【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    【米】GM

    特別な「シボレー カマロ」が20台限定で登場!...シャドーグレーメタリックのカラーが決め手


    シャドーグレーメタリックのカラーが決め手 特別な「シボレー カマロ」が20台限定で登場 【ニュース】 - webCG
    ゼネラルモーターズ・ジャパンは2019年8月8日、スポーツクーペ「シボレー・カマロ」に20台の限定車「カマロSTYLING SPORT EDITION(スタイリングスポーツエディション)」 ...
    (出典:webCG)



    (出典 img1.kakaku.k-img.com)



    1 自治郎 ★ :2019/08/10(土) 21:14:50.74 ID:TuwE4QTg9.net

    ゼネラルモーターズ・ジャパンは2019年8月8日、スポーツクーペ「シボレー・カマロ」に20台の限定車「カマロSTYLING SPORT EDITION(スタイリングスポーツエディション)」を設定。同年8月20日に発売すると発表した。

    今回のカマロ スタイリングスポーツエディションは、パワフルな6.2リッターV8モデル「カマロSS」がベースの限定車。

    ボディーカラーに新色のシャドーグレーメタリックを採用し、レッドアウトラインストライプ付きの5スポークグロスブラックホイールでドレスアップ。ジェットブラックのインテリアには、レカロ製のパフォーマンスシートが組み合わされている。

    価格はベース車から48万6000円アップの729万円。20台限定で販売される。(webCG)

    2019.08.08
    https://www.webcg.net/articles/-/41336

    カマロ STYLING SPORT EDITION(スタイリングスポーツエディション)

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む

    若者の「車離れ」が叫ばれる中、あのアメ車だけが人気! 何故だ!


    「車離れ」叫ばれる若者 なぜかあのアメ車だけが人気 - 朝日新聞
    若者の車離れが言われて久しい。自動車メーカー各社は若者に受ける車を出そうと四苦八苦しているが、最近、日本では意外な車が若者に受けている。それは米ゼネラル・ ...
    (出典:朝日新聞)


    若者に人気のアメ車、それはジェネラルモーターズ(GM)の「シボレー・カマロ」。新型が出たようだが、昔のアメ車イメージをそのまま引き継いでいる感じで、車体は大きいし、燃費は悪そう! なのに、何故、人気。てっきり、テスラーの電気自動車だと思っていた。

    やはり、今の若者も燃費よりもスタイリングで車を選ぶ?

    1 :2019/07/10(水) 21:56:19.94 ID:xH10uO430.net BE:837857943-PLT(16930)


    (出典 img.5ch.net)

    米ゼネラル・モーターズ(GM)のスポーツカー「シボレー・カマロ」


    (出典 www.asahicom.jp)


    若者の車離れが言われて久しい。自動車メーカー各社は若者に受ける車を出そうと四苦八苦しているが、最近、日本では意外な車が
    若者に受けている。それは米ゼネラル・モーターズ(GM)のスポーツカー「シボレー・カマロ」。ドイツ車が主流の輸入車市場では少数派の
    「アメ車」だが、若者に熱狂的なファンがいるという。いったい何がその心をつかんでいるのか。

    カマロは1960年代に初代モデルが登場し、現行車は2017年発売の6代目。低い車高に広い横幅、力強いボディーラインの「アメ車ならではの
    個性的なデザイン」(GM日本法人)だ。

    かつて憧れの存在だった往年のアメ車を思わせるデザインで、当時を知る高めの年齢層に売れるかと思われた。しかし、GM日本法人によれば、
    18年に売れた約600台の購入者を年代別に見ると、20代が29%でトップ。10代も合わせるとちょうど3割を占めた。輸入車でも、
    ここまで若い年齢層の購入者が多い車種は珍しいという。GMの広報担当者は「当初は50代以上をターゲットにしていただけに驚いた」と話す。

    https://www.asahi.com/articles/ASM6V628FM6VULFA02P.html


    続きを読む

    【General Motors】GMが7工場停止へ、人員15%削減 米国追加関税でコスト増!!


    GM7工場停止へ、人員15%削減 米追加関税でコスト増 - 日本経済新聞
    【シリコンバレー=白石武志】米ゼネラル・モーターズ(GM)は26日、全世界で15%の人員を削減すると発表した。米国内の4拠点を含む北米5工場で生産を停止するほか北米 ...
    (出典:日本経済新聞)



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 ばーど ★ :2018/11/27(火) 12:26:44.34 ID:CAP_USER9.net

    【シリコンバレー=白石武志】米ゼネラル・モーターズ(GM)は26日、全世界で15%の人員を削減すると発表した。北米の5つの工場で生産を停止するほか北米以外でも2工場を閉鎖し、ガソリン車の開発や生産の人員を削減する。北米での大型車人気で足元の業績が好調なうちにコスト削減を進め、電動化や自動運転など新たな領域での競争に備える狙いだ。

    GMは10月末には北米で約1万8000人を対象に早期退職の募集を始めていた。今回の発表は北米に約40ある工場のうち、カナダのトロント近郊や米オハイオ州などの3つの完成車工場と米国内の2つの部品工場が対象だ。2019年に新たな生産車種の割り当てをやめる。5工場は北米で販売不振が続くセダンを主に造っており、稼働率が低迷していた模様だ。

    北米以外では既に表明済みの韓国・群山工場に加え、19年末までに2工場の操業を中止する。開発に費用がかかるプラットホーム(車台)を絞り込むなど業務プロセスを合理化することで、管理職については世界で25%を削減するとしている。

    一連のリストラに伴って30億~38億ドル(3400億~4300億円)の費用を計上する見込み。大部分は18年10~12月期と19年1~3月期に発生するとしている。コスト削減や投資の抑制によって、純現金収支は20年末までに年間60億ドル改善するという。

    ガソリン車の開発や生産の人員を削減する一方で、電動化と自動運転技術の開発に割り当てる人員は今後2年で2倍に増やす。メアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は今回のリストラ策について「私たちの変革を機敏で弾力的かつ収益性の高いものにしていくものだ」とコメントした。

    投資家はリストラ策を評価し、株価はニューヨーク市場で前週末比5%上がった。

    GMは7月、18年12月期の業績予想を下方修正している。米国が発動した鉄鋼やアルミニウムへの追加関税による原材料費の上昇が要因だ。今回のリストラはこういったコスト増が今後も続く可能性もにらんだものとみられる。

    トランプ米大統領は雇用創出を公約に掲げ、自動車産業を特に重視しているが、GMは企業としての競争力を高めるためには米国内の工場もリストラ対象にせざるを得ないと判断したようだ。

    2018/11/27 1:55
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38214330X21C18A1000000/


    続きを読む

    【GM】世界の7工場閉鎖、人員15%削減へ!・・・ガソリン車の開発や生産の人員削減、電動化と自動運転技術の開発は倍に


    GMが大規模リストラ計画、世界の7工場を閉鎖…人員15%削減へ GMが大規模リストラ計画、世界の7工場を閉鎖…人員15%削減へ
    …GM(General Motors)は11月26日、グローバルでの大規模なリストラ計画を発表した。今回のリストラは、従来の計画よりもさらに踏み込んだ内容だ。従業員に関しては、正規と非正規を合わせて全世…
    (出典:経済総合(レスポンス))



    (出典 response.jp)



    1 ばーど ★ :2018/11/27(火) 12:26:44.34 ID:CAP_USER9.net

    【シリコンバレー=白石武志】米ゼネラル・モーターズ(GM)は26日、全世界で15%の人員を削減すると発表した。北米の5つの工場で生産を停止するほか北米以外でも2工場を閉鎖し、ガソリン車の開発や生産の人員を削減する。北米での大型車人気で足元の業績が好調なうちにコスト削減を進め、電動化や自動運転など新たな領域での競争に備える狙いだ。

    GMは10月末には北米で約1万8000人を対象に早期退職の募集を始めていた。今回の発表は北米に約40ある工場のうち、カナダのトロント近郊や米オハイオ州などの3つの完成車工場と米国内の2つの部品工場が対象だ。2019年に新たな生産車種の割り当てをやめる。5工場は北米で販売不振が続くセダンを主に造っており、稼働率が低迷していた模様だ。

    北米以外では既に表明済みの韓国・群山工場に加え、19年末までに2工場の操業を中止する。開発に費用がかかるプラットホーム(車台)を絞り込むなど業務プロセスを合理化することで、管理職については世界で25%を削減するとしている。

    一連のリストラに伴って30億~38億ドル(3400億~4300億円)の費用を計上する見込み。大部分は18年10~12月期と19年1~3月期に発生するとしている。コスト削減や投資の抑制によって、純現金収支は20年末までに年間60億ドル改善するという。

    ガソリン車の開発や生産の人員を削減する一方で、電動化と自動運転技術の開発に割り当てる人員は今後2年で2倍に増やす。メアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は今回のリストラ策について「私たちの変革を機敏で弾力的かつ収益性の高いものにしていくものだ」とコメントした。

    投資家はリストラ策を評価し、株価はニューヨーク市場で前週末比5%上がった。

    GMは7月、18年12月期の業績予想を下方修正している。米国が発動した鉄鋼やアルミニウムへの追加関税による原材料費の上昇が要因だ。今回のリストラはこういったコスト増が今後も続く可能性もにらんだものとみられる。

    トランプ米大統領は雇用創出を公約に掲げ、自動車産業を特に重視しているが、GMは企業としての競争力を高めるためには米国内の工場もリストラ対象にせざるを得ないと判断したようだ。

    2018/11/27 1:55
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38214330X21C18A1000000/


    続きを読む

    【ニュース速報】「トランプは狂ってる、VWやトヨタを利するだけ」米GM中国での自動車販売激減に激怒!


    米GM、中国販売が15%減 米中摩擦影響
    米GM、中国販売が15%減 米中摩擦影響  産経ニュース
    (出典:産経ニュース)



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/10/09(火) 18:23:00.23 ID:E63ueu4h0.net BE:993788992-PLT(13001)


    (出典 img.5ch.net)

    米GM、中国販売が15%減 米中摩擦影響

    米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は8日、2018年7~9月期の中国での新車販売台数が
    83万5934台となり、前年同期に比べて14・9%減少したと発表した。
    GMは中国で主要外国ブランドの一つ。米中貿易摩擦に伴う景気の先行き懸念から、消費者の購入意欲が衰えて販売が落ち込んだ。
    中国では他の米国ブランド車の販売不振も目立ち、貿易摩擦で対立する米国勢の購入を敬遠する動きが広がっている可能性がある。
    18年1~9月の累計販売台数は、2・5%減の268万330台。
    中国の国家市場監督管理総局は9月下旬、GMの中国合弁会社が「ビュイック」など332万台余りの大規模リコール
    (回収・無償修理)すると発表。
    消費者のGM車に対する品質への信頼感が低下し、今後の販売にも打撃を与える可能性が出ている。(共同

    http://www.sankei.com/economy/news/181009/ecn1810090007-n1.html


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ