【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ◇安全装備

    【一体なぜ?】防止装置、普及しないのか 相次ぐ“踏み間違い”事故!


    相次ぐ“踏み間違い”事故 なぜ普及しない防止装置 - テレビ朝日
    アクセルとブレーキの踏み間違いが原因とみられる事故が後を絶ちません。こうしたことが社会問題となる度に注目されているのが踏み間違いをしないように考案された特別 ...
    (出典:テレビ朝日)



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 かに玉 ★ :2019/06/09(日) 00:58:11.79 ID:toROMI9E9.net

     アクセルとブレーキの踏み間違いが原因とみられる事故が後を絶ちません。こうしたことが社会問題となる度に注目されているのが踏み間違いをしないように考案された特別なペダルです。しかし、なかなか普及していきません。一体、なぜなんでしょうか。

    くわしくは動画で…

    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000156622.html


    続きを読む

    最近、老人の自動車事故報道が多いけど、あれって自動運転の車を買わせたいだけ?


    後をたたない高齢者ドライバーによる交通事故。75歳未満の免許更新高齢者講習に疑問も… - ニコニコニュース
    高齢者ドライバーによる交通事故が後をたたない。 東京・池袋と大津市で母子・保育園児を巻き込む悲惨な死亡事故が相次ぎ、改めて社会問題視されている。東京都では、 ...
    (出典:ニコニコニュース)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 名無し募集中。。。 :2019/06/06(木) 17:42:03.86 0.net

    自動車メーカーと結託して報道を増やして将来的に自動運転車じゃないと乗れないようにするんだろうね


    続きを読む

    【自動運転】高速バス大手ウィラー、今秋にも国内で自動運転実験!


    高速バス大手ウィラー、今秋にも国内で自動運転実験 - 日本経済新聞
    高速バス大手のWILLER(ウィラー、大阪市)は今年秋にも日本国内で自動運転の実証実験を始める。6月から先行して実施する予定のシンガポールでの実験の成果を活用 ...
    (出典:日本経済新聞)



    (出典 www.ryoko-net.co.jp)



    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2019/05/14(火) 15:32:06.80 ID:CAP_USER.net

    高速バス大手のWILLER(ウィラー、大阪市)は今年秋にも日本国内で自動運転の実証実験を始める。6月から先行して実施する予定のシンガポールでの実験の成果を活用し、運用や商用化の手法などの課題を解決、新たな移動手段として実用化を急ぐ。今夏から日本で展開予定の次世代移動サービス「MaaS(マース)」にも活用する。


    (出典 www.nikkei.com)

    シンガポール企業が制御技術を提供する車両(写真)を、三井物産系の現地カーシェアリング会社に運用を委託して実験を行う


    (出典 www.nikkei.com)

    6月からの実証実験では15人ほどの客とスタッフが乗ったバス状の小型車両を、国立公園内で自動で走らせる(写真は車内の様子)

    ウィラーの村瀬茂高社長が、シンガポールでの自動運転実証実験に関する報道陣への説明で明らかにした。同実験を通じて乗客のニーズ把握や、運行に必要なマニュアルなどの作成、料金設定やビジネスモデルの検討を進め、国内にも応用する考え。「実験の先の実用化にチャレンジしたい」(村瀬社長)という。公共交通の存続が厳しい地方での展開が有力だ。

    シンガポールの実験は、ビジネスを組み立てるウィラーを中心に、自動運転制御技術の提供や車両保全を手掛ける政府系大手企業シンガポール・テクノロジーズ(ST)エンジニアリングや、車両運用を委ねる三井物産傘下の現地カーシェアリング企業カークラブと共同で行う。このほど公道も含め自動運転実験ができる許認可を取得した。

    第1弾は、国立公園「ジュロン・レイク・ガーデンズ」内で6月から始める。バス状で15人乗りの小型電動車両に、乗客のほかスタッフを乗せる「レベル3」と呼ばれる実験だ。地下鉄駅が起点の2.5キロメートルの園内コースを時速25キロメートルとゆっくりした速さで走り、アプリでの事前予約によってコース上で乗降できる。

    単に運転技術を試すだけでなく、車載のカメラやセンサー、人工知能(AI)も使って乗客の潜在意識を分析し、ビジネスにつながるニーズを探るのが特徴だ。5月中は無人で試運転するため、15日から準備作業に着手。実用化が前提で、6月の有人実験開始から半年後には有償化する。

    シンガポールではこうした実験を他に2カ所で予定し、一部には公道走行も含まれる。同国政府の後押しも受けてスピーディーにビジネスモデルを練り上げ、実験段階の他社を尻目に日本で早期の商用展開につなげる。

    2019/5/14 12:14
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44759170U9A510C1X13000/


    続きを読む

    (横浜「シーサイドライン」逆送事故)電車の自動運転でも事故るのに、車なんかの自動化は無理?


    決められた路線を走る電車でも自動運転で事故が起きるのに、不特定多数の車や歩行者などが行き来きする道路を無人走行する「車」については、技術的に無理では?

    1 風吹けば名無し :2019/06/02(日) 12:43:39.60 ID:QF0rrkUv0.net

    突然暴走して衝突して*だらどう責任とんねん


    続きを読む

    日本の「自動運転」、今後の技術開発について・・・!!


    なぜ日本の「自動運転」は遅れているのか 技術の進歩にルールが追い付かない - PRESIDENT Online
    他国に比べて「法整備」の遅れが目立っている 5月17日、参院本会議にて改正道路運送車両法が成立した。この法律は、2020年をめどに高速道路における、自動運転の実用化やその一段階上の無人自動運転のサービスの実用化を目指している。 改正道路運送車両法の成立は、新しい“移動”のコンセプトを目指すために欠かせない。自動運転が実用化できれば、それまで運転が苦手だった人々の移動はかなり楽になる。移動をしながら別のことに取り組むという、これまでになかった生活のスタイルも実現可能だ。 ただ、わが国の自動運転技術開発などへの取り組みは、先進の他国に比べて大きく見劣りする。まず、各国に比べ法整備の遅れが目立つ。米ナビガントリサーチによると、世界の自動運転車システム開発において、トップは米アルファベット傘下のウェイモであり、米独企業が上位にランクインする。中国のIT大手バイドゥ(百度)が8位に入り、9位がトヨタ、10位がルノー・日産・三菱アライアンスだ。 2018年10月よりアウディジャパンが販売する最上級セダン「A8」の新型モデル。車両本体価格は1140万円(税込み)から。日本ではレベル3の自動運転を「封印」されている。(写真=時事通信フォト) わが国は「改正道路運送車両法が成立したから大丈夫だ」といっていられる状況にはない。政府は、より積極的に民間の意向をくみ取り、各企業が重視する“オープン・...
    (出典:PRESIDENT Online)



    (出典 www.sonpo.or.jp)


    悲惨な交通事故を減らすためにも「自動運転車」の開発を早く行ってほしいものだ。特に、交通弱者の地方では待ち望んでいるだろう!
    (今後の開発に注視していきたい。)

    世間一般に「自動運転車」が走る頃には、手動運転の車は排除されるかもしれない。

    1 オーバーテクナナシー :2016/01/13(水) 23:29:56.01 ID:LvMSKC4G.net

    車の自動運転技術について語ろう


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ