【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    衝突被害軽減ブレーキ

    【安全運転支援システム】4メーカーの違いは? ホンダ(センシング) vs トヨタ(セーフティセンス) vs 日産(プロパイロット) vs スバル(アイサイト)!!


    進化する自動車安全技術、 4メーカーの違いは?…ホンダ、トヨタ、日産、スバル 比較解説 - レスポンス
    11月1日、プレリリースされた新型ホンダ『インサイト』。特徴のひとつが全グレードにホンダセンシング(Honda SENSING)が標準装備されること。車種によってはオプション ...
    (出典:レスポンス)



    (出典 dvrs04bx77b2x.cloudfront.net)



    1 名無しさん@そうだドライブへ行こう :2016/10/01(土) 21:16:50.91 ID:rfzA20N3.net

    ゴールは完成型自動運転。
    まだまだ果てしない競走が始まったばかりだが、
    現状の順位や近い将来の順位を、技術的根拠やできれば所有者による
    実感を元に語って欲しい。


    続きを読む

    【安全運転支援システム】ホンダセンシング(ホンダ)とアイサイト(スバル)ってどっちが優秀なの?


    進化する自動車安全技術、 4メーカーの違いは?…ホンダ、トヨタ、日産、スバル 比較解説 - レスポンス
    11月1日、プレリリースされた新型ホンダ『インサイト』。特徴のひとつが全グレードにホンダセンシング(Honda SENSING)が標準装備されること。車種によってはオプション ...
    (出典:レスポンス)



    (出典 i.ytimg.com)



    1 風吹けば名無し :2018/07/29(日) 18:33:51.62 ID:6Lndto4q0NIKU.net


    続きを読む

    【国土交通省】ビデオ公開…衝突被害軽減ブレーキは事故を回避できない!!


    ビデオ公開…衝突被害軽減ブレーキは事故を回避できない?! 国交省 - レスポンス
    国土交通省は、自動ブレーキの機能を過信して事故が発生するのを防ぐため、衝突被害軽減ブレーキでも衝突を回避できない場合があることを理解してもらうための啓発 ...
    (出典:レスポンス)



    1 スージハルワ ★ :2018/04/23(月) 11:41:27.97 ID:CAP_USER9.net

    国土交通省は、自動ブレーキの機能を過信して事故が発生するのを防ぐため、衝突被害軽減ブレーキでも衝突を回避できない場合があることを理解してもらうための啓発ビデオをウェブサイトに公開した。

    衝突被害軽減ブレーキの普及が進んでいるが、装置が正常に作動していても、滑りやすい濡れた路面など、走行時の周囲の環境によっては障害物を正しく認識できないことや、衝突を回避できないケースがあり、実際に衝突被害軽減ブレーキを過信したことによる衝突事故も発生している。

    これを受けて国土交通省では、衝突被害軽減ブレーキにより衝突回避が難しい状況で、不動作状況時の車両挙動を実車の走行試験で確認し、衝突被害軽減ブレーキの使用上の注意点を解説した啓発ビデオをウェブサイトに公開した。

    国土交通省では「衝突被害軽減ブレーキは完全に事故を防ぐことができない」ことや、「運転者はシステムを決して過信せず細心の注意をはらって運転する」よう呼びかける。さらに、衝突被害軽減ブレーキの作動する条件は、自動車の取扱説明書に記載しており、車種ごとに異なる作動条件を把握することも訴求していく。

    https://s.response.jp/article/2018/04/23/308858.html?from=tptr


    続きを読む

    【衝突被害軽減ブレーキ】"自動ブレーキ"、つまりブレーキを踏まなくても良いものと勘違いする人が続出!!



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/12/04(火) 23:10:37.43 ID:x0mYJtpR0.net BE:323057825-PLT(12000)


    (出典 img.5ch.net)

    いま、自動ブレーキという呼び名自体が問題視されている。
    各種のデータから、交通事故を半減させるほど、その安全効果が評価されている「自動ブレーキ」だが、
    自動という言葉の響きからブレーキ操作が不要になるというイメージを持つユーザーもいるという。

     たしかに英語表記ではAEB(Autonomous Emergency Braking)で、
    直訳すると自律型緊急ブレーキとなるため自動ブレーキを日本語化するのはおかしくはないが、
    自動という言葉にエマージェンシーの要素が欠けてしまうことがユーザーの誤解を招いているのだろう。

     その意味では、この手の機能が登場した初期から使われている「衝突被害軽減ブレーキ」という呼び名を、あらためて使おうという動きもある。
    あくまでもヒューマンエラーをカバーしてくれる機能であって、日常的にそれに頼れる機能ではないということを再確認したい。

     なお、ここからは自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)をAEBの表記で統一したい。

     そんなAEBの課題は、ネーミングからの誤解を解くだけではない。
    まだまだ黎明期ということで、クルマや年式による機能差が大きいことも、いくつかの誤解につながっているといえる。
    機能が作動する速度が30km/h以下の低速に限定されるものから100km/hオーバーまで機能するものがあるといった違いもある。
    また、車両しか検知できないタイプと歩行者なども検知できるタイプといった違いもある。
    いずれも、主にセンサーに依存する性能差だ。

    あまりに性能差の大きいクルマの自動ブレーキは「名前」と「性能明示」が緊急課題!
    https://www.webcartop.jp/2018/12/301262


    続きを読む

    【豆知識】自動車の自動ブレーキアシストって気温高いと止まるんだって知ってた?



    (出典 change-cars.com)



    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    ブログランキング
    ブログランキング
    • ライブドアブログ