【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    電気自動車

    【今後のEV勢力図に注目!】 トヨタ、ついに電気自動車へ本格始動  2020年前半には10車種以上のEVを!


    トヨタがついに電気自動車へ本格始動! 日産一強だったEV勢力図は変わるのか - WEB CARTOP
    これまでEV(100%電気自動車)の本格展開には距離を置いているように見えたトヨタが、ついにEVの拡大に動き出した。上海モーターショーでC-HRベースのEVを世界初 ...
    (出典:WEB CARTOP)



    (出典 clicccar.com)


    これまでEVについて距離を置いていたように見えた、トヨタ自動車がついにEVに本格参戦するというニュースが飛び込んだ! 水素を燃料とした、燃料電池車を主体に開発を進めてきたようだが、ここにきて方針転換か?

    1 自治郎 ★ :2019/05/28(火) 21:33:35.06 ID:2u0g7xGV9.net

    ■現時点ではEV=日産リーフという状況に

     これまでEV(100%電気自動車)の本格展開には距離を置いているように見えたトヨタが、ついにEVの拡大に動き出した。上海モーターショーでC-HRベースのEVを世界初公開したと思ったら、2020年代前半にはグローバルで10車種以上のEVを展開すると宣言した。このグローバルという表現のなかには、日本市場も含まれていることだろう。東京オリンピック・パラリンピックに向けて自動運動の実用化もかまびすしいが、オリンピック後の日本市場はEVへとシフトしていくのだろうか? そのとき勢力図はどう変わるのか。


    (出典 udn.webcartop.jp)


    (出典 udn.webcartop.jp)


    (出典 udn.webcartop.jp)


     2019年春の時点で、日本のEV市場はほぼ日産が握っている。なにしろ市販EVというのは、日産のリーフとe-NV200、三菱のアイミーブとミニキャブミーブしかないのだ。いずれにしても、ルノー日産三菱アライアンスのモデルであるが、販売の大半はリーフとなっているのは言わずと知れたことだろう。日産のEVに商用車やワゴンを用意するe-NV200が存在していることも忘れがちだが、それだけ「リーフ」というEV専用モデルのインパクトは強い。日本においてはEV=リーフと市場が捉えているといっても過言ではない。


    (出典 udn.webcartop.jp)


     「EVの日産」としてブランディングしてきたアドバンテージは大きい。逆に、トヨタはEVへの本格参入の第一弾としてC-HRのバリエーションとして出してきたことから、既存モデルのEV仕様を展開すると予想される。

    ■増加するカーシェアリングサービスがEV市場活性化の肝になる

     これは、かつてハイブリッドカー(HEV)で見られた構図だ。最初は「プリウス」というHEV専用車が主役で、その後も「アクア」というHEV専用モデルが存在感を示しているが、いまやトヨタ(やホンダ)については軽自動車を除いてHEVが未設定のクルマを探すほうが難しいという状況になっている。歴史は繰り返すというが、HEVで起きたことを考えると、日産「リーフ」のブランディング面での優位性は当面揺るがないであろう。ただし、EV全体のシェアにおいては販売網の違いからもトヨタが実力を発揮することになると考えられる。


    (出典 udn.webcartop.jp)


     さて、そもそも日産やトヨタ、その他メーカーが日本でEVを多数展開するほど市場にEVニーズが高まるかどうか、という問題がある。EVの航続可能距離が伸びれば売れるようになるのか、それともガソリンスタンドの閉店によりエンジン車に乗ることがインフラ的に厳しくなって仕方なしにEVにシフトするのか。はたまた再生可能エネルギーの効率的な利用から電動化が進むのか……。シナリオはいくつも考えられるが、とにかくEVの市場が大きくならないことには、複数のメーカーがEVを採算レベルで売るのは難しいだろう。

     ところで、カーシェアリングとEVは親和性が高い。エンジン車に比べてメンテナンスフリーの要素は強く、EVであれば燃料補給の手間も不要だ。すでに日産がe-シェアモビというサービスを始めているが、近距離ユースがメインユーザーのカーシェアリングが拡大していけば、サービス提供社がEVを採用するという展開になると予想される。個人所有を無視するわけではないが、カーシェアリングというビジネスモデルの拡大が、日本におけるEV普及の一助となるのではないだろうか。


    (出典 udn.webcartop.jp)


    2019年5月26日
    https://www.webcartop.jp/2019/05/376700
    https://www.webcartop.jp/2019/05/376700/2

    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558961498/
    ★1:2019/05/27(月) 21:51:38.77


    続きを読む

    【電気自動車】トヨタとスバル、SUVタイプのEV共同開発へ 2020年代前半に販売を目指す!



    1 かばほ~るφ ★ :2019/06/06(木) 19:09:55.41 ID:WKJHLotj9.net

    トヨタとスバル 電動SUVを共同開発へ 2020年代前半販売を
    2019年6月6日 17時19分電気自動車

    世界の自動車メーカーの間で電気自動車の開発競争が激しくなる中
    「トヨタ自動車」と「SUBARU」は、SUV=多目的スポーツ車の電気自動車を
    共同で開発することで合意し、2020年代前半までの販売を目指すことになりました。
    発表によりますとトヨタとSUBARUは電気自動車専用の車台を開発した上で、
    SUV=多目的スポーツ車の電気自動車を共同で開発することで合意しました。

    トヨタがハイブリッド車などで培ってきた電動化の技術と
    SUBARUが得意とする全輪駆動の技術を組み合わせることで競争力のある電気自動車を開発したいとしていて、
    2020年代前半までにSUVの人気が高まっているアメリカ市場などへの投入を目指すとしています。

    両社は共同開発によって電気自動車の開発期間の短縮やコストの低減も図りたい考えで、
    将来的にはセダンなどほかの車種の開発も検討することにしています。

    世界の自動車メーカーの間の開発競争が激しくなる中、
    トヨタは2020年代前半までに10車種以上の電気自動車を販売する計画を示していて、
    電気自動車の開発を今後一段と加速させる方針です。

    NHK NEWSWEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190606/k10011943251000.html

    トヨタ・スバルがEV共同開発 SUVタイプのEVが両ブランドから誕生
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-00010006-kurumans-bus_all


    続きを読む

    【疑問】何で日本のメーカーって電気自動車に積極的ではないの?


    電気自動車(EV)のメリットとデメリットとは。気になる問題点、コスパは? - Goo-net(グーネット)
    最近流行っている電気自動車ですが、詳しく知っている人は少ないはずです。電気自動車は環境に良くコスパも良いと好評ですが、購入の際はそのメリットとデメリットを ...
    (出典:Goo-net(グーネット))



    (出典 m-rakuten.ismcdn.jp)



    1 名無し募集中。。。 :2019/05/22(水) 09:39:05.95 0.net

    韓国のヒュンダイキアは今いっぱい電気自動車販売して覇権を握ろうと努力してるのに
    日本のメーカーは日産以外放棄してる


    続きを読む

    【BBCニュース】[動画]電気自動車、購入すべき? 懸念は値段や充電時間!


    電気自動車、購入すべき? 懸念は値段や充電時間 - BBCニュース
    電気自動車(EV)が普及し、街中で見ることも多くなった。 しかし、まだ多くの人がEVに買い換えるべきかちゅうちょしている。 悩みの原因は値段や充電スタンドの少なさ、充電 ...
    (出典:BBCニュース)


    BBC News and Current Affairs(ビービーシー ニューズ、略称:BBC NCA)は、イギリスBBC(英国放送協会)が制作する報道番組の総称である。概ね「BBC NEWS」という表題で放送する。 あるいは、そのニュース制作部門そのものを指す。
    11キロバイト (1,467 語) - 2019年3月22日 (金) 04:19



    1 みつを ★ :2019/05/11(土) 04:28:24.13 ID:6LQpT0gF9.net

    https://www.bbc.com/japanese/video-48224598
    (リンク先に動画ニュースあり)

    電気自動車、購入すべき? 懸念は値段や充電時間
    2019年05月10日

    電気自動車(EV)が普及し、街中で見ることも多くなった。
    しかし、まだ多くの人がEVに買い換えるべきかちゅうちょしている。
    悩みの原因は値段や充電スタンドの少なさ、充電時間など。一方、環境に与える影響も、良いものだけではないようだ。


    続きを読む

    【自動車】 「平成」の怪物、HVのトヨタ「プリウス」! 「令和」の希望、EV「テスラ」?


    「平成」の怪物、HVのトヨタ・プリウス! 「令和」の希望、EVのテスラ? - 財経新聞
    平成」が終わって「令和」の時代がやってきた。実感はないが、「区切り」を付けて考えるには良いのかもしれない。すると平成の「ビッグワン」と思われるクルマがあることに ...
    (出典:財経新聞)



    (出典 gendai.ismedia.jp)



    1 次郎丸 ★ :2019/05/01(水) 09:17:37.23 ID:D7ttfD9E9.net

    「平成」の怪物、HVのトヨタ・プリウス! 「令和」の希望、EVのテスラ?
    2019年5月1日 08:56
    https://www.zaikei.co.jp/photo/508755.html


    (出典 i.imgur.com)

    トヨタ・プリウス(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

     「平成」が終わって「令和」の時代がやってきた。実感はないが、「区切り」を付けて考えるには良いのかもしれない。すると平成の「ビッグワン」と思われるクルマがあることに気付くことになる。それは、『トヨタ・プリウス』だ。これは比較する車がないと言い切れるのかもしれない。国産車の中には、平成の年代に登場して優れた車と言われるものもあるが、「自動車」として、プリウスほど世界の方向性を変えてしまったものはない。平成の怪物プリウスと言えるだろう。

     こう言うと、いやいや日産・R32スカイラインGT-Rだってあるではないか?と言われてしまいそうだ。また、トヨタ・エスティマ、ユーノス・ロードスターなどなど、それぞれの分野でエポックメイキングな車は確かにある。しかし世界的視野で見れば、自動車の歴史の方向性を変えてしまった存在は他にない。HVの普及はこれからでもあるが、平成の終わりにトヨタがHV特許を公開した意味は大きいのだろう。


     細かく見ていくと、トヨタ方式HVシステムは、その「トルクミックスシステム」が実にシンプルなのだ。これは世界に誇ってよい発明だ。なのにトヨタ販売店の営業マンで、「電気式CVT」を説明できる人に出会っていない。これはなんとしたことであろうか。企業イメージとしても、最も良い方向に引っ張る材料ではないかと思っていたのだが、あまりにも知られていない。ユーザーが関心を抱かないと、世紀の発明品も「商品価値」を持たないこととなってしまう。現在の「電気式CVT」の商品価値は、実力をはるかに下回っているのであろう。

     通常、エンジン式自動車では、クラッチとミッションが必要だ。また変速段数は、多いほうがエンジン効率を高められるので良い。現在のATでは7~10段が常識となっている。ATでは、ロスをなくすロックアップが常識で、クラッチ式のDCTも段数が多くなっている。

     またベルト式、チェーン式CVTなどでは「ラバーフィーリング」などが伴うが、電気式CVTにはないのが特徴だ。だがプリウスの、モーターに電荷をかけることにより無段階に変速させるアイディアは、燃費性能でも有利だ。低速から高速まで自然にエンジンを効率の良い回転数で使うことが出来、モーターのパワーを有効に使っており、バッテリーの効率が上がらない現代の状況下では、最も燃費が良いシステムを構成している。

     そして、EVの先頭に立つテスラは、これから「令和」の時代に希望となれるのであろうか?バッテリー性能が低い中でありながら、これほどEVを意識させ、体験させた功績はある。しかし金融知識の中での幻想に近い商品価値であって、これから真の完成を目指していくものであろう。

     株価で注目され、予約金で車両価格全額を収めるなど、異常なブームと言うべき状態を作り出してきた。これからバッテリーの効率が上がってくれば、いよいよEVが普及し始めるのであろう。が、その時は、群雄割拠で競争がし烈となる。そうなればごくありふれた製造物の分類に入ると見られ、いよいよ「量産技術」が必要とされてくる。「EV」であるだけでは商品価値とならない時代がやってくるのだ。

     この点を投資家がどのように評価するのか?楽しみでもある。なんでも「EVありき」と主張していた人々も、これからはEVも多くの選択肢の一つとなる現実の世界を見せられることとなる。「テスラは令和の希望」となれるのであろうか?(記事:kenzoogata)


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ