【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ・自動運転

    自動運転レベル4、ドイツが「世界初」公道一般走行解禁へ



    (出典 www.motown21.com)



    1 ボラえもん ★ :2021/02/22(月) 18:59:57.52 ID:ujQlPiMV9.net

    ドイツが自動運転レベル4(高度運転自動化)の解禁に大きく動き出したようだ。
    日本貿易振興機構(JETRO)によると、ドイツ連邦政府はレベル4車両の公道一般走行を可能にする道路交通法の改正案を閣議決定したという。
    2021年半ばまでの法案可決、2022年までの施行を目指すとしている。

    新たな法改正はどのような中身なのか。レベル4の開発動向などとともに解説していく。

    ■ドイツの道交法改正の概要
    改正法案では、自動運転車の技術的要件や認可・車検、運転者の義務、データ処理に関する規定などが新たに盛り込まれた。
    レベル4走行が認められる分野には、シャトル交通サービスや自動運転ミニバス、ハブ・トゥ・ハブ交通、
    オフピーク時のニーズに応じたサービス、ラストワンマイルにおける人の移動やモノの輸送、自動バレーパーキングなどを挙げているようだ。

    ドイツでは、2017年にレベル3走行を可能にする道交法や道路運送車両法の改正が行われているが、現実的な運用には至っていない。
    EU各国と地続きで連なるドイツでは、EUの枠組みにおける基準や国際基準の重要性が特に高く、事実上「待った」をかけられた状況となっている。

    なお、国連の自動車基準調和世界フォーラム(WP29)において2020年にレベル3に関わる国際基準が成立している。

    レベル4は、一般乗用車への搭載が軸となるレベル3と異なり、移動サービスなどが主体になることが予想される。
    ODD(運行設計領域)が限られるため、自国内に限った独自運用も行いやすく、今後の動向に注目だ。

    ■自動運転レベル4とは?
    レベル4最大のメリットはドライバーレスにあり
    レベル4は「高度自動運転化」を指し、特定の条件下においてドライバーを要しない自動運転を実現する。
    特定条件はODD(運行設計領域)と呼ばれ、各自動運転システムの能力に応じて、走行エリアや道路環境、速度、天気など安全に走行することができる条件を定める。

    「条件付自動運転化」と定義されるレベル3も特定のODDのもと自動運転が可能になるが、システムから手動運転の要請があった際、
    ドライバーは直ちに運転操作を行う必要がある。つまり、レベル3はドライバーの存在を前提としているのだ。

    レベル4もシステム次第で手動運転を交えることが可能だが、ODD内に限定した走行をすることでドライバーレスを実現できることが最大のメリットとなる。

    ドライバーレスは、自動運転タクシーや自動運転バスといった移動サービスや、
    ラストワンマイルを担う宅配などにおいて運用コストの大幅削減につながり、事業の継続性や新たなサービス展開を生み出す原動力となる。

    ■日本は現在はレベル3が解禁された状況
    日本では、2020年4月に道路交通法と道路運送車両法の改正が行われ、レベル3の走行が可能になった。
    レベル3搭載車両の一般販売はまだ行われていないものの、ホンダのレベル3自動運転システム「トラフィックジャムパイロット」が
    国土交通省から型式指定を受けており、保安基準に適合したシステムとしてまもなく市場化される見込みだ。

    レベル4は各地で積極的に公道実証が行われており、開発が加速している印象だ。
    2020年11月に茨城県境町が自治体として国内初となる自動運転バスの定常運行を開始しているが、
    セーフティドライバーが同乗し、適宜車両周辺の監視や運転操作に介入するレベル3以下の状態で運行している。
    実証などの一時的な運行を除き、ドライバー不在の公道走行は法律上まだ認められていないからだ。

    現行の道交法や道路運送車両法では、自動運行装置の存在が定義付けられたものの、運転者の存在を前提とした仕組みになっている。
    レベル4実現に向けては、運転者の存在を必ずしも前提としない新たなルール作りが必要となる。
    https://jidounten-lab.com/u_germany-level4


    続きを読む

    中国・アリババ出資の「ロボットタクシー」AutoXが深センで一般公開



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



    1 ボラえもん ★ :2021/01/29(金) 09:35:46.25 ID:UTVioC9a9.net

    中国の自動運転のスタートアップ「AutoX」が1月27日、深センで完全無人運転のロボットタクシーのパイロットプログラムを始動したと発表した。
    アリババが出資する同社は2020年12月から無人運転車両のテストを実施中だ。

    AutoXのロボットタクシーのプログラムは、米国のウェイモのロボットタクシーと同様に、限定的なパイロット版として始動する。
    一般人の乗車を受け付けるが、希望者はオンラインで事前登録を行う必要がある。

    もう一つのウェイモとの共通点は、AutoXがロボットタクシーサービスに用いる車両がクライスラー・パシフィカ・ミニバンをベースとしている点だ。
    AutoXは東風汽車(Dongfeng Motors)や上海汽車(Shanghai Auto)、奇瑞汽車(Chery Automobile)、BYDなどの多くの中国メーカーと提携しているが、米国製の車をベース車両に選んでいる。

    AutoXは以前から、ロボタクシー事業を自社で行うのではなく、パートナー企業に自動運転ソリューションを提供することを目指すと述べてきた。
    今回の深センにおけるプログラムは、AutoXが運営しているが、以前に上海で行ったプログラム(これは人間のセーフティドライバーが同乗するものだった)は、アリババ傘下の地図情報企業「高徳地図(Amap)」が運営していた。

    AutoXのパイロットプログラムは、多くの点でウェイモのアリゾナ州でのロボットタクシーサービスと類似しているが、進化のスピードはAutoXのほうがはるかに早い。
    ウェイモは約10年をかけてようやく、運転手が同乗しないロボットタクシーを一般向けに公開したが、AutoXは2016年に設立されたばかりの企業で、完全自動運転のテストを開始したのは、今から数カ月前のことだった。

    AutoXは、中国で100台以上のロボットタクシーを稼働させていると述べており、そのうち30台がドライバーレス(運転手が同乗しない車両)という。
    ドライバーレス車両のほとんどは深センで稼働中だが、5台は「世界の他の都市」でテスト中という。

    27日の発表に合わせ、AutoXは10分間のビデオを公開した。その内容は、離陸前の航空機内で乗客が見る緊急時対応の動画と似ている。
    AutoXの乗客は一人で車に乗ることになるが、このビデオはその準備のために用意されたものと思われる。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/851801aee2891cdf785ea84efc1e066e9aad54d3


    続きを読む

    中国・大連市でBaidu(百度)の自動運転タクシーが公道走行実験 先日、米カリフォルニア州で完全無人での公道試験許可を取得



    (出典 36kr.jp)



    1 上級国民 ★ :2021/01/29(金) 19:33:34.81 ID:MX0BKUgm9.net


    (出典 36kr.jp)


    【映像】大連市に無人タクシーが登場 無料の公道走行実験が始まる
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210129-00010008-storyfulv-cn

     中国では国内各地で、一般市民を対象にした自動運転タクシーの公道走行実験が始まっているが、同国東北部遼寧省大連市でも1月27日から、5台の自動運転タクシーを、実験的に無料で市民の「足」としての用途に供している。

     自動運転タクシーといっても、完全に無人ではなく、安全係が同乗するが、タクシーの走行は完全に自動運転だ。

     利用可能なエリアは、市内金普新区にある金馬路の5キロ区間で、市民はオンラインでタクシーを予約して、無料で利用が可能。

     金馬路は、一部人や車の流れが多く、バス停も多いが、5台の無人タクシーはどれも、複雑な道路状況を的確に判断して、加速、減速だけでなく、他の車両に進路を譲り、歩行者の道路横断のために停止するなど、安全に走行しているという。

    (中国、大連市、1月29日、映像:CCTV+/アフロ)


    関連記事
    中国の百度、米加州で完全自動運転車公道試験の許可取得
    https://www.reuters.com/article/baidu-autonomous-idJPKBN29W30L

    ウェイモが自動運転で王座陥落、アポロ計画のバイドゥが首位に
    https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01267/00006/


    続きを読む

    「あいおいニッセイ同和損保」 自動運転中(レベル3)は保険料無料!!



    (出典 wmdesign.jp)



    1 仙人掌 ★ :2020/07/31(金) 04:58:11.90

    https://www.daily.co.jp/society/economics/2020/07/31/0013559261.shtml

    あいおいニッセイ同和損害保険は30日、一定条件下でシステムに運転を任せられる「レベル3」の自動運転車を対象とした保険を開発したと発表した。
    人間の運転よりも安全との前提から、自動走行中は保険料を無料とする。こうした保険は国内初といい、レベル3車の年内実用化を見越して10月に販売を始める。

     レベル3は高速道路の渋滞時などに、運転手が直ちに対応できる状態であれば走行中に前方から視線を外すことができる水準。
    あいおいニッセイは「保険で自動運転車の普及を後押ししたい」(担当者)としてメーカー各社との連携を目指す。


    続きを読む

    自動運転車の安全性、市民が乗って確認 商店街で実験スタート/高知。四万十市



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 ひよこ ★ [ニダ] :2020/07/27(月) 11:09:26.74

    https://mainichi.jp/articles/20200727/k00/00m/040/030000c
    毎日新聞2020年7月27日 10時28分(最終更新 7月27日 10時38分)



    (出典 cdn.mainichi.jp)

    市民らを乗せて商店街を走行する自動運転車両=高知県四万十市中村天神橋で


     自動運転で車を走らせる実証実験が26日、高知県四万十市の中心市街地で始まった。国土交通省の支援を受け、市が8月3日まで安全性や乗り心地などを確認する。実験は四国で初めて、商店街を走らせるのは全国でも初めてという。

     人口減少が続く中、高齢者の移動手段の確保や観光客の利便性向上、中心市街地の活性化などを目指す。ルートは二つあり、市役所―中村駅間(1・8キロ)、市役所―丸の内ハイランド間(2・2キロ)。事前に申し込んだ市民を乗せて1日6往復する。



    (出典 cdn.mainichi.jp)

    カーブでは自動で曲がるハンドル=高知県四万十市駅前町で2020年7月26日、上野力撮影

     実験では2台の電気自動車を使う。ヤマハ製6人乗りで時速12キロほどで走行。両ルートとも所要時間は約20分という。事前に道路に埋設した電磁誘導線をたどり、交差点などで自動停止する。実験期間中、緊急時に備えて運転手が乗車する。

     実験に先立ち、25日に天神橋商店街で試乗会があった。開会式の後、関係者や市民が乗り込み、約5分間の走行を体験した。試乗した向田ユミさん(56)=四万十市中村天神橋=は「思ったよりスムーズで速かった。将来は本当に街を走ってほしい」と期待を込めた。【上野力】


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    i2iアクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ