【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ・[伊] イタリア車

    フェラーリ新型「ローマ」が想像の4倍はフェアレディZ、これもうZ35ってことにしてくれないか🤞😉



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/05/25(水) 21:06:47.471
    *ーリ、イタリアと日本の文化を融合した1台…『ローマ』をカスタマイズ
    シートなどの素材に75年前の藍染の着物を使用
    V8ツインターボは最大出力620ps
    最新の電子制御デバイスとアクティブエアロ

    *ーリは5月17日、日本の伝統文化にインスピレーションを得て、「テーラーメイド」プログラムによってカスタマイズを行った1台限りの『ローマ』(Ferrari Roma)を発表した。


    (出典 i.imgur.com)

    https://response.jp/article/2022/05/20/357397.html

    続きを読む

    和の伝統、伊フェラーリに 職人芸を高級車が搭載/米・ニューヨーク



    1 ぐれ ★ :2022/05/22(日) 00:10:50.45

    ※2022年05月21日13時31分トップへ

     【ニューヨーク時事】日本の伝統職人芸をふんだんに搭載した世界で唯一の高級車―。ニューヨークで、イタリアの高級自動車メーカー、*ーリが内装に大島紬(つむぎ)や藍染めなどを採り入れたスポーツカー「ローマ」の特別版をお披露目した。世界的な著名ブランドが認めた匠(たくみ)の技術が高性能の車内で静かな輝きを放っている。

     車の外装は、日本の伝統的な藍染めから着想を得た鮮やかな青色の塗料を特別に開発。車内のシートの一部とカーペットには鹿児島県奄美市の大島紬を施した。車内天井の革には京都府で藍染めを手掛ける「浅井ローケツ」の技術を採用。染めた後にイタリアで短冊状に切られ、イタリアの職人が手織りした日伊両国のコラボだ。

    続きは↓
    時事通信ニュース: 和の伝統、伊*ーリに 職人芸を高級車が搭載―米.
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2022052100185&g=int


    続きを読む

    ランボルギーニさん、女性に嫌われそうな車を作ってしまう……



    1 風吹けば名無し :2022/05/24(火) 20:56:00.76


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    ランボルギーニ ウラカン テクニカ
    640馬力のV10NAの2WD
    3000万円

    女性が嫌う羽もついてるし
    3000万円の車なのにドアは紐の模様……
    これはデートに不向きや


    続きを読む

    ランボルギーニが Huracanの新モデルとなるTechnicaを発表



    1 田杉山脈 ★ :2022/04/24(日) 01:51:49.39

    イタリアの高級車ブランド「Lamborghini(ランボルギーニ)」は、公道・サーキットのいずれにも最適なHuracan(ウラカン)の新たなバリエーション Huracan Technica(ウラカン・テクニカ)を発表した。これは、後輪駆動のEVO RWDと、公道走行も可能だがレース用車両であるHuracan STOのほぼ中間に位置するモデルと言える。

    このTechnicaには、Huracan STOと同じ、5.2Lで640HP/565Nmを発揮するエンジンを搭載。後輪駆動にダイレクトなステアリングレシオとトルクベクタリングを備えるリアホイール・ステアリングを組み込んだほか、専用に変更を加えたP-TCS(パフォーマンス・トラクション・コントロールシステム)と、特別なサスペンションのセットアップも組み込まれており、“STRADA”、“SPORT”、“CORSA”の3種類のドライブモードに応じて、高度に差別化されたレスポンスを楽しむことが可能だ。また、“サーキットでの経験から着想を得た”という新しいブレーキ冷却システムが採用されている。

    Huracan TechnicaはHuracan EVOよりも6.1cm全長が長く、全高と全幅は同じながらEVOより低く幅広く見えるようデザインされている。このシルエットはEssenza SCV12のDLO(デイライトオープニング)のラインからインスパイアされたものだ。フロントの*のY字が車体側面からサイドエアインテークに沿って伸び躍動感を強調しているが、さらにルーフを*に塗装するオプションも用意されている。
    新たなフロントスプリッターには細いオープンスラットを備えてタイヤに空気を送り込み、ダウンフォースと冷却の向上を図ったとのこと。リア部分では、新採用の垂直リアウィンドウなどにより視認性が向上したほか、軽量カーボンファイバー製ボンネットもデザインを一新。固定式リアウィングも特徴となるが、空力面ではHuracan EVO RWDとの比較でリアダウンフォースは35%増加、ドラッグは20%の低減を実現している。

    室内には高さ調節可能なスポーツシートを備え、頻繁にサーキット走行するドライバーに向けて、軽量なドアやチタン製リアアーチ、ハーネス式シートベルトなどもオプションで用意される。デザインを一新したHMI(ヒューマンマシンインターフェース)はTechnica限定の装備。中央コンソール画面にはリアルタイムディスプレイのLDVI機能や、「Apple(アップル)」の『CarPlay』、「Google(グーグル)」の『Android Auto』、「Amazon(アマゾン)」のAlexaに接続できる機能などが取り入れられている。

    エクステリアカラーは標準の8色に加え、パーソナライゼーションプログラムの利用で、さらに200通り以上のペイントオプションから選ぶことが可能。Technica限定のアルカンターラ製インテリアトリムの新作も利用できるほか、シートのボルスター部分の刺繍にもデザインやカラーなどのオプションがあるという。その他詳しくについてはこちらで確認しよう。

    (出典 image-cdn.hypb.st)


    https://hypebeast.com/jp/2022/4/lamborghini-huracan-technica-release-info


    続きを読む

    「ランボルギーニは成金!金持ちアピール!車好きは乗らない」



    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    i2iアクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ