【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    GPS位置情報

    【宇宙開発】NASA、「パルサー」と呼ばれる天体を利用した「全銀河系測位システム」の実証に成功


    NASA、パルサーを利用した「全銀河系測位システム」の実証に成功 - マイナビニュース
    実際には、GPS衛星は時刻や軌道の情報を発信しているだけで、あとは携帯電話やカーナビといった端末が複数のGPS衛星からの信号を受信し、それをもとに端末自身が計算することで現在位置を割り出している。 GPS衛星の信号は地上はもちろん、地球周辺の宇宙空間では使えるものの、衛星から離れていくにつれて信 ...
    (出典:マイナビニュース)



    1 しじみ ★ :2018/01/27(土) 14:03:40.73 ID:CAP_USER.net

    地球上のどこでも自分の正確な位置がわかる「全地球測位システム」(GPS)。
    カーナビから携帯電話、腕時計まで、さまざまなもので使われ、
    いまや私たちの生活にとって欠かせない存在となった。

    GPSは、地球のまわりに24機の人工衛星を配備することで、その機能を実現している。
    そのため、地球上や地球周辺の宇宙空間では使えるものの、地球から遠く離れた深宇宙では、
    GPSの信号が届かなくなるため使うことができない。

    そこで米国航空宇宙局(NASA)は、太陽系内はもちろん、
    この銀河系の中ならどこでも探査機や宇宙船の正確な位置を知ることができる、
    「全銀河系測位システム」の開発に挑んでいる。
    そして2018年1月12日、その実証実験に成功したと明らかにした。

    〈GPS衛星の代わりにパルサーを活用した、新たなる天測航法〉

    GPSの仕組みについて、よくGPS衛星そのものが位置情報を発信し、
    私たちのもつ端末に届けてくれていると誤解されることがある。

    実際には、GPS衛星は時刻や軌道の情報を発信しているだけで、
    あとは携帯電話やカーナビといった端末が複数のGPS衛星からの信号を受信し、
    それをもとに端末自身が計算することで現在位置を割り出している。

    GPS衛星の信号は地上はもちろん、地球周辺の宇宙空間では使えるものの、
    衛星から離れていくにつれて信号が弱くなるため、地球から遠く離れた深宇宙の航行や、
    他の惑星に探査では利用することができない。

    そこでNASAが目をつけたのが、「パルサー」と呼ばれる天体である。

    パルサーは、超新星爆発のあとに残された超高密度の天体である中性子星の一種で、
    可視光線や電波、X線やガンマ線を、自転に伴って、規則正しく、
    パルス的に放射している天体のことを指す。あまりに規則正しく放射されていることから、
    1967年の発見当初は地球外生命が出しているのではないかと考えられたほどだった。
    現在までに3000個近いパルサーが発見されている。

    NASAのJason Mitchell氏らが率いる実験チームは、
    このパルサーが出す規則正しいパルスを利用することで、
    GPSのない深宇宙でも測位ができないか、と考えた。

    続きはソースで

    画像:今回の実証実験を行った望遠鏡「NICER」。国際宇宙ステーションに設置されてい
    https://news.mynavi.jp/article/20180126-576691/images/001.jpg

    画像:パルサーの想像図。パルサーとは、超新星爆発のあとに残された超高密度の天体である中性子星の一種で、可視光線や電波、X線やガンマ線を、自転に伴って、
    規則正しく、パルス的に放射している天体のこと (C) NASA

    (出典 news.mynavi.jp)

    画像:NICERに装備された望遠鏡群

    (出典 news.mynavi.jp)

    画像:*TANTの技術をより成熟させることで、将来実際に探査機や宇宙船の航法に使えるようになるかもしれない

    (出典 news.mynavi.jp)


    マイナビニュース
    https://news.mynavi.jp/article/20180126-576691/


    続きを読む

    【テクノロジー】ケタ違いの精度、日本版GPS「みちびき」の実力


    ケタ違いの精度、日本版GPS「みちびき」の実力 - ITpro
    みちびきは「準天頂衛星システム」、あるいは「QZSS(Quasi-Zenith Satellite System)」と呼ばれることもある。用途はGPS(Global Positioning System)と同様で、衛星を使って現在位置を割り出す測位だ。現在1~4号機の4機が打ち上げられており、2023年度をめどに7機体制とする計画だ。 その特徴は、何と言っ ...
    (出典:ITpro)



    (出典 tech.nikkeibp.co.jp)



    1 しじみ ★ :2017/12/21(木) 17:56:26.19 ID:CAP_USER.net

    まもなく、ITによる「位置情報」の使い方が大きく変わり始める。
    日本が打ち上げた新しい人工衛星システムの本格運用が2018年から始まり、
    衛星を使って現在地を割り出す測位の精度が大幅に高くなるからだ。

     メディアに「日本版GPS」と呼ばれることもある、この衛星システムの名前は「みちびき」。
    様々な分野のIT活用に変化をもたらすと予想されており、
    既にこの衛星を活用する装置やシステムの実証実験や研究開発に着手している業界もある。

    本特集ではみちびきの概要を押さえたあと、
    いくつかの実証実験事例を通じてみちびきがIT機器やITシステムをどのように変えていきそうかを見ていく。

     みちびきは「準天頂衛星システム」、あるいは「QZSS(Quasi-Zenith Satellite System)」と呼ばれることもある。
    用途はGPS(Global Positioning System)と同様で、衛星を使って現在位置を割り出す測位だ。
    現在1~4号機の4機が打ち上げられており、2023年度をめどに7機体制とする計画だ。

     その特徴は、何と言っても測位できる位置の精度の高さである。使い方によっては、わずか数cmの誤差で位置を特定できる。
    GPSの測位は誤差数mレベルなので、まさに桁違いである。この精度の高さがIT活用をどう変えるか、それが最大の注目どころだ。

    2018年に本格運用が始まる

     最初に、みちびきとGPSの関係を整理しておこう。

     世界には測位に使う衛星システムが複数ある。GPSとは、このうち米国が運用しているものだ。
    そして、日本が運用しているのがみちびき(準天頂衛星システム)である。
    このほかロシアのGLONASS、欧州のGalileo、中国のBeiDou、インドのNAVICなどがある。

    打ち上げ済みの4機の軌道は2通りある。
    日本の真上に長くとどまる「準天頂軌道」をたどるのが1、2、4号機。3号機はBS衛星などと同じく、
    日本から見て低空または上空にいない位置にとどまる「静止軌道」をたどる。
    準天頂軌道をたどる3機は、日本のほぼ真上に約8時間位置する。3機が交替で日本の真上に来るようになっており、
    24時間いずれかの1機が真上に見える形となる。

    図:主な衛星測位システム(内閣府配布資料を基に作成
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/111500524/121100001/01.png?__scale=w:500,h:280&_sh=06502e0be0
    図:みちびきには2種類の軌道がある

    (出典 itpro.nikkeibp.co.jp)
    ?__scale=w:500,h:382&_sh=0eb02a0580
    続きはソースで

    ITpro
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/111500524/121100001/


    続きを読む

    知ってた!?GPSが無料のちょっと怖いワケ…


    知ってた!?GPSが無料のちょっと怖いワケ…



    続きを読む

    【話題】日本の人工衛星のおかげでGPSの誤差が1/10になる←ネトウヨ「!!!」



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 風吹けば名無し :2017/12/23(土) 18:40:30.69 ID:q+bz4cqp0.net

    ユーチューブウヨク「韓国の反応!韓国の反応!」


    ちょっとさあ…


    続きを読む

    【テクノロジー】ケタ違いの精度、日本版GPS「みちびき」の実力


    ケタ違いの精度、日本版GPS「みちびき」の実力 - ITpro
    みちびきは「準天頂衛星システム」、あるいは「QZSS(Quasi-Zenith Satellite System)」と呼ばれることもある。用途はGPS(Global Positioning System)と同様で、衛星を使って現在位置を割り出す測位だ。現在1~4号機の4機が打ち上げられており、2023年度をめどに7機体制とする計画だ。 その特徴は、何と言っ ...
    (出典:ITpro)



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 しじみ ★ :2017/12/21(木) 17:56:26.19 ID:CAP_USER.net

    まもなく、ITによる「位置情報」の使い方が大きく変わり始める。
    日本が打ち上げた新しい人工衛星システムの本格運用が2018年から始まり、
    衛星を使って現在地を割り出す測位の精度が大幅に高くなるからだ。

     メディアに「日本版GPS」と呼ばれることもある、この衛星システムの名前は「みちびき」。
    様々な分野のIT活用に変化をもたらすと予想されており、
    既にこの衛星を活用する装置やシステムの実証実験や研究開発に着手している業界もある。

    本特集ではみちびきの概要を押さえたあと、
    いくつかの実証実験事例を通じてみちびきがIT機器やITシステムをどのように変えていきそうかを見ていく。

     みちびきは「準天頂衛星システム」、あるいは「QZSS(Quasi-Zenith Satellite System)」と呼ばれることもある。
    用途はGPS(Global Positioning System)と同様で、衛星を使って現在位置を割り出す測位だ。
    現在1~4号機の4機が打ち上げられており、2023年度をめどに7機体制とする計画だ。

     その特徴は、何と言っても測位できる位置の精度の高さである。使い方によっては、わずか数cmの誤差で位置を特定できる。
    GPSの測位は誤差数mレベルなので、まさに桁違いである。この精度の高さがIT活用をどう変えるか、それが最大の注目どころだ。

    2018年に本格運用が始まる

     最初に、みちびきとGPSの関係を整理しておこう。

     世界には測位に使う衛星システムが複数ある。GPSとは、このうち米国が運用しているものだ。
    そして、日本が運用しているのがみちびき(準天頂衛星システム)である。
    このほかロシアのGLONASS、欧州のGalileo、中国のBeiDou、インドのNAVICなどがある。

    打ち上げ済みの4機の軌道は2通りある。
    日本の真上に長くとどまる「準天頂軌道」をたどるのが1、2、4号機。3号機はBS衛星などと同じく、
    日本から見て低空または上空にいない位置にとどまる「静止軌道」をたどる。
    準天頂軌道をたどる3機は、日本のほぼ真上に約8時間位置する。3機が交替で日本の真上に来るようになっており、
    24時間いずれかの1機が真上に見える形となる。

    図:主な衛星測位システム(内閣府配布資料を基に作成
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/111500524/121100001/01.png?__scale=w:500,h:280&_sh=06502e0be0
    図:みちびきには2種類の軌道がある

    (出典 itpro.nikkeibp.co.jp)
    ?__scale=w:500,h:382&_sh=0eb02a0580
    続きはソースで

    ITpro
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/111500524/121100001/


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ