【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ◇安全装備

    【新しい乗り物?】新技術導入の自動運転車、ソニーとヤマハ発が共同開発!....窓の代わりにディスプレイを


    窓の代わりにディスプレイ ソニーのクルマ、実用化へ ヤマハ発と共同開発 - ITmedia NEWS
    ソニーは、イメージセンサーとディスプレイを搭載した窓のないクルマ「New Concept Cart SC-1」をヤマハ発動機と共同開発し、年内にサービスを開始する。試作機と同様、 ...
    (出典:ITmedia NEWS)



    1 田杉山脈 ★ :2019/08/21(水) 20:13:26.90 ID:CAP_USER.net

    ソニーは、イメージセンサーとディスプレイを搭載した窓のないクルマ「New Concept Cart SC-1」をヤマハ発動機と共同開発し、年内にサービスを開始すると発表した。ソニーが2017年に試作機を完成させたモデルを基に、乗車可能人数を3人から5人に拡張するといったブラッシュアップを行った。

     試作機と同様、カメラでとらえた360度の映像をディスプレイに映して周囲を把握でき、乗員は夜間でもヘッドライトなしに視認できる他、遠隔操作にも対応している。ゴルフ場やアミューズメント施設などへのサービス展開を想定しているが、車両としての一般販売を行う予定はない。

    長さ約3メートル、幅約1.3メートルの四角いカートで、最高時速は19キロ。

     35ミリフルサイズの「Exmor CMOSセンサー」を車両周囲4方向と車内の計5台搭載した他、1/3.8型CMOSイメージセンサー「ISX019」内蔵カメラを2台搭載した。人が視認しながら運転する一般的な自動車と違い、360度全ての方向にフォーカスが合った映像で周囲の環境を把握できるという。

     窓の代わりにディスプレイを設置した。車内には49インチの4K液晶を1台、車外には55インチの4K液晶を4台備えている。ソニーが開発した融合現実感(Mixed Reality)技術も採用。乗員がディスプレイで見る周囲の映像にCGを重ねることで、「車窓がエンタテインメント空間に変貌し、移動自体をより楽しめるようになる」としている。

     車外のディスプレイを使い、車両の周囲にいる人に、広告や映像を映し出すことも可能。イメージセンサーがとらえた映像を人工知能で解析し、車両周囲にいる人の性別・年齢などに応じて最適な広告や情報を表示することもできる。

     超音波センサーと2次元ライダー(LIDAR:レーザー画像検出と測距)も搭載。ネットワークで接続したクラウドに蓄積した走行情報をディープラーニングで解析することで、運行をアシストするとともに、車両に備えた複数のセンサーからの情報をエッジコンピューティングで判断し、安全な走行をサポートするという。

    (出典 image.itmedia.co.jp)

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1908/21/news097.html


    続きを読む

    NY初の自律運転シャトル、ブルックリン海軍工廠で運行開始!


    NY初の自律運転シャトル、ブルックリン海軍工廠で運行開始 - GIZMODO JAPAN
    徐々に身近な存在になってきました。ちょっとだけ『トランスフォーマー』のリーダーみたいな名前の自動運転車メーカーが、ブルックリンにて、NY初の自律運転車プログラムを ...
    (出典:GIZMODO JAPAN)


    ブルックリン海軍工廠 (Brooklyn Navy Yard) は、ニューヨーク市ブルックリン区にあるアメリカ海軍の造船所である。ニューヨーク海軍造船所 (New York Naval Shipyard) 、ニューヨーク海軍工廠 (New York Navy Yard) 、合衆国海軍工廠ニューヨーク
    5キロバイト (601 語) - 2018年5月22日 (火) 09:01



    (出典 car.watch.impress.co.jp)



    1 ごまカンパチ ★ :2019/08/13(火) 00:54:14.38 ID:zRdYl/1H9.net

    https://www.gizmodo.jp/2019/08/ny-automated-shuttle-bus.html
     徐々に身近な存在になってきました。
    ちょっとだけ『トランスフォーマー』のリーダーみたいな名前の自動運転車メーカーが、ブルックリンにて、NY初の自律運転車プログラムを始めた、
    とLaughing Squidが伝えています。
    そのメーカーはOPTIMUS RIDEといい、ブルックリン海軍工廠にて、シャトルとして人を乗せていくつかの停車場をグルグルと運行するのです。

    ちなみにウィキペディアによりますと、
    「工廠(こうしょう)とは軍隊直属の軍需工場のことで、武器・弾薬をはじめとする軍需品を開発・製造・修理・貯蔵・支給するための施設」とあります。
    ですが今ではその面影を残しつつ、商工業施設やアーティストが集まる工業団地となっているエリアなのです。

    では映像で、その雰囲気を味わってみましょう。

    (出典 Youtube)


    ■東京ドーム26個分のプライベートなエリア
    OPTIMUS RIDEによりますと、ブルックリン海軍工廠は400を超える製造業がある、300エーカーの工業団地なので、
    公道とは違い広大でありながらも閉ざされた場所だからこそ、自律運転車を運行できる、とあります。

    計算してみると、300エーカーは東京ドーム26個分相当の土地なので、めちゃめちゃ広いことが想像できますね。
    建物の改修や拡張で、2021年末までに雇用人数を現在の1万人から2万人に、さらには10年数年先には3万人に増やす計画があるため、
    こうしたシャトルが入用となったわけです。

    ■1日500人、月1万6000人以上
    今のところ、停車場は2カ所だけですが、それでも6台が運行を開始したので、前のを逃してもすぐ次のシャトルが来そうな感じです。
    試算では1日500人を乗せ、月に1万6000人以上を運ぶことになるようです。
    最初は安全のため、運転をしない運転手とソフトのオペレーターが同乗するそうですが、安全性が確認されたら完全無人運転になるでしょうね。

    またOPTIMUS RIDEは、今後もバージニア州、カリフォルニア州、マサチューセッツ州でも運行する契約を結んでいるとのこと。
    さらに多くのアメリカ人が、これを体験することになります。

    ■ほかの国では?
    ほかにもフィンランドでは、無印良品がデザインした「GACHA」が運行されていたり、日本では丸の内で実験を行った、
    ソフトバンクの自動運転シャトル「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)」が8月末に江ノ島で新たな実験を行います。

    まだまだ身近な存在ではないものの、今後ますます増えてきそうですね。
    あと何年経ったら。近所を走るコミュニティー・バスが無人になるでしょうか?


    (出典 assets.media-platform.com)


    続きを読む

    【自動運転】「ホントに?」自動運転レベル4、ついに始まる!


    国内初、大型トラックで自動運転「レベル4」実証へ - ニュースイッチ Newswitch
    UDトラックスは8月に、日本通運やホクレン農業協同組合連合会と限られた区域を無人で走る自動運転「レベル4」の大型トラックの実証実験を北海道で実施する。
    (出典:ニュースイッチ Newswitch)



    (出典 ene-fro.com)



    1 :2019/07/29(月) 11:56:37.32 ID:wJ0WleXz0.net BE:422186189-PLT(12015)


    (出典 img.5ch.net)

    UDトラックス、日本通運、ホクレンの3社は、農産品の輸送力確保、トラックドライバー不足の解決に向け、
    レベル4技術を用いた自動運転の共同実証実験を8月の約1か月間実施すると発表した。


    (出典 response.jp)


    今回の実証実験に際しては、自動走行実証試験に最適なフィールドとして積極的に実験を誘致している
    北海道庁も全面協力。3社は、ホクレンが保有する製糖工場と集積施設にて、UDトラックスが開発した
    レベル4技術搭載の自動運転トラックを使用した実証実験を実施する。なお自動走行には安全確保のため、
    ドライバーが乗車する。

    3社は今回の共同実証実験の実施を通じ、社会実装に向けたユースケースや課題を抽出し、物流のさらなる
    効率化に向けた仕組みづくりを加速させる。

    https://response.jp/article/2019/07/23/324718.html


    続きを読む

    【悲報】飛び出してきた猫に安全装置が誤作動! 車の修理代に20万円(泣)...野良猫は轢き殺せ!!



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    「野良猫」に限らず、動物を轢いても罪にならない??
    人間でないので「轢き逃げ」ってことにはならないと思う。(何もなかったのように、ただ、動物が死んでいると・・・)

    1 わんにゃん@名無しさん :2019/07/02(火) 08:11:34.20 ID:5s9L2U0X.net

    車の安全機能が猫に誤作動!? 歩行者守るボンネットの修理に20万円かかる理由とは

    猫と衝突で修理代20万円 過失がなくても自腹修理の理由は

    クルマの安全装備のなかには、乗員を守る機能のほかに、対人衝突時に歩行者へ与えるダメージを最小限にする機能があります。
    近年では、衝突時にボンネットが浮き上がるという装備も開発されました。

    しかしこの機能の思わぬ誤作動によって、オーナーが修理代の支払いを強いられるケースが増えています。
    誤作動を防ぐことは可能なのでしょうか。



    実際に愛車のマツダ「ロードスター」のボンネットが誤作動した経験を持つKさんは、次のように話します
    (本記事内の画像は、Kさんより許可を得て掲載しています)。

    「見通しの悪い左コーナーを立ち上がるとき、いきなり黒い影が飛び込んできました。
    ブレーキを踏みましたが間に合わずフロント部分と衝突し、その瞬間『バンッ』とボンネットが持ち上がりました。だいたい顎の高さくらいです。

    運悪くディーラーはお休みで、マツダ本社の相談室に電話したら『その場では直せないので気を付けてお帰り下さい』との指示でした。
    視界も悪く危険な状態で帰ってきました。

    そして、修理代の見積もりは約20万円と最初にいわれ、後日さらに上がってプラス3万円の合計23万円となりました。
    結局、標準のボンネットではなくカーボンボンネットに交換することを決めました。

    メーターには、アクティブボンネットが作動したことを示す警告灯がいまでも点灯しているのですが、リセットするだけで
    3万円かかるといわれたので、我慢することにしました。車検には先日無事に通っています。

    新車時に10万円以上のコーティングを施したのも無駄になったので、今回の誤作動は残念です。車両保険は相手が動物のため不可でした。
    風で飛んできた段ボールといえば良かったかもしれません」

    こちらにはまったく過失がないにも関わらず、相手が動物だからという理由で車両保険が使えなかったとは驚きです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00010003-kurumans-bus_all&p=1
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00010003-kurumans-bus_all&p=2
    https://kuruma-news.jp/post/153820
    https://kuruma-news.jp/post/153820/2


    続きを読む

    【衝突安全性能】「軽自動車では助からない」は本当か?…ホンダがオフセット衝突実験を公開!


    「軽自動車では助からない」は本当か?…ホンダがオフセット衝突実験を公開[動画] - レスポンス
    軽自動車は、そのサイズなどから衝突時にキャビンの生存空間が確保しにくい。また、多くの場合、自分より大きく重い車両との衝突になり、事故を考えると軽自動車は乗り ...
    (出典:レスポンス)



    (出典 response.jp)


    衝突実験の映像を見ても、軽自動車・青色「N-BOX」がフロント大破が運転席まで届いており、助からないような気がする。一方、乗用車の方はダメージが運転席までは届いていない。(フロント部の長さの違い?)
    横や後ろからの衝突はどうなるのだろう。おそらく、助からないと思うが・・・。

    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2019/07/09(火) 14:13:01.47 ID:CAP_USER.net


    (出典 response.jp)

    (その他画像はこちらからご覧下さい)
    https://response.jp/article/img/2019/07/09/324245/1431971.html

    ファーストカーとして軽自動車を選ぶ層が広がっているという。車内の広さ、ユーティリティ、衝突被害軽減ブレーキや誤発進防止装置といったADAS機能も充実し、スペックだけでは普通車と区別がつかないくらいだ。

    その一方で、軽自動車は、そのサイズなどから衝突時にキャビンの生存空間が確保しにくい。また、多くの場合、自分より大きく重い車両との衝突になり、事故を考えると軽自動車は乗りたくないという人も存在する。

    □安全性能も進化する軽自動車
    車同士の衝突という物理的な現象に対しては、ボディ構造やエアバッグなどの衝突安全機能を強化しても限界がある。相対的に軽い方が大きいダメージを受ける。普通自動車や大型車との比較で、軽自動車は危険というのも間違いではない。しかし、近年のJNCAP自動車アセスメントでも主だった軽自動車が4つ星を獲得するようになり、メーカーの安全対策は着実に進んでいるのも事実。

    2017年には、ホンダの『N-BOX』が総合評価で5つ星(184.1点)を獲得している。その安全性を広く認知してもらうべく、ホンダが、報道陣向けにN-BOXの衝突実験を公開した。

    場所は栃木県にあるホンダの研究所内に建設された屋内型全方位衝突実験施設。公開された実験はN-BOXと『インサイト』のラップ率50%の車両どうしのオフセット衝突。それぞれの50km/hの速度でぶつかる(相対速度100km/h)。N-BOXとインサイトでは重量比が1:1.5となり、衝突時の衝撃は当然N-BOXのほうが強く受けることになる。N-BOXの衝突時のスピードは50km/hだが、受ける衝撃は60km/h以上の衝突に匹敵するという。

    「軽自動車での事故は助からない」は本当か?…ホンダが N-BOX のオフセット衝突実験を公開(上視点)

    (出典 Youtube)


    >>2 へ続く

    2019年7月9日(火)11時45分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/07/09/324245.html


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ