【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ミツビシ -MITSUBISHI-

    【悲報】三菱の軽自動車が239万7166円(本体価格)!


    【三菱 eKクロス 新型試乗】軽の枠を超えた質感は、まるで「デリカ・ミニ」…島崎七生人 - レスポンス
    さしずめ“デリカD:5ミニ”か。実車を2台並べたカットを載せておいたのでご覧いただきたいが、まるでスケールモデルのような相似形のフロントマスクは、お見事というほかない ...
    (出典:レスポンス)



    (出典 webcg.ismcdn.jp)



    1 名無し募集中。。。 :2019/05/10(金) 18:11:38.31 0.net

    三菱eKクロスT

    全長×全幅×全高=3395×1475×1685mm
    ホイールベース:2495mm
    車重:950kg
    駆動方式:4WD
    エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
    モーター:交流同期電動機
    トランスミッション:CVT
    エンジン最高出力:64ps(47kW)/5600rpm
    エンジン最大トルク:100Nm(10.2kgm)/2400-4000rpm
    モーター最高出力:2.7ps(2.0kW)/1200rpm
    モーター最大トルク:40Nm(4.1kgm)/100rpm
    タイヤ:(前)165/55R15 75V/(後)165/55R15 75V
    燃費:22.8km/リッター(JC08モード)/16.8km/リッター(WLTCモード)
    価格:176万5800円/テスト車=239万7166円

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    オプション装備:
    オプションカラー<ナチュラルアイボリーメタリック/サンシャインオレンジメタリック>(8万1000円)/
    ルーフレール(2万7000円)/
    プレミアムインテリアパッケージ<内装色:ブラック&タン、シート生地:合成皮革&ファブリック>(5万4000円)/
    先進安全パッケージ<デジタルルームミラー[マルチアラウンドモニター表示機能付き]、マルチアラウンドモニター[移動物検知機能付き]>(9万1800円)/
    先進快適パッケージ<MI-PILOT、電動パーキングブレーキ、ステアリングスイッチ[MI-PILOT]>(7万0200円)

    ※販売店オプション 
    オリジナル9型ナビゲーション(21万8808円)/
    オールウェザーマット(1万9785円)/
    ETC(2万5876円)/
    ドライブレコーダー(3万9657円)/
    三角停止表示板(3240円) https://www.webcg.net/articles/-/40846


    続きを読む

    【MITSUBISHI】 三菱自会長「日産・ルノーの経営統合は3社に建設的な結果をもたらさない」との見解!


    日産・ルノーの経営統合は3社に建設的な結果もたらさず=三菱自会長 - ロイター (Reuters Japan)
    三菱自動車<7211.T>の益子修会長CEO(最高経営責任者)は9日、決算会見で、仏ルノーが求めている日産自動車<7201.T>との経営統合について、日産が抵抗している ...
    (出典:ロイター (Reuters Japan))



    (出典 d1z3vv7o7vo5tt.cloudfront.net)



    1 みつを ★ :2019/05/09(木) 19:45:29.08 ID:30Pa8wWM9.net

    https://jp.reuters.com/article/mitsubishi-motor-idJPKCN1SF10V

    ビジネス
    2019年5月9日 / 12:29 / 15分前更新
    日産・ルノーの経営統合は3社に建設的な結果もたらさず=三菱自会長

    [東京 9日 ロイター] - 三菱自動車(7211.T)の益子修会長CEO(最高経営責任者)は9日、決算会見で、仏ルノー(RENA.PA)が求めている日産自動車(7201.T)との経営統合について、日産が抵抗している以上、実現したとしても、三菱自を含めた3社にとって「建設的な結果をもたらさない」との見解を示した。

    益子会長はまず、日産とルノーの経営統合について「私はゴーン前会長からも、現在のルノー幹部からも、まったく話を聞いていないので、コメントする立場にはない」と説明。三菱自の筆頭株主である日産、第2株主である三菱グループとの間でも「具体的に経営統合について話をしたことはない」と強調した。
    (リンク先に続きあり)


    続きを読む

    【MITSUBISHI】37年の歴史に幕、「三菱パジェロ ファイナルエディション」700台の限定発売!



    (出典 www.autocar.jp)



    1 自治郎 ★ :2019/04/25(木) 21:59:15.44 ID:jHdlS4m+9.net

    三菱自動車は2019年4月24日、「パジェロ」に特別仕様車「ファイナルエディション」を設定し、700台の台数限定で販売を開始した。

    国内販売向けパジェロの生産が、2019年8月をもって終了する。三菱のオフィシャルサイトによれば今回のファイナルエディションは、1982年の初代モデルの発売以来、37年の歴史をもつパジェロの「進化の最終形」だという。

    3.2リッター直4ディーゼルターボエンジン(最高出力190ps、最大トルク441Nm)を搭載した「エクシード」をベースに、人気オプションを標準装備としている。

    エクステリアにはルーフレールと電動ロングサンルーフを装備。ボディーカラーにはモノトーンの「ウォームホワイトパール」「ブラックマイカ」「スターリングシルバーメタリック」に、3ウェイツートンの「スターリングシルバーメタリック/アイガーグレーメタリック」を加えた全4色展開とした。

    インテリアには本革シートとパワーシートを装備することで、質感の向上を図った。

    このほか寒冷地仕様とリアデフロック、SRSサイドエアバッグ&カーテンエアバッグを標準装備とした。

    また、リアデフレクターとスペアタイヤカバー(メッキ)、マッドフラップ(アルミプレート仕様)といった人気のディーラーオプションを組み合わせ、「ファイナルエディションアクセサリーパッケージ」として設定した。

    さらに、成約特典として「FINAL EDITION」のロゴ&シリアルナンバー入りのイルミネーション付きスカッフプレートとシリアルナンバー入りのオリジナルウオッチ、オリジナルステッカーがプレゼントされる。

    価格はベース車から24万8400円アップの453万0600円。三菱によれば「37年の感謝を込め」た価格設定だという。(webCG)

    2019.04.24
    https://www.webcg.net/articles/-/40830

    パジェロ ファイナルエディション

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    関連スレ
    【企業】三菱自がパジェロ国内販売終了へ 海外では販売継続
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555945243/


    続きを読む

    【速報】三菱 アウトランダー PHEV、世界販売20万台…発売6年で達成!!


    三菱 アウトランダー PHEV、世界販売20万台…発売6年で達成 - レスポンス
    三菱自動車の米国部門は4月11日、『アウトランダーPHEV』(Mitsubishi Outlander PHEV)の世界累計販売台数が20万台を達成した、と発表した。 アウトランダーPHEV ...
    (出典:レスポンス)



    (出典 d1kls9wq53whe1.cloudfront.net)



    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2019/04/12(金) 13:49:47.54 ID:CAP_USER.net

    ・三菱自動車の米国部門は4月11日、『アウトランダーPHEV』(Mitsubishi Outlander PHEV)の世界累計販売台数が20万台を達成した、と発表した。

    ・アウトランダーPHEVは2013年に発売。世界累計販売台数20万台は、発売からおよそ6年での達成となる。


    (出典 response.jp)

    その他画像は元ソースからご覧下さい
    https://response.jp/article/img/2019/04/12/321296/1407285.html

    三菱自動車の米国部門は4月11日、『アウトランダーPHEV』(Mitsubishi Outlander PHEV)の世界累計販売台数が20万台を達成した、と発表した。
    アウトランダーPHEVは2013年に発売。世界累計販売台数20万台は、発売からおよそ6年での達成となる。

    最新モデルでは、駆動用バッテリーとエンジンを新設計する大幅改良を実施。モーターやジェネレーターの出力を向上させるなど、プラグインハイブリッドEVシステムの主要構成部品のうち、ほぼ一新といえる約9割のコンポーネントを改良している。

    エンジン排気量は、2.0リットルから2.4リットルに、400cc拡大。このガソリンエンジンは、カムプロフィールの変更とバル*イミング制御により、アトキンソンサイクル化を図り、低回転域で効率性の高い発電を可能にしている。また、エンジン発電制御を全域で見直し、エンジン音を大幅に低減させることで、発電によるエンジン始動時の違和感を低減させた。

    さらに、駆動用のリチウムイオンバッテリーの蓄電容量は、約15%向上させ13.8kWhとし、最大出力も約10%引き上げた。ジェネレーターやリアのモーターの出力も約10%向上させることにより、力強い走りを追求した。2019年モデルのパワースペックは、エンジンが135ps、フロントモーターが82ps、リアモーターが95ps。EVモードの航続は、57.6km(WLTCモード)となる。

    現在、アウトランダーPHEVは、世界50か国以上で販売。また、アウトランダーPHEVは世界で最も売れているプラグインハイブリッド車(PHV)だ。欧州では2015年から4年連続で、PHVカテゴリーの販売首位を維持している。

    2019年4月12日(金)13時15分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/04/12/321296.html


    続きを読む

    【兄弟車】新型「日産デイズ」「三菱ekワゴン」披露目 思ったよりカッコイイ!!



    (出典 driver-box.yaesu-net.co.jp)


    いい意味で期待を裏切った! 公開前は(憶測)デザインに不評だったが・・・。

    1 名無しさん@涙目です。 :2019/03/15(金) 00:22:55.95 ID:sj7oxdns0.net BE:837857943-PLT(16930)


    (出典 img.5ch.net)

    1/3
    写真左から新型「日産デイズ ハイウェイスター」、日産の星野朝子専務執行役員、三菱の益子 修会長、「三菱eKクロス」。

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    2/3
    写真奥が新型「デイズ」で手前が「デイズ ハイウェイスター」。

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    3/3
    写真手前から「デイズ」「デイズ ハイウェイスター」「eKクロス」「eKワゴン」。

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    日産自動車と三菱自動車、NMKVは2019年3月14日、日産および三菱から3月中に発売予定の新型軽乗用車のオフライン式を、
    三菱の水島製作所で実施した。

    今回、ラインオフした新型軽乗用車は、日産と三菱の合弁会社であるNMKVで企画・開発をマネジメントし、日産の先進技術と三菱の
    軽自動車づくりのノウハウを融合させたとうたわれるハイトワゴンである。日産からは「デイズ」「デイズ ハイウェイスター」として、
    三菱からは「eKワゴン」「eKクロス」として、それぞれ発売される。従来モデルから、プラットフォームやエンジン、トランスミッションといった
    主要コンポーネンツを刷新することでクルマとしての基本性能を高めたほか、軽自動車初をうたう同一車線運転支援技術を採用。
    従来の軽自動車にはない魅力を実現しているという。

    https://www.webcg.net/articles/-/40565


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ