【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ◇くるまの分類

    【豆知識】安全面で有利とのデータも! AT車よりMT車が優れているポイント


    安全面で有利とのデータも! AT車よりMT車が優れているポイント6つ - WEB CARTOP
    現在、新車販売台数の約98%がAT(オートマチックトランスミッション)車となっており、もはやMT(マニュアルトランスミッション)車は絶滅寸前だ。背景にはATが多様化し、 ...
    (出典:WEB CARTOP)



    (出典 img1-kakaku.ssl.k-img.com)



    1 ひぃぃ ★ :2018/04/15(日) 17:17:17.31 ID:CAP_USER9.net

    ■運転の楽しさ以外にも隠れたメリットがある

     乗用車の新車販売の98%以上がAT車という昨今、圧倒的な支持率に応えて、日本の自動車メーカーはオートマチックトランスミッションの開発に多額のコストをかけていて、多段化など技術的な進歩も進んでいる。それに比べMT車は、オートブリッピング機能ぐらいしか新しい技術は加わっていない……。F1でもセミATが当たり前の時代だが、MTにはMTの良さがある。その利点を再確認してみよう。

    ◆1)エンジンの回転域を任意に選べる

     EVのモーターと違って、エンジンは回転数の上昇にしたがってトルクが盛り上がり、ある回転に達すると、今度はトルクがしぼんでいく。エンジンによって、その一番力を発揮し、気持ちよく走れる回転数=トルクバンドは決まっていて、MT車なら、そのトルクバンドをずっと外さないで走れるというのが一番の魅力。ドライバーの加速したい、減速したいという意志にダイレクトに答えてくれるのがMT車の醍醐味だ。

    ◆2)微妙な速度調整が得意

     MT車はアクセルオンもダイレクトだが、アクセルを戻したときのレスポンスも非常にいい。前走車に追いつきそうになったときも、アクセルを微妙に戻せば、ブレーキを踏む必要がないことも多い。それに対し、AT車はアクセルを戻しても車速への反応が鈍いので、必然的にブレーキの出番が多くなる。また、坂道を下るときも、エンジンブレーキを器用に使えるMT車のほうが好ましい。

    ◆3)運転している実感が大きい

     MT車は、自分でギヤを選択することで、エンジンの性能をドライバーが引き出しているという実感が味わえる。ときにシフトミスをしたり、ギヤの選択がイマイチだったりすることもあるが、スキルの上手い・下手がそのままクルマからリターンされてくるのも魅力のひとつだ。

     言い換えれば、お手柄も自分のもの、しくじりも自分次第。それがMTの特徴。シフト操作という仕事を手間だと考えず、ドライビングの大事な要素として楽しめる人なら、MTをチョイスし続けるのではないだろうか。

    >>2以降に続きます

    2018年4月12日 6時45分 WEB CARTOP
    http://news.livedoor.com/article/detail/14566614/

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    ★1:2018/04/12(木) 20:20:20.60
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1523556245/


    続きを読む

    【オートマチックトランスミッション】自動変速機(AT, CVT, DCT, AMT, 他)とは?


    オートマチックトランスミッション(英: automatic transmission、AT)あるいは自動変速機(じどうへんそくき)とは、自動車やオートバイの変速機の一種で、車速やエンジンの回転速度に応じて変速比を自動的に切り替える機能を備えた、トランスミッション(変速機)の総称である。
    36キロバイト (5,035 語) - 2019年2月23日 (土) 14:47



    (出典 cacaca.jp)


    オートマチックトランスミッションとは、機械的な意味においては、ギアチェンジを自動で行う機構の変速機のこと。通称、略して「オートマチック」、「オートマ」、「AT」などと呼んでいる。
    (この「オートマチックトランスミッション」にもいくつかの方式(種類)があり、それについては以下を参照。)

    https://change-cars.com/transmission/


    1 . :2018/10/31(水) 23:09:02.83 ID:XFJaq2XHK.net

     MTとはマニュアル・トランスミッション【Manual Transmission】の略で意味は手動変速機で、
    ATとはオートマチック・トランスミッション【Automatic Transmission】の略で意味は自動変速機。
     AMTとはオートマチック・マニュアル・トランスミッション【Automatic Manual Transmission】の略で、
    MTをベースに自動変速機能を追加された変速機。
     CVTはコンティニュアスリィ・ヴァリアブル・トランスミッション【Continuously Variable Transmission】の略で、
    日本語では意訳で無段変速機(あるいは直訳のまま連続可変変速機とも)と言う(その一方で、
    非CVTを有段変速機やステップ変速機と呼び区別する習慣は実は日本語だけの事情らしく、
    ステップド・トランスミッション【Stepped Transmission】は和製英語だったりする件はあまり知られていない)。
     DCTとはデュアル・クラッチ・トランスミッション【Dual Clutch Transmission】の略で、
    MTをベースとしつつ2系統あるメインクラッチが奇数段と偶数段とで別々に振り分けられている為、
    AMTの一種の進化系としての一面も持つ一方、制御面でも材質面でも高コスト化が不可避な変速機。

    ◆スレ立て注意事項⇒ 本文1行目に次行の一文を加える事。(ワッチョイIP表示コマンド)
    !extend:che*ed:vvvvv

    前スレ
    【オートマチック】自動変速機 (AT, CVT, DCT, AMT, etc.) を語るスレ【トランスミッション】Part2
    http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/car/1528377035/ VIPQ2_EXTDAT: che*ed:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


    続きを読む

    【話題】最近のなんちゃってクルマ好きって、実はMT運転できない奴が多そう!?



    (出典 i.ytimg.com)



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/03/11(日) 21:34:32.25 ID:3WGUK5b30.net BE:232392284-PLT(12000)


    (出典 img.5ch.net)

    トヨタのチーフエンジニアが、新型「スープラ」は直列6気筒ターボ・エンジンを搭載し、MTの設定はないと明*

    今年のジュネーブ・モーターショーで長く待ち望んだトヨタ「スープラ」がついに復活した。市販モデルの詳細については一切発表されていないが、
    この「スープラ」とトヨタ「86」を開発したトヨタのチーフエンジニアである多田哲也氏がいくつかの情報を明らかにしてくれた。
    良い点も悪い点も含めて。新型スープラはターボチャージャー付き直6気筒エンジンを搭載するが、残念ながらマニュアル・トランスミッションは設定されないとのことだ。

    我々はずっと新型スープラのボンネットの下にどんなエンジンが搭載されるのだろうと推測してきた。
    BMWとの共同開発は(スープラはBMWの新型「Z4」と少し類似しているだけではない)、我々に直列6気筒エンジン復活の希望を与えてくれた。
    多田氏は直列6気筒エンジンでないスープラはスープラではないと断言し、さらに新型スープラは比較的チューニングしやすいクルマになると語った。
    ただし、標準状態でどのくらいのスペックになるのかはまだ不明だ。

    そして新型スープラにマニュアル・トランスミッション(MT)は設定されないようだ。スープラのファンはMTを強く求めていないと多田氏は言うが、我々にはちょっと信じがたい。
    新型スープラが搭載するのはBMW製エンジンになりそうだから、ZF製8速オートマチックか、あるいは7速デュアルクラッチ式が組み合わされるだろう。

    http://jp.autoblog.com/2018/03/09/toyota-supra-turbo-six-no-manual-confirmed/


    続きを読む

    【安全性】AT車の方がMT車よりも運転が簡単なので、危険は少ないのは本当なのか?


    安全面で有利とのデータも! AT車よりMT車が優れているポイント6つ - WEB CARTOP
    現在、新車販売台数の約98%がAT(オートマチックトランスミッション)車となっており、もはやMT(マニュアルトランスミッション)車は絶滅寸前だ。背景にはATが多様化し、 ...
    (出典:WEB CARTOP)



    (出典 www.car-hokengd.com)


    「運転操作が簡単=安全性」ではない!? 一般的な見解として、安全面ではMT車が有利とのデータもあるが・・・。

    1 風吹けば名無し :2018/12/17(月) 10:57:15.30 ID:6N2m+HRZ0.net

    答えは×です。
    オートマチック車はマニュアル車に比べて運転操作は楽になっていますが、それで危険が軽減されることにはならないので、
    安易な気持ちで取り扱うべきではありません。


    続きを読む

    【悲報】もはや”MTに存在価値ナシ”!? イマドキのATの強烈な進化っぷりとは?


    もはやMTに存在価値ナシ!? イマドキのATの強烈な進化っぷりとは(WEB CARTOP) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
    かつてのATは多くの性能を犠牲にしていた クルマのトランスミッションは大別するとマニュアルトランスミッション(MT)とオートマティックトランスミッション(AT)の2種に分類 ...
    (出典:carview!)



    (出典 udn.webcartop.jp)


    ”MTに存在価値ナシ”とはマニュアル世代のおっさん達にとっては悲しい限り!!

    1 ひぃぃ ★ :2019/02/06(水) 21:41:45.74 ID:WnW077+h9.net

    ■かつてのATは多くの性能を犠牲にしていた

     クルマのトランスミッションは大別するとマニュアルトランスミッション(MT)とオートマティックトランスミッション(AT)の2種に分類される。MTはクラッチペダルを備えた3ペダルで操作し、ATは2ペダルだけでイージーに運転することができる。運転免許もAT車はAT限定免許で運転する事ができるが、MT車を運転するには普通免許に限定解除しなければならない。

     かつてはクルマ好きなら普通免許を取得するのが当たり前だった。それはAT車の走行性能がMT車に明らかに劣っていたからだ。とくに燃費や動力性能など、走る機能に関してMTとATの性能差は顕著だった。2ペダルのイージーさと引き換えに、多くの性能をAT車は犠牲にしていたといえる。

     その理由を知るには、過去のAT車のメカニズムについて基本的なことを知っておく必要がある。ATと一言で言っても現代ではさまざまな機構的種類がある。もっともポピュラーなのがトルクコンバーター(トルコン)を介し遊星歯車式ギア機構にエンジンの動力を伝えアウトプットするタイプだ。

     ここで問題なのがトルコン。いわゆるフルードカップリング(流体継手)と呼ばれる機構で伝達効率が著しく悪い。効率は悪いが流体を媒介としているので動力伝達はスムーズでありショックが少ないのが特徴といえた。

     エンジンの回転軸と直結したインプット側翼状歯車が流体の中で回転すると流体全体が流動する。そして対面配置されるアウトプット側の翼状歯車も回転しはじめ、ドライブシャフトへと動力が伝達されていく、といった基本構造。

     インプットとアウトプットが直結していないので、流体の滑りがあるためエンジン回転が先行上昇していくような特有のスリップ感が感じられる。これをトルコンスリップと呼ぶが、これこそが非効率さとスムースさの主要因となっているわけだ。

     MTはクラッチプレートが結合することで駆動力のインプット側とアウトプット側が直結するのでエネルギーの損失が少なく伝達効率が高い。エンジンの動力性能をダイレクトに駆動系に伝えられるわけだが、クラッチの結合操作時にショックが発生し、スムースな出力アウトプットにはクラッチ操作への熟練が必要となる。

    ■「中谷シフト」にも勝る変速スピードを持つATも存在

     このようなMTとATの機構的な差は長く埋まらなかったが、近年状況に変化が見られるようになった。ATのメカニズムが多用化しMTの効率を超えるものが出始めているのだ。

     現代のATには前述のトルコン式の他にCVT(無段変速機)方式、DCT(デュアルクラッチ)方式、自動クラッチ式などがあり、トルコン式もロックアップクラッチを内蔵する進化した仕様が主流となるなど進化してきている。これらはいずれも電子制御で自働的に作動するので、どのようなキャリブレーションプログラムが施されているかで走行特性も効率も、そしてクルマとしての速さも変わってくるのだ。それを上手く制御できればMTより速いATとすることも可能になってくる。

     実際にどのような制御や特性となっているか、基本的なものを紹介すると、CVTは油圧でイン・アウトそれぞれに配したプーリーをベルトでつなぎプーリーの径をそれぞれ可変とすることで変速比を連続的に変化させる仕組みだ。

     構造が簡単で軽量小型化でき、常時ベルトが接続しているので損失も少ない。連続可変が可能なのでエンジンの最大効率回転数を保ったまま変速させることができ、燃費的にも好数値が引き出せる。一方、プーリーとベルトの結合力は摩擦力に頼り大きな圧着力が必要で、大パワー、大トルクには適していなかった。

     トルコンATも進化し、トルコンの内側に直結クラッチを設けエンジンの出力をダイレクトに車軸側へ伝えることができるようになった。発進時の1速から6、7、8、9、10速へと多段化も進み、全段ロックアップするものも現れ始めている。トルコンのトルク容量も強化され700N・m、1000N・mというような大トルクに耐えられるものも存在しているのだ。ネックとなるのは重量が重く運動性能に影響することと、油温や油圧管理が難しいことがあげられる。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    2019年2月4日 18時0分 WEB CARTOP
    http://news.livedoor.com/article/detail/15973634/

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    ★1:2019/02/06(水) 20:00:00.27
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1549450800/


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    ブログランキング
    ブログランキング
    • ライブドアブログ