【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    トヨタ -TOYOTA-

    どう? 17年ぶりに復活・販売開始した、トヨタのスポーツカー「スープラ」 だが・・・!



    (出典 moby.kusanagi-cdn.com)


    先月、トヨタ「スープラ」が17年ぶりに発売開始され、まもなく一カ月。人気は高かったようだが、この現象は一時的なもの?・・・かはどうかは今後分かること。
    私個人としては好きなスタイリングではないが。(ときめかない!)。

    1 田杉山脈 ★ :2019/05/17(金) 21:42:25.89 ID:CAP_USER.net

    トヨタ自動車はかつて人気を集めたスポーツカー「スープラ」を17年ぶりに復活させ、17日から国内での販売を始めました。

    スープラは、1978年に誕生し、力強い加速や流れるようなデザインで、トヨタを代表するスポーツカーとして人気を集めましたが、2002年に生産を休止して以来、17年ぶりに復活となります。

    新型は2人乗りで、トヨタは車の企画やデザインなどを担当し、提携関係にあるドイツのBMWからエンジンの提供を受けました。
    歩行者などを検知して衝突を避けるよう支援する機能を搭載した一方、加速や操縦性などに徹底してこだわったということで、価格は490万円からとなっています。

    自動車メーカー各社は、電動化や自動運転技術などの最先端技術への投資を増やしていますが、トヨタとしては高性能で運転を楽しめるスポーツカーを復活させることで、ブランドイメージの向上につなげたい考えです。

    開発を担当した多田哲哉チーフエンジニアは「スポーツカーにとっては難しい時代ではあるが、車に乗ることを楽しんでほしいというメッセージを、世界中のファンに届けるための車だ」と話しています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190517/k10011919431000.html


    続きを読む

    前評判と裏腹、トヨタの新型SUV「RAV4」はなぜ失敗したのか?



    (出典 creative311.com)


    トヨタ自動車が製造・販売する小型SUV:「新型RAV4」は、”「世界中で最も売れた」SUVになって帰ってきた・・・”などと前評判は良かったが・・・。実際は?

    1 名無しさん@そうだドライブへ行こう :2019/03/24(日) 17:38:56.01 ID:z4TxqGi50.net

    C -HRに続いて黒歴史になりそうな新SUV
    何が間違っていたのかを語ろう!


    続きを読む

    トヨタ「エスティマ」、ついにモデルチェンジへ、新型は燃料電池車になるらしい!


    トヨタ エスティマ、ついにモデルチェンジへ…燃料電池車として2020年発表か - レスポンス
    かつて大人気を誇ったトヨタのミニバン『エスティマ』が、2019年内にも生産終了すると噂されている。今回、その後継モデルに関する情報を入手した。何と燃料電池車として ...
    (出典:レスポンス)



    (出典 car.kurumagt.com)


    トヨタ「エスティマ」がフルモデルチェンジするニュースが飛び込んだ。新型はどうやら「燃料電池車」になるらしい!? 果たして「燃料電池車」にして売れるの?
    まず、インフラ(水素ステーション)の問題がある。そして、価格、同じトヨタが発売している「MIRAI」を見れば分かるが、安くはないだろう・・・と想像がつく。

    1 名無しさん@涙目です。 :2019/06/12(水) 15:13:34.40 ID:wM1CHkcj0●.net BE:151915507-2BP(2000)


    (出典 img.5ch.net)

    ↓マイルドな印象の現行

    (出典 i.imgur.com)

    ↓新型のイメージ図

    (出典 i.imgur.com)



    https://www.google.com/amp/s/s.response.jp/article/2019/02/27/319547.amp.html
    トヨタ エスティマ、ついにモデルチェンジへ…燃料電池車として2020年発表か

    目玉はパワートレインだ。「Fine-Comfort Ride」同様のFCV(燃料電池)の搭載が噂されている。水素を充填し発電する電気自動車で、航続距離は1000kmを走破する。このほかレクサス『UX』に搭載されている2.0「Dynamic Force Engine」と「THS II」を組み合わせたハイブリッドモデルなども予想される。現行モデルの燃費は18.0km/リットルだが、次期型では30km/リットル程度まで向上する可能性もある。


    続きを読む

    【トヨタ自動車株主総会】 株主、やっぱり気になる!「プリウスの事故が多い、事故対策は?」


    トヨタの総会に向かう株主 - 時事通信ニュース
    トヨタ自動車の株主総会に向かう株主ら=13日午前、愛知県豊田市の同社本社.
    (出典:時事通信ニュース)


    トヨタ自動車株主として、やっぱり気になる! 高齢ドライバーによる事故。(トヨタが)製造・販売している車の安全対策は?

    1 名無しさん@涙目です。 :2019/06/13(木) 15:31:56.03 ID:SOoF1zSH0●.net BE:842343564-2BP(2000)


    (出典 img.5ch.net)

    「プリウスの事故が多いが大丈夫?」株主の質問に役員は トヨタ株主総会
    6/13(木) 13:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-00000540-san-bus_all

    トヨタ自動車の株主総会会場に入る株主=13日、愛知県豊田市
     トヨタ自動車は13日、定時株主総会を愛知県豊田市の本社で開いた。
    株主と、豊田章男社長ら役員との質疑では、「CASE」と言われる電動化や自動運転などの次世代技術・サービスや株主還元のあり方、働き方改革などについて幅広い質問が出た。

     晴天に恵まれた13日、トヨタ本社には朝から、特別運行されたバスなどで株主が詰めかけた。出席株主数は5546人と過去最高で、モニターでの観覧を含め第5会場まで設置された。

     午前10時、豊田氏が「将来のモビリティー(乗り物)社会を株主とともに築いてまいりたい」とあいさつして総会が始まる。議案の説明などの後に行われた質疑で目立ったのは、昨今目立つ高齢者による交通事故に関連する質問だ。

     「高齢者が運転する車が暴走している。事故を起こした車に、プリウスが頻繁に登場する。運転ミスだと思うが大丈夫か」という質問が序盤で出た。
    豊田氏は交通事故全般について、「事故が起きると、日々幸せな生活が一瞬にして変わってしまう。自動車会社に関わるものとして申し訳ない」と話した後、吉田守孝副社長が質問に答える。

     吉田氏は「プリウスの事故、心配をおかけして申し訳ない。死傷者ゼロがトヨタの目標だが道半ばだ。個々の事故は警察の調査に全面的に協力しており、お客の安心・安全を第一に、厳しい基準で評価され、世に出している」と強調。
    「年配のお客を中心に、大変多くのお客にご愛顧されている」と話し、プリウスの事故が目立つのは、販売好調が続き、多くの車が使用されているからだとの認識を示唆した。
    また吉田氏は、踏み間違い防止の後付け装置の対応車種を年内に12モデルに拡大する方針を改めて強調し、「安全な車社会のために、できることは全てやる」と話した。


    続きを読む

    【TOYOTA】17年ぶりに復活した、トヨタのスポーツカー「スープラ」、一般道で試乗会! ※お値段490万〜690万円 ★2


    トヨタ スープラ 新型試乗会、伊豆の九十九折をコースに選んだ理由[新聞ウォッチ] - レスポンス
    トヨタが新型スープラのメディア向け試乗会を森トラストが運営するラフォーレ修善寺の「伊豆マリオットホテル」で開催。曲がりくねった九十九(つづら)折の山道が試乗コース ...
    (出典:レスポンス)



    (出典 gazoo.com)



    1 ばーど ★ :2019/06/11(火) 21:38:22.15 ID:NLv6duJf9.net

     1980年代のバブル全盛期、人気を集めていた車がトヨタの『スープラ』です。10日、17年ぶりに復活したスープラの報道関係者向け試乗会がありました。

     世界の主流が電気自動車へと変わっていこうしている中、なぜガソリンエンジンのスポーツカーを復活させたのでしょうか。

     10日、愛知県長久手市で行われたトヨタのスポーツカーの試乗会。

    (リポート)
    「こちらが新型スープラです、うわーっ、かっこいいですね!」

    トヨタ自動車 豊田社長(デトロイトモーターショーにて):
    「Supra is back!」

     トヨタが令和の時代に送り出すスポーツカー「スープラ」。17年の時を経て復活し、5月から販売が始まっています。

     バブル好景気に沸く1986年に誕生した「スープラ」。スポーツカー人気の中で若者らから圧倒的な支持を受けました。

     いまでは見られなくなった開閉式のヘッドライトが印象的で、のべ29万台を販売。しかし、スポーツカー人気の衰退とともに、2002年に生産を終了。日本のロードシーンから姿を消していました。

     あれから17年…満を持して復活したスープラ。その力強さは健在です。

    Q.以前のスープラから引き継いでる点は?

    トヨタ担当者:
    「すべてのモデルで共通していたのが直列6気筒エンジンとFR(後輪駆動)のレイアウトですね」

     “抜け”のいい3リッター直列6気筒エンジンを搭載し、スポーツカーの王道であるFR=後輪駆動を継承しています。

    (ドライブリポート)
    「加速がスムーズですね。ちょっとアクセル踏んだだけで、座席に私の体がフッと吸い込まれるような、くっつくような感覚になります」

    トヨタ担当者:
    「エンジンもそうですしトランスミッションもすごくスムーズにシフトするので、エンジンのレスポンスとかもこだわってつくっています」

     低く抑えられたドライビングシートに座りステアリングを握れば…ちょっとしたレーサー気分を味わうことができます。

     後席は設けず、2シーターの車として令和の世に蘇ったスープラ。しかし…。

    トヨタ 寺師副社長:
    「今後のビジネスを考えると、その中心になるのは間違いなくEVだと思います」

     7日、東京で開かれたトヨタの記者発表。寺師副社長は時代はEV=電気自動車だと話したうえで、世界で550万台以上のEVやハイブリッド車など2030年に販売するとしていた目標を5年前倒しすると発表。

     世界的な「EVシフト」の流れに押される形で、トヨタも歩行タイプや二人乗りの小型タイプなどEVのラインアップ拡充を急いでいます。

     EVの販売拡大へ大きく舵を切ろうとしている中、一体なぜ、ガソリンエンジンのスポーツカー「スープラ」を復活させたのでしょうか?

    トヨタの担当者:
    「メーカーとしてはスポーツカーを作って車好きの人をどんどん増やしていかないと、先は無いんじゃないかと」

     自動車を作る会社から移動に関わるあらゆるサービスを提供する「モビリティ・カンパニー」への変貌を目指すトヨタ自動車。

     自動車メーカーとして譲れないこだわりが「スープラ」なのかも知れません。

    6/10(月) 20:36
    東海テレビ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190610-00022709-tokaiv-bus_all

    ■他ソース
    新型スープラ公道試乗。必ずしも上級グレードが良いわけではない理由
    https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20190607-20105269-carview/
    2.0L直列4気筒直噴ターボエンジン「SZ」(490万円)
    3.0L直列6気筒直噴ターボエンジンを積む「RZ」」(490万円)

    一般道で「スープラ」に乗ってきた
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/column/kusakabe/1188876.html
    2.0L直列4気筒直噴ターボエンジン「SZ」

    (出典 car.watch.impress.co.jp)

    3.0L直列6気筒直噴ターボエンジンを積む「RZ」

    (出典 car.watch.impress.co.jp)


    ■BMWとトヨタのいいとこ取り!──新型トヨタ スープラ試乗記
    BMWとの協業によって誕生したトヨタの新型スポーツカー「スープラ」に、 大谷達也が試乗した。はたして、伊豆で試した感想はいかに?
    https://gqjapan.jp/car/review/20190610/supra-vol1

    ★1が立った時間 2019/06/11(火) 08:23:25.57
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1560209005/


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ