【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    車検

    今日マイカー「軽自動車」の車検に行ったら11万もかかった!


    車検の予約方法、見積りの手順とは?|車検や修理の情報満載グーピット(GooPit) - Goo-net(グーネット)
    車を所有していたら2年ごと(自家用乗用自動車等)に車検を受ける必要があり、車検は避けることができません。ある程度まとまったお金が必要なので負担にもなります。
    (出典:Goo-net(グーネット))



    (出典 otakara-shaken.com)


    本当に高い、日本の「車検」。内、全国一律「法定費用」(税金や自賠責保険など)が高すぎる。

    1 名無し募集中。。。 :2019/06/09(日) 12:31:34.21 0.net

    前回は5万くらいだったのに倍以上とられた
    今回はいろいろメンテやら修理やらがいると説明された
    ちなみに車検は三回目
    そんなもんなんかな
    7万くらいかと思ってたのに
    へこむわ


    続きを読む

    【愛車との別れ?】17年乗った軽自動車を車検に出した結果!!



    (出典 1minutes.jp)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/05/27(月) 08:26:14.217 ID:Z8WupYSL0.net

    お別れがきました(´;ω;`)


    続きを読む

    「何この改造車、カッコいいと思ってやってるのか?」 車検通らないじゃん! どうする?


    車検や警察の対応でひと苦労!「ムダな努力」と笑えない自動車カスタマイズの3つ(Auto Messe Web) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
    自己満足で楽しかった平成カスタム 昭和末期から平成中盤まで、盛んに行なわれた自動車カスタマイズ。ライバルよりも目立ちたい、速くしたいという欲望に勝てず、違法な ...
    (出典:carview!)



    (出典 yoyaku.autobacs.jp)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/06/03(月) 20:14:51.119 ID:rGlgNe57d.net

    僕「車検なんか通す日だけ適用させればいいだろ」


    続きを読む

    【誰もそうかも?】 車検以外で車の点検をしたことがない、これってヤバイ?


    法定点検の基本(車検との違い・検査項目・期間や罰則・費用相場)を徹底解説|車検や修理の情報満載グーピット(GooPit) - Goo-net(グーネット)
    車の点検と言ってもいくつも種類があり、ユーザーが目視等により点検を行う日常点検、法律で定められた定期点検があります。代表的な点検は、車検と車検との間に行う「 ...
    (出典:Goo-net(グーネット))



    (出典 www.kobac-kawaguchi.com)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/05/12(日) 11:02:22.952 ID:XILyeuDL0.net

    エンジンオイルとか変える機会が分からん


    続きを読む

    国交省に聞いた! 騒音規制見直し前に装着したスポーツマフラーで車検に合格できるのか?


    国交省に直撃! クルマの騒音規制改定前に装着したスポーツマフラーは車検に通るのか - ニコニコニュース
    いまのクルマは車検証に記載された数値プラス5dBまでならOK 年々厳しくなるクルマの騒音規制。じつは2018年の11月から、新車時の近接排気騒音が車種毎に定められ ...
    (出典:ニコニコニュース)



    (出典 jaos.co.jp)



    1 ひぃぃ ★ :2019/05/30(木) 12:34:56.48 ID:7Jqx0Zuq9.net

    ■いまのクルマは車検証に記載された数値プラス5dBまでならOK

     年々厳しくなるクルマの騒音規制。じつは2018年の11月から、新車時の近接排気騒音が車種毎に定められた一定の値を超えるクルマに純正以外のマフラー=「交換用マフラー」を備える場合、新車時の騒音から悪化しないことを確認する相対値規制が導入されているのはご存じだろうか?

     国土交通省のホームページ(http://www.mlit.go.jp/common/001263315.pdf)によると乗用車の新車時の騒音の上限は

     ・車両後部にエンジンを有するもの(MR・RR):95dB
     ・車両後部にエンジンを有するもの以外のもの(FF・FR、フロントエンジンの4WD):91dB

     となっている。つまり新車時はどんなに音が大きいクルマでも、リヤエンジン車が95dB以下、それ以外のエンジン搭載位置車は91dB以下の音量しか出ていない。

     そして、平成28年騒音規制では、これに「新車時の近接排気騒音(車検証等に記載)に5dB を加えた値以下であること」という条件が付く。

     つまり具体的には、車検証に記載された新車時の近接排気騒音が92dBのクルマなら、アフターパーツのマフラーをつけても、92dB+5dB=97dBまではOK。

     しかし、たとえばFF車で、新車時の近接排気騒音が85dBのクルマだと、上限は90dBとなる。従って、こうしたもともと静かなクルマの場合、マフラーを交換しても国土交通省が定めた一定値の91dBまで音が出てはダメ、より小さくなければNGということだ。

     「えっ、ちょっと待って。自分のクルマの車検証には、新車時の近接騒音の数値なんて書いてないけど……」という人はどうなるのか?

    ■平成28年以前のクルマの騒音の上限はこれまでどおり

     国土交通省 自動車局 環境政策課に確認してみたところ、上記の新しい「交換用マフラー」への規制の対象となるのは、平成28年規制が適用されるクルマだけとのこと。これらのクルマの車検証には、備考欄に「平成28年騒音規制車 近接騒音値●●dB」と書かれているので、その数字+5dBまでが、保安基準の上限になる。

     一方、平成28年騒音規制に当てはまらない、それ以前のクルマの場合、純正マフラー、アフターパーツのマフラーを問わず、近接騒音の上限はこれまでどおり。

     フロントエンジンの乗用車なら、平成10年・平成11年規制のクルマは、96dBまで。平成元年規制のクルマは、103dBまでというルールになっている。

     というわけで、平成28年規制に引っ掛からない、少し古いクルマなら、これまでどおりの基準の車検対応マフラーなら今後も車検の心配はない(平成22年4月1日以降に生産されたクルマの社外品マフラーには、「性能等確認済表示」が必要)。

     とはいえ、マフラーも消耗品で経年劣化によって消音性能も低下する(新しい規制のプラス5dBの幅も、それを見越しての数字だと思われる)。

     古いスポーツマフラーをつけている人は、念のため車検前には音量を計り、保安基準の範囲内かどうかしっかり確認しておこう。

    2019年5月30日 6時20分 WEB CARTOP
    http://news.livedoor.com/article/detail/16538294/

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ