【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    【米】アメリカ車

    【話題】 売れているアメ車「Jeepラングラー」!



    (出典 hips.hearstapps.com)



    1 :2019/10/14(月) 06:20:01.79 ID:dtjIUinF0.net BE:194767121-PLT(12001)


    (出典 img.5ch.net)

    欲しい! Jeep GladiatorをキャンピングカーにするFiftytenのキット
    https://ennori.jp/6560/fiftyten-jeep-camper


    続きを読む

    「フォード撤退」説が浮き彫りにする、中国の自動車市場の現状!/英FT紙


    FT「フォード撤退」説が浮き彫りにする、中国の自動車市場の現状(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース
    英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙が、「米フォード・モーターが、中国から昨年撤.
    (出典:Yahoo!ニュース)



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    「今年上半期のフォード中国工場の稼働率わずか11%。」という。
    もう中国市場は衰退、この基調はますます加速していくのでは?

    1 ごまカンパチ ★ :2019/08/13(火) 00:41:35.13 ID:zRdYl/1H9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190812-00000005-jct-bus_all
     英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙が、
    「米フォード・モーターが、中国から昨年撤退した日本のスズキに続きかねないという懸念は依然として根強い」と伝えた。

     世界最大の自動車市場ながら、米国との貿易摩擦もあって中国の18年新車販売台数は28年ぶりの前年比マイナスに。
    今年も2年連続で前年割れの公算が大きい。
    市場環境が大幅に悪化する中で伝えられた「フォード中国撤退」説が現実となれば、内外に一層大きな衝撃が広がる。

    ■工場稼働率わずか11%
     中国の自動車関係者や経済人たちも大いに注目した記事は、2019年7月28日付の「中国自動車市場縮小で膨らむ外資勢の将来への不安」。
    フォードと合弁関係にある大手国有企業「長安汽車」のデータを基に、「フォードの中国工場では今年上半期の稼働率が11%に過ぎなかった」などと伝え、
    撤退の憶測に言及した。
    データの確認や撤退の可能性について、フォード側はFTに「コメントすることを拒否した」という。

     フォードは、工業都市・重慶を本拠とする長安と2001年に合弁生産を開始。
    「長安福特」として、重慶や浙江省杭州、黒龍江省ハルビンにある7つの工場で、完成車や、エンジン、主要部品を生産している(「福特」はフォードの漢字表記だ)。
    販売台数のピークは16年の約96万台。だが17年には約83万台に落ち込み、18年には約38万台となった。
    今年1~4月の販売も前年同期比69%と、回復傾向は一向に見られず、中国メディアも「長安福特の惨状」と伝えていた。
    FTの報道はこうした「惨状」を国際的に伝えた形だ。

     中国の自動車市場の変調は米国との摩擦が激しくなった18年から始まった。
    対米関係の先行き不透明感、株価下落による資産価格減少に伴う消費マインドの低下などが大きな要因としてあげられる。
    確かにそれらもあるだろうが、私は、習近平指導部が進める自動車産業の構造改革という要因も大きいと見る。
    ひとことでいえばエコカー推進。
    国の後押しでエコカーが着実に普及していくなら、いま急いでガソリン車を買ったり買い替えたりする必要はないじゃないか。
    社会にそんな気分も広がっているように思える。
    そして自動車政策を担当する工業情報化省幹部も公言していることだが、これだけ大量の車が何年も売れ続けた結果、車が欲しい層には
    ほぼ行き渡ってしまっているのが中国の現状なのだ。

    ※続きはソースで

    関連スレ
    【中国経済減速】7月中国自動車販売、13カ月連続減 新エネ車も2年超ぶりに減少
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1565623744/


    続きを読む

    特別な「シボレー カマロ」が20台限定で登場!...シャドーグレーメタリックのカラーが決め手


    シャドーグレーメタリックのカラーが決め手 特別な「シボレー カマロ」が20台限定で登場 【ニュース】 - webCG
    ゼネラルモーターズ・ジャパンは2019年8月8日、スポーツクーペ「シボレー・カマロ」に20台の限定車「カマロSTYLING SPORT EDITION(スタイリングスポーツエディション)」 ...
    (出典:webCG)



    (出典 img1.kakaku.k-img.com)



    1 自治郎 ★ :2019/08/10(土) 21:14:50.74 ID:TuwE4QTg9.net

    ゼネラルモーターズ・ジャパンは2019年8月8日、スポーツクーペ「シボレー・カマロ」に20台の限定車「カマロSTYLING SPORT EDITION(スタイリングスポーツエディション)」を設定。同年8月20日に発売すると発表した。

    今回のカマロ スタイリングスポーツエディションは、パワフルな6.2リッターV8モデル「カマロSS」がベースの限定車。

    ボディーカラーに新色のシャドーグレーメタリックを採用し、レッドアウトラインストライプ付きの5スポークグロスブラックホイールでドレスアップ。ジェットブラックのインテリアには、レカロ製のパフォーマンスシートが組み合わされている。

    価格はベース車から48万6000円アップの729万円。20台限定で販売される。(webCG)

    2019.08.08
    https://www.webcg.net/articles/-/41336

    カマロ STYLING SPORT EDITION(スタイリングスポーツエディション)

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む

    最近のアメ車ってかっこいいな!


    「車離れ」叫ばれる若者 なぜかあのアメ車だけが人気 - 朝日新聞
    若者の車離れが言われて久しい。自動車メーカー各社は若者に受ける車を出そうと四苦八苦しているが、最近、日本では意外な車が若者に受けている。それは米ゼネラル・ ...
    (出典:朝日新聞)



    (出典 cdn.car-moby.jp)


    「アメ車」、大きなボディで、車高が低いイメージの車。車高を下げた、シャコタン好きのイキリ族に好まれていたのは昔のこと? 今はそういう「アメ車」ばかりではなくなり、「車離れ」が叫ばれる若者に「アメ車」が人気だとか。

    1 名無しさん@そうだドライブへ行こう :2016/05/23(月) 13:32:54.73 ID:sVDsryiT.net


    (出典 newcar-design.com)

    こういうのとか

    (出典 o.aolcdn.com)

    こういうのとか、無骨な感じがたまらん
    これはアメ車嫌いな君たちも認めるよね?


    続きを読む

    若者の「車離れ」が叫ばれる中、あのアメ車だけが人気! 何故だ!


    「車離れ」叫ばれる若者 なぜかあのアメ車だけが人気 - 朝日新聞
    若者の車離れが言われて久しい。自動車メーカー各社は若者に受ける車を出そうと四苦八苦しているが、最近、日本では意外な車が若者に受けている。それは米ゼネラル・ ...
    (出典:朝日新聞)


    若者に人気のアメ車、それはジェネラルモーターズ(GM)の「シボレー・カマロ」。新型が出たようだが、昔のアメ車イメージをそのまま引き継いでいる感じで、車体は大きいし、燃費は悪そう! なのに、何故、人気。てっきり、テスラーの電気自動車だと思っていた。

    やはり、今の若者も燃費よりもスタイリングで車を選ぶ?

    1 :2019/07/10(水) 21:56:19.94 ID:xH10uO430.net BE:837857943-PLT(16930)


    (出典 img.5ch.net)

    米ゼネラル・モーターズ(GM)のスポーツカー「シボレー・カマロ」


    (出典 www.asahicom.jp)


    若者の車離れが言われて久しい。自動車メーカー各社は若者に受ける車を出そうと四苦八苦しているが、最近、日本では意外な車が
    若者に受けている。それは米ゼネラル・モーターズ(GM)のスポーツカー「シボレー・カマロ」。ドイツ車が主流の輸入車市場では少数派の
    「アメ車」だが、若者に熱狂的なファンがいるという。いったい何がその心をつかんでいるのか。

    カマロは1960年代に初代モデルが登場し、現行車は2017年発売の6代目。低い車高に広い横幅、力強いボディーラインの「アメ車ならではの
    個性的なデザイン」(GM日本法人)だ。

    かつて憧れの存在だった往年のアメ車を思わせるデザインで、当時を知る高めの年齢層に売れるかと思われた。しかし、GM日本法人によれば、
    18年に売れた約600台の購入者を年代別に見ると、20代が29%でトップ。10代も合わせるとちょうど3割を占めた。輸入車でも、
    ここまで若い年齢層の購入者が多い車種は珍しいという。GMの広報担当者は「当初は50代以上をターゲットにしていただけに驚いた」と話す。

    https://www.asahi.com/articles/ASM6V628FM6VULFA02P.html


    続きを読む
    スポンサードリンク
    最新記事(画像付)
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ