【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ・ホンダ -HONDA-

    「ホンダS2000」のデビュー20周年記念アクセサリーの販売がスタート



    (出典 ascii.jp)



    1 自治郎 ★ :2020/06/29(月) 21:59:53.94

    ホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスは2020年6月26日、「ホンダS2000」用純正アクセサリーパーツの販売を開始した。

    すでに2020年2月20日から予約注文受け付けが始まっているホンダS2000用の純正アクセサリーパーツ。“20年目のマイナーモデルチェンジ”をコンセプトに新開発されたフロントエアロバンパーに加えて、車両販売当時にラインナップされていた純正アクセサリーを一部復刻して販売する。

    今回販売されるアクセサリーパーツは以下の通り。

    【2021年2月19日までの期間限定受注生産商品】

    ・フロントエアロバンパー:9万6800円
    ・トランクスポイラー ダックテールタイプ:4万6200円
    ・リアストレーキ:3万3000円
    ・フロアカーペットマット(*またはレッド):3万0800円
    ・フットライト:1万3200円
    ・ボディーカバー ハーフタイプ:1万8700円

    【販売個数限定商品】

    ・スポーツサスペンション(1台分セット/500セット限定):17万0500円
    ・オーディオリッド:8800円(2000個限定)

    個数限定商品については、スポーツサスペンションが残りわずか、オーディオリッドはすでに完売しているという。

    20周年記念アクセサリーの開発責任者は、2004年以来のS2000オーナーだ。彼がS2000の発売20周年を迎える前に一念発起。20年分の進化を表現するアクセサリーの開発を当時の役員に直談判したことから、今回のプロジェクトがスタートした。その後は2019年4月に開催したオーナーズイベントで、企画中のフロントエアロバンパーのデザインステッチを公開して意見を聞いたほか、アンケートも実施。これらの意見も参考にして商品ラインナップの検討を進めてきたという。(webCG)

    2020.06.29
    https://www.webcg.net/articles/-/42942

    ホンダS2000用純正アクセサリーパーツ

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む

    ホンダ、CR-Vのマイナーチェンジ...ブラックのアクセントが目を引く新グレード登場



    (出典 webcg.ismcdn.jp)



    1 自治郎 ★ :2020/06/18(木) 20:28:47.83

    本田技研工業は2020年6月18日、ミドルサイズSUV「ホンダCR-V」にマイナーチェンジを実施し、同年6月19日に発売すると発表した。

    ■ディテールの変更で内外装の上質感をアップ

    今回のマイナーチェンジでは、シーケンシャルターンシグナルランプやステアリングヒーター、リバース連動ドアミラーを全車標準装備化。「EX」グレードのシートをファブリックからファブリックとプライムスムースレザーのコンビタイプに変更したほか、「EX・マスターピース」グレードではホイールの意匠を変更するとともに、後部シートヒーターを標準装備とした(5人乗り2列シート仕様のみ)。

    ラインナップについては、ハイブリッドモデルの名称を「e:HEV(イーエイチイーブイ)」に変更するとともに、新たな最上級グレードとして「EX・*エディション」を設定。黒を基調としたインテリア・エクステリア装飾や、*塗装のアルミホイールなどで、SUVの持つ力強いイメージを強調したモデルとなっている。

    EX・*エディションの専用装備は以下の通り。

    ・専用アルミホイール(*クリア塗装、18 インチ)
    ・専用エンブレム
    ・ダーククロームメッキ仕上げのフロントグリルとフォグランプガーニッシュ、テールゲートガーニッシュ
    ・*のヘッドランプエクステンション
    ・スモークタイプの LED リアコンビネーションランプ
    ・「BLACK EDITION」ロゴ入り本革シート
    ・ピアノ*調塗装のドアオーナメントパネルとインナードアハンドル
    ・*の木目調パネル
    ・*ルーフライニング

    ボディーカラーについては、「ルナシルバー・メタリック」や「ルーセ*・メタリック」などに代わり、新たに「シーグラスブルー・パール」「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」「スーパープラチナグレー・メタリック」の3色を採用。全6色の構成としている。

    価格は336万1600円から455万8400円。(webCG)

    2020.06.18
    https://www.webcg.net/articles/-/42890

    CR-V

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む

    「サイバー攻撃か?」 ホンダの国内工場でシステム障害、一時出荷見合わせ!!



    (出典 www.tv-tokyo.co.jp)



    1 ガーディス ★ :2020/06/09(火) 06:21:28.67

    2020/6/8 23:05
     ホンダの社内ネットワークシステムに8日、障害が発生した。この影響で、国内工場からの完成車の出荷を一時見合わせたという。原因や海外の拠点の影響については調査中だが、サイバー攻撃を受けた可能性もあるとみて、国内では同日午前中から全社的にパソコンの利用を制限した。

     同社の広報担当者によると、同日午前9時ごろに障害が起きていることが分かった。この影響で、出荷直前に不具合の有無を最終確認したり、車の情報を登録したりする「完成車検査システム」と工場のコンピューターを接続できなくなった。国内の四輪車3工場と二輪車1工場のすべてで一時、検査ができずに出荷を見合わせた。この検査システムについては午後に復旧したため、生産への影響はなかったという。

     社内システムに障害が発生していることなどから、海外工場での生産への影響は不明としている。
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASN687KSCN68ULFA03W.html


    続きを読む

    【マイナーチェンジ車】「何が変わった?」キーワードは”デザインの深化”、ホンダ「S660」



    (出典 www.webcg.net)



    1 自治郎 ★ :2020/01/11(土) 20:46:45.00

    本田技研工業は2020年1月10日、軽規格のオープンスポーツカー「S660」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。

    今回のマイナーチェンジでは、「デザインの深化」をコンセプトに内外装を変更した。

    エクステリアでは、フロントピラーをボディーカラーと同色としたほか、新デザインのアルミホイールやフロントグリルを採用。上級グレードの「α」には新たにアクセサリーライトを装備した。また、ヘッドライトのサブリフレクターや、リアコンビネーションランプのインナーレンズの色も変更。ボディーカラーは国内初の新色「アクティブグリーン・パール」を含む、全7色としている。

    一方インテリアでは、ステアリングホイールやシフトノブの表皮にアルカンターラを採用。αではシート表皮のアクセントを変更するとともに、新たにシートヒーターを装備した。

    同時に、ホンダアクセスの手がけるコンプリートカー「モデューロX」にも改良を施しており、エクステリアでは*スパッタリング仕上げのアルミホイールを採用したほか、ドアミラーカバーの色を「ナイトホーク*・パール」に変更。インテリアでは専用スポーツレザーシートの意匠を変更するとともに、アルカンターラと本革巻きのコンビステアリングホイールを新採用。サイドブレーキカバーやシフトブーツの素材もアルカンターラとしている。

    価格はαが232万1000円、「β」が203万1700円、モデューロXが304万2600円。(webCG)

    2020.01.10
    https://www.webcg.net/articles/-/42201

    S660 α

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    S660 モデューロX

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む

    ホンダシビックなど130万台リコール おい、千葉どーすんだこれ?



    1 ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [RO] :2020/05/28(木) 17:57:29.02


    ホンダと同社の英国現地法人は28日、燃料ポンプに不具合がありエンストする恐れがあるとして、乗用車「シビック」など4車種計1万9999台をリコール(回収・無償修理)すると国土交通省に届け出た。

    同省によると、燃料ポンプ内の樹脂製部品が膨張し、燃料を供給できない恐れがある。計85件の不具合が報告されている。

    対象は、ホンダが2018年6月〜19年6月に製造したシビックと「CR―V」「インサイト」「LEGEND」の4車種計1万2427台と、英国の現地法人が18年8月〜19年9月に製造し、輸入されたシビック7572台。海外での対象台数は計約135万5000台。 

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052800825&g=eco


    (出典 www.honda.co.jp)


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    i2iアクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ