【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    安全装置

    【国交省】自動ブレーキの取り付けを義務化 政府方針で2021年度から実施!


    事故の原因は踏み間違いや追突だけではないが・・・。それに、自動ブレーキが原因の事故も多いのでは? (古い車に乗ることは「悪いことだ!」という政府の方針変わらず。)

    1 ニライカナイφ ★ :2019/11/29(金) 04:49:31 ID:0cX4Te269.net

    政府は、国内で販売される新車に衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の取り付けを義務づける方針を固めた。
    歩行者に反応する自動ブレーキなど、国際基準を満たす性能を求める。
    新型の乗用車は早ければ2021年度から、既存の車種はその数年後から義務づける方向で調整している。

    高齢ドライバーによる事故が相次ぐなか、政府は6月の緊急対策で、自動ブレーキの基準づくりと新車への義務づけについて、年内にも結論を出す方針を示していた。
    国土交通省が定める告示を改め、新たな基準を書き込む予定だ。
    義務化で安全性が増す一方、メーカーの開発状況によっては販売価格が上がる可能性もある。

    義務づけの対象になるのは、乗用車や軽自動車、軽トラックなど。
    乗用車以外についてもこれから時期を調整する。

    大型トラックやバスは14年以降、自動ブレーキの取り付けが順次義務づけられている。
    自動ブレーキの性能については、6月に国連の専門部会で国際的な基準が決まった。

    この基準では(1)時速40キロで走行中、前に停車している車にぶつからずに止まる
    (2)60キロで走っていて、前を20キロで走る車にぶつからない
    (3)30キロで走行中、時速5キロで前を横切る歩行者にぶつからずに止まる、という三つの条件を備えることが求められる。

    国内でも、昨年3月に始まった自動ブレーキの性能認定制度がある。
    ただ、前方の車両に対する自動ブレーキ性能だけを定めたもので、
    ▽時速50キロで走っている時に前方で停止している車にぶつからない、またはぶつかるときに20キロ以下になっている
    ▽50キロで走っていても前方を20キロで走っている車にぶつからないといった国際基準よりも緩い内容だった。


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-00000001-asahi-soci

    ★1が立った日時:2019/11/28(木) 20:12:26.10
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574939546/


    続きを読む

    「いつもの如く、勝手に!」安全運転装置付き車に10万円 65歳以上対象に補助



    (出典 img.bestcarweb.jp)


    高齢者は”どんどん車購入”して、「若者を轢き殺せ」という政策。何考えているんだ! 既存の車に、安全装置を装着した場合は何の補助もなしに、新車購入した場合だけ??...(となると)逆に、高齢者による事故は増える、というシナリオ。

    P.S.
    何故、運転免許保持に年齢制限を設けようとしないのか?(取得年齢は18歳という決まりがあるのに...) こんな無駄な税金の使われ方したら、ますます借金は増える一方、そして、また我々国民の税金を値上げ...という構図、いつまで続く、このスパイラル。(永遠??)

    1 田杉山脈 ★ :2019/11/20(水) 18:39:10 ID:CAP_USER.net

    政府は高齢者の安全運転を手助けする装置などがある安全運転サポート車(サポカー)の購入を補助する制度をつくる。65歳以上の高齢者を対象に原則として新車1台あたり10万円、軽自動車は7万円をめどに助成する方向だ。高齢運転者の事故防止対策を進めるとともに、自動車企業の技術開発と市場育成を後押しする。

    12月にまとめる経済対策に主要施策として盛り込み、2019年度補正予算案と20年度当初予算案に必要経費…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52398000Q9A121C1MM8000/


    続きを読む

    「考案中の高齢者限定免許・・・」 この車には安全装置がついてるから事故起きないの! 事故が起きたら、それはメーカーのせい!



    (出典 www.carsensor.net)


    政府の考えることは分けの分からん。自動ブレーキ等の安全装備を付けていたら事故が起きないの? 何の検証もなしに、(車の)素人が・・・。(上級国民「飯塚幸三」様の発言力は重い、政府はそれに従うか?)

    続きを読む

    車のドラレコに偶然母親の子供への虐待行為が映り込んでしまう



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    続きを読む

    「安全サポート車の市場拡散を後押し」 高齢者の限定免許導入を加速=事故抑止へ安倍首相指示!



    (出典 ssl-cache.stream.ne.jp)


    安全サポートカーの普及は必要かもしれない。が、それを「運転免許」と結びつけるのは?? 安倍総理は自動ブレーキ等搭載の「安全サポート車」に乗っていれば、踏み間違いによる事故を抑止できると・・・、なんと浅墓な! 安全装置はあくまでも「サポート(補助)」であって過信してはならない。それに、人はどんな使い方(運転操作)をするか分からず、それに全て対応することは難しい。(そうなれば、完全「自動運転車」となる)
    それよりも運転しない(させない)ことの方が「事故抑止」に繋がる。

    1 アルカリ性寝屋川市民 ★ :2019/10/29(火) 21:08:37.88 ID:IhvZ/gCv9.net

     安倍晋三首相は29日、増加傾向が続く高齢運転者による交通事故対策について、自動ブレーキをはじめ安全運転支援機能が搭載された車両に限って運転できる「限定免許」の導入に向け、検討を加速するよう関係閣僚に指示した。ペダルの踏み間違いなどによる痛ましい事故の防止へ今年度内の具体化を目指す。

     安倍首相は自身が議長を務める政府・未来投資会議の席上、「自動ブレーキや、ペダルの踏み間違い時の加速抑制装置を装備する車を普及させる必要がある」と強調した。限定免許制度と合わせ、最新の安全技術が装備された高齢者向け安全サポート車の市場導入を後押しする。
     政府によると、75歳以上の高齢運転者による死亡事故は、75歳未満と比較して2倍以上多く発生している。会議事務局の資料によると、75歳未満の免許人口10万人当たりの死亡事故件数(2018年)は3.4件だが、75歳以上では8件。少子高齢化に伴い、免許保有者数に占める高齢運転者の割合は08年の3.8%から18年には6.8%に上昇している。


    75歳以上運転者の死亡事故件数
    https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_soc_police-kotsu20190214j-01-w460


    時事通信 
    2019年10月29日20時56分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019102900968&g=pol


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング




    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ