【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ミニバン

    【車販売】かつてあったミニバンブーム、今なぜミニバンは売れなくなったのか?


    プロが見て売れない理由が見つからない……のに売れない残念なミニバン3選(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
    クロスオーバーSUVの台頭、異常とも言える人気で以前より影が薄くなってしまったミ.
    (出典:Yahoo!ニュース)



    (出典 autoinfonet.net)



    1 名無しさん@涙目です。 :2019/01/14(月) 14:21:41.02 ID:doE2oudC0.net BE:194767121-PLT(12001)


    (出典 img.5ch.net)

    初代オデッセイが火付け役となって、1990年代から2000年代にかけて「ミニバンブーム」が到来。コンパクトミニバンから
    Lクラスミニバンまで隙間なく各社からミニバンがラインアップし、まさに百花繚乱状態だった。

     しかし、かつての人気車種だったオデッセイ、エスティマの人気が下火になり、ウイッシュ、ストリームをはじめ、
    アイシス、イプサム、プレサージュ、ラフェスタ、エリシオン、ビアンテ、グランディス、エクシーガなど10車種以上が生産終了となっている。

     なぜミニバンは激減したのだろうか? もはや減るいっぽうなのだろうか? そのいっぽうで、最近増えてきた
    3列7人乗りSUVは、こうしたミニバンの代わりになるのか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190114-00010000-bestcar-bus_all


    続きを読む

    【経済】かつて新車市場の王者だったミニバンはなぜ人気凋落したのか!? SUVが代われない理由は・・・


    かつて新車市場の王者だったミニバンの人気はなぜ凋落したのか!? SUVが代われない理由(ベストカーWeb) - Yahoo!ニュース
    初代オデッセイが火付け役となって、1990年代から2000年代にかけて「ミニバンブーム.
    (出典:Yahoo!ニュース)



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 ニライカナイφ ★ :2019/01/16(水) 02:06:41.73 ID:PuCXk1IP9.net

    ◆ かつて新車市場の王者だったミニバンの人気はなぜ凋落したのか !? SUVが代われない理由

    初代オデッセイが火付け役となって、1990年代から2000年代にかけて「ミニバンブーム」が到来。コンパクトミニバンからLクラスミニバンまで隙間なく各社からミニバンがラインアップし、まさに百花繚乱状態だった。

    しかし、かつての人気車種だったオデッセイ、エスティマの人気が下火になり、ウイッシュ、ストリームをはじめ、アイシス、イプサム、プレサージュ、ラフェスタ、エリシオン、ビアンテ、グランディス、エクシーガなど10車種以上が生産終了となっている。

    なぜミニバンは激減したのだろうか? もはや減るいっぽうなのだろうか? そのいっぽうで、最近増えてきた3列7人乗りSUVは、こうしたミニバンの代わりになるのか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

    ■生産終了したミニバンには共通点があった!

    日本ではミニバンが人気のカテゴリーといわれるが、以前に比べると10車種以上も減った。トヨタでは人気の高かったウィッシュを筆頭に、アイシス、マークXジオ、イプサムなどが販売を終えている。エスティマは2006年1月にデビューしてから13年もフルモデルチェンジしていない。

    日産ではプレサージュが一時は堅調に売れたが、後に廃止された。ラフェスタも最初は日産が開発したが、2代目はマツダプレマシーをベースにしたOEM車のラフェスタハイウェイスターになり、同様に生産を終えた。

    このほかホンダストリーム、先に挙げたマツダプレマシー、三菱グランディスなど、相応に人気の高かったミニバンが過去のクルマになってしまった。

    生産を終えた理由を考えると、先に車名を列挙したミニバンには、ひとつの共通点がある。それは全高が1700mm以下に収まることだ。1700mmを超えるセレナ、ヴォクシー&ノア、ステップワゴンなどに比べると、3列目シートが狭く、多人数で長距離を移動する用途には適さない。

    しかもアイシス、プレサージュ、プレマシーなど一部の車種を除くと、後席側のドアも前席と同じ横開き式だ。スライドドアを採用していないため、背の高いミニバンに比べると乗降性も見劣りする。外観もワゴン風で、ミニバンらしさが乏しい。これらも売れ行きを下げた要因だ。

    背の高いスライドドアを備えたミニバンでも、マツダビアンテやホンダエリシオンは生産を終えたが、これはメーカーの戦略に基づく。ビアンテのマツダは、マツダ車全体の商品コンセプトと「魂動デザイン」に合わないことから、ミニバン開発そのものをやめてしまった。

    エリシオンはオデッセイに統合されている。従来型のオデッセイが、背の低いボディと横開き式ドアを備えたことを考えれば、現行オデッセイはむしろエリシオンに近い。ただしエリシオンは知名度が低く、オデッセイを名乗った。

    ■2000年代に入って生産を終了したミニバン
    トヨタガイア           1998年5月~2004年9月
    トヨタウイッシュ         2003年1月~2017年10月
    トヨタアイシス          2004年9月~2017年12月
    トヨタマークXジオ        2003年1月~2013年12月
    トヨタイプサム          1996年5月~2009年12月
    日産プレサージュ         1998年6月~2009年8月
    日産バサラ            1999年11月~2003年7月
    日産ラフェスタ          2004年12月~2012年12月
    日産ラフェスタハイウェイスター  2011年6月~2018年3月
    日産キューブキュービック     2003年9月~2008年11月
    ホンダエリシオン         2004年5月~2013年10月
    ホンダストリーム         2000年10月~2014年6月
    マツダMPV            1990年1月~2016年3月
    マツダビアンテ          2008年7月~2017年9月
    三菱グランディス         2003年5月~2009年5月
    スバルエクシーガ(クロスオーバー7) 2008年6月~2018年3月

    (写真)
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ※続きは下記のリンク先でご覧ください。

    ベストカー 2019/1/14(月) 9:30
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190114-00010000-bestcar-bus_all

    ■前スレ(1が立った日時:2019/01/15(火) 05:05:33.73)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547496333/


    続きを読む

    【話題】あなたはワゴン車、ワンボックス、ミニバンの違いがわかりますか?



    (出典 cdn0.mynvwm.com)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/11/30(金) 13:37:36.464 ID:Cq/2NJD20.net

    私はわかりません


    続きを読む

    【悲報】オデッセイ/ストリーム/ウイッシュといったセダン並みの車高のミニバンは何故消えたか?


    オデッセイ(HONDA)/ストリーム(HONDA)/ウイッシュ(TOYOTA)の低重心ミニバンは運転がしやすく、スタイリッシュでカッコ良いが何故、消えた?

    1 名無し募集中。。。 :2018/08/25(土) 21:43:10.22 0.net

    特に元祖オデッセイが出てから一気にストリーム ウイッシュ プレサージュ MPVと広まったが何故かここ数年で消えた印象


    続きを読む

    【豆知識】『ミニバン』を選ぶ理由! メリットとデメリット

     『ミニバン』の定義は固定していないが、一般的には3列シートで、ショートノーズの2ボックスやセミキャブオーバー1.5ボックスだ。大人数が乗れて、積もうと思えば荷物もたくさん積めるため、1990年代後半からファミリーカーの主流になった。5ドアでリアがスライドドアのことが多いが、一部には片側にしかスライドドアがない4ドアもある。国産車では6人乗り、7人乗り、8人乗りが大半。シートはセダンに比べてアップライト気味(上半身が垂直に近い)だが、高級なミニバンの車内は快適だ。



    【ミニバンのメリットとデメリット】
     ミニバンは人間も荷物もたくさん積めることが大きなメリット。見晴らしもよく開放感もある。一方、セダンからの乗り換えでは、運転席の視界やアップライト気味のシートに違和感を覚えることもあるが、慣れれば大丈夫。全高が1550mm以上の車種が大半なことは大きなデメリット。機械式立体駐車場に入らないことが多い。



    no title

    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    ブログランキング
    ブログランキング
    • ライブドアブログ