【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ミッドシップ/RR

    【市販車】世界最速のクルマ:ベスト10!!【スーパーカー】


    【市販車】世界最速のクルマ:ベスト10!!【スーパーカー】



    続きを読む

    軽自動車をカスタムしてる底辺DQN vs 青の陰キャ格安スポーツカー



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/07/20(木) 04:40:50.89 ID:PpgQWWgyp.net

    どっちの方がマシ?


    続きを読む

    『真夜中のスーパーカー』でドラマ初主演!「山本美月」の女優化が進んでいた


    『真夜中のスーパーカー』でドラマ初主演!「山本美月」の女優化が進んでいた



    続きを読む

    【ヒュンダイ】韓国・現代車、スーパーカー事業に参入


    現代車、スーパーカー事業に参入…BMW出身役員を招聘 | Joongang ... - 中央日報
    現代自動車が高性能ラインナップ「N」シリーズとモータースポーツ事業を担当する「高性能事業部」を新設したと1日、明らかにした。BMWから新しく迎えたトーマス・シュミエラ副社長(56)が新しい事業部を指..
    (出典:中央日報)



    1 ばーど ★ :2018/03/03(土) 08:38:25.37 ID:CAP_USER9.net

    トーマス・シュミエラ副社長

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    現代自動車が高性能ラインナップ「N」シリーズとモータースポーツ事業を担当する「高性能事業部」を新設したと1日、明らかにした。BMWから新しく迎えたトーマス・シュミエラ副社長(56)が新しい事業部を指揮する。シュミエラ副社長はBMWで高性能ブランド「M」シリーズの南北アメリカ事業総括役員を務めた。

    現代車は昨年、最初の「N」シリーズモデル「i30N」を欧州市場で出し、韓国国内では「ベロスターN」の発表を控えている。「N」は現代車のグローバル研究開発(R&D)センター「ナムヤン研究所」、そして極限の走行コースであり「N」シリーズの走行性能試験場所の独ニュルブルクリンクサーキットの頭文字から付けられた名称だ。高性能事業部はまず「N」シリーズの市場定着に集中する。このため現代車内の複数の部署に散在していた高性能車事業商品企画および営業・マーケティングを一つにまとめた。

    現代車は数年前から高性能ラインナップ構築に注力している。この市場を通じてブランドイメージを高めるほか、技術的な側面でも欠*ことができないという判断のためだ。鄭義宣(チョン・ウィソン)副会長は1月に米ラスベガスで開催されたCESで「高性能車は人々のロマンであり、(電気自動車時代にも)高性能市場は続くため、我々には絶対に必要」とし「高性能車は過酷な環境でテストされるため、ここで得られる技術を一般車に取り入れればシナジーも大きい」と述べた。

    モータースポーツ関連組織も該当事業部にまとめた。現代車は「世界ラリー選手権(WRC)」「TCRインターナショナルシリーズ」などラリーとサーキット大会で優秀な成績を収めている。また、2016年9月から全世界のレーシングチームを対象にラリー用自動車「i20 R5」を販売中であり、昨年11月に「i30 N」を基盤に製作されたサーキット用自動車「i30 N TCR」を発表した。

    一方、現代車は今回、シュミエラ副社長まで迎え、高性能車部門でBMW Mシリーズ出身のベテランラインナップを構築することになった。2014年に合流したアルバート・ビアマン社長は元BMW M研究所長で、BMW Mブランド総括デザイナーだったピエール・ルクレア常務も現在、起亜車デザインセンターでスタイリングを担当している。

    シュミエラ副社長もBMWだけで30年間勤務した高性能車マーケティング・営業専門家だ。1997年にBMWドイツ市場営業・マーケティングマネジャーとして販売関連の業務を始めた。

    シュミエラ副社長は「現代車がi30 Nとレース用自動車を通じて見せた技術力は、高性能車事業を始めたばかりの会社で製作された車とは信じがたいほど完成度が高い」とし「高性能車事業の成功のためにすべての力を注ぐ計画」と述べた。

    3/2(金) 13:48
    中央日報日本語版
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00000026-cnippou-kr

    ★1が立った時間 2018/03/02(金) 16:42:47.98
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1519976567/


    続きを読む

    【話題】スーパーカー(ミッドシップ)の証明は炎上すること!!!ぶっ飛ばしで空冷しないと燃える!!



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/02/05(月) 21:50:37.41 ID:/Zk5aP4H0.net BE:232392284-PLT(12000)


    (出典 img.5ch.net)

    トップギヤにて、アルピーヌ「A110」が僅か4分で大炎上する事故が発生


    (出典 creative311.com)


    1977年から始まっているイギリスの自動車番組「トップギヤ」。
    ジェレミー・クラークソン氏やクリス・ハリス氏、リチャード・ハモンド氏をメインにスーパーカーやクラシックカー等を取り上げる有名な番組となっていますが、
    今回、クリス・ハリス氏らが乗っていたアルピーヌ「A110」にてモンテカルロ・ラリーでの走行撮影中に、突如として車内から発火し、僅か4分で大炎上→燃え尽きるという大事故が発生しました。
    幸い、車内に乗っていたクリス・ハリス氏らはすぐに脱出し大事には至らなかったものの、一体何が原因で炎上してしまったのかは現在調査中であるとのこと。

    アルピーヌ「A110」は、元々1961年から1977年にかけて製作されており、今回はその復活(オマージュ)モデルとしてフランス・ディエップ工場にて生産が行われています(親会社はルノー)。
    前モデルを受け継いだ2シータスポーツクーペタイプで、全長4,178mm×全幅1,798mm×全高1,252mm、ホイールベース2,419mmとコンパクトで、
    アルミフレームを採用することで軽量(車体重量は1,103kg)且つ高剛性ボディを両立。

    パワートレインとしては、排気量1.8L 直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力252hpを発揮。パフォーマンスとしては、0-100の加速時間は約4.5秒と中々に俊敏で、
    駆動方式は後輪駆動(MR)であることから小回りも効くスポーツモデルとなります。

    http://creative311.com/?p=30926

    (出典 creative311.com)


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    ブログランキング
    ブログランキング
    • ライブドアブログ