【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    【独】BMW

    【BMW】 8シリーズ 新型に4ドア、「グランクーペ」…6月デビューが決定


    BMW 8シリーズ 新型に4ドア、「グランクーペ」…6月デビューが決定 - レスポンス
    BMWグループは、6月にドイツ・ミュンヘンで開催する「#NextGen」イベントにおいて、『8シリーズ グランクーペ』(BMW 8 Series Gran Coupe)を初公開すると発表した。
    (出典:レスポンス)



    (出典 moby.kusanagi-cdn.com)



    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2019/05/07(火) 14:57:55.20 ID:CAP_USER.net


    (出典 response.jp)

    BMW 8シリーズ グランクーペのティザーイメージ

    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)

    (参考画像)BMWコンセプトM8グランクーペ

    BMWグループは、6月にドイツ・ミュンヘンで開催する「#NextGen」イベントにおいて、『8シリーズ グランクーペ』(BMW 8 Series Gran Coupe)を初公開すると発表した。

    8シリーズ グランクーペは、『4シリーズ グランクーペ』、『6シリーズ グランクーペ』に続くBMWの第3のグランクーペ。4ドアクーペボディが特徴になる。

    また、8シリーズ グランクーペは、新型『8シリーズ』の派生モデルに位置付けられる。2ドアクーペ、カブリオレ、4ドアクーペと、新型8シリーズのラインナップが拡大する。

    なお、BMWは2018年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2018において、『コンセプトM8グランクーペ』をワールドプレミアした。近い将来、市販予定の『M8グランクーペ』のベース車両が、8シリーズ グランクーペとなる。

    2019年5月7日(火)10時09分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/05/07/322025.html


    続きを読む

    【朗報】国内初の手放し合法自動運転車、今年の夏発売へ!!


    BMW、渋滞時にハンドルから手を離せる自動運転車を今夏以降に導入(carview!) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
    BMWは4月10日、国内向けモデルとしてはブランド初となる「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載した車両を、本年夏以降に導入開始すると発表した。電動化と ...
    (出典:carview!)



    (出典 wired.jp)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/04/15(月) 12:24:13.071 ID:JMJ3nyu+0.net

    BMW、日本で真っ先に高速道で「手放し運転」実現へ
    https://jidounten-lab.com/w_bmw-highway-japan-level2

    ドイツの自動車メーカー大手BMWグループは、高速道路上で手放し走行が可能な「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載した車両を開発し、2019年夏頃を目途に日本国内に導入することを発表した。

    BMWの新機能が市場に投入されれば、日本国内で初めて手放し運転可能な車両となる。これをきっかけとして国内メーカーも同様の技術を投入するという動きも出てくるかもしれない。

    BMWは2019年の夏以降に、この機能を搭載したモデルの販売を開始する。対象モデルはBMW3シリーズ、BMW8シリーズクーペ、BMW8シリーズカブリオレ、BMWX5の4タイプで、順次拡大予定だという。


    続きを読む

    【BMW】ホンダが撤退する英国スウィンドン市の工場をちょーだい!!



    (出典 response.jp)



    1 みつを ★ :2019/03/28(木) 05:04:22.38 ID:sUnZm7kM9.net

    https://www.theguardian.com/business/2019/mar/27/bmw-interested-in-taking-over-hondas-swindon-site?CMP=twt_g

    2019/03/28

    英ガーディアン紙報道

    【BMW】ホンダが撤退する英国スウィンドン市の工場をちょーだい

    BMW 'interested in taking over Honda's Swindon site'
    Firm among several carmakers awaiting Brexit clarity before making investment decisions
    Jasper Jolly

    Thu 28 Mar 2019 06.43 AEDT Last modified on Thu 28 Mar 2019 06.47 AEDT

    Hopes have been raised that Honda’s Swindon plant could be saved after reports that BMW is interested in taking over the factory when the Japanese manufacturer leaves in 2021.

    Honda last month announced that it would cease production in Swindon in 2021, dealing a major blow to a British car industry that already faces an uncertain future over Brexit. However, the availability of a ready-made plant could prove attractive to buyers if the UK maintains a stable trading relationship with the EU. Honda employs 3,500 people in Swindon, all of whom are expected to lose their jobs in 2021.
    (リンク先に続きあり)


    続きを読む

    【BMW】約2年ぶりに復活、新型「BMW Z4」が国内販売を開始!!


    約2年ぶりに復活 新型「BMW Z4」が上陸 【ニュース】 - webCG
    BMWジャパンは2019年3月25日、新型「BMW Z4」の国内導入を発表し、同日に販売を開始した。3代目となる新型Z4は、2018年8月に米カリフォルニア州モントレーで開催 ...
    (出典:webCG)



    (出典 genroq.jp)



    1 自治郎 ★ :2019/03/26(火) 19:43:54.95 ID:pXqGDOR89.net

    BMWジャパンは2019年3月25日、新型「BMW Z4」の国内導入を発表し、同日に販売を開始した。2018年8月に米カリフォルニア州モントレーで開催された「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」でワールドプレミアされた3世代目となるモデルで、トヨタの新型「スープラ」の姉妹車でもある。

    新型Z4のエクステリアデザインは、縦型ヘッドライトやメッシュ状のキドニーグリルなど、新しいデザインコンセプトを採用しながらも、ひと目でZ4だと分かるフォルムが特徴となっている。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4335×1865×1305mm、ホイールベースは2470mm。先代モデルと比較して全長を85mm長くし、全幅を75mm拡大。全高は15mm高くした一方、ホイールベースは25mm短い設定になっている。

    先代モデルがリトラクタブルハードトップを採用していたのに対して、3代目では初代モデルと同様となるソフトトップに回帰。走行中でも50km/hまでなら、約10秒でオープン/クローズの動作が行える。

    日本に導入されるパワーユニットは2リッター直4と、Mパフォーマンスと呼ばれる3リッター直6の2種類のガソリンターボエンジン。前者は最高出力197ps、最大トルク320Nm、後者は同340ps、同500Nmを発生。両エンジンとも、8段ATと組み合わせている。

    インテリアは、デジタルメーターパネルとダッシュボード中央上部に10.25インチのコントロールディスプレイを配置。BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントと名付けられる、AI技術を活用し音声会話だけで車両の操作、情報へのアクセスが可能となるBMW最新の機能を備えている。キャビンは従来モデル同様に2シーターとなり、シート背後には小物入れも用意されている。

    日本に導入されるグレードと価格は以下の通り。
    ・Z4 sDrive20i:566万円
    ・Z4 sDrive20iスポーツライン:615万円
    ・Z4 sDrive20i Mスポーツ:665万円
    ・Z4 M40i:835万円

    Z4 sDrive20i MスポーツにはMスポーツサスペンションに加え、オプションで電子制御ダンパーを備えたアダプティブMスポーツサスペンションが装備可能。Z4 M40iにはアダプティブMスポーツサスペンションを標準装備するとともに、コーナリング後の加速性の向上や安定性等を飛躍的に向上させるというMスポーツディファレンシャルが搭載されている。さらに、力強く俊敏な走行性能を備えた車両を的確に操作するとうたわれるバリアブルスポーツステアリングが、Z4として初めて全車に標準装備されている。

    日本導入モデルは全グレードとも右ハンドル仕様で、Z4 M40iをベースとした発売記念限定車「Frozen Grey(フローズン・グレー)」も30台販売(そのうち10台はオンラインプラットフォームで2019年4月4日~5月10日の期間限定販売)される。(webCG)

    2019.03.26
    https://www.webcg.net/articles/-/40625

    Z4

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む

    【BMW】新型BMW 3シリーズはカッコよくなり、大きく進化を遂げた操作系!!


    【BMW 3シリーズ 新型試乗】想像以上に軽快でジェントル、これが“新時代”か…島崎七生人 - レスポンス
    若々しさが折り込まれた新型3シリーズ ◇大きく様変わりした操作系 ◇意外にもジェントルな走り.
    (出典:レスポンス)



    (出典 scdn.line-apps.com)



    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ