【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ・[仏] フランス車

    「ルノー・トゥインゴ」に5段MT搭載の新グレード「インテンスMT」が登場



    1 自治郎 ★ :2022/03/18(金) 20:10:22.89

    ルノー・ジャポンは2022年3月17日、コンパクトカー「トゥインゴ」に新グレード「インテンスMT」を設定し、販売を開始した。

    ルノー・トゥインゴ インテンスMTは、自然吸気の1リッター直列3気筒エンジン(最高出力65PS)と5段マニュアルトランスミッションを組み合わせたパワートレインが特徴のモデルである。

    従来の「トゥインゴS」も同様のパワートレインを搭載していたが、インテンスMTは装備が充実した「インテンス」グレードをベースとしており、ボディー同色のサイドプロテクションモールや16インチアロイホイール、プライバシーガラス、コーナリングランプ機能付きのフロントフォグランプ、前席シートヒーター、サブウーハーなどが採用されている。

    ボディーカラーは「ジョン マンゴー」「ブルー ドラジェ」「ブラン クオーツメタリック」「グリ リュネールメタリック」の4種類。インテリアトリムや合皮とファブリックのコンビシートにも、ボディーカラーに応じて3種類のコーディネートが用意される。

    価格は210万円で、メタリックカラーについては4万1000円の有償オプションとなる。また同車の登場に伴い、トゥインゴSは販売終了となる。(webCG)

    2022.03.17
    https://www.webcg.net/articles/-/46049

    トゥインゴ インテンスMT

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む

    「フランスで震撼!」 シトロエンが免許不要のEV「Ami」を発表、月々2400円からのレンタルサービスも



    (出典 i.ytimg.com)


    フランスの免許が必要な条件とは...?
    免許が不要ということは違反や事故を起こしても「乗れなくなる」ということはない。特に、交通違反しても何の罰則もないということか?(自転車と同様、やりたい放題!)

    1 ダサブビル(ジパング) [AR] :2020/03/15(日) 05:20:30 BE:842343564-2BP ID:a9bFyujm0●.net

    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    これ欲しい!シトロエンが「免許不要」の車を発売!
    3/13(金) 15:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200313-00010002-parkblog-life

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    シトロエンの超小型EV「Ami」。欧州ではクワドリシクルと呼ばれるカテゴリーに分類され、免許がなくても運転できる。写真:シトロエン
    14歳から運転可能な超小型EV「Ami」が、シトロエンから発売された。月額レンタルが19.99ユーロ(約2400円)、カーシェアサービスは1分あたり0.26ユーロ(約30円)という低価格で利用できる。欧州で、クワドリシクル(4輪自転車)と呼ばれるこのようなクルマの普及が進む背景とは。

    【写真】シトロエンの超小型EVが可愛すぎる!

    欧州で普及する「免許不要のクルマ」クワドリシクル

     シトロエンは、Ami(アミ)という超小型EVを発売した。Amiのような超小型EVは、EU加盟国などの欧州諸国において、クワドリシクル(Quadricycle)というカテゴリーに属するクルマになる。日本の軽自動車とは異なる欧州独自のカテゴリーで、都市の渋滞解消や環境問題として2002年頃に登場し、近年ではEV化されているものが多い。

     そしてクワドリシクルは、免許がなくても運転ができる。欧州では講習を受講すれば14歳(一部の国では16歳)からOK。そのためフランスではVSP(voiture sans permis=免許不要のクルマ)とも呼ばれている。
    フランスは2014年の免許制度変更で、クワドリシクルに免許が不要となった。それにより免許取得前の若者が通学する学校の周辺に、クワドリシクルが縦列駐車されている光景がフランスでは日常化しているそうだ。また若者だけでなく免許を返納した高齢者も運転できる。

    都市乗り入れ規制の対象外で、低価格な都市の足

     Amiの車体サイズは全長2.41m、全幅1.39m、全高1.52m、車重はバッテリー込みで485kg。乗員は2名で、64リットルのトランクルームを備える。出力が8.2PS(6kW)、航続距離が約70km。220ボルトによる普通充電は約3時間で完了する。ただし最高速度が時速45kmに制限されているため、高速道路や自動車専用道路などは通行できない。

     このような超小型車が欧州で普及している理由の1つは、普通乗用車で、平日の日中に都市へ乗り入れすることが規制されているからだ(バスやタクシー、居住者は除く)。
    都市の渋滞解消の対策として始まった規制だが、クワドリシクルは対象外となっている。都市を走るクルマが2名以上で乗車している割合は高くない。ならば2名乗車に適したサイズへと小型化すれば、利便性を損なわずに渋滞を緩和できるという考え方だ。

     クワドリシクルの利用を促すために、都市では専用の駐車場や縦列駐車スペースなどが設けられている。狭い路地に縦列駐車をしても超小型車なので、他の通行に迷惑をかける可能性が低いから、このような措置が取られている。車体が小さいことは運転するドライバーにとっても、狭い路地の運転や縦列駐車がしやすいというメリットがある。

     環境問題においてもクワドリシクルは貢献があるとされている。当初はガソリンエンジンを搭載していたが、小排気量だったのでCO2削減につながると考えられていた。近年はEV化することで、CO2削減効果を高めようとしている。

     


    続きを読む

    運転免許無用の超小型モビリティー「シトロエン・アミ」登場 【仏シトロエン】


    A bord du Citroën Ami (2020)

    (出典 Youtube)



    1 自治郎 ★ :2020/03/03(火) 19:09:22.58 ID:r5KRnr1A9.net

    仏シトロエンは2020年2月27日、コンパクトな次世代モビリティー「Ami(アミ)」を発表した。

    シトロエン・アミは、都市部での使用を前提とした小型の電動モビリティー。ボディーサイズは全長×全幅×全高=2.41×1.36×1.52mで、最小回転半径は3.6m。市街地での移動や駐車が簡単に行えるとアピールされる。

    2人のパッセンジャーは左右に並んでシートにおさまる。その足元前方に64リッターの荷室を確保。アミにはサンルーフのほか、空調機能やスマートフォンの充電機能も備わる。

    490kgの車体を動*モーターの最高出力は8.2PS(6kW)。最高速は45km/hで、一充電あたりの走行可能距離は70kmと公表される。家庭用の普通充電による充電時間は3時間。ライセンス無用のため、フランスでは14歳(欧州諸国ではおおよそ16歳くらい)から運転できるというのもトピックだ。

    車両本体のスタート価格は6000ユーロ(邦貨にして約72万円)で、シェア形式での利用も見込まれている。フランスの場合、レンタカーが月額19.99ユーロ(同2400円)からで、カーシェアサービスでは1分あたり0.26ユーロ(同31円)からとなる。

    受注が開始されるのは、フランス国内で同年3月30日。数カ月後にスペイン、イタリア、ベルギー、ポルトガル、そしてドイツでもスタートする予定だ。 6月にはフランスで車両のデリバリーが始まる見込み。なおインポーターによれば、将来的な日本への導入はないとのこと。(webCG)

    2020.03.03
    https://www.webcg.net/articles/-/42460

    Ami(アミ)

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む

    最近のプジョーのクルマ、カッコ良過ぎる!?



    (出典 www.afpbb.com)



    続きを読む

    「ルノー・トゥインゴ」に5段MTを搭載した新グレード登場、価格は179万円


    どういうわけかMT車のグレードを追加!
    価格もお手頃な179万円。

    1 自治郎 ★ :2020/02/04(火) 19:33:35 ID:mWbjabU29.net

    ルノー・ジャポンは2020年2月3日、コンパクトハッチバック車「トゥインゴ」のモデルラインナップに新グレード「S」を追加設定し、販売を開始した。

    ルノー・トゥインゴSは最高出力73PS/6250rpm、最大トルク95N・m/4000rpmの1リッター直3自然吸気エンジンと5段MTを搭載した、新たなエントリーグレードである。これらパワートレインとリアエンジン・リアドライブの駆動レイアウト、車重950kgの軽量ボディーの組み合わせにより、思いのままにドライブを楽しめるというのがコンセプトだ。

    ダッシュボードにはスマートフォンを接続してマップアプリなどを利用できる7インチのタッチスクリーンを装備する。

    ボディーカラーは「ジョンマンゴー」「ブルードラジェ」「ヴェールピスタッシュ」「ブランクリスタル」「ルージュフラムメタリック」の全5色展開で、価格は179万円。(webCG)

    2020.02.03
    https://www.webcg.net/articles/-/42336

    トゥインゴS

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    i2iアクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ