【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ◇車(四輪)

    トヨタの主力コンパクトカー「ヴィッツ」改め、(新型)「ヤリス」発表!...車名を世界統一 (2020年2月発売予定)



    (出典 pbs.twimg.com)


    大幅に機能改善されると噂されている、トヨタのコンパクトカー「ヤリス」だが、2020年2月発売開始予定。価格は現行型「ヴィッツ」と同程度。

    1 かばほ~るφ ★ :2019/10/16(水) 23:07:19.93 ID:GrevmMuu9.net

    【動画】トヨタが主力小型車「ヤリス」発表 「ヴィッツ」廃止し世界で名称統一
    2019.10.16 15:02

    トヨタ自動車は16日、小型車「ヤリス」を来年2月中旬に発売すると発表した。
    国内では前モデルまで「ヴィッツ」という名称で販売してきたが、今回の全面改良で海外で使っているヤリスに統一する。
    燃費性能を向上させたほか、先進安全機能を充実。
    これまでのトヨタ車を上回る高度な駐車支援機能も搭載しており、“新世代の小型車”として拡販を目指す。
     
    ヴィッツの前モデルは平成22(2010)年12月に発売されており、約9年ぶりの全面改良となる。
    商品力の向上と開発コスト削減の両立を目指して導入した車両開発手法「TNGA」に基づく初めての
    小型車向けプラットフォーム(車台)を採用するなど、主要な構成要素を全て刷新。
    車両を従来比で50キログラム軽量化したという。
     
    燃費性能や価格などは、12月に改めて発表する予定だが、
    トヨタの吉田守孝副社長は、「燃費は間違いなく、世界トップレベルだ」と強調した。
     
    パワートレーン(駆動系)は、直列3気筒1・0リットルエンジン▽直列3気筒1・5リットル
    ▽1・5リットルエンジンなどによるハイブリッドシステム-の3種類。
    トランスミッションには無段変速機(CVT)と6速マニュアルを用意した。
    1・5リットルのエンジン車とハイブリッド車(HV)には4輪駆動も設定している。
     
    トヨタが複数の予防安全機能をパッケージ化した「トヨタ・セーフティ・センス」を標準装備。
    衝突回避や被害軽減につながる自動ブレーキに関しては、
    同社で初めて、右折時の対向直進車や、右左折後の横断歩行者も検知対象とした。

    高度駐車支援システムではハンドルだけでなく、アクセルやブレーキも制御。
    事前に駐車位置を登録することで、白線のない駐車場でも使用できるようにしたが、
    この機能は世界初という。
     
    トヨタの豊田章男社長は、「小さくアフォーダブル(手頃な価格)だが、所有して誇らしい。
    そんな車に近づいている」と、ヤリスをアピールした。

    産経ニュース
    https://www.sankei.com/economy/news/191016/ecn1910160016-n1.html
    世界初公開されたトヨタの新型コンパクトカー「ヤリス」=15日午後、東京・青海のMEGAWEB ライドスタジオ

    (出典 www.sankei.com)


    (出典 www.sankei.com)


    (出典 www.sankei.com)


    トヨタが主力小型車「ヤリス」発表 「ヴィッツ」廃止し世界で名称統一

    (出典 Youtube)



    ★1がたった時間 2019/10/16(水) 20:51:45.77
    前スレ https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571226705/


    続きを読む

    【話題】「レベル5完全自動運転バス」運行開始....「シーテック2019」会場周辺の公道を走行、時速18キロで”邪魔くさい”との声!


    乗車するためには、「シーテック2019」会場内で「事前登録」が必要! 確かにメンドクサイ。それに、時速18kmの速度、一般車の妨げとなり、渋滞を助長することにならないのだろうか?

    1 :2019/10/15(火) 12:31:53.82 ID:mLs7AARR0.net BE:422186189-PLT(12015)


    (出典 img.5ch.net)


    (出典 image.itmedia.co.jp)



    8人まで乗車でき、時速18キロ程度で会場周辺の公道を約15分間走行する。
    一般来場者の試乗も可能で、当日に場内ブースでの事前登録が必要となる。

    (抜粋)
    https://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/1910/15/news077.html


    続きを読む

    【悲報】「なんでやねん!」 韓国・ヒュンダイが業績好調、世界販売台数750万台へ! 一方、ホンダは赤字に・・・



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    日本制裁問題があったにも関わらず、韓国・ヒュンダイが業績好調! 「なんでやねん!」と言わざるを得ない。一方、日本のホンダはというと、自動車部門の赤字。単価の安い「軽自動車」ではビジネスにならないということか?

    ヒュンダイが業績好調。世界販売台数750万台へ。一方、ホンダは自動車部門赤字に

    1 :2019/10/15(火) 13:29:17.36 ID:HcbMdYQq0●.net BE:318771671-2BP(2000)


    (出典 img.5ch.net)

    同社は2019年第1四半期の業績について、「世界経済の低迷にもかかわらず、製品ミックスの改善、スポーツ用多目的車(SUV)の販売好調を受け、業績が改善した」と発表した。

    世界での販売台数は、前年同期比2.8%増の106万9,000台となった。国・地域別でみると、中国が7.8%増の19万3,000台、米国が2.0%増の15万2,000台と伸びた。韓国国内は8.7%増の18万4,000台だった(表2参照)。
    https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/05/934f6dc4ed5a90a0.html

    ホンダの死闘、四輪事業が営業赤字転落で聖域なき大リストラへ
    https://www.google.com/amp/s/diamond.jp/articles/amp/217319


    (出典 i.imgur.com)



    (出典 i.imgur.com)



    (出典 i.imgur.com)


    続きを読む

    トヨタ、燃料電池車・次期「MIRAI」登場へ!...2020年末に発売か? 【東京モーターショー2019】


    トヨタの次期型「MIRAI」、現行よりはカッコいいみたいだが、ありふれたデザインのような・・・。正直、レクサスと変わらない車格好。インフラが進んでいないわ、車両価格が高いわ・・・で誰が買うの?

    1 :2019/10/15(火) 13:21:20.00 ID:HcbMdYQq0●.net BE:318771671-2BP(2000)


    (出典 img.5ch.net)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000007-mynavin-life

    奇をてらわず、欲しくなるクルマに

    MIRAIは水素で走る燃料電池自動車(FCV:Fuel Cell Vehicle)だ。トヨタは初代MIRAIを2014年12月に発売し、これまでに世界で累計約1万台を販売してきた。日本では年間1,000台弱くらいを売っているという。次期型MIRAIは2020年末に発売予定だ。

    水素で走るFCVは走行中にCO2を排出しない。その点は電気自動車(EV)も同じだが、水素の充填は電気の充電よりも圧倒的に早く済む。それに水素は、電気と違って作った後に貯めておいたり、持ち運んだりすることが容易だ。そんな特徴を持つ水素をトヨタは、「将来の有望なエネルギー」と位置づけている。

    ただ、普通のクルマにとってのガソリンスタンドにあたる水素ステーションの整備はなかなか進まない。それもあってか、FCVを街で見かける機会も稀だ。
    インフラ整備とクルマの普及は「鶏と卵」の関係ではあるものの、鶏か卵のどちらかが増えなければ、もう一方も増えない。そこで、新型MIRAIの登場となる。

    (出典 i.imgur.com)


    続きを読む

    「軽自動車」作りに関しては、「ホンダ」が日本トップだよな?...今や、スズキをも凌ぐ!?



    (出典 c01.newswitch.jp)


    過って、スズキが軽自動車販売台数トップの常連としていたが、近年、ホンダ
    (軽自動車「N-Boxシリーズ」)が販売台数トップを継続。いつの間にはホンダは「軽自動車」メーカとなり、その技術力の高さは今や日本一??

    1 名無し募集中。。。 :2019/10/14(月) 19:55:24.16 0.net

    ホンダの軽は乗り心地、内装の豪華さ、安全装備などそのへんのコンパクトカーを遥かに凌ぐクオリティ
    売れるのもわかるわ


    続きを読む
    スポンサードリンク
    最新記事(画像付)
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ