっていく大きな移行期を、若い世代が30年後まで責任を持って見続ける必要がある」と訴えた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4e3cb9c72850861225c64af0358a60c94f05152b


    続きを読む

    イーロン・マスク氏が「世界一売れる車になる」と豪語するテスラ・モデルYの「カローラ超え」に現実味



    1 ボラえもん ★ :2021/10/21(木) 23:56:13.95

    [メルボルン 20日 ロイター BREAKINGVIEWS]

    米電気自動車(EV)大手テスラのマスク最高経営責任者(CEO)が「大風呂敷」を広げたがるくせは全く変わっていない。
    今月の投資家との会合では、「かなりの期間」にわたって最低でも年間50%の増産ペースを維持するのは可能だと断言した。

    またスポーツタイプ多目的車(SUV)の「モデルY」は2023年までに世界で最も売れる車になるとも考えている。
    マスク氏はこれまで、数々の目標達成に失敗してきた。とはいえ最近のテスラの好調ぶりを踏まえれば、直近の同氏の発言はより真剣に受け止める価値があることを示している。

    テスラが20日発表した第3・四半期決算は、売上高が138億ドル(約1兆5700億円)と前期比約20%増え、純利益は四半期ベースで過去最高の16億ドルに達した。
    その一因は、稼働してからまだ1年足らずの中国・上海工場の生産台数がおよそ13万3000台と、カリフォルニア工場を上回る水準になったことだ。
    ドイツ・ベルリンと、近く本社を置くテキサス州オースティンの新工場が量産態勢に入るまでのスピードはそれほど速くないかもしれない。
    ただ中国における成功からは、テスラが生産能力の拡大を続けられる様子がうかがえる。

    そうした動きは、テスラの販売台数が競争相手を圧倒することにもつながっている。
    例えばゼネラル・モーターズ(GM)が第3・四半期に米国で納入した台数は、前期比で33%前後も減少。この間テスラは世界全体で販売台数を20%伸ばした。

    この差は、世界的に半導体の供給不足が続いたにもかかわらず、テスラが半導体の確保をより上手に進めた結果でもある。
    モルガン・スタンレーのアナリストチームが指摘するように、今やサプライヤーはテスラを戦略的な顧客の1つとみなしている。
    つまり同社の交渉力は高まり、供給の優先順位が切り上がる。テスラは一部半導体の内製化も手掛け、調達面で自らコントロールできる範囲を拡大しつつある。

    これら全ての状況が、23年までに「モデルY」が販売台数世界1位になるというマスク氏による見通しの実現を可能にしている。
    米国の四半期データと上海における9月実績に基づくと、テスラの今年の年間販売台数はおよそ100万台で、その90%以上を中型セダンの「モデル3」と「モデルY」が占めることになる。

    年間50%の増産ペースなら、23年には年間販売台数は250万台前後に上る。高価格帯の「モデルS」や「モデルX」の販売も上向き、
    電動ピックアップトラックや電動セミトラックが新たに投入される事態を考慮に入れたとしても、
    「モデルY」が現在単一車種で販売台数世界一のトヨタ自動車の「カローラ」を抜き去るのは決して無理な話ではない。カローラの昨年の販売台数は110万台だった。

    強固な財務基盤とずっと高水準で推移する株価収益率(PER)のおかげで、テスラは事業拡大の取り組みにおいて「再充電」する余裕がある。
    マスク氏の大言壮語はある程度割り引くべきだが、それなりに現実との接点が出てきている。

    ●背景となるニュース
    *テスラが20日発表した第3・四半期の純利益は16億ドルで四半期ベースの過去最高を記録した。売上高も138億ドルで過去最高になった。
    https://jp.reuters.com/article/tesla-musk-breakingvuews-idJPKBN2HB05N


    続きを読む

    【話題】1日2食はカップラーメン、夜は配達のバイト…ポルシェ購入で「車貧乏」になった韓国の会社員



    1 ひよこ ★ [CA] :2021/10/23(土) 01:44:12.02

    2021-10-23 00:38


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    韓国で、国産の準中型セダンを購入する予定が高級スポーツカーを買うことになった会社員のエピソードが話題...

    続きを読む(外部サイト)
    https://nordot.app/824306212744822784

    提供元:レコードチャイナ
    (最終更新:2021-10-23 00:38)


    続きを読む

    二十代女がタクシー運転手ってやっていけると思いますか?



    1 国道774号線 :2021/10/19(火) 20:22:25.16

    タクシー運転手として働くか迷ってます
    お客さんの取り合いになるのかな
    年収300万円は欲しいけど自分に達成ができるのかな
    小さな子ども2人を含める家族を養うために働くには、拘束時間が長いのではないか等不安があり、
    更に一定のラインを稼がないと基本給すら貰えない会社もあるとも聞き、迷っています。
    タクシー運転手の皆さま、どうか意見や実体験を教えてくださいませんか?


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    i2iアクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ