【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    [米]Tesla

    【Tesla】アメリカ電気自動車メーカー:テスラ 2年ぶりに黒字確保!


    テスラ、2年ぶりに黒字 低価格の車種「モデル3」好調
    テスラ、2年ぶりに黒字 低価格の車種「モデル3」好調  朝日新聞
    (出典:朝日新聞)



    (出典 d1z3vv7o7vo5tt.cloudfront.net)



    1 ムヒタ ★ :2018/10/25(木) 09:29:22.77 ID:CAP_USER.net

    アメリカの電気自動車メーカーのテスラは、ことし9月までの3か月間の決算を発表し、ほかの車種よりも割安な新型車「モデル3」の生産拡大を受けて、最終的な損益は2年ぶりに黒字を確保しました。

    テスラが24日発表した、ことし7月から9月までの3か月間の決算によりますと、売り上げは電気自動車の販売台数が伸びたことから68億2400万ドル、日本円でおよそ7600億円となり、前の年の同じ時期の2倍以上に増えました。

    また、最終的な損益は3億1100万ドル、日本円で340億円余りの黒字となり、2016年の同じ時期以来、2年ぶりに利益を確保しました。

    テスラは去年7月、ほかの車種よりも割安な新型車「モデル3」の納車を始めたものの量産が遅れ、開発や生産にかかるコストが膨らんだことから赤字決算が続いていました。

    ただ、この3か月で新型車を5万6000台余り納車し、生産についても順調に拡大したことで、黒字に転換したとしています。

    イーロン・マスクCEOは「この3か月は、テスラにとって本当に歴史的な期間だった」とコメントしています。
    2018年10月25日 7時53分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181025/k10011684861000.html


    続きを読む

    【電気自動車】アメリカ電気自動車メーカ テスラ、2年ぶりに黒字確保! 低価格の車種「モデル3」好調


    テスラ、2年ぶりに黒字 低価格の車種「モデル3」好調
    テスラ、2年ぶりに黒字 低価格の車種「モデル3」好調  朝日新聞
    (出典:朝日新聞)



    (出典 assets.bwbx.io)



    1 ムヒタ ★ :2018/10/25(木) 09:29:22.77 ID:CAP_USER.net

    アメリカの電気自動車メーカーのテスラは、ことし9月までの3か月間の決算を発表し、ほかの車種よりも割安な新型車「モデル3」の生産拡大を受けて、最終的な損益は2年ぶりに黒字を確保しました。

    テスラが24日発表した、ことし7月から9月までの3か月間の決算によりますと、売り上げは電気自動車の販売台数が伸びたことから68億2400万ドル、日本円でおよそ7600億円となり、前の年の同じ時期の2倍以上に増えました。

    また、最終的な損益は3億1100万ドル、日本円で340億円余りの黒字となり、2016年の同じ時期以来、2年ぶりに利益を確保しました。

    テスラは去年7月、ほかの車種よりも割安な新型車「モデル3」の納車を始めたものの量産が遅れ、開発や生産にかかるコストが膨らんだことから赤字決算が続いていました。

    ただ、この3か月で新型車を5万6000台余り納車し、生産についても順調に拡大したことで、黒字に転換したとしています。

    イーロン・マスクCEOは「この3か月は、テスラにとって本当に歴史的な期間だった」とコメントしています。
    2018年10月25日 7時53分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181025/k10011684861000.html


    続きを読む

    【Tesla】Model X 買ったけど加速はガソリン車なんて比じゃないな コミコミで1900万円!



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/07/31(火) 13:31:45.769 ID:5zpPz2Yfd.net

    最高の車だわ
    ガルウィングも高さによって
    自動で調整してくれるしな


    続きを読む

    【Tesla】テスラ「モデルS」、米誌の信頼性調査で最下位寸前に転落 1位は「レクサス」2位「トヨタ」


    テスラ「モデルS」、米誌の信頼性調査で最下位寸前に転落
    テスラ「モデルS」、米誌の信頼性調査で最下位寸前に転落  朝日新聞社
    (出典:朝日新聞社)



    1 みつを ★ :2018/10/26(金) 01:41:32.22 ID:CAP_USER9.net

    https://jp.reuters.com/article/autos-reliability-idJPKCN1MZ0BC

    ビジネス
    2018年10月25日 / 06:23 / 12時間前更新
    テスラ「モデルS」、米誌の信頼性調査で最下位寸前に転落
    [デトロイト 24日 ロイター] - 米消費者向け情報誌「コンシューマー・リポート」が24日発表した今年の自動車信頼性調査で、米電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O)の高級セダン「モデルS」順位が昨年から6ランク下がって27位となった。

    同誌は50万台以上の新車を対象にデータを収集し、米国市場における29ブランドについて信頼性を調査している。

    1位はトヨタ自動車(7203.T)の高級車ブランド「レクサス」、2位が「トヨタ」だった。両ブランドは6年連続で上位にを占めている。

    モデルSの評価は、昨年の「平均以上」から「平均以下」に引き下げられ、総合評価で「推奨」ブランドの地位を失った。初めて対象に加わった「モデル3」は「平均並み」となった。

    米国勢では、フォード・モーター(F.N)の「フォード」と「リンカーン」がそれぞれ18位と20位、ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)の「ビュイック」、「シボレー」、「GMC」がそれぞれ19位、23位、25位だった。フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCHA.MI)の「ドッジ」、「ジープ」、「クライスラー」、「ラム」はそれぞれ21位、22位、24位と26位。

    一方、3位にマツダ(7261.T)、4位にスバル (7270.T)、5位に韓国現代自動車(005380.KS)傘下の「起亜」ブランドがそれぞれ入った。


    続きを読む

    【Tesla】1.9秒で時速100キロに達する史上最速の新型EV「ロードスター」をテスラが発表!



    (出典 s.aolcdn.com)



    1 ニライカナイφ ★ :2017/11/20(月) 08:52:56.66 ID:CAP_USER.net

    ◆1.9秒で時速100kmに達する史上最速の新型EV「ロードスター」をテスラが発表、2020年に2000万円台で発売する計画

    電気自動車(EV)メーカーのテスラが、新型EVスポーツカー「ロードスター」を発表しました。
    小さめのボディに強力なモーターを3基搭載するこのモデルは最高速度が時速400kmを超え、わずか1.9秒で時速96kmに達するなど、地球で市販されてきた自動車の全てを凌駕する「史上最速の市販車」になる見込みです。

    (出典 i.gzn.jp)


    新型「ロードスター」は、現地時間で2017年11月16日にカリフォルニアで開催された全電気トレーラー「Semi」発表イベントの最後にサプライズ発表されました。
    Semiが引っ張るトレーラーから降ろされたロードスターがステージを一周し、観衆が「まさか?まさか??」とザワザワしている中でマスク氏は「我々はテスラを『ロードスター(初代)』から始めました。新しいロードスターを作るなら、今のタイミングです」と突然のアナウンス。
    その瞬間、会場からは「YEAH!!!!」と大歓声があがります。

    (出典 i.gzn.jp)


    新型ロードスターは、停止状態から時速60マイル(約96km/h)までの加速がたった1.9秒という強烈な加速性能を備えているとのこと。
    同社最速だった「モデルS P100D」の0-100km/h加速「2.7秒」を1秒近く縮めるもので、これまで史上最速といわれてきたポルシェ918スパイダー(2015年)の2.2秒を上回るものとなっています。

    (出典 i.gzn.jp)


    初代ロードスターはロータス・エリーゼを一部流用した2人乗りスポーツカーでしたが、新型は2人用の後部座席を備える「2+2レイアウト」となるとのこと。
    これによって使い勝手が向上すると同時に、2人乗り自動車だと税額が跳ね上がるアメリカの税制を回避することが可能です。

    (出典 i.gzn.jp)


    低い位置に据え付けられた左右のシートと、メーター類がほとんどなくてスッキリとしたインテリア。

    (出典 i.gzn.jp)


    ハンドルの形状などはコンセプトの域を出ない状態。
    テスラらしく、センターコンソール上の大きなディスプレイがレイアウトされるほか、ハンドルの少し向こう側にはスピードメーターとおぼしきディスプレイが置かれているようにも見えます。

    (出典 i.gzn.jp)


    初代ロードスターと同じく、新型もルーフ部分が取り外し可能な「タルガトップ」スタイルを採用しています。

    (出典 i.gzn.jp)


    テスラのスペック表によると、新型ロードスターは停止状態から時速100マイル(約160km/h)までの加速は4.2秒、1/4マイル加速いわゆる「ゼロヨン」は8.8秒と、こちらも超ド級の動力性能を誇ります。
    車体にはモーターが3基搭載され、4つのタイヤを駆動。
    最高時速は時速250マイル(時速約400km)を超えるとのこと。
    1回の充電での走行可能距離は620マイル(約998km)となっていますが、搭載されるバッテリー容量は明らかにされていません。

    (出典 i.gzn.jp)


    テスラ公式サイトでは、新型ロードスターの価格は「Base Price」で20万ドル(約2240万円)で、予約には5万ドル(約600万円)がかかります。
    また、上位モデルとみられる「Founders Series」と呼ばれるモデルは25万ドル(約2800万円)となり、1000台限定の予約枠を押さえるには全額をあらかじめ支払う必要があります。
    メディアの中にはこれについて「テスラのクラウドファンディングだ」と表現するものも。

    (出典 i.gzn.jp)


    テスラでは新型ロードスターの生産を2020年に開始すると発表。
    発表から3年足らずではたしてハイスペックな新型車両を開発して生産こぎ着けられるのか、さらに2019年にはEVトラック「Semi」の生産も始まるというタイトなスケジュールの中で、はたして計画どおりに事が進むのかはおのずと注目が集まることになりそうです。

    動画:
    (出典 Youtube)


    GIGAZINE 2017年11月19日 10時07分00秒
    https://gigazine.net/news/20171119-tesla-roadster/


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    ブログランキング
    ブログランキング
    • ライブドアブログ