【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    自動運転技術

    【速報】「ぶつからない」「自動運転技術」等の表記使用を禁止…苦情相次ぎユーザー誤認を防ぐ狙い!!


    苦情相次ぎ、「ぶつからない」「自動運転技術」等の表記使用を禁止 ユーザー誤認を防ぐ狙い(くるまのニュース) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
    ユーザーの機能誤認を防ぐため「自動運転」「自動技術」などの用語使用を禁止「信頼されるクルマ販売」を促進するために、適正な価格表示やクルマ選びに必要な情報提供 ...
    (出典:carview!)



    1 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ :2019/01/11(金) 21:21:38.14 ID:7iGfeCrd9.net

    苦情相次ぎ、「ぶつからない」「自動運転技術」等の表記使用を禁止 ユーザー誤認を防ぐ狙い


    ※ユーザーの機能誤認を防ぐため「自動運転」「自動技術」などの
     用語使用を禁止

    「信頼されるクルマ販売」を促進するために、適正な価格表示やクルマ選びに
    必要な情報提供の推進などを行っている自動車公正取引協議会は、
    「運転支援機能の表示に関する規約運用の考え方」の見直しについて
    発表しました。

     自動車公正取引協議会によると、近年「脇見運転で衝突しそうになり、
    自動でブレーキが作動し停止する映像」を用いたテレビCMに対し、
    「道交法違反を助長する」、「いかなる場合も衝突を回避できると
    誤認する」などの苦情が増えているといいます。

     国土交通省の発表する「自動運転車の安全技術ガイドラインの策定」に
    よると、自動運転のレベルは5段階に分かれており、人間が介入せず機械による
    システムがすべての運転操作を行う完全自動運転「レベル5」を頂点に、
    それぞれのレベルで満たすべき要件が定められています。

     ドイツのアウディは2017年にフラッグシップセダン「A8」において、
    一定の条件下での完全な自動運転化を実現した、「レベル3」の自動運転に
    相当するシステムの開発に成功していますが、国際的な技術認証や
    道路交通法改正の関係で実用化にはいたっていません。


     また、国産車においてはスバルの予防安全機能「アイサイト」で採用され、
    2010年に国土交通省から許可を受けた衝突被害軽減ブレーキを筆頭に、
    一定の条件で前方のクルマを追従する「アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)」
    などを搭載する車両も増えていますが、そうした機能は「レベル2」に
    相当するものです。

     こうしたことを踏まえ、自動車公正取引協議会の見直し案ではユーザーの
    誤認を防ぐため、「レベル2」の運転支援機能の段階ではテレビCMや
    広告などで「自動ブレーキ」「自動運転」という用語の使用を禁止し、
    「運転支援」「ドライブアシスト」などに言い換えることや、
    「自動で停止」、「ぶつからない」等の断定的用語の使用禁止すると
    発表しています。

    (以下>>2以降に発車オーライ)


    くるまのニュース編集部(1/11(金) 7:10配信 )
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00010001-kurumans-bus_all


    続きを読む

    【自動運転】中部大と名城大と金沢大が自動運転研究で連携、東京五輪での運用を視野に!!


    中部大など3大学、自動運転研究で連携 - 日本経済新聞
    中部大学と名城大学、金沢大学は17日、自動車の自動運転技術を高度化する研究に共同で取り組むと発表した。2020年度までの3年を予定し、人工知能(AI)や準天頂 ...
    (出典:日本経済新聞)



    (出典 www3.chubu.ac.jp)



    1 ニライカナイφ ★ :2018/12/19(水) 14:21:47.77 ID:CAP_USER9.net

    技術革新を実現するための国のプログラムに、中部大学、名城大学と金沢大学が共同で提案した自動運転技術の研究が採択されました。

    中部大学、名城大学、金沢大学は、国家プロジェクト「戦略的イノベーション創造プログラム」に自動運転技術の研究を提案し、採択されました。

    金沢大学では20年前から自動運転の研究を行っていて、共同研究では中部大学が行う人工知能の研究と名城大学の衛星測位システムの研究を加え、自律型自動運転の技術の確立をめざします。

    最終的には東京オリンピック・パラリンピックでの運用を見据え、来年秋以降に東京臨海部の公道での走行実験を行う予定です。


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00191649-nbnv-l23


    続きを読む

    【自動運転】トヨタ、新型の自動運転実験車 19年春から米で投入!!


    トヨタ、新型の自動運転実験車 19年春から米で投入 - 日本経済新聞
    トヨタ自動車は4日、2019年春から米国での自動運転のテストで、新型の実験車を投入すると発表した。昨年に発売した高級車レクサスの旗艦セダン「LS」をベースにし、 ...
    (出典:日本経済新聞)



    (出典 www.nikkei.com)



    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2019/01/04(金) 14:06:48.20 ID:CAP_USER.net

    トヨタ自動車は4日、2019年春から米国での自動運転のテストで、新型の実験車を投入すると発表した。昨年に発売した高級車レクサスの旗艦セダン「LS」をベースにし、カメラや画像センサーを追加して、車の認識性能を高めた。自動運転システムの性能にかかわるデータの計算能力、人工知能(AI)の機械学習の能力も向上させたという。


    (出典 www.nikkei.com)

    トヨタは米国で新型の自動運転の実験車を投入する

    次世代実験車の名称は「TRI―P4」で、7日(米国時間)に世界最大の米家電見本市「CES」で披露する。米国にあるAIの研究子会社、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)が開発した。従来の実験車は車両全周の200メートルの範囲を認識したが、新型車は2つのカメラと2つの画像センサーを追加し「両サイドや近距離の視野をさらに向上させた」(トヨタ)という。

    認識性能、計算能力がどの程度高まったかは公表していない。自動運転の頭脳となるコンピューターボックスはトランク内を埋めていたが、新型は後部座席の後ろに収め、荷室の空間を確保した。

    トヨタは20年をめどに高速道路で車線変更などができる自動運転を実用化し、20年代前半には一般道での実用化に加え、エリアを限定して完全自動運転ができる「レベル4」の確立を目指している。

    2019/1/4 13:40
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39623240U9A100C1000000/


    続きを読む

    【自動運転】名古屋市が「モデル地区」に!! トヨタ、ソフトバンクの新会社モネ・テクノロジーズ


    新会社はMONET Technologies(モネ テクノロジーズ)、トヨタとソフトバンクが共同設立 - TechWave(テックウェーブ) #WAVE
    トヨタ自動車とソフトバンクグループは本日(2018年10月4日)、自動運転車を使った移動サービス事業「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)株式会社」( ...
    (出典:TechWave(テックウェーブ) #WAVE)



    (出典 www.chunichi.co.jp)



    1 ばーど ★ :2019/01/01(火) 23:45:08.08 ID:CAP_USER9.net

    名古屋市、ソフトバンク、トヨタ自動車が連携し、バスやタクシーの自動運転など近未来の移動サービスの実用化を目指すことが分かった。すでに三者で基本合意し、春にも有人車両を使った公道での実証実験を開始。二〇二六年に愛知県で開催されるアジア競技大会や、翌年のリニア中央新幹線開業を見据えて実用化を進める。通勤・通学や観光分野で活用するほか、高齢者や障害者の「交通弱者」を対象とした送迎や食事の宅配など、暮らしを充実させる手段につなげる考えだ。

    両社は昨年十月、共同出資する次世代移動サービス会社「モネ テクノロジーズ」の設立を発表。実験や実用化のモデル地区を探す中、名古屋市を第一号の連携先に選んだ。アジア大会での活用で世界に発信できるほか、リニア開業で訪れる人の増加が見込まれることに着目したとみられる。

    実験の初期は、スマートフォンの操作で配車サービスを受けられる有人のバスを使い、道路の形状やブレーキ地点、渋滞情報など自動運転に必要なデータをソフトバンクの情報通信技術で収集。高齢者向けの買い物支援や保育所の送迎などのサービスを加えながら、二〇年代半ばをめどに、トヨタが開発中の「イーパレット」など自動運転車の導入を計画する。

    実験拠点は市内十六区で唯一、地下鉄がない守山区が有力。路線バス「ゆとりーとライン」が走る高架の専用道もあり、実験の適地と判断したとみられる。アジア大会では港区につくる選手村内を巡回し、競技会場への交通手段としても検討する。

    リニア開業後は、名古屋駅に到着したビジネスマンや観光客の移動手段としての定着を狙う。将来的には、過疎地で商品を販売する無人コンビニ車や、ロボットが車内で調理した食事を提供する宅配車、患者がモニターで医師の遠隔検診を受けられる病院送迎車としての応用も構想する。

    名古屋市は公道を使う場合の使用許可や、実験に協力する住民の募集といった役割を担う。

    ソフトバンクの宮川潤一副社長は取材に「リニア駅となる名古屋を最先端の街にするため、両社が持ち得ている技術力すべてを集中投下したい」と強調。河村たかし市長は「脚が悪くなったお年寄りや体の不自由な人が、自宅から直接買い物や孫の家まで行けるようになればすごく喜ばれる。市として事業に協力したい」と話している。

     <モネ テクノロジーズ> ソフトバンクが50・25%、トヨタが49・75%を出資し、2018年度中に設立。自動運転車を柱とする移動サービスの新会社。公共交通機関のない過疎地で移動に困る交通弱者問題の解消を目指すほか、需要を把握して配車するバスや通勤用シャトルバスの展開、電気自動車の活用にも取り組む。

    2019年1月1日 朝刊
    中日新聞
    http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2019010102000036.html

    (出典 www.chunichi.co.jp)


    続きを読む

    【自動運転】〈動画〉「そこ曲がって」ジェスチャーで指示できる対話型自動運転車を名古屋大学などが共同開発!!


    「ちょっと右曲がって」音声・視線・ジェスチャで制御する自動運転車、名古屋大学などが開発 「ちょっと右曲がって」音声・視線・ジェスチャで制御する自動運転車、名古屋大学などが開発
    …機との共同で、音声・視線・ジェスチャを用いて操作するマルチモーダル対話型自動運転車を世界で初めて開発したと発表した。近年、自動運転車の研究開発は加速。
    (出典:IT総合(レスポンス))



    1 しじみ ★ :2018/11/26(月) 15:40:17.56 ID:CAP_USER.net

    ■動画
    マルチモーダル対話型自動運転
    (出典 Youtube)


    「完全無人タクシー」は自動運転車によって実現が期待されている有望なサービス分野の1つだ。海外ではグーグルの兄弟会社であるウェイモ(Waymo)が年内にも商用サービスの開始を予定しており、今夏には東京都内でも日の丸タクシーとZMPによる実証実験が実施された。

    現在想定されている自動運転タクシーでは、カーナビのように具体的な住所や建物名などで目的地を指定する。だから、現在の有人タクシーで私たちが当たり前のようにやっているように、「そこ曲がって」「その先に停めて」と音声やジャスチャーなどを交えながら柔軟な指示を飛ばすことはできない。

    名古屋大学と徳島大学、アイシン精機は共同で、自動運転オープンソースソフトウェア「オートウェア(Autoware)」を利用し、音声・視線・ジェスチャーで操作できる自動運転車を開発した。音声認識、顔画像認識、ジャスチャー認識を組み合わせた複数の入力を同時並行的に乗客の「意図」として理解し、処理できるのが特徴。乗客はタクシーのドライバーへ指示するようにコミュニケーションを取りながら自動運転車を操作できるという。

    こうしたさまざまな入力内容を受け付け、機器の操作に反映するインターフェイスは「マルチモーダル・インタフェース」と呼ばれる。自動運転に限らず、ロボットやAIと人間のと協調・共生を実現する上でも活用が期待できそうだ。

    https://www.technologyreview.jp/nl/a-self-driving-car-that-can-be-operated-as-if-to-instruct-a-taxi-driver/


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    ブログランキング
    ブログランキング
    • ライブドアブログ