【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    【英】イギリス車

    【英国】「新型車は「10秒で」盗まれる!」キーレスに脆弱性=英自動車専門誌


    新型車は「10秒で」盗まれる、「キーレス」に脆弱性=英自動車専門誌 - BBCニュース
    イギリスで最も人気のある新型車の一部が、10秒ほどで盗まれてしまう可能性があることが、英専門誌が行なった実験で明らかになった。
    (出典:BBCニュース)



    (出典 ichef.bbci.co.uk)


    「イギリスの新型車の一部が、10秒ほどで盗まれてしまう!」これって、リコールなのか? 当然、メーカー側の責任であることは間違いない。既に、被害にあった人達は? 或いは購入した人達は?

    1 みつを ★ :2019/08/11(日) 13:02:14.10 ID:a6qVBxs79.net

    https://www.bbc.com/japanese/49288323

    新型車は「10秒で」盗まれる、「キーレス」に脆弱性=英自動車専門誌
    2019年08月9日

    イギリスで最も人気のある新型車の一部が、10秒ほどで盗まれてしまう可能性があることが、英専門誌が行なった実験で明らかになった。近年、鍵を鍵穴に差し込むことなく施錠・解錠できる「キーレス(keyless)」機能を悪用した、盗難事件が増加しているという。

    「キーレス」とは、運転手がポケットから鍵を出すことなく、ドアロックを解錠したり、エンジンをかけたりできる機能のこと。

    英自動車専門誌「ワット・カー?(What Car?)」のセキュリティー専門家は、窃盗犯が用いるものと同じ専門技術を使い、「キーレス」機能を搭載する7つの車種のロックを解錠し、盗む実験を行なった。

    ロックを解錠し、車で走り去るまでの時間を計ったところ、DSオートモビルズのコンパクトSUV「DS 3クロスバック」と、アウディの四輪駆動車「TT RS」は10秒で、ランドローバーのSUV「ディスカバリー・スポーツTD4 180 HSE」は30秒で、それぞれ「盗まれて」しまった。
    イングランドとウェールズで起きる車の盗難事件の件数は、2018年に10万6000台を超え、過去8年間の最悪を記録した。
    (リンク先に続きあり)


    (出典 ichef.bbci.co.uk)


    続きを読む

    【Jaguar Cars】ジャガー初の電気自動車、I-PACEはビビビッと来るか?←コーナリングは低重心で安定!前後重量配分は50:50、機能美


    I-PACEはビビビッと来るか?──ジャガー初の電気自動車|自動車ニュース(高級車・スポーツカー) - GQ JAPAN
    このI-PACEの取り扱いディーラーは、全国40カ所すべて。ジャガーが本気で電気自動車を売ろうとしている。その仕上がりはどうか?ファッション感覚でクルマを選ぶ編集部 ...
    (出典:GQ JAPAN)



    (出典 staticx.antenna.jp)



    1 一般国民 ★ :2019/05/19(日) 00:55:19.32 ID:MLO8Ocol9.net

    ジャガー初の電気自動車、I-PACEはビビビッと来るか?

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190505-00010003-gqjapan-bus_all
    2019/5/5(日) 20:11配信,YAHOO!JAPAN NEWS,GQ JAPAN

    画像:Jaguar I-PACE 全長4695×全幅1895×全高1565mmだが、キャブフォワードなデザインにより、
       後部座席のレッグスペースは1クラス上のサイズと同じ広さだ。

    (出典 amd.c.yimg.jp)


     このI-PACEの取り扱いディーラーは、全国40カ所すべて。
     ジャガーが本気で電気自動車を売ろうとしている。
     その仕上がりはどうか?ファッション感覚でクルマを選ぶ編集部森口が横浜で味わった。

     英国車ジャガーとは“美しくて速い”クルマだ。
     世界一美しいスポーツカーとされるジャガーE-Typeの、とくにシリーズ1は、「ロングノーズ、ショートデッキ」の、実に流麗なボディ。
     今なお街で目にする度たじろいでしまう。
     で、そんなジャガーが発表した初の電気自動車は、「ショートノーズ、ロングデッキ」と真逆の文法。
     ボンネットが短く、キャビンが大きい。のではあるが、息を呑んでしまった。

     当然、エンジンはない。ガソリンタンクもない。
     代わりに、動力源となるリチウムイオンの電池パックが36個、ボディ下に敷き詰められ、前後2基のモーターで駆動する。
     走り心地は、シフトアップの段差なく、キュイーーンと伸びやか。
     驚くべきはコーナリングで、低重心が功を奏し、初心者でも安定してコーナーが曲がれる。
     ちなみに、前後重量配分はこれでいて50:50。いやはや、機能美というのはかくも美しいのか。

     航続距離は、438km(WLTCモード)。気になる0-100km/h加速は4.8秒だ。9,590,000円~(税込)

     写真・鷲崎浩太朗 文・森口徳昭(GQ)

    関連スレ
    【電池】アウディ初の市販EV『e-tron』、最大出力150kWで急速充電…最新充電システム搭載←充電ソリューションを導入
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558193995/
    【電池】メルセデスベンツ初の市販EV『EQC』、欧州で受注開始…7万1281ユーロから←特化したサブブランド、マルチビームLEDヘッドライト
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558192992/
    【電池】BMWグループ、新型EVを5車種発売へ…2021年までに←BMWグループの電動化戦略、2025年までに25の電動車両
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558191614/
    【電池】SBドライブが自動運転EVバスを展示予定、試乗も…人とくるまのテクノロジー2019←運転席なし、運行プラットフォーム紹介も
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558190665/
    【エコ/電池】米ホンダ、フィット EV の使用済みバッテリーを再利用へ…電力網に組み込む←米国電力会社と協力、将来のEV普及に不可欠
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558142807/
    【電池】EUと仏独主導でEV用電池生産に60億ユーロ投資、エアバス方式でアジア勢に対抗←車載電池はコスト4割、ギガファクトリー構想
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558144493/


    続きを読む

    【Jaguar Cars】[英]ジャガー、車の運転で「仮想通貨が稼げる」システムを開発・・・渋滞や道路の補修状況を販売することで収益化


    英ジャガー、車の運転で「仮想通貨が稼げる」システムを開発 - Forbes JAPAN
    世界では膨大な数のドライバーが、車両の走行データを無料で開示しており、交通情報プロバイダのINRIXやIBMはデータの分析によって利益を得ている。しかし、英国の ...
    (出典:Forbes JAPAN)



    (出典 time-az.com)



    1 一般国民 ★ :2019/05/11(土) 01:00:42.19 ID:lUhYusyT9.net

    英ジャガー、車の運転で「仮想通貨が稼げる」システムを開発

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190510-00027067-forbes-bus_all
    2019/5/10(金) 10:00配信、YAHOO!JAPAN NEWS、Forbes JAPAN

     世界では膨大な数のドライバーが、車両の走行データを無料で開示しており、交通情報プロバイダのINRIXやIBMはデータの分析によって利益を得ている。
     しかし、英国の自動車メーカーの「ジャガーランドローバー」は、スマートウォレットと呼ばれるシステムを開発し、
     車両のオーナーが走行データから報酬として仮想通貨を受け取れる仕組みを構築した。
     同社は、渋滞や道路の補修状況のデータを運送会社や自治体に販売することで、収益化を図るという。

     高級車メーカーとして知られるジャガーは、ドイツ本拠のIOTA財団と共同でこのテクノロジーを開発した。
     IOTAは、IoTデバイス同士の通信のための仮想通貨プロジェクトとして知られている。

     車の持ち主がどれほどの額を稼げるのかは不明だが、ジャガーによるとウォレットに貯まったコインは高速料金や駐車代の支払いに使えるという。
     さらに、データをシェアすることで地域の渋滞を緩和し、通勤時間の短縮や二酸化炭素の排出削減などの効果が見込めるという。

     ジャガーは現在、エンジニアリング部門を置くアイルランドでこのテクノロジーのテストを実施中だ。
     同社はF-PACEやRange Rover Velarなどの車両にスマートウォレットを搭載し、試験を行っている。

     自動車部品メーカーのコンチネンタルらも、走行データをブロックチェーンで管理する試みを進めているが、
     仮想通貨を車両のオーナーに支払うメーカーはジャガーが初めてだ。
     個人のプライバシーに関わる情報を収集するのと引き換えに、自動車メーカーが報酬を支払うという取り組みは非常に興味深い。

     Liane Yvkoff


    続きを読む

    【話題】英王子のジャガー「Eタイプ」、電気自動車に改造して使用!!


    英王子のジャガー「Eタイプ」、電気自動車に改造して使用 - CNN Japan
    英ロンドン郊外のウィンザー城で伝統にとらわれない結婚式を挙げたヘンリー王子とメーガン・マークルさん。イブニングレセプションの会場へ移動する際に使った車も型破り ...
    (出典:CNN Japan)



    (出典 gqjapan.jp)



    1 きつねうどん ★ :2018/05/22(火) 06:12:39.91 ID:CAP_USER.net

    (CNN) 英ロンドン郊外のウィンザー城で伝統にとらわれない結婚式を挙げたヘンリー王子とメーガン・マークルさん。イブニングレセプションの会場へ移動する際に使った車も型破りだった。

    ステラ・マッカートニーのウェディングドレスに着替えた新婦のメーガンさんは、ヘンリー王子の運転するシルバーブルーのジャガー「Eタイプ」に乗って、ウィンザー城からレセプション会場のフロッグモアハウスへ向かった。

    この車は1968年製だが、このほど電気自動車へと改造され、ナンバープレートは挙式前日の日付を入れた「E190518」だった。

    ジャガーは昨年、Eタイプを電気自動車に改造する究極のアップサイクリング「コンセプト・ゼロ」のサービスを立ち上げた。ただし料金は最低でも40万ドル(約4440万円)。王族でもなければなかなか手が届かない。

    ヘンリー王子の愛車「シリーズ1.5 Eタイプ」は、かつてエンツォ・*ーリが「世界一美しい車」と評したスーパーカー。3.8リッターのXKガソリンエンジンを、295馬力の電気モーターに入れ替えた。

    コンセプト・ゼロでは、ガソリン駆動のEタイプと同じ性能を電気で引き出している。Eタイプは1961年の発売当時、世界最速級の車として売り出された車で、約240キロの最高時速、5.5秒で時速0キロから約100キロまでの加速といった性能を、電気で実現している。

    ジャガーは今、インドのタタ・モーターズの傘下にある。

    https://www.cnn.co.jp/world/35119469.html


    続きを読む

    【スーパーカー】マクラーレン セナ のサーキット専用車「GTR」、実車を公開し初走行も予定!!


    マクラーレン セナ のサーキット専用車「GTR」、実車を公開し初走行も予定…ただし完売済み - レスポンス
    4.0リットルV8ツインターボは25psプラスの825psに強化 ◇大型リアウイングなどサーキットに特化したエアロダイナミクス性能を追求 ◇価格は110万ポンド(約1億6000万 ...
    (出典:レスポンス)



    (出典 response.jp)



    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2019/04/01(月) 15:28:38.24 ID:CAP_USER.net

    ・4.0リットルV8ツインターボは25psプラスの825psに強化
    ・大型リアウイングなどサーキットに特化したエアロダイナミクス性能を追求
    ・価格は110万ポンド(約1億6000万円)。世界限定75台はすでに完売


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)

    その他画像は元ソースでご覧ください
    https://response.jp/article/img/2019/04/01/320806/1402666.html

    マクラーレンオートモーティブは3月29日、マクラーレン『セナGTR』(McLaren Senna GTR)を4月6日、英国で開催する「第77回グッドウッドメンバーズミーティング」において、実車を初公開すると発表した。

    セナGTR はF1ドライバー、故アイルトン・セナの名前を冠したスーパーカー、マクラーレン『セナ』をベースに開発されたサーキット専用車となる。2018年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2018において、コンセプトカーの『セナGTRコンセプト』が発表されていた。このコンセプトカーをベースに開発を進めて究極のサーキット専用車、セナGTRが誕生した。4月6日、英国で開催する第77回グッドウッドメンバーズミーティングでは、実車を初公開するとともに、初走行も披露する予定だ。

    □4.0リットルV8ツインターボは25psプラスの825psに強化
    セナGTRでは、軽量かつ高剛性なカーボンファイバー製のモノケージを、ロードカーと共用する。そのミッドシップには、4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載しており、サーキットでのさらなるパフォーマンスを目指して強化された。最大出力はロードカーの800psから825psへ、25ps引き上げられた。最大トルクは81.6kgmに据え置かれる。乾燥重量は1188kg。マクラーレンオートモーティブによると、これまでに生産されたマクラーレン車の中で、最軽量な1台のひとつになるという。

    また、セナGTRでは、マクラーレンのGT3カスタマーレーシングプログラム用に作られたシステムをベースに開発されたスプリング、ダンパー、アンチロールバーを搭載する。サスペンションはダブルウィッシュボーンとした。ロードカーにも導入されたピレリ製レーシングスリックタイヤは、3Gを超える重力加速度に対応するとともに、最大減速度を20%上昇させるという。

    □大型リアウイングなどサーキットに特化したエアロダイナミクス性能を追求
    セナGTRではロードカーに対して、サーキットに特化したエアロダイナミクス性能を追求する。カーボンファイバー製のボディは、フェンダーをよりワイド化。フロントスポイラーは、ロードカーに比べて大型化され、リアのディフューザーも大きく長くなり、より後ろまで伸ばされた。リアデッキは、マクラーレン車の中で最も低い位置にあり、エアロダイナミクス性能とクーリング機能を向上させる。


    (出典 response.jp)


    アクティブリアウィングの性能も最適化した。ウィングをディフューザーからのエアフローに合わせることで、空力効率を向上させ、低速時により大きく、よりアクセス性の高いダウンフォースを追求する。これらの変更により、1000kgを超えるダウンフォースを獲得している。

    また、ヨーイングにおいて最適化されたエアロダイナミクス性能が、より安定したコーナリングを可能にする。また、その一方でピッチングの感度を低く抑えることにより、ブレーキの安定性を向上させているという。

    □価格は110万ポンド(約1億6000万円)。世界限定75台はすでに完売
    インテリアには、エアバッグやインフォテインメント・セントラルスクリーン、折り畳み式のドライバー用ディスプレイは装備されない。その一方で、ギアシフトコントロールが組み込まれた、新開発のレース用ステアリングホイールが、装着される。この他、エアコンとレーダーアシストの追突回避システムが標準装備されている。

    セナGTRは2019年9月から、世界限定75台の顧客へのデリバリーを開始する予定だ。価格は110万ポンド(約1億5925万円)だが、すでに75台は完売している。

    2019年4月1日(月)15時00分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/04/01/320806.html


    続きを読む
    スポンサードリンク
    最新記事(画像付)
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ