【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    クルマの税金

    『平成31年度税制改正大綱』 (自動車)走った距離で税額アップ?「走行税導入」と誤解拡散!



    (出典 hirotsu-motoko.com)


    バカな国会議員どもの頭の中には、消費増税の次は自動車の「走行税」というシナリオが
    出来ているんだねぇ~。誤解もヘッタくれもあるもんか? 明記しようがしていないが、近々、導入する手はず。誤解ではない。(現実になるのだから)

    P.S.
    国会議員選挙のたびに、「国会議員を●●%削減します~」というが、いつから? これこそ、唱えるだけで実行に移そうとしない。国民をバカにしとる。

    1 うずしお ★ :2019/10/01(火) 19:08:27.37 ID:FchNe8Bh9.net

    https://news.livedoor.com/topics/detail/17164536/

    自動車の走行距離に応じた課税「走行税」の導入が「『平成31年度税制改正大綱』に明記されている」などの誤情報がネットで広まっている。財務省に事実関係を尋ねたところ、「明記した箇所はない」と返答があった。なぜこのような誤解が拡散されているのか。背景を調べた。

    そもそも走行税とは? 2018年12月にメディアが報道

    走行税とは、排気量や車体重量などに応じた現行の税とは違い、走った距離によって課される税金だ。スイスやドイツ、ベルギーなどのヨーロッパ諸国やアメリカの一部の州で導入されている。

    日本で走行税が注目されたのは2018年12月14日、政府・与党が発表した『平成31年度与党税制改正大綱』に


    技術革新や保有から利用への変化等の自動車を取り巻く環境変化の動向、環境負荷の低減に対する要請の高まり等を踏まえつつ、国・地方を通じた財源を安定的に確保していくことを前提に、その課税のあり方について、中長期的な視点に立って検討を行う


    との記載があったことがきっかけの1つだろう。

    この記述に関して、NHKや新聞などの大手メディアが「電気自動車(EV)やカーシェアリングの普及を受け、自動車関連税制の抜本改革に着手する方針を示した」として「政府は今後、走行距離などに応じた課税を検討する見通し」などと報じた。

    19年3月5日に開かれた検討会で環境省が使用した「平成31年度税制改正大綱に置ける車体課税等の見直しについて」という資料で、「欧州・米国における主な走行距離課税に関する動向」が掲載されるなど、メディア報道の通り、政府が走行距離に応じた課税の仕組みに着目していることは明らかだが、「平成31年度与党税制改正大綱(平成30 年12 月14 日)においては、いわゆる走行距離に応じた課税に関して明記した箇所はない」(財務省)。

    ネットでは「1kmごとに5円」という具体的な数字も
    しかし、twitterなどのSNS上ではあたかも走行税の導入が決まったかのような情報が散見される。なかには「1kmごとに5円の方針」、「税制改正大綱に『1000kmごとに5千円』 と記載」などと伝え、3万件以上RTされた投稿もある。

    この「1kmごとに5円/1000kmごとに5千円」という数字は、走行税導入国のニュージーランドの課税制度を伝えたNHKのビジネス特集で紹介されたものだ。これを元にした情報がSNS上で広まる中で、「日本の政府が1000kmごとに5千円という税制を明記した」との誤解が広まった可能性が高い。

    続きはurlにて


    続きを読む

    【いつもの国民を欺く仕掛け】「(消費増税で)10月から自動車税が安くなる!」...10月以降購入の車に限る



    (出典 www.yokoyama-m.com)


    ホント、国会議員(自民党)の悪巧みは腹が立つ。
    「消費増税を上げる代わりに、”自動車税を安くします”」....(小さく)「10月以降に購入した車に限る」条件で・・・。(長く大切に乗っている車については高い自動車税の税率がさらに高く)
    国民をバカにしとる。そりゃ、親も国会議員、一流大学ばかり出たお偉いさんだから、国民をバカにするのは当然なんだろうけど、人間としては”クズ”。

    ⇒上げた分の税金は、国会議員・公務員の給与に消えていく。この前の参議院選挙で、国会議員も余分に人員をとったし・・・。(平等でない日本、これでは、まだ江戸時代の方がマシと違うか?)

    1 名無し募集中。。。 :2019/06/10(月) 15:12:27.97 0.net

    https://response.jp/article/2019/06/10/323280.html

    (出典 Youtube)


    いくらになるかはよくわかんないけど


    続きを読む

    「悪法を許すな!」 高すぎる自動車税制変える4つの提案



    (出典 img.bestcarweb.jp)


    まったく許しがたい。自分たちの利得権益を守ろうとする国会議員の卑劣さには、国民の怒り浸透のはずが・・・。「車」だけなんで、こんなにも(目の敵のように)重複重税をかけるのか? 車検時に支払う「重量税」と毎年支払う「自動車税」これだけも、税金の重複だし、燃料に関しても、ガソリン本体価格にガソリン税、ガソリン税を加味したガソリン価格に消費税を加算・・・といった具合。ひどいものだ! 長く大切に車を乗れば、自動車税が上がる、そんなバカな~。(国自体がこうなっているから、今の子供は物を大切にすることを知らん、修理技術もダメになっている現状。)
    こういう事態を変える策はないのであろうか?

    P.S.
    日本の経済発展を阻止する法律を実行中。こうなれば、企業はわざわざ資金を投入してまで、新技術/製品の開発はしなくなるだろう。開発したところ、”おいしい”ところを政府に持って行かれるのだから。(金を費やし、苦労しても何もならない。)

    1 阻止押さえられちゃいました :2018/10/15(月) 10:40:29.58 ID:9uzXzo/L.net

    悪法を許すな! 高すぎる自動車税制変える4つの提案
    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20181015-10350781-carview/

     「日本の自動車ユーザーは、世界一高いレベルの税金を負担している」。
    2018年10月2日、トヨタ自動車の社長を務める豊田章男氏が、日本自動車工業会の会長としてコメントを発表した。
     「世界一高いレベルの税金」というのは、購入後の保有段階で納める自動車税と自動車重量税のことだ。
    この金額がイギリスの2.4倍、ドイツの2.8倍、米国の31倍に達するとしている。

    【1】“二重課税”でもあるガソリンに関わる税の廃止
    【2】自動車税は“車齢”に応じて減額を
    【3】矛盾多きエコカー減税の撤廃
    【4】古い自動車への増税廃止


    続きを読む

    「ガソリン」・・・庶民「二重課税だ! いや、三重、四重?」、「酒・タバコ」・・・庶民「もっと課税しろ!」


    ホント、己の既得権益しか考えないバカな国会議員、またも消費増税でガソリンも大幅値上げ。ほとんどの人が困る。酒やタバコに税金、困るのはほんの一部、身体にも悪いもの、もっと課税すればよい。上級国民様は余裕がある分、酒やダバコを吸う人が多い、配慮してのことか?(消費税を無くし、酒・タバコ税を100%課税にすればよいだけのこと。)

    (ガソリン本体価格+ガソリン税)×消費税[8%⇒10%]
    もううんざり!

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/09/22(日) 12:43:54.650 ID:TQEy8igKd.net

    これもダブルスタンダードの一種ですか?


    続きを読む

    【悲報】 「もう車売ろうか?」”車持ちは1年に税金5万、駐車場に10万・・・んで、10月から消費増税!”これが現実!



    (出典 yuhico.net)


    なんで、こんなにも車ばかりに(目の敵のように)税金ばかり取る。税金を加味した費用に消費増税を加算、二重課税。国民のささやかな楽しみを奪うつもりか、日本政府は。また、非正規社員が増えているのに加えて、増税か! 国会議員の数は増やし、公務員の給与を上げ、増えた税収はこれらにとられてしまう(怒)!

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/09/18(水) 00:20:52.839 ID:n5cV513wa.net

    *だろ


    続きを読む
    スポンサードリンク
    最新記事(画像付)
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ