【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    HUD

    「ビックリ!」最近の車って、フロントガラスに速度メータ付いているの?


    ヘッドアップディスプレイ (HUDからのリダイレクト)
    HUD コンピュータゲーム内で使われる場合は、画面に常に表示される情報のこと(UI)。 人間の視野に直接情報を映し出す手段。本項で詳述する。 ヘッドアップディスプレイ(英語: Head-Up Display、略称: HUD、「ハッド」と発音する)は、人間の視野に直接情報を映し出す手段である。この技
    7キロバイト (921 語) - 2019年5月28日 (火) 06:46



    (出典 ae01.alicdn.com)


    ヘッドアップディスプレイ(HUD)、走行速度をフロントガラスに映している。速度の他に、カーナビによる交差点案内なども表示している場合もある。だいぶん、前からある技術。

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/05/11(土) 12:41:41.149 ID:17/gZl5qp.net


    続きを読む

    「レクサスLM」誕生! レクサスにミニバンが加わった意味とは?


    レクサス初のミニバン登場 中国市場狙った新たなクルマの価値 - livedoor
    4月の上海モーターショーでお披露目されたレクサス初のミニバン「LM」(編集部撮影)今年4月に開かれた上海モーターショー。そこで一躍注目を集めたのがレクサスブランド ...
    (出典:livedoor)



    (出典 scdn.line-apps.com)


    レクサス初のミニバン「レクサスLM」が誕生! トヨタには「ヴェルファイヤー」や「アルファード」等、大型の高級ミニバンが存在する。実際のところ、これらとの違いがよく分からん。何故、レクサス(トヨタ自動車の高級ブランド)で新たにミニバンを追加する必要があるのか?

    1 スタス ★ :2019/06/23(日) 02:05:31.70 ID:kJK+QlVi9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 image.news.livedoor.com)


    レクサスにあえて「ミニバン」が加わった意味

    0

    2019年6月20日 5時40分 東洋経済オンライン

    4月の上海モーターショーでお披露目されたレクサス初のミニバン「LM」(編集部撮影)

    今年4月に開かれた上海モーターショー。そこで一躍注目を集めたのがレクサスブランド初のミニバン「LM」だ。トヨタの人気ミニバンであるアルファード/ヴェルファイアを基に、レクサス用に仕立てられた高級ミニバンで、中国およびアジア地域での販売を目的としている。


    東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

    その仕様は、単にフロントグリルをレクサス用に付け替えただけでなく、レクサスに見合った仕立てとなっている。中心となるのは、内外装や室内空間の構成、そして快適装備であるという。最も顕著なのが、ミニバンで当たり前の3列シート構成ではなく、セダンのように後席は2列目のみで、1人ずつ腰かけるキャプテンシートとなっている。

    また、前席との間には仕切りがあり、アメリカで栄えたストレッチリムジンのように運転者など前席の人とは隔離された個別の後席空間がある。まさに、ストレッチリムジンのミニバン版というつくりだ。

    中略

    レクサスLMについて、レクサス広報は「つねにお客様に驚きと感動の体験を提供し続けるとの想いのもと、LMは新たなモビリティー空間を提供し、お客様の期待を超える豊かなビジネスシーンやライフスタイルにお応えすることを目指している」と話す。

    実際にアメリカでストレッチリムジンに乗ったことがあるが、迎えに来た際の驚きと、室内のぜいたくさに感心させられはしたが、その居心地は必ずしも快適ではなかった。4ドアセダンを基に車体全長を伸ばしただけなので、天井が低く、窮屈な印象が否めない。しかしミニバンを基にするなら、天井が高く、自宅のリビングでくつろぐような快適さを味わえるだろう。そこに新鮮な喜びがあるはずだ。

    中国で求められるクルマ
    そもそもアジアでは、アルファードが高級車として認知され、憧れのクルマとなってきた経緯がある。そして経済成長が著しい中国においては、それがさらに加速し、アメリカのストレッチリムジンのような成功者の証しを表明できるクルマが求められるようになったのだろう。

    続きはソースで
    https://news.livedoor.com/article/detail/16647099/

    前スレ

    【車】「レクサスLM」誕生 レクサスにミニバンが加わった意味とは(画像あり。ガチでっこいいんだが)
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1561211947/


    続きを読む

    【車載技術】マクセル、車載用ARヘッドアップディスプレーを20年に製品化へ!!


    マクセル、車載用ARヘッドアップディスプレーを20年に製品化へ - 日本経済新聞
    マクセルはAR(拡張現実)技術を活用し、車の運転者の視野に行き先や速度、歩行者を検知した情報などを風景と重ねて表示するヘッドアップディスプレー(HUD)を開発、 ...
    (出典:日本経済新聞)



    (出典 www.nikkei.com)



    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2019/03/26(火) 15:27:37.59 ID:CAP_USER.net

    マクセルはAR(拡張現実)技術を活用し、車の運転者の視野に行き先や速度、歩行者を検知した情報などを風景と重ねて表示するヘッドアップディスプレー(HUD)を開発、製品化すると発表した。運転者の視点の移動を少なくして安全運転につなげる。車のオプション装備などを想定し、自動車メーカーを中心に売り込む。2020年12月までに製品化を目指す。

    マクセルが製品化する車載用のARヘッドアップディスプレー(画像はイメージ)

    (出典 www.nikkei.com)


    同社の光学技術や画像処理技術を活用する。ダッシュボードに機器を埋め込み、下側からフロントガラスに情報を映し出す仕組み。運転席から20メートル先に、約148型の画面に相当する大きさで映像や情報を表示することが可能という。

    例えばフロントガラス上で歩行者にマークを付けて視認しやすくするほか、「何メートル先で曲がる」といった情報を表示する。ドライバーは計器類などに視点を落とさずに情報を確認できる。

    マクセルは価格は非公表としているが、10万円以上になる見通し。中国など海外でも展開する考えだ。

    2019/3/26 12:19
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42906850W9A320C1000000/


    続きを読む

    [車アプリ]手軽に試せる!あなたの車が戦闘機みたいに?!HUDアプリ紹介


    [車アプリ]手軽に試せる!あなたの車が戦闘機みたいに?!HUDアプリ紹介



    続きを読む

    最近搭載車が増えている、「HUD」について。あなたは知っていますか?


    最近搭載車が増えている、「HUD」について。あなたは知っていますか?



    続きを読む
    スポンサードリンク
    最新記事(画像付)
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ