【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    トヨタ -TOYOTA-

    トヨタ、燃料電池車・次期「MIRAI」登場へ!...2020年末に発売か? 【東京モーターショー2019】


    トヨタの次期型「MIRAI」、現行よりはカッコいいみたいだが、ありふれたデザインのような・・・。正直、レクサスと変わらない車格好。インフラが進んでいないわ、車両価格が高いわ・・・で誰が買うの?

    1 :2019/10/15(火) 13:21:20.00 ID:HcbMdYQq0●.net BE:318771671-2BP(2000)


    (出典 img.5ch.net)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000007-mynavin-life

    奇をてらわず、欲しくなるクルマに

    MIRAIは水素で走る燃料電池自動車(FCV:Fuel Cell Vehicle)だ。トヨタは初代MIRAIを2014年12月に発売し、これまでに世界で累計約1万台を販売してきた。日本では年間1,000台弱くらいを売っているという。次期型MIRAIは2020年末に発売予定だ。

    水素で走るFCVは走行中にCO2を排出しない。その点は電気自動車(EV)も同じだが、水素の充填は電気の充電よりも圧倒的に早く済む。それに水素は、電気と違って作った後に貯めておいたり、持ち運んだりすることが容易だ。そんな特徴を持つ水素をトヨタは、「将来の有望なエネルギー」と位置づけている。

    ただ、普通のクルマにとってのガソリンスタンドにあたる水素ステーションの整備はなかなか進まない。それもあってか、FCVを街で見かける機会も稀だ。
    インフラ整備とクルマの普及は「鶏と卵」の関係ではあるものの、鶏か卵のどちらかが増えなければ、もう一方も増えない。そこで、新型MIRAIの登場となる。

    (出典 i.imgur.com)


    続きを読む

    「トヨタとダイハツの共同開発!」 新型の軽オープンスポーツカー「コペンGR SPORT(スポーツ)」発売!



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    今後、トヨタ自動車はこういうのが増えてくると思う。
    トヨタの完全子会社となったダイハツの人気車種「コペン」をトヨタがテコ入れという感じかなぁ~。スズキやスバルなども業務提携していることから、これまでの良い面の独自性が失われる懸念がある。

    1 自治郎 ★ :2019/10/15(火) 23:05:36.87 ID:56up6ssb9.net

    トヨタ自動車は2019年10月15日、新型の軽オープンスポーツカー「トヨタ・コペンGR SPORT(スポーツ)」を発売した。

    コペンGRスポーツは、トヨタのスポーツカーシリーズ「GR」では初となる、軽規格のオープントップモデル。TOYOTA GAZOO Racingのモータースポーツ活動における知見を生かし、「ダイハツ・コペン」シリーズをベースに開発された。生産はダイハツが行い、トヨタにOEM供給される。

    トヨタによれば、今回のモデルは既存のダイハツ・コペンと、GRが理想とする走りの味の融合であり、路面からのインフォメーションや車体の挙動をダイレクトに感じとることができ、スポーツカーらしいハードな乗り心地が楽しめるコペンの可能性をさらに広げるものだという。

    具体的な車体チューニングのメニューとして挙げられるのは、フロントのブレース(補強材)追加やセンターブレースの形状変更などによるボディー剛性の最適化。サスペンションのスプリングレートを変更するとともに、専用ショックアブソーバーを採用し、「しなやかな動き」と接地感のある「フラットな乗り味」を追求した。電動パワーステアリングにも専用のチューニングが施されており、日常生活の中でも、ライトウェイトスポーツカーらしい意のままに車両をコントロールする気持ちよさが得られるとアピールされる。

    トランスミッションはダイハツのコペンと同様に5段MTとCVTが用意される。5段MT車で850kg、CVT車で870kgという車重や、エンジンのアウトプット(最高出力64PS、最大トルク92N・m)、ボディーサイズ(全長×全幅×全高=3395×1475×1280mm)といった基本のスペックは変わらない。

    空力性能の向上も意識してカスタマイズされたエクステリアは、大開口のフロントグリルやアンダースポイラー形状のフロントバンパー、ディフューザー形状のリアバンパー、マットグレーで塗られたBBS製鍛造アルミホイールなどが特徴。「GR SPORT」エンブレムも車体の前後左右に添えられる。

    インテリアはブラック基調でコーディネートされており、専用のレカロシートや自発光式3眼メーター、MOMO製の専用革巻きステアリングホイール、専用ピアノブラック調加飾のセンタークラスターなどが装着される。

    価格は5段MT車が243万5000円(+52万6500円 ※カッコ内は「ダイハツ・コペン ローブ」との価格差)で、CVT車が238万円(+47万1500円)。ボディーカラーは全8色が用意され、以下のカスタマイズパーツもラインナップされる。

    ・GRフロントスポイラー:5万1700円
    ・GRフロントコーナースポイラー:4万4000円
    ・GRサイドスカート:6万6000円
    ・GRリアサイドスポイラー:4万7300円
    ・GRリアトランクスポイラー:2万2000円

    (webCG)

    2019.10.15
    https://www.webcg.net/articles/-/41677

    コペン GR SPORT

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む

    「公道走行可能?」 AI「YUI」と自動運転を搭載した、トヨタのEVコンセプトカー「LQ」! 【東京モーターショー2019】



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    AIが眠気を覚ますために、ドライバーに会話をはじめる・・・これで眠気は冷めるの? それでも眠くなるドライバーはいるのでは? また、途中で体調が悪くなり、眠たくなるドライバーもいるはず。そういった場合、会話は何の効力もないのでは? 私はてっきり、手動運転しており、ドライバーに異変が生じた場合は自動的に「自動運転モード」に切り替えてくれるものだと思っていた。

    1 :2019/10/13(日) 10:50:47.58 ID:90AQ4LKk0●.net BE:659060378-2BP(8000)


    (出典 img.5ch.net)

    東京モーターショー2019で
    トヨタが出品予定のコンセプトカーが「LQ」です。
    AIエージェントや自動運転機能を搭載しています。

    バッテリーを搭載しモーターで駆動するEVで、
    航続距離は300km程度を想定しています。
    全長は4530mmで全幅が1840mm、
    そして全高は1480mmあります。
    ホイールベースは2700mmです。

    レベル4の自動運転機能を搭載しており、
    これを応用して
    『無人自動バレーパーキングシステム』
    も採用しています。
    これは立体駐車場などのクローズド(人が往来しない)
    駐車場において、
    ドライバーがクルマを降りた後、
    自動でパーキングスペースに駐車してくれるというもの。

    搭載されているAIエージェントは「YUI(ゆい)」
    と名付けられたものです。
    これは目的地の検索や案内、
    車両の一部操作アシストをするといった、
    現在の市販車にも搭載されているようなシステムの
    さらに一歩先を行くものです。

    画像

    (出典 i.imgur.com)

    2

    (出典 i.imgur.com)

    3

    (出典 i.imgur.com)


    https://clicccar.com/2019/10/11/918449/?amp


    続きを読む

    東京オリンピック・パラリンピックでの活躍に期待、トヨタが自動運転型EV「eパレット」を出展!【東京モーターショー2019】



    (出典 scdn.line-apps.com)


    トヨタ、燃料電池車から電気自動車へ舵を切った??
    これって完全自動運転を想定していると思うが、すぐそこに迫っている東京五輪に待ちあうの? 事故って、世界に大恥ってなことにならないといいが・・・。

    1 自治郎 ★ :2019/10/09(水) 21:18:06.64 ID:PQPyasBN9.net

    トヨタ自動車は2019年10月9日、モビリティーサービス(MaaS)専用次世代電気自動車「e-Palette(eパレット)」の「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会仕様車」を、東京モーターショー2019(開催期間:2019年10月23日~11月4日)に出展すると発表した。

    eパレットは、2018年1月にCES 2018(アメリカ・ラスベガス)で初披露された、自動運転型の次世代モビリティー。移動や物流、物販などさまざまなサービスにおいて人々の暮らしを支えることを想定し、開発が進められている。

    今回発表されたのは、その“東京2020オリンピック・パラリンピック仕様”(以下、東京2020仕様)。トヨタは、同大会にこのeパレット東京2020仕様を十数台を提供し、選手村(東京・晴海)における巡回バスとして選手や大会関係者の移動をサポートする計画だ。

    eパレット東京2020仕様のボディーサイズは、全長×全幅×全高=5255×2065×2760mm。ホイールベースは4000mm。開口幅1300mmの乗降用スライドドアは車体左側(歩道側)のみに備わる。もともとの低床設計に加えて、エアサスペンションを調整することでフロアレベルを調整可能。格納式スロープとの併用により、車いすのユーザーが容易に乗車できるようになっている。

    乗車定員は、車両のオペレーター1人を含め最大20人。車いすユーザーは4人まで乗車可能で、その際はさらに7人が立ち乗りできる。

    走行に関わるメカニズムとしては、カメラやLiDARなどのセンサーを活用した専用の自動運転システムを採用。高精度マップも活用することで、自動または手動による運航が可能となっている。一充電あたりの航続距離は150kmで、最高速は19km/hと公表される。

    トヨタは、このeパレット東京2020仕様をステップに、今後、さまざまなモビリティーサービスに対応するeパレットの開発を進めるという。(webCG)

    2019.10.09
    https://www.webcg.net/articles/-/41654

    e-Palette(eパレット)

    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    https://webcg.ismcdn.jp/mwimgs/b/6/730wm/img_b677f96652da3cc1204b3cba794be85b305150.jpg

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む

    ”アルヴェル”より大きなピープルムーバー「トヨタ・グランエース」登場! 【東京モーターショー2019】



    (出典 cdn.autoc-one.jp)


    『”アルヴェル”(「アルファード」+「ヴェルファイア」)といったフルサイズミニバンを超える多人数乗用車へのニーズに対応する』
    本当に、多人数乗車にニーズがあるの? 少子化に加え、老人の1人暮らしが増えているのに。大きなフルサイズミニバンって、どれも同じ格好していて違いが分からん、そして面白さ もない。

    1 自治郎 ★ :2019/10/08(火) 21:53:26.63 ID:DOtTdJeC9.net

    トヨタ自動車は2019年10月8日、新型フルサイズワゴン「グランエース」を発表した。同モデルは東京モーターショー2019(開催期間:2019年10月23日~11月4日)のトヨタ車体ブースにおいて展示され、年内にも発売される見込み。

    グランエースは、上質かつ快適な移動空間を提供するという大型ワゴン。専用のプラットフォームを持つ完全新設計モデルで、「アルファード」「ヴェルファイア」といったフルサイズミニバンを超える多人数乗用車へのニーズに対応する。海外でライバルと目されるのは「メルセデス・ベンツVクラス」。国内では、宿泊業・観光業における送迎や要人の移動を主とする新規顧客の開拓が期待されている。

    ボディーサイズは、全長×全幅×全高=5300×1970×1990mmで、ホイールベースは3210mm。押し出し感と高級感を演出する大型ラジエーターグリルが特徴で、ルーフ前方には通信用のアンテナが装着される。

    室内のレイアウトは、3列6人乗り仕様と4列8人乗り仕様(ともに各列2人ずつ着座)の2タイプとなっている。6人乗り仕様の2-3列目には本革仕立ての大型専用キャプテンシートが装着され、8人乗り仕様では、3列目が手動式キャプテンシートとなるほか、チップアップ機能付きのやや小ぶりな4列目シートが装着される。フルサイズのキャプテンシートにはロングスライド機構やオットマン機能が備わるなど、快適性や利便性が追求されている。

    パワーユニットは2.8リッターのクリーンディーゼル「1GD」のみで、駆動方式はFR。リアの足まわりには新開発のトレーリングリンク車軸式サスペンションが採用されており、徹底した防振・遮音対策と相まって、高級ワゴンにふさわしい乗り心地を実現したという。

    安全面については、歩行者(昼夜)や自転車(昼間)を検知対象とした先進の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を搭載。スマートフォンとの連携機能を持つディスプレイオーディオも備わる。

    正式な発売日や価格は、現時点では明らかにされていない。(webCG)

    2019.10.08
    https://www.webcg.net/articles/-/41644

    グランエース(6人乗り仕様)

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む
    スポンサードリンク
    最新記事(画像付)
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ