【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    SUV

    トヨタ「CH-R」って売れているの? 2019年後半は「コンパクトSUV」が再び過熱?


    「C-HR」が苦戦?人気SUVが飽きられ始めた理由 - 東洋経済オンライン
    クルマには軽自動車やセダンなど、さまざまなカテゴリーがある。今やクルマは日常的なツールとなり、軽自動車や5ナンバーサイズのコンパクトカー、多人数が乗車可能な ...
    (出典:東洋経済オンライン)



    (出典 scdn.line-apps.com)



    1 名無しさん@涙目です。 :2019/05/23(木) 15:37:41.17 ID:HMeSrs1S0.net BE:423476805-2BP(3000)


    (出典 img.5ch.net)

    全長4.4m前後のコンパクトSUVが2019年後半にかけて競争が激しくなりそう。
    本来このクラスは欧州市場をメインターゲットとした製品設計がされており、日本市場での販売となると鬼門とされてきたカテゴリである。
    しかし、トヨタがC-HRを国内でヒットさせてからは、各社が注目するセグメントとなっている。
    既にホンダはヴェゼルに1.5Lターボ仕様を追加し、基本設計が古いパワートレイン部の弱点補強をしてきた。
    三菱はエクリプスクロスにディーゼルを追加予定、RVRもフェイスリフトが計画されており、2車種体制を維持しつつ商品力をアップしていく。
    マツダは新型車種としてCX-30を早ければ2019年終盤に発売する見込みとなっている。
    ただし最近のC-HRは、2016年発売から時間が経ったことや、上位モデルのRAV4が発売されたこともあって販売台数がやや低下気味。それでも6MT搭載のスポーツモデル導入によるテコ入れが計画されている。
    https://car-research.jp/car-articles/suv-2019-ch-r-vezel-cx-30-ux-rvr-eclipse-cross-sx4.html

    (出典 car-research.jp)


    (出典 Youtube)


    続きを読む

    【「C-HR」が苦戦?】人気SUVが飽きられ始めた理由!!


    「C-HR」が苦戦?人気SUVが飽きられ始めた理由 - 東洋経済オンライン
    クルマには軽自動車やセダンなど、さまざまなカテゴリーがある。今やクルマは日常的なツールとなり、軽自動車や5ナンバーサイズのコンパクトカー、多人数が乗車可能な ...
    (出典:東洋経済オンライン)



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



    1 Toy Soldiers ★ :2019/04/01(月) 07:13:12.12 ID:xVTnBerK9.net

     最近は景気回復が話題になるが、国民がそれを実感するには、所得の増加が不可欠だろう。政府統計によると、1世帯当たりの平均所得金額は、1994年の664.2万円をピークに下がり続けている。
    近年は少し上向いたが、2016年が560.2万円だ。依然として20年以上前の所得水準に戻っておらず、約100万円も低い。

     その一方で乗用車の価格は、安全装備や環境性能の向上で、平均すると約20%高くなった。所得は下がる一方で、クルマの価格が高くなったのでは、ユーザーは乗り替えの度にサイズを小さくするしかない。

     このような事情もあって、小さな軽自動車やコンパクトカーが好調に売れている。「ダウンサイジング」とトレンドのように表現するが、ユーザーの置かれた状況はもっと切実だ。

    ■SUVが堅調に売れてきた理由

     実用的なクルマが好調に売れる一方で、唯一例外的に注目されるのが大人気のSUVになる。
    2017年(暦年)における小型/普通車の登録台数ランキングを振り返ると、販売1位のトヨタプリウス、以下トヨタアクア、日産ノートという実用的な車種に続き、4位にSUVのトヨタC-HRが入った。
    さらに15位にもホンダヴェゼル、16位にトヨタハリアー、19位に日産エクストレイルなどのSUVがランクインされている。

     SUVはジムニーなどを除くと、大半が3ナンバー車で、売れ筋の価格帯は250万~400万円と高い。
    それでもSUVが堅調に売れるのは、実用性とカッコよさを両立させたからだ。
    ボディーの上側はワゴン風の形状だから、前後席の居住性が優れ、荷物も積みやすい。ボディーの下側は、悪路の走破も考えて大径タイヤを装着するため、外観が力強い印象だ。

     このような特徴を備えたSUVは、子育てを終えて、ミニバンからほかのカテゴリーに乗り替えるユーザーにも適する。
    もはや3列シートは必要ないが、背の高いミニバンに慣れると、セダンやクーペでは窮屈に感じてしまう。
    背の高いミニバン的な2列シートのコンパクトカーに乗り替える方法もあるが、子育てを終えたのだから、実用性と併せてカッコよさも味わいたい。SUVはこのニーズに応えて人気を高めた。

     ところが最近は、好調に売れてきたSUVの登録台数が下がり始めた。

     2019年1月と2月の小型/普通車登録台数ランキングを見ると、C-HRが依然としてSUVのトップだが、登録台数は昨年に比べて20%以上も減った。
    2017年は前述のとおりランキングは4位だったが、今は12~17位だ。2018年(暦年)も、C-HRは対前年比が35%減って12位だったから、販売下降が続いている。

     ハリアーの登録台数も昨年に比べて約15%減り、日産エクストレイルは30%(2019年1月)、スズキクロスビーは13~20%、それぞれ減少した。

     このようにSUVの売れ行きが減った背景には、複数の理由がある。最も大きく影響したのは、SUVというカテゴリーの人気が落ち着いたことだ。

     2018年11月にはレクサスUXが発売され、2019年4月10日にもトヨタRAV4が登場するなどSUVの投入は続くが、以前ほど注目されるカテゴリーではなくなった。
    ネッツトヨタ店では「RAV4は3月7日から見積りを出して受注を行っているが、3月中旬時点の注文で納車は6月頃だ。
    納期が大幅に伸びる状況ではない。C-HRも1カ月から1カ月半で納車できる」という。

     ちなみに2016年にC-HRを発売した背景には、急上昇するSUVの人気に対応する目的があった。ホンダが国内販売を終えたCR-Vを2018年に復活させたのも、同じ理由に基づく。
    この数年間で各メーカーとも大慌てでSUVの品ぞろえを増やしたが、ユーザーとしては、以前ほどSUVが気になる存在ではなくなった。

    ■SUVは「熱しやすく冷めやすい」

     2つ目の理由は、SUVの販売動向がもともと「熱しやすく冷めやすい」ことだ。先に述べたように商品特徴としてカッコよさがあるため、軽自動車やコンパクトカーに比べると、クルマ好きの購入比率が高い。

     そうなると新型車が発売されたときに、無駄を抑えるために「今使っているクルマの車検満了に合わせて買う」とは考えず「欲しいからスグに契約!」と話が進む。
    売れ行きは一気に伸びるが、下降に転じるのも早い。昔はスポーツカーなどがこの売れ方だったが、今は新車がほとんど発売されず、SUVが「熱しやすく冷めやすい」カテゴリーになった。

    抜粋
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190331-00273462-toyo-bus_all&p=1

    ★1:2019/03/31(日) 20:17:10.77
    ※前スレ
    【車】人気SUVが飽きられ始めた理由★2 
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1554037199/


    続きを読む

    【話題】今のガキがSUV好きな理由が『視点高いから』と知った時の気持ちは?



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/02/14(木) 15:39:32.446 ID:HeEVLsawdSt.V.net

    ダッッッッッ^^;


    続きを読む

    【速報】ランボルギーニのSUVより最高速が出るSUVが登場してしまう!!  その車とは?



    (出典 bigworldtale.com)


    イギリスのスポーツカー「リスター・カーズ」はジャガーF-PACE SVRをベースとしたマシンのイメージ画像を公表した。同社によれば「世界最速のSUV」を目指すという。

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/02/17(日) 18:50:15.241 ID:z/gPIDaM0.net


    (出典 i.imgur.com)


    続きを読む

    【最新版】コンパクトSUVを何買うか迷ってる!! オススメのコンパクトSUVは?


    日本人は小さいほうが好き!?最新コンパクトSUV10選 - @DIME
    自動車市場ではSUVが世界的にブームですが、日本では特にコンパクトSUVが人気です。街乗りからアウトドアまでオールマイティに使える所が人気の秘訣でしょうか。
    (出典:@DIME)



    (出典 dime.jp)



    1 風吹けば名無し :2018/08/31(金) 10:05:57.82 ID:1tLaAc9Sd.net

    何がいいかな?


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ