【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ホンダ -HONDA-

    「購入する人がいる?」現行NSXが走ってるのを見たんだけど、やっぱり、すげーカッコいいのなぁ~という印象!


    ホンダ、新開発責任者 水上聡氏による「NSX」2019年モデル説明会 - Car Watch
    本田技研工業は、10月25日に受注を開始した「NSX」2019年モデルの説明会を都内で開催した。2019年モデルの正式発売は2019年5月となり、価格は2370万円。
    (出典:Car Watch)


    ホンダの誇るミッドシップスポーツカー;現行NSXは2,370万円~とかなり高価、一般庶民には無理だが、購入している金持ちな人っているもんだなぁ~。
    (まぁ、ランボルギーニやフェラーリよりは安いが・・・。)

    1 名無し募集中。。。 :2019/05/09(木) 07:29:44.78 0.net

    オーラが違うっていうかパッと見ですげーかっこいい
    なんか形だけちょっと似てるS660と言う軽自動車乗ってる俺はとても恥ずかしくなった・・・


    続きを読む

    7月発売予定のホンダ「新型N-WGN」、デザインがキレイ・・・と話題に!



    (出典 img1.kakaku.k-img.com)



    1 名無しさん@涙目です。 :2019/06/07(金) 18:47:22.45 ID:FaoNTlQD0.net BE:232392284-PLT(12000)


    (出典 img.5ch.net)

    ホンダは6月7日、ハイトワゴンの軽自動車『N-WGN』(エヌワゴン)を7月に全面改良すると明らかにし、
    同社ホームページでスタイリングや新たな搭載機構情報などの先行公開を始めた。

    N-WGNは2013年11月にホンダの軽自動車群である「Nシリーズ」のハイトワゴンとして現行モデルが発売されており、
    今回は5年8か月ぶりに全面改良し、2代目モデルを投入する。
    同社のNシリーズは主力モデルの『N-BOX』を17年に全面改良する際、「Nのある豊かな生活、N for Life」をキャッチフレーズに、
    各モデルの特徴を活かしながら暮らしに密着した軽自動車を訴求している。


    安全運転支援システムである「ホンダセンシング」については全グレードで標準仕様とし、
    さらにホンダの軽自動車では初となる「渋滞追従機能付きACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」を採用した。
    また、後退による安全な駐車をサポートする「パーキングセンサーシステム」も標準装備したという。


    さらに、様々な体格の人の運転姿勢をサポートするため、ハンドルが前後と上下方向に調節できる「テレスコピック&チルト」方式の
    ステアリング機構も同社の軽自動車として初採用するなど、商品性の向上に意欲的に取り組んでいる。

    https://response.jp/article/2019/06/07/323208.html

    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    続きを読む

    【HONDA】日本で売れている「N-BOX」だが、軽自動車にコストを掛けるあまり、日本国内での利益はなぜか「0」、海外は赤字!



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)



    1 風吹けば名無し :2019/05/29(水) 03:28:10.51 ID:gcXqC9Pf0.net


    (出典 response.jp)



    例年顔を見せることがない社長が真っ先に壇上に上がってスピーチしたからだ。
    それだけホンダの置かれた現状が厳しいという表れと言っていいかもしれない。

    八郷隆弘社長がスピーチで特に強調したのは、四輪事業の体質強化だ。

    「社長就任以来『強い商品づくり』と『地域の協調と連携の強化』により、強いホンダをつくり上げると発信してきた。
    しかし、必要以上の地域ニーズへの対応を各地域で個別に進めた結果、
    モデル数、そしてグレードやオプション装備の組み合わせである『派生』の数が増え、効率が落ちてきた。
    そこで、グローバルモデルと地域専用モデルの商品魅力と効率化の両立を目指し、『地域の強調と連携強化』と『クルマづくりの進化』の2つに取り組む」

    ホンダの四輪事業は現在、悪化の一途をたどっていると言っていいだろう。

    それは2019年3月期の四半期ベースの営業利益を見れば一目瞭然だ。第1四半期1516億円(営業利益率5.3%)、第2四半期698億円(同2.6%)、第3四半期412億円(同1.4%)
    、そして第4四半期には530億円の赤字に転落してしまった。
    これには欧州での生産体制変更による損失(680億円)が含まれているが、いずれにしても右肩下がりには変わりはない。

    ホンダは伊東孝紳前社長が「世界6極体制、2016年度に600万台」という壮大な目標を掲げて突っ走った。
    工場を増設し、地域ごとの専用モデルを多く投入。また、メンツにこだわって需要の少ない高級車も発売した。
    その結果、効率的な生産ができずに、今の四輪低迷の事態に陥っている。


    https://response.jp/article/2019/05/09/322118.html


    続きを読む

    景気悪化、2019年3月連結決算で「ホンダ」は赤字! 自動車メーカーのリストラの波が!?


    トヨタ社長が「終身雇用は難しい」と言っても、やっぱり「終身雇用」が必要な理由 (1/4) - ITmedia
    トヨタ自動車豊田章男社長の「終身雇用は難しい」発言が大きな波紋を呼んでいる。企業側の厳しい環境はわかるが、終身雇用の維持は日本企業の責任ではないのか?
    (出典:ITmedia)



    (出典 motorcars.jp)



    1 名無しさん@涙目です。 :2019/05/27(月) 09:25:55.02 ID:ENIz7ys80.net BE:971283288-PLT(13000)


    (出典 img.5ch.net)


    (出典 response.jp)

    《撮影 山田清志》ホンダの会見の様子

    (出典 response.jp)

    《撮影 山田清志》ホンダの八郷隆弘社長

    ホンダが5月8日に行った2019年3月期連結決算会見は異例だった。
    例年顔を見せることがない社長が真っ先に壇上に上がってスピーチしたからだ。
    それだけホンダの置かれた現状が厳しいという表れと言っていいかもしれない。

    八郷隆弘社長がスピーチで特に強調したのは、四輪事業の体質強化だ。

    「社長就任以来『強い商品づくり』と『地域の協調と連携の強化』により、強いホンダをつくり上げると発信してきた。
    しかし、必要以上の地域ニーズへの対応を各地域で個別に進めた結果、
    モデル数、そしてグレードやオプション装備の組み合わせである『派生』の数が増え、効率が落ちてきた。
    そこで、グローバルモデルと地域専用モデルの商品魅力と効率化の両立を目指し、『地域の強調と連携強化』と『クルマづくりの進化』の2つに取り組む」

    ホンダの四輪事業は現在、悪化の一途をたどっていると言っていいだろう。

    それは2019年3月期の四半期ベースの営業利益を見れば一目瞭然だ。第1四半期1516億円(営業利益率5.3%)、第2四半期698億円(同2.6%)、第3四半期412億円(同1.4%)
    、そして第4四半期には530億円の赤字に転落してしまった。
    これには欧州での生産体制変更による損失(680億円)が含まれているが、いずれにしても右肩下がりには変わりはない。

    ホンダは伊東孝紳前社長が「世界6極体制、2016年度に600万台」という壮大な目標を掲げて突っ走った。
    工場を増設し、地域ごとの専用モデルを多く投入。また、メンツにこだわって需要の少ない高級車も発売した。
    その結果、効率的な生産ができずに、今の四輪低迷の事態に陥っている。


    https://response.jp/article/2019/05/09/322118.html


    続きを読む

    【HONDA】8人乗り箱型ミニバンブームの立役者「ステップワゴン」も5代目だが・・・!!


    ホンダの屋台骨!ステップワゴンの使い勝手をレポート!(CarMe) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
    日本を代表する自動車メーカーのひとつであるホンダは、創業者である本田宗一郎氏によるモータスポーツへの挑戦という歴史から、素晴らしいスポーツカーを世に送り出す ...
    (出典:carview!)



    (出典 automove.jp)


    ホンダの8人乗りミニバン「ステップワゴン」と言えば、”ホップ・ステップ・ワゴン”というフレーズCMが印象に残っている人は多いはず!? この頃から低層化による広い室内空間とフルフラットシートなどの多彩なシートアレンジで、ミドルクラスミニバンの代表挌となり、5代目となる現在も変わらず。しかしながら、咲最近の販売台数はというと・・・。

    1 名無しさん@そうだドライブへ行こう :2019/04/22(月) 17:41:41.84 ID:j3HbNIZl0.net

    ※前スレ
    【HONDA】5代目ステップワゴン Part99【STEPWGN】
    https://fate.5ch.net/test/read.cgi/auto/1554376857/ VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ