【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ニッサン -NISSAN-

    【動画】このルンバ感が堪らない! 日産の「アイガモロボ」がカワイイ、自動運転技術で稲作サポート!


    日産の「アイガモロボ」がカワイイ 自動運転技術で稲作サポート - J-CASTニュース
    日産自動車の公式ツイッターで公開された1本の動画が、「ルンバ感ヤバい」「か、可愛い!」と注目を集めている。動画に映るのは、田んぼをスイスイと泳ぐアイガモ...ではなく ...
    (出典:J-CASTニュース)



    (出典 pbs.twimg.com)


    これが日産の”自動運転技術”!? 既に発売されている「ロボット掃除機:ルンバ」と変わらないような?稲作サポートにはすでに、自動運転トラクタが発売されている。

    1 ばーど ★ :2019/06/11(火) 18:16:12.81 ID:NLv6duJf9.net

    【動画】
    (出典 Youtube)


    日産自動車の公式ツイッターで公開された1本の動画が、「ルンバ感ヤバい」「か、可愛い!」と注目を集めている。

    動画に映るのは、田んぼをスイスイと泳ぐアイガモ...ではなくロボットだ。自動運転技術を搭載し、無農薬米作りに貢献する。

    ■その名も「アイガモロボ」

    日産の公式ツイッターが2019年6月8日、田んぼで縦横無尽に動き回るロボット2台の動画を公開した。

    ロボット掃除機を思わせる外見で、白の筐体の正面には目のような穴が2つ開いている。投稿は3500以上リツイート(拡散)され、動画は17万再生を記録(10日現在)。「可愛い!」など好意的な反応が相次いだ。

    日産広報は6月10日、J-CASTニュースの取材に、ロボットの名前は「アイガモロボ」だと明*。

    開発のきっかけは、同社の技術者である中村哲也さんが2013年に、友人から「農薬を使わないでコメ作りをしたい」と相談を受けたためだ。そこで、昔ながらの「アイガモ農法」をヒントに、「アイガモロボ」を社内外のメンバーと有志で製作した。

    雑草や害虫の駆除を行うアイガモ農法は、外的侵入の防止策を講じる必要があったり、成鳥すると稲を食べてしまったりするなど欠点がある。「アイガモロボ」は、アイガモに代わって田を動きまわり、スクリューで水を濁らせることで雑草の光合成を抑制できる。

    ■一般販売の予定は?

    アイガモロボは、日産が推進してきた自動運転技術が応用されている。

    田んぼに設置したWi-Fiとアイガモロボに搭載するGPS(全地球測位システム)を使い、田んぼを一巡できるようプログラミングされている。

    広報は、苦労した点に「きちんと進まなかったり、稲にひっかかったりしたこと」を挙げる。見た目については「皆から愛されるデザインにした」。

    日産で事業化は予定しておらず、製品化したい企業には技術協力するとした。(J-CASTニュース編集部 谷本陵)

    2019/6/10 16:58
    J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/2019/06/10359682.html?p=all

    (出典 www.j-cast.com)


    (出典 www.j-cast.com)


    続きを読む

    【Scoop!】日産が世界最高効率エンジンを開発、20年量産 驚異の45%でトヨタ・マツダ超え!


    [スクープ]日産が世界最高効率エンジンを開発、20年量産 驚異の45%でトヨタ・マツダ超え - 日経xTECH
    日産自動車が、最高熱効率で45%に達する次世代ガソリンエンジンを開発したことが2019年6月5日までに日経 xTECHの調べで分かった。量産エンジンで、世界最高値に ...
    (出典:日経xTECH)



    (出典 tech.nikkeibp.co.jp)



    1 田杉山脈 ★ :2019/06/05(水) 14:49:57.12 ID:CAP_USER.net

    日産自動車が、最高熱効率で45%に達する次世代ガソリンエンジンを開発したことが2019年6月5日までに日経 xTECHの調べで分かった。量産エンジンで、世界最高値になる可能性が高い。2020年に量産を始める。搭載車両の燃費性能を大きく高められる。

     シリーズ方式のハイブリッド車(HEV)機構「e-POWER」に搭載する次世代機で達成する。2020年春ごろに発売予定のSUV(多目的スポーツ車)「エクストレイル」から採用する計画だ。

     排気量は1.5L程度で、理論空燃比で燃焼する発電専用機になる。ターボチャージャーで過給するダウンサイジングエンジンになりそうだ。

    現在の世界最高値とされるのが、トヨタ自動車が2017年に発売した「カムリ」に搭載するHEV用2.5Lガソリン機の41%である。ホンダが2018年に発売した「アコードハイブリッド」のガソリン機も、トヨタの熱効率に匹敵する。

     一方で、マツダが2019年内に投入する新型車「3」(旧アクセラ)のガソリン機「スカイアクティブX」では43%前後に達し、トヨタやホンダを上回る公算である。日産が開発する次世代機で達成する45%は、マツダのエンジンを上回る可能性が高い。
    https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/02294/


    続きを読む

    三重・伊勢市と日産自動車が「災害連携協定」! 大規模災害発生時、電気自動車から避難所に電力供給!


    リーフ(LEAF )は、日産自動車が2010年から販売している5ドアハッチバック型の電気自動車である。 リーフは2010年12月より日本およびアメリカ合衆国で販売が開始され、他にも欧州市場、中国市場などに投入されている。 2017年9月6日に、2代目へのフルモデルチェンジを発表した。型式のZEはZero
    14キロバイト (1,727 語) - 2019年5月23日 (木) 08:33


    (近年の大規模災害発生増加に伴い)日産自動車では他にも岐阜・飛騨市や北海道・セイコーマートなどとも同様な協定(「災害連携協定」)を結んでいる。ただ、被災地が孤島で車が通れないところであれば、どうする?? ヘリコブダー等でクルマ(EV車)を運ぶか? そしたら、いっそのこと小型ヘリを電動化すれば?

    1 水星虫 ★ :2019/05/30(木) 06:12:22.03 ID:NTLM/FEe9.net

    電気自動車から避難所に電力供給

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/tsu/20190529/3070001545.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    大規模災害が原因で停電が発生した際、電気自動車を活用して避難所に電力を供給する災害連携協定が
    29日、三重県伊勢市と日産自動車の間で締結されました。

    伊勢市黒瀬町の市生涯学習センターで開かれた29日の締結式には、伊勢市の鈴木健一市長と
    日産自動車の伊藤由紀夫常務執行役員などが出席し協定書にサインを交わしました。
    協定では、地震や大雨などの大規模災害で停電が発生した場合に、日産自動車が所有する電気自動車
    「リーフ」1台を伊勢市の避難所の生涯学習センターに派遣して電力を供給するとしています。

    締結式のあと関係者は生涯学習センターの外部に設置された専用の接続装置の前に移動し、
    「リーフ」と装置をケーブルでつないで、実際に電力が供給されるか確認していました。
    日産自動車によりますと電気自動車「リーフ」は、約6200台のスマートフォンを充電できる
    最大62キロワットアワーの電力量を蓄えられるということで、こうした協定を
    自治体と結ぶのは県内でも初めてで、伊勢市が4例目だということです。

    伊勢市の鈴木市長は
    「去年も大規模な停電が全国的な課題になったので協定の締結を心強く思う。
    夏の停電時には避難所の暑さも問題になるのでその解消にも活用できればと思う」
    と話していました。

    05/29 20:03


    続きを読む

    【NISSAN】プレミアムスポーティーを掲げる「日産リーフAUTECH」登場!


    プレミアムスポーティーを掲げる「日産リーフAUTECH」登場 【ニュース】 - webCG
    日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2019年5月23日、電気自動車「日産リーフ」をベースとしたカスタムカー「リーフAUTECH(オーテック)」を設定し、同年6 ...
    (出典:webCG)



    (出典 www.webcg.net)



    1 自治郎 ★ :2019/05/23(木) 21:15:36.65 ID:pywxQM5g9.net

    日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2019年5月23日、電気自動車「日産リーフ」をベースとしたカスタムカー「リーフAUTECH(オーテック)」を設定し、同年6月21日に発売すると発表した。

    プレミアムスポーティーをブランドコンセプトに掲げるAUTECH。今回のリーフAUTECHは「セレナ」「ノート」「エクストレイル」に続く、ブランド第4弾のモデルとなる。

    エクステリアではメタル調フィニッシュの専用パーツにより、上質さと先進性を表現。フロントバンパーには専用ブルーのシグネチャーLEDを採用するとともに、AUTECHブランド車に共通のドットパターンのフィニッシャーを配している。

    インテリアには、クリスタルスエードとレザレットのコンビシートを採用。高級木材であるシタン柄で飾ったインストゥルメントパネルは、ダークグレーをベースに、ほんのりとブルーに光るパールをあしらっている。

    主な特別装備の内容は以下の通り。

    ・AUTECH専用エクステリア(フロントグリル、フロントバンパー<バンパー下部メタル調フィニッシュ>、サイドシルフィニッシャー<メタル調フィニッシュ>、リアバンパーフィニッシャー<メタル調フィニッシュ>
    ・「AUTECH」エンブレム(フロント/リア)
    ・AUTECH専用シグネチャーLED
    ・AUTECH専用サイドターンランプ付き電動格納式リモコンドアミラー(メタル調フィニッシュ)
    ・AUTECH専用17インチアルミホイール&215/50R17 91Vタイヤ
    ・AUTECH専用インテリア(クリスタルスエード&ブルーレザレットコンビシート「AUTECH」刺しゅう<ブルーステッチ>、ブルーレザレットドアトリム<フロント/リア、ブルー ダブルステッチ>、ブルーレザレットセンターコンソールリッド<ブルーステッチ>、ダークウッド調インストゥルメントパネル)
    ・AUTECH専用本革巻きステアリング(ブラック/ブルーコンビ&ブルーステッチ)
    ・AUTECH専用エンブレム(センタークラスター)

    価格は「リーフAUTECH」が393万1200円で、「リーフe+ AUTECH」が443万2320円。(webCG)

    2019.05.23
    https://www.webcg.net/articles/-/40941

    リーフ AUTECH(オーテック)

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む

    【NISSAN】日産、高速道で手放し運転可能とした「プロパイロット2.0」を新型スカイラインに搭載へ!



    (出典 public2.potaufeu.asahi.com)


    nissan propilot2 0 B

    (出典 Youtube)



    1 かばほ~るφ ★ :2019/05/16(木) 15:15:21.27 ID:JMhgRwSZ9.net

    日産、高速道で手放し運転可能とした「プロパイロット2.0」を新型スカイラインに搭載
    5/16(木) 11:22配信

    日産は、新たに「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)を発表し、
    2019年秋に日本で発売する「スカイライン」に初搭載すると発表しました。

    「プロパイロット2.0」は、高速道路で同一車線内ハンズオフが可能な
    ナビ連動ルート走行を実現した世界初の運転支援システムです。

    「プロパイロット2.0」では、ナビゲーションシステムで目的地を設定し、
    高速道路の本線に合流するとナビ連動ルート走行を開始できます。

    ルート走行を開始すると、追い越しや分岐なども含めてシステムがルート上にある
    高速道路の出口までの走行を支援し、ドライバーが常に前方に注意して
    道路・交通・自車両の状況に応じ直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限りにおいては
    同一車線内でハンズオフが可能となり、ドライバーの運転操作を幅広く支援しるというものです。

    また、ナビゲーションと周囲360度のセンシング情報に基づいて、
    ルート走行中の分岐や追い越しのための車線変更の適切な開始タイミングをシステムが判断し、
    ドライバーに提案します。そして、ドライバーがハンドルに手を添え、
    スイッチ操作で承認することで、車線変更支援を開始します。

    この「プロパイロット2.0」は、車両に搭載したカメラ、レーダー、ソナー、GPS、
    3D高精度地図データ(HDマップ)を組み合わせて使用することで
    車両の周囲360度の情報と道路上の正確な位置を把握します。

    あわせて、高速道路上で周囲の車両の複雑な動きをリアルタイムで把握することで、
    熟練したドライバーが運転しているような滑らかな走行を実現。
    また、ドライバーモニターカメラを装備しており、ドライバーが前方を注視しているか常に監視します。

    日産自動車 副社長の中畔邦雄氏は次のようにコメントしました。

    「日産は世界中のお客さまに向けて安全で持続可能な社会の実現を目指す
    『ニッサン インテリジェント モビリティ』の取り組みのもと、
    クルマの「電動化」、「知能化」に向けた技術開発を進めています。

    日産は今後とも『プロパイロット』技術の投入を進めることで、そのリーダーシップを推し進めるとともに
    更なる安全な交通社会の実現を目指し、クルマの新しい価値を提供していきます」

    5/16(木) 11:22配信 くるまのニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00010003-kurumans-bus_all
    「プロパイロット2.0」でのハンズオフ運転のイメージ
    https://kuruma-news.kusanagi-cdn.com/wp-


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ