【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ニッサン -NISSAN-

    日産「セレナ」のマイナーチェンジ、デザイン一新、「全方位運転支援システム」を全車標準装備に!



    (出典 cobby.jp)


    日産「セレナ」の新しい顔、どうだろー。

    1 自治郎 ★ :2019/08/02(金) 19:58:34.45 ID:3C7javEK9.net

    日産自動車は2019年8月1日、ミニバン「セレナ」をマイナーチェンジし、同日、販売を開始した。

    2018年度(2018年4月~2019年3月)の国内販売において、ミニバン販売ランキングでトップとなったセレナ。今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインが変更されたほか、「全方位運転支援システム」を全車に標準装備。ボディーカラーでは新色を2色追加し、4タイプのツートンカラーを含め全14バリエーションから選べるようになっている。

    標準車のセレナでは、フロントグリルのV字をモチーフとしたデザインが、グリル下部から左右を経て、ヘッドライト上部につながるデザインに変更された。

    スポーティーグレードの「ハイウェイスター」では、特徴的な「ダブルVモーショングリル」と呼ばれる押し出し感の強いフロントマスクや、縦長のリアコンビランプを専用デザインとして採用。標準モデルと差異化を進めている。

    「セレナe-POWER」には、新たに16インチアルミホイールがオプションとして設定された。

    全車に標準装備される全方位運転支援システムの内容は下記の通り。

    ・アダプティブLEDヘッドライトシステムまたはハイビームアシスト(グレード別設定)
    ・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
    ・標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)
    ・踏み間違い衝突防止アシスト
    ・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)+LDW(車線逸脱警報)
    ・インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)+BSW(後側方車両検知警報)
    ・RCTA(後退時車両検知警報)

    全方位運転支援システムの搭載により、セレナは全車が「サポカーSワイド」該当車になっている。

    また「プロパイロット」機能は、ドライバーのストレスをさらに軽減するため、下り坂での設定速度保持やよりスムーズな減速を可能とするブレーキ操作などが可能となったほか、ワイパー作動時の機能向上も図っているという。

    ラインナップと価格は以下の通り。

    ・セレナB(FF):239万9760円
    ・セレナS(FF):250万8840円
    ・セレナX(FF):252万9360円
    ・セレナXV(FF):268万7040円
    ・セレナG(FF):300万5640円
    ・セレナ ハイウェイスター(FF):270万8640円
    ・セレナ ハイウェイスターV(FF):293万2200円
    ・セレナ ハイウェイスターG(FF):316万8720円
    ・セレナe-POWER X(FF):294万3000円
    ・セレナe-POWER XV(FF):316万7640円
    ・セレナe-POWER G(FF):341万0640円
    ・セレナe-POWERハイウェイスター(FF):323万3520円
    ・セレナe-POWERハイウェイスターV(FF):343万5480円
    ・セレナe-POWERハイウェイスターG(FF):365万7960円
    ・セレナB(4WD):268万7040円
    ・セレナX(4WD):277万3440円
    ・セレナXV(4WD):293万1120円
    ・セレナG(4WD):329万2920円
    ・セレナ ハイウェイスター(4WD):299万5920円
    ・セレナ ハイウェイスターV(4WD):319万2480円

    (webCG)

    2019.08.02
    https://www.webcg.net/articles/-/41306

    セレナ

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む

    日産が「GT-R NISMO」2020年モデルの価格を発表! 「トラックエディション」もブラッシュアップされて登場



    (出典 cobby.jp)


    想像はしていたけど、到底、一般庶民には買える価格でないわ。価格:2,420万円。(まぁ~、ホンダ「NSX」の方が少し高いが・・・)

    1 自治郎 ★ :2019/07/25(木) 21:37:31.75 ID:SAc/ThXU9.net

    日産自動車は2019年7月24日、「GT-R NISMO」と「GT-Rトラックエディションengineered by NISMO」(以下GT-Rトラックエディション)2020年モデルの価格を発表した。

    GT-R NISMOの2020年モデルは、「GT-R」の2020年モデルおよび、GT-Rと「フェアレディZ」の生誕50周年を記念した特別仕様車「50th Anniversary」と共に、同年4月17日に公開されていた。しかし、価格や発売時期は未発表だった。今回、GT-Rトラックエディションの2020年モデルと併せて、価格と発売日(同年10月8日)が発表された。

    価格は以下の通り(消費税を10%とした場合)。

    ・GT-R NISMO:2420万円
    ・GT-Rトラックエディション engineered by NISMO:1463万6600円

    GT-R NISMOと同時に発売されるGT-Rトラックエディションは、GT-Rのフォルムはほぼそのままに、GT-R NISMOの足まわりと高剛性ボディーを融合した仕様だ。GT-Rトラックエディションの2020年モデルには、新開発のハイグリップタイヤに新デザインの専用レイズ製アルミ鍛造ホイールを採用。また、専用カーボン製セラミックブレーキやボディー剛性を高めるという専用カーボンルーフ、新構造の専用RECARO製シートもオプションとして用意されている。(webCG)

    2019.07.25
    https://www.webcg.net/articles/-/41277

    GT-R NISMO

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    GT-Rトラックエディション engineered by NISMO

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む

    「”技術”の日産、業績悪化!」 ”やっちゃえ”、世界で1万人超の削減へ!


    日産自、世界で1万人超の人員削減へ-報道 - ブルームバーグ
    日産自動車は早期退職なども含めて世界で1万人超の人員削減を計画していると、共同通信が関係者の情報として報じた。
    (出典:ブルームバーグ)



    (出典 www.asahicom.jp)


    やはり、民間企業は厳しい。
    のに・・・、公務員の給与は上昇、国会議員の定数も増加という現実!

    1 :2019/07/23(火) 23:31:58.35 ID:ZQPLXhSG9.net

    日産自動車が業績立て直しに向けて生産体制を見直すため、早期退職なども含めて世界で1万人超の人員削減を計画していることが23日、分かった。5月に公表した4800人から大幅に積み増す。関係者が明らかにした。【共同通信】

    YAHOO JAPANニュース 7/23(火) 23:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000173-kyodonews-bus_all


    続きを読む

    「手放し運転可能な」日産の新型「スカイライン」 | インフィニティ顔を廃止、エンジンはオールV6、ツインターボは400馬力!


    高速道路で手放し運転できる、新型「日産スカイライン」登場 - GIZMODO JAPAN
    405馬力のV6ツインターボエンジン搭載モデルも合わせて9月にデビュー!技術の日産のイメージを最も色濃く詰め込んだ、新型スカイラインがこの秋、日本の道を走りはじめ ...
    (出典:GIZMODO JAPAN)



    (出典 cdn.autos.goo.ne.jp)


    技術力をアピールしたがる「日産」、手放し運転可能な安全運転支援システム(プロパイロットⅡ)搭載の新型車、果たしてその性能は? リコール等の可能性もあるので、しばらくは様子見??

    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2019/07/16(火) 13:55:35.77 ID:CAP_USER.net

    (画像は >>2 にまとめてあります)

    16日、日本国内でも発表された日産『スカイライン』改良新型は、プロパイロット2.0を搭載した3.5リットルV6ハイブリッドエンジン(VQ35HR)と3.0リットルV6ツインターボエンジン(VR30DDTT)を搭載した2モデルがベースとなる。

    それぞれにGT/SP、GT/P、GTタイプが用意され、VR30DDTTモデルにはさらに400馬力(400R)のタイプが設定される。駆動タイプはハイブリッド、ツインターボともにFRだが、ハイブリッドには4WDも設定される。

    これに伴い、一部のタイプに採用されていたダイムラー製の4気筒エンジンは廃止される。このエンジンは中国や一部の国のモデルに残るが、新しいスカイラインのエンジンはV6が基本となる。さらにブランドも「スカイライン」に統一するため、インフィニティロゴやエンブレムもなくなるという。

    日産のV6エンジンも北米を中心にすでに定評がある。VQ35HRは、『フーガ』などにも搭載されている。ハイブリッドシステムは、1モーター2クラッチをトランスミッション内に同軸上に配置したもの。構造がシンプルでコンパクトにできるため、さまざまなエンジンとの組み合わせとレイアウトが可能だ。

    VQ35HRでも十分パワフルだが、スカイラインとしてのホットモデルには、VR30DDTTが搭載される。このエンジンは、北米で2年連続でアワード(US 20 Best Engine)を受賞している。タービンとコンプレッサを小型化し、レスポンスを向上させたツインターボシステム。水冷式インタークーラーの採用、電動VVT(可変動弁)システムによる燃費・環境性能と動力性能の両立、ミラーボアコーティングシリンダーによる低フリクション・高出力といった特徴を持ち、最大出力は400馬力(475Nm)を誇る。

    足回りではIDS(インテリジェント・ダイナミック・サスペンション)というセミアクティブダンパーが搭載される。IDSは、ソレノイドのアクチュエーターによってダンパーの減衰力を電子制御するシステム。走行中の突き上げを吸収し車両を水平に保ったり、コーナリングのロールを4輪独立で制御したりできる。乗り心地の向上も期待できるが、主に運動性能を上げるための機構といえる。そのため、IDSはハイブリッドモデルには搭載されない。

    先代のスカイラインが、北米仕様を意識したインフィニティブランド色を持っていた。しかし、結果として、国内ではあまりうまく機能していたとはいえない。日産としては、国内スカイラインのテコ入れが今回の新型ということになる。コンセプトは2つあるようだ。ひとつは、技術の日産を象徴する最新テクノロジーの投入。もうひとつはスカイラインとしてのブランドの再構築だ。

    前者はプロパイロット2.0と最新コネクテッド機能(ハンドオフ走行やOTAによる地図更新など)。後者がVR30DDTTを搭載した400馬力モデルの設定。VR30DDTTは、エンジン自体は新しいものではないが、北米では最新テクノロジーと動力性能に定評がある。チューニングによってはVR38DETT(GT-R)にも匹敵するポテンシャルを持っているともいわれる。

    このエンジンを国内に投入し、新しいスポーツクーペとしてのスカイラインを確立させようとしている。

    新しいスカイラインは、往年のファンだけでなく新しい層にどのように響くか楽しみではあるが、個人的にはどうせなら400馬力モデルにもプロパイロット2.0やインテリジェントコネクトなどハイブリッドモデルに搭載した機能を搭載してほしかった。

    日産によれば、3D高精細地図のOTA更新・取得には冗長系のサブシステムを稼働させる必要がある、ステアリングや電動ブレーキも専用にする必要があるなどで、両立はすぐにはできなかったようだ。とくにハンドオフ運転のための高精細地図を使ったミリ単位のステアリング制御は、今回のスカイラインに搭載されたDAS(ダイレクト・アダプティブ・ステアリング)の機能がないと難しいそうだ。

    以前、スカイラインといえば「ハコ」でありセダンの代名詞でもあった。当時のセダンは、家族全員が乗って遠出もできる実用的な車種だったが、現在この役目はミニバンやSUVが担っている。セダンが売れない現在、トヨタ『クラウン』がセダンというより「クラウン」というカテゴリを成立させているように、新型スカイラインは、スカイラインという最新技術をふんだんに投入したプレミアムセダンとしてのポジションを狙っている。

    >>2 の画像まとめに続く

    2019年7月16日(火)10時00分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/07/16/324447.html


    続きを読む

    「やっちゃえ、日産!?」新型スカイライン:世界初高速道手放しで走行可能な運転支援システム(プロパイロット)搭載!



    (出典 img1.kakaku.k-img.com)


    技術力をアピールしたがる日産、発売前評判と裏腹、残念なことにならない?
    新技術搭載の新型スカイラインが427万4640〜〜632万7720円(税込)、通常の車線逸脱装置と自動ブレーキを組み合わせただけのものでは?

    1 名無し募集中。。。 :2019/07/17(水) 17:25:23.63 0.net


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    https://video.twimg.com/amplify_video/1150984718571036672/vid/1280x720/OVVs2yMUiusBuaUx.mp4
    一定の条件下であれば高速道路でハンドルから手を放しても自動走行できる、強化した独自の運転支援機能をハイブリッド車に標準装備した。9月に発売する。
    3次元の地図データや車の周囲の状況を把握するカメラやレーダーなどと連動。高速道路の同一車線を走行する際、前方を注意し、すぐにハンドルを操作できるようにしておけば、手放しでも自動で走る。
    居眠りなどを確認すると警告し場合によっては停止する。

    ガソリン車には歴代スカイラインの中で最大の400馬力を出す、新型エンジンを搭載するモデルを用意した。

     ニッサン・スカイラインは1957年の初代誕生から62年を迎えた今日まで、人々の“憧れのクルマ”として愛されてきたニッサンを代表するグランドツーリングカーだ。
    スポーツ性能が重視された、派生グレードのスカイラインGT-Rがモータースポーツ界において数々の伝説を生み出してきたことは周知のとおり。

     そんなスカイラインは2001年にデビューしたV35型以降、GT-Rと袂を分かつとともに海外市場も視野に入れたプレミアム路線にシフト。
    今日ではニッサンの海外向け高級ブランド、インフィニティでの販売が重要視され、そのエクステリアデザインも海外プレミアムブランド由来のものになっていた。

     しかし、今回発表された新型スカイラインでは、フロントグリル内に輝くバッジがインフィニティからニッサンに回帰するとともに、
    同社の象徴として多くのニッサン車に採用されている“Vモーショングリル”が組み込まれた。
    さらに、リヤにはスカイラインのアイコンとも言える伝統の丸型4灯リヤコンビネーションランプが復活するなど、ニッサンブランドの『スカイライン』を強く印象づけるリデザインがなされている。
    (略)
     さらに、ガソリン車に3.0リットルV6ツインターボエンジン“VR30DDTT”を新たに搭載。ガソリン車にもハイブリッド車と同様に、GTタイプSP、GTタイプP、GTの3グレードを設定すると同時に、
    スカイライン史上最高の400馬力を超える最高出力を実現した“400R”がラインアップに加えられている。
    400Rという名はかつてNISMOが限定発売した、R33型スカイラインGT-Rのコンプリートモデルと同名ということもあり、史上最強スペックとあわせて注目を集めるグレードになりそうだ。

     クルマと社会がネットワークでつながる新しいNissanConnectサービスの旗振り役をも担う新型スカイラインの価格は、ハイブリッド車が547万4520~632万7720円(税込)、ガソリン車は427万4640~552万3120円(税込)となっている。


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ