【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    FR

    【話題】クルマ好きがFRをもてはやす理由とは?


    クルマ好きがFRをもてはやす理由とは? - WEB CARTOP
    クルマはやっぱりFR」というFR派の意見は、主としてFFとの比較が前提になっている。たしかに、ひと昔前のクルマは、FFとFRが大半だったが、クルマの駆動方式にはFF ...
    (出典:WEB CARTOP)


    トランスミッションとエンジンの搭載方法はFRでは縦置きが用いられるが、MRとRRでは横置きも見られる。 フロントエンジン・リアドライブ方式(略してFR)とは車体前部(基本的にキャビンより前方、キャブオーバーではフロントシート下など)にエンジンを配置し、プロペラシャフトを介して後輪を回転させる方式である。
    12キロバイト (1,676 語) - 2018年10月19日 (金) 06:12



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 ひぃぃ ★ :2018/05/12(土) 08:00:00.46 ID:CAP_USER9.net

    ■コントロール性に優れるクルマを作りやすい

     「クルマはやっぱりFR」というFR派の意見は、主としてFFとの比較が前提になっている。たしかに、ひと昔前のクルマは、FFとFRが大半だったが、クルマの駆動方式にはFFやFRの他に、MR(ミッドシップ)、RR、4WDといった全部で5種類が存在する。このうち乗用車で一番普及しているのはFFだ。

     FFはエンジン・ミッション・デフをすべてフロントに収めるのでスペース効率がよく、エンジンルームをコンパクトにでき、室内を広くし、直進性がよく、部品点数が少ないのでコスト面でも有利。こうした理由から、小型車・中型車の大半はFFレイアウトになっている。

     一方、運動性能を追求するとエンジンという重量物が車体の中央に位置するMRが理想的。F1やLMP(ルマンプロトタイプ)などの純レーシングカーや、*ーリなどのスーパーカーがMRなのは、重量物が中心に集まり、車体の末端、オーバーハングの重量が軽くなって回頭性がよくなるため。

     スポーツドライビングが好きな人にとっても、理想的なのはMRになる。ポルシェ911シリーズに代表されるRRは、駆動輪=リヤタイヤに大きな荷重がかかり、トラクション性能に優れている点はMRと同じ。ハイパワーエンジンでも、2駆で受け止められるのが利点(フロントの荷重が少ない分、ステアリングの応答性は低い)。また、MRとRRは制動時の動的重量バランスが50:50に近くなるので、ブレーキも優れている。

     そしてパワーの伝達という意味では、4WDが一番。GT-Rもポルシェターボもランボルギーニも、600馬力級のパワーとなると、4WDに行きつく。つまり、クルマのハイパワー化と駆動輪へのトラクションの問題は切っても切れない関係にあり、慣性の法則によって、アクセルオンで前上がりの姿勢になるクルマの宿命を考えると、FFはどうしてもスポーツドライビングには不利になる。

     また、フロントヘビーで、駆動と操舵がフロントタイヤに集中するので、タイヤの負担がフロントだけに片寄り、基本的にアンダーステア傾向が強い。そこでFRの出番だ。

     FRはトラクションに有利な後輪駆動。そしてMRやRRと違って、室内もそこそこ広くとれるので、セダンでもOKで実用性が高く、シャシーの使いまわしがきく。重量バランスも50:50に近づけやすく、フロントタイヤは操舵に専念。コーナリング中はアクセルでリヤタイヤのコーナリングフォースをコントロールできるので、アクセルで向きを変えられる要素がある。

     クルマ好きにとっては、このコントロール性こそが何よりの魅力。ジムカーナ場にでも行って、FF車とFR車を乗り比べれば、やっぱり面白いのはFRだ、と実感する人は多いだろう。

     とはいえ、タイヤやサスペンション、シャシー性能に電子制御技術の進歩もあり、単純にFRなら速くて面白く、FFはローパワーでつまらないということはありえなくなった。事実、ホンダのシビックタイプRように、FFでありながらVTEC+ターボで320馬力という大パワーのクルマも出てきている。

     つまり、駆動方式の違いも、セッティング次第でかなりカバーできてしまう時代になったということ。したがって、BMWのように、優れたFRも作れるし、同社のMINIのように出来のいいFFを作れるメーカーもあれば、FRでもハンドリングが残念なクルマだって世の中にはある。要するに、最終的にいいクルマであれば、駆動方式は関係ない。

     しかし、原理原則的にはFFよりもFRの方が、操縦性や運動性は優れているわけで、いいFF車を作るのと同じだけの技術とコストをFRに注ぎ込めば、もっといいFRができるのは間違いない。そのことだけは覚えておいても損はないだろう。

    2018年5月9日 18時0分 WEB CARTOP
    http://news.livedoor.com/article/detail/14690623/

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    ★1:2018/05/11(金) 21:23:26.50
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526041406/


    続きを読む

    【話題】クルマ好きがFRをもてはやす理由とは?


    クルマ好きがFRをもてはやす理由とは? - 毎日新聞
    クルマはやっぱりFR」というFR派の意見は、主としてFFとの比較が前提になっている。たしかに、ひと昔前のクルマは、FFとFRが大半だったが、クルマの駆動方式にはFFやFRの他に、MR(ミッドシップ)、RR、4WDといった全部で5種類が存在する。このうち乗用車で一番普及し ...
    (出典:毎日新聞)


    FRとは、フロントエンジン・リアドライブ(Front Engine・Rear Drive)の頭文字の略語で、車の前部にエンジンが位置し後輪を駆動させる方式のこと。最近では多くの車種でこにおFR方式が採用され、クルマ好きで人気を得ている。では、その理由とは?

    https://mainichi.jp/articles/20180509/ctp/00m/020/005000c

    1 ひぃぃ ★ :2018/05/12(土) 21:21:21.48 ID:CAP_USER9.net

    ■コントロール性に優れるクルマを作りやすい

     「クルマはやっぱりFR」というFR派の意見は、主としてFFとの比較が前提になっている。たしかに、ひと昔前のクルマは、FFとFRが大半だったが、クルマの駆動方式にはFFやFRの他に、MR(ミッドシップ)、RR、4WDといった全部で5種類が存在する。このうち乗用車で一番普及しているのはFFだ。

     FFはエンジン・ミッション・デフをすべてフロントに収めるのでスペース効率がよく、エンジンルームをコンパクトにでき、室内を広くし、直進性がよく、部品点数が少ないのでコスト面でも有利。こうした理由から、小型車・中型車の大半はFFレイアウトになっている。

     一方、運動性能を追求するとエンジンという重量物が車体の中央に位置するMRが理想的。F1やLMP(ルマンプロトタイプ)などの純レーシングカーや、*ーリなどのスーパーカーがMRなのは、重量物が中心に集まり、車体の末端、オーバーハングの重量が軽くなって回頭性がよくなるため。

     スポーツドライビングが好きな人にとっても、理想的なのはMRになる。ポルシェ911シリーズに代表されるRRは、駆動輪=リヤタイヤに大きな荷重がかかり、トラクション性能に優れている点はMRと同じ。ハイパワーエンジンでも、2駆で受け止められるのが利点(フロントの荷重が少ない分、ステアリングの応答性は低い)。また、MRとRRは制動時の動的重量バランスが50:50に近くなるので、ブレーキも優れている。

     そしてパワーの伝達という意味では、4WDが一番。GT-Rもポルシェターボもランボルギーニも、600馬力級のパワーとなると、4WDに行きつく。つまり、クルマのハイパワー化と駆動輪へのトラクションの問題は切っても切れない関係にあり、慣性の法則によって、アクセルオンで前上がりの姿勢になるクルマの宿命を考えると、FFはどうしてもスポーツドライビングには不利になる。

     また、フロントヘビーで、駆動と操舵がフロントタイヤに集中するので、タイヤの負担がフロントだけに片寄り、基本的にアンダーステア傾向が強い。そこでFRの出番だ。

     FRはトラクションに有利な後輪駆動。そしてMRやRRと違って、室内もそこそこ広くとれるので、セダンでもOKで実用性が高く、シャシーの使いまわしがきく。重量バランスも50:50に近づけやすく、フロントタイヤは操舵に専念。コーナリング中はアクセルでリヤタイヤのコーナリングフォースをコントロールできるので、アクセルで向きを変えられる要素がある。

     クルマ好きにとっては、このコントロール性こそが何よりの魅力。ジムカーナ場にでも行って、FF車とFR車を乗り比べれば、やっぱり面白いのはFRだ、と実感する人は多いだろう。

     とはいえ、タイヤやサスペンション、シャシー性能に電子制御技術の進歩もあり、単純にFRなら速くて面白く、FFはローパワーでつまらないということはありえなくなった。事実、ホンダのシビックタイプRように、FFでありながらVTEC+ターボで320馬力という大パワーのクルマも出てきている。

     つまり、駆動方式の違いも、セッティング次第でかなりカバーできてしまう時代になったということ。したがって、BMWのように、優れたFRも作れるし、同社のMINIのように出来のいいFFを作れるメーカーもあれば、FRでもハンドリングが残念なクルマだって世の中にはある。要するに、最終的にいいクルマであれば、駆動方式は関係ない。

     しかし、原理原則的にはFFよりもFRの方が、操縦性や運動性は優れているわけで、いいFF車を作るのと同じだけの技術とコストをFRに注ぎ込めば、もっといいFRができるのは間違いない。そのことだけは覚えておいても損はないだろう。

    2018年5月9日 18時0分 WEB CARTOP
    http://news.livedoor.com/article/detail/14690623/

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    ★1:2018/05/11(金) 21:23:26.50
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526079600/


    続きを読む

    【自動車】アルファロメオ、FRスポーツセダン復活 新型ジュリア(446万円〜)


    アルファロメオ、FRスポーツセダン復活 新型ジュリア - 朝日新聞
    レースでの活躍や少量生産スポーツカーで支持された高級ブランドだったが、戦後の経営難を経て伊フィアット傘下となり、現在は親会社と主要部品を共用しながら前輪駆動(FF)の小型ハッチバックを主力とする。 新型ジュリアは、新設計のシャシーをあえて古典的なFRとすることで、素直で機敏なハンドリングのスポーツセダ ...
    (出典:朝日新聞)



    (出典 fsv-image.autoc-one.jp)



    1 ハンバーグタイカレー ★ :2017/09/06(水) 19:23:46.18 ID:CAP_USER9.net

     フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)日本法人は6日、伊アルファロメオの新型セダン「ジュリア」を国内発表した。古典的なエンジン縦置き後輪駆動(FR)のスポーツセダン投入で、高級スポーツカーブランドの復権を目指す。

     アルファロメオは戦前から続くイタリアの老舗ブランド。レースでの活躍や少量生産スポーツカーで支持された高級ブランドだったが、戦後の経営難を経て伊フィアット傘下となり、現在は親会社と主要部品を共用しながら前輪駆動(FF)の小型ハッチバックを主力とする。

     新型ジュリアは、新設計のシャシーをあえて古典的なFRとすることで、素直で機敏なハンドリングのスポーツセダン復権をうたう。一方で、車名は1960~70年代に人気を博した名車「ジュリア」とすることで、往年のブランドイメージ復活への期待を込めた。アルファロメオのFRセダンは、90年代初頭まで生産された「75」以来となる。

     国内に導入されるパワートレーンは、200馬力と280馬力の2種類の2リッター直4ターボ。加えて、2.9リッターV6ツインターボから510馬力を絞り出す全輪駆動の最上級モデル「クアドリフォリオ」を用意する。シャシーの前後重量配分を50対50として操縦性能にこだわりながら、障害物を検知する自動ブレーキの装備など予防安全性能も最新の水準とした。一方で、盾型のフロントグリルやふくよかなフェンダーなど、伝統的な装飾を外装にあしらった。

     FCA日本法人のポンタス・ヘグストロムCEOは「伝統に忠実でありながら新たなパラダイムを切りひらく一台」と期待する。車格・価格帯ともに、メルセデス・ベンツCクラスやBMW3シリーズ、レクサスISなど日独の高級FRセダンと真っ向勝負となる。各メーカーの看板モデルがひしめくカテゴリーで、どこまで存在感を示せるかが注目される。

     国内販売は10月14日から。既存のFCA系列店に加えてアルファロメオ専売店網も拡充し、ブランドの浸透を図る。価格は消費税込み446万~1132万円。(北林慎也)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)

    http://www.asahi.com/articles/ASK964JMTK96UEHF008.html


    続きを読む

    AE92とかいうFRだったら名車になってた車wwwwwwwwwwww



    (出典 i.ytimg.com)



    1 風吹けば名無し :2017/11/25(土) 15:36:28.10 ID:Hc/IVX4/0.net

    何でFFになってしまったんや


    続きを読む

    FRとかいう雪道最弱駆動方式



    (出典 macasakr.sakura.ne.jp)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2015/10/15(木) 06:44:38.14 ID:XrcBuR4v0.net

    発進ダメ坂ダメカーブは曲がらない自殺専用車


    続きを読む
    スポンサードリンク
    最新記事(画像付)
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ