【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    【米】アメリカ車

    【悲報】アメ車から軽自動車に乗り換えたらメチャクチャ煽られた!



    (出典 namasanroom.com)


    アメ車は煽られない?
    ワイルドで、デカイから? 普通は自分よりも デカイ車を仰いだりはしないだろう。
    「軽自動車」に乗り換えたら煽られるのは当然かも?

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/05/07(火) 23:06:30.431 ID:o8K8Y9gD0.net

    親父のお下がりの2005年式シボレー エクスプレスバン(ハリウッド映画によく出てくるフルサイズバン)に
    乗ってたんだけど、で*ぎるし維持費高いしで
    この際だと思って気になってたスズキの現行アルトワークスに乗り換えたらメチャクチャ煽られる

    カーチャンの下駄車のプリウスを時々借りるんだけど
    こっちはアルトワークス以上に煽られる

    一体何なん?
    煽りガイジ*!!


    続きを読む

    若者の「車離れ」が叫ばれる中、あのアメ車だけが人気! 何故だ!


    「車離れ」叫ばれる若者 なぜかあのアメ車だけが人気 - 朝日新聞
    若者の車離れが言われて久しい。自動車メーカー各社は若者に受ける車を出そうと四苦八苦しているが、最近、日本では意外な車が若者に受けている。それは米ゼネラル・ ...
    (出典:朝日新聞)


    若者に人気のアメ車、それはジェネラルモーターズ(GM)の「シボレー・カマロ」。新型が出たようだが、昔のアメ車イメージをそのまま引き継いでいる感じで、車体は大きいし、燃費は悪そう! なのに、何故、人気。てっきり、テスラーの電気自動車だと思っていた。

    やはり、今の若者も燃費よりもスタイリングで車を選ぶ?

    1 :2019/07/10(水) 21:56:19.94 ID:xH10uO430.net BE:837857943-PLT(16930)


    (出典 img.5ch.net)

    米ゼネラル・モーターズ(GM)のスポーツカー「シボレー・カマロ」


    (出典 www.asahicom.jp)


    若者の車離れが言われて久しい。自動車メーカー各社は若者に受ける車を出そうと四苦八苦しているが、最近、日本では意外な車が
    若者に受けている。それは米ゼネラル・モーターズ(GM)のスポーツカー「シボレー・カマロ」。ドイツ車が主流の輸入車市場では少数派の
    「アメ車」だが、若者に熱狂的なファンがいるという。いったい何がその心をつかんでいるのか。

    カマロは1960年代に初代モデルが登場し、現行車は2017年発売の6代目。低い車高に広い横幅、力強いボディーラインの「アメ車ならではの
    個性的なデザイン」(GM日本法人)だ。

    かつて憧れの存在だった往年のアメ車を思わせるデザインで、当時を知る高めの年齢層に売れるかと思われた。しかし、GM日本法人によれば、
    18年に売れた約600台の購入者を年代別に見ると、20代が29%でトップ。10代も合わせるとちょうど3割を占めた。輸入車でも、
    ここまで若い年齢層の購入者が多い車種は珍しいという。GMの広報担当者は「当初は50代以上をターゲットにしていただけに驚いた」と話す。

    https://www.asahi.com/articles/ASM6V628FM6VULFA02P.html


    続きを読む

    【動画】漫画で描いた未来? 米フォード、人型ロボット「デジット」+自動運転車で、無人宅配実験へ!


    フォード、2足歩行の配達ロボット「Digit」を試験--自動運転車から玄関先までを担当 - CNET Japan
    Ford Motorとロボット開発企業のAgility Roboticsは、自動運転車と2足歩行ロボットの組み合わせによる宅配技術を共同開発すると発表した。
    (出典:CNET Japan)



    1 ニライカナイφ ★ :2019/05/30(木) 02:08:14.16 ID:KMMz9y4F9.net

    ◆ ロボットが自動運転車でやってきて、玄関先まで荷物を運んでくれるという未来がもうすぐ実現!(米フォード社)

     先日、アメリカの自動車メーカー、フォード・モーター・カンパニーがYOUTUBEに公開した動画は、まさにSF映画で見たような未来があった。

     フォード社の自動運転車に搭載しているのは、オレゴン州のベンチャー企業「Agility Robotics(アジリティ・ロボティクス)」が開発した二足歩行ロボット「デジット」である。フォード社の自動運転車に同乗するデジットは、車から荷物を取り出し、玄関先まで歩いて届けてくれるのだ。

     自動運転車とロボットのコラボで、人のいらない配達が完結する。この技術はそう遠くない将来実現しそうだ。

    ■ 自動運転車とロボットがそろって初めて配達が完結する

     人間が運転を行わなくとも自動走行できる自動運転車なら、確かに配達地までは無人でいけるだろう。だが、車から玄関先までの微妙な距離感が問題になっていた。しかし、今後はデジットがその問題を解決してくれることになる。

     デジットは、折り畳み式で配達用のバンの後ろに搭載でき、車が到着すると体を広げて荷物を運ぶことができる。

     バンの後部からのっそりとその姿を現すデジットを目にした人々は、ちょっとギョっとするかもしれないが、ロボットだけあって働きに無駄はない。

    ■ 配達車から玄関先まで二足歩行で荷物を届けるデジット

     デジットは上半身や腕を動*ことができ、複数のセンサーに反応するように作られている。

     これらの機能によって、より優れたバランス感覚を持つことができるため、階段の上り下りも可能で、障害物を避けることもできる。また、衝突されてもバランスを保ち転倒することはない。センサーで減速するよう伝わるために、腕を使って体を支えることができるのだ。

     デジットは最大40ポンド(約18kg)までの荷物を持ち上げることができる。また、LiDAR(ライダー)センサーとカメラが搭載されており、自動運転車に接続されているため、車両を介してデータと情報を受け取ることができる。

    ■ ロボットが玄関先まで荷物を届けてくれる未来がもうすぐ

     デジットの敏捷性についてはまだテスト中の段階だが、API(アプリケーションプログラミングインタフェース)を通して制御されるデジットは、折り畳まれてある状態から5分以内に立ち上がり歩くことが可能で、ロボットの扱いに不慣れな使用者でも、困難を感じることなくデジットを使用することができるという。

     今回行われたのは、車の運転や荷物の運搬に人の手を介さない「無人配達」の実用化である。自動運転車とロボットを組み合わせたデリバリーソリューションはまさに近未来的構想だ。

     デジットを開発したAgility Roboticsは、「近い将来、ロボットは食料品を配達し、家で家事もこなしてくれるようになるでしょう。また、災害復旧の支援もしてくれるようになる日が来るかもしれません。当社は、移動性(モビリティ)の問題を解決し、この未来を可能にするために脚式ロボットを開発しました」と話している。

     あとはそうだな、首から上の部分をもうちょっとなんとかしてくれると、親近感のわくロボットとなるんじゃないだろうか?

     今のところはカオナシさんだからな。

     なお、フォード社の自動運転計画は2021年には展開される予定だそうだ。

     まずはアメリカから浸透していくのだろうが、日本だと住宅事情が違うからどうなるんだろう?いずれにせよ、自宅の玄関先にロボットが荷物を届けてくれる日も、そう遠くないかもしれない。

    (写真)

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (動画)

    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    カラパイア 2019年05月27日
    http://karapaia.com/archives/52274826.html


    続きを読む

    【Tesla】独自設計の完全自動運転プロセッサを発表 2020年には“ロボタクシー”事業開始へ!


    Tesla、独自設計の完全自動運転プロセッサを発表 2020年には“ロボタクシー”事業開始へ - ITmedia NEWS
    Teslaが自動運転の取り組みについてのイベントを開催し、独自設計のプロセッサを披露した。製造はSamsungが行い、既にMoxdel Sなどに搭載されている。マスクCEO ...
    (出典:ITmedia NEWS)



    (出典 blogs.nvidia.co.jp)



    1 しじみ ★ :2019/04/23(火) 20:17:01.23 ID:CAP_USER.net

    米Teslaは4月22日(現地時間)、自動運転の取り組みについてのイベントを開催して実況し、YouTubeで公開した(記事末に転載)。

    (出典 image.itmedia.co.jp)


     独自に開発したオリジナルの完全自動運転(FSD)用プロセッサ「Dual Redundant FSD Computer」を披露し、2020年には同社の自動運転車による「ロボタクシー」が登場し、2年以内にはステアリングやペダルがまったくない自動車を製造するという。

     Teslaがプロセッサを設計するのはこれが初めてだが、マスク氏は「プロセッサを設計したことのないTeslaが世界最高のプロセッサを設計した」と自信満々だ。製造は韓国Samsung Electronisのテキサス州オースティンの工場に委託する。

    (出典 image.itmedia.co.jp)


     このプロセッサは既に1カ月前からModel 2とModel Xに、また10日前に製造開始になったMoxel 3に搭載されているという。2016年に予告したように、後はソフトウェアのOTAアップデートで自動運転が可能になる

     プロセッサは「Dual Redundant FSD Computer」というボードに2つ搭載され、ダッシュボード内に組み込まれる。

    (出典 image.itmedia.co.jp)


     プロセッサを2つ搭載するのは冗長性確保のため。マスク氏は「このコンピュータが故障する可能性は、ドライバーが意識を失う可能性よりもかなり低い」と語った。

     イベントでは、ニューラルネットワーク採用システムで割り込みなどのリアルな世界での事象にも迅速に対応できるようにしたことなどを説明した。既に路上を走っているTeslaのデータを解析に使えることが強みになっているとマスク氏は語った。

    (出典 image.itmedia.co.jp)


     ロボタクシーについては、Teslaアプリのアップデートで、Teslaの自動運転車のオーナーが自分の車をロボタクシーサービスに登録することでUberやLyftのように配車サービスを開始できるようになるという。利用料金はUberやLyftより安くなるとも。

    (出典 image.itmedia.co.jp)


     米国ではまだ完全自動運転車の一般販売は認められていない。また、マスク氏の予告はこれまで、大幅に遅れることが多かった。ロボタクシーが2020年中に登場するかどうかは微妙だが、目指していることは確かだ。

    Tesla Autonomy Day

    (出典 Youtube)


    ITmedia NEWS
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1904/23/news065.html


    続きを読む

    【Tesla】(動画あり)米テスラ、上海でのEV車両爆発の動画投稿受け調査チーム派遣!


    【電子版】米テスラ、中国で「モデルS」爆発炎上 調査チーム派遣 - 日刊工業新聞
    【上海ロイター=時事】米電気自動車(EV)大手テスラは22日、テスラ車が駐車中に突然炎上する動画が中国版ツイッター「微博」に投稿されたことを受け、動画を調査する ...
    (出典:日刊工業新聞)



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2019/04/22(月) 13:25:45.06 ID:CAP_USER.net

    [上海 22日 ロイター] - 米電気自動車メーカーのテスラ(TSLA.O)は22日、上海で停車中のテスラ車が爆発する様子を捉えた動画が中国のソーシャルメディアに投稿されたことを受け、調査チームを派遣したことを明らかにした。

    動画は中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」上で共有され、「Tesla self-ignites(自然発火するテスラ車)」というハッシュタグは閲覧件数が500万回を超えている。

    テスラは微博の公式アカウントで、「この件を知り、直ちに現場にチームを派遣した。現在、関係部署に状況を確認している。現時点の情報によると、けが人は出ていない」と説明した。

    動画では、「モデルS」のボンネットから煙が出た後に爆発して炎上し、周辺の車にも被害が出る様子が映されている。動画のタイムスタンプによると、21日夜に起きたとみられる。

    ロイターは現時点で動画の発表元を確認できていない。微博のユーザーらは上海で撮影されたとしている。

    微博の動画が貼られたコメント(便宜上h抜きをしてあります)
    ttps://www.weibo.com/6069454448/HqI5yo6p9?type=comment

    2019年4月22日 / 10:34
    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/tesla-china-idJPKCN1RY030


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング




    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ