【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    マツダ -MAZDA-

    【速報】マツダさんカッコいいトラックを発売してしまう!



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/06/12(水) 21:11:12.784 ID:x7T/QWBOa.net


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    続きを読む

    【2018年通期決算】 衝撃! 絶好調に見えたマツダ、営業利益、純利益ともにマイナス43%!!


    【絶好調に見えるのに営業利益、純利益ともにマイナス43%!!】マツダの戦略は間違っていないのか!?(ベストカーWeb)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
    マツダのイメージは大きく変貌してきている。革新的な内燃機関テクノロジーを次から次へと発表し、クルマ好きにとってワクワクさせてくれるメーカーになっている。 デザイン ...
    (出典:carview!)


    販売費及び一般管理費のうち減価償却費以外 事業利益(じぎょうりえき)は 営業利益の別名(前述)。 営業利益に受取利息、受取配当金、有価証券売却益などの営業利益を加えたものである。この意味での事業利益から支払利息、有価証券売却損、有価証券評価損などの営業外費用を差し引くと経常利益となる。 事業利益=営業利益 + 営業利益 =((売上高
    11キロバイト (1,693 語) - 2019年4月19日 (金) 03:28



    (出典 i.ytimg.com)


    今、マツダはデミオ、アクセラ、アテンザなど次から次への新型車を販売し、デザインも一新、従来のマツダのイメージも変貌を遂げ、順風満帆で乗りに乗っているかのように見える「マツダ」だが、財務状況はかなり厳しいようだ! 信じられない人もいるのでは?

    1 名無しさん@涙目です。 :2019/06/07(金) 20:10:51.05 ID:FaoNTlQD0.net BE:232392284-PLT(12000)


    (出典 img.5ch.net)

    【絶好調に見えるのに営業利益、純利益ともにマイナス43%!!】マツダの戦略は間違っていないのか!?

     マツダのイメージは大きく変貌してきている。革新的な内燃機関テクノロジーを次から次へと発表し、クルマ好きにとってワクワクさせてくれるメーカーになっている。
     デザインにしてもオリジナリティをいかんなく発揮し、最新のマツダ3の評判も物凄く高く注目度は抜群だ。
     しかし、2018年通期決算発表はかなり厳しい状況と言わざるを得ない。やることなすこと絶好調に見えるマツダだが、財務状況にまったく結びついていない。

     5月に発表されたマツダの2018年通期決算発表は、営業利益、純利益ともにマイナス43%と予想以上に悪い数字。これを受けて株価も1300円から1100円台へと下落している。
     決算の内訳を見ると、売上高は微増しているのだが利益が出ていない。自動車メーカーの利益率は一般的に6~8%と考えられているが、マツダの2018年度はわずか2.3%にとどまっている。
     利益率の向上はマツダがつねづね腐心してきたポイントで、スカイアクティブ商品群が一段落したあと、
    値引きを抑えた販売戦略で頑張ってきたのはよく知られている。ここ最近「マツダの値引きは渋い」というのが国内市場では常識だった。

     にもかかわらずなぜこの決算かといえば、要するに北米と中国での販売が振るわなかったからだ。

     北米市場での販売台数は日本の約2倍、中国は約1.5倍のスケールだが、ここでそれぞれ3%、23%(!)のマイナス。値引きやインセンティブで相当な出血を強いられたと思われる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190607-00010001-bestcar-bus_all


    続きを読む

    【MAZDA】人気爆発の予感? 話題のマツダ3(アクセラ後継)納車待ち!


    話題の新型車「マツダ3」はココがスゴい!人を惹きつけるデザインの"核心"と"革新" - &GP
    デビュー以来、話題を集め続ける新型車「マツダ3(スリー)」。今回は、内外装のデザインについてご紹介する。近年、マツダ車のデザインは、美しさが話題となるケースが多い ...
    (出典:&GP)



    (出典 response.jp)


    昨日、マツダディーラから(展示のため)、会社に「マツダ3」(セダンとハッチバック)を持ってこられていました。実物を見たとき、「カッコいい」という印象で、”ビビビッ~”と来たのですが・・・。(金がない)

    これは、売れるんじゃない?

    1 名無しさん@そうだドライブへ行こう :2019/05/18(土) 22:43:53.83 ID:23gNhSf00.net

    !extend:che*ed:vvvvvv:1000:512
    次世代技術SKYACTIVビークルアーキテクチャ全面採用市販モデル第1号の令和元(2019)年5月24日発売開始見込み
    4代目アクセラ改メMAZDA3(BP系)の納車待ち情報交換専用スレです。

    *スレ立て時は1列目に以下の2列をコピぺして下さい。ワッチョイ化され荒らし対策になります。
    !extend:che*ed:vvvvvv:1000:512
    !extend:che*ed:vvvvvv:1000:512

    *ネガキャンエ作員に餌を与える類のコピペは控えましょう。

    ※メーカー公式(2019年5月18日現在)
    https://www2.mazda.co.jp/cars/new_generation/pre/

    ※本スレ(購入前相談を含む納車待ち情報以外についてはこちらへ)
    【MAZDA3】マツダ3 Vol.27【4代目アクセラ改め】
    http://itest.5ch.net/fate/test/read.cgi/auto/1557649352/

    ※3代目アクセラ(BM/BY系)スレ(Vol.227)はこちら
    http://itest.5ch.net/fate/test/read.cgi/auto/1558160457/

    *次行以下は、次スレを立てる際に消去して下さい。 VIPQ2_EXTDAT: che*ed:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured 👀
    Ro*54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)


    続きを読む

    マツダ、一昔前よりスタイルよくなったし、いいクルマを作っている!?...が、残念なところを挙げるとしたら・・・



    (出典 i.ytimg.com)



    1 名無しさん@そうだドライブへ行こう :2019/03/22(金) 22:49:12.53 ID:K4Y22cs10.net

    提灯メディアが書かないマツダ車の真実について語ろう。

    前スレ
    マツダの残念なところを挙げるスレ4
    https://fate.5ch.net/test/read.cgi/auto/1551536484/


    続きを読む

    【MAZDA】新型「マツダ3」発売 ガソリンとディーゼルの良さを兼ね備えた新エンジン初搭載



    (出典 www.sankeibiz.jp)



    1 靄々 ★ :2019/05/24(金) 12:44:15.86 ID:awAOKYIV9.net

    新型「マツダ3」発売 ガソリンとディーゼルの良さを兼ね備えた新エンジン初搭載

    マツダ新型「マツダ3」の国内販売が開始され、ガソリンエンジンでありながら、ディーゼルエンジンの良さも兼ね備えた「SKYACTIV-X」を世界で初めて実用化して搭載しました。

    魂動デザインも深化した新型「マツダ3」
     マツダは、新型「マツダ3」を2019年5月24日より発売しました。

    「アクセラ」の後継車に位置づけられる新型マツダ3は、デザインコンセプトである「魂動デザイン」が深化し、日本の伝統的な美意識である「引き算の美学」を追求したスタイルになりました。

    マツダ新型「マツダ3 ファストバック」

    (出典 kuruma-news.kusanagi-cdn.com)


     新型マツダ3にはセダンとファストバックの2つのタイプが用意されていますが、セダンは「凛とした伸びやかさ」、ファストバックは「色気のある塊」をテーマとし、それぞれの個性を際立たせた外観デザインとしています。

     ボディカラーはセダンに7色、ファストバックに8色を設定。「ソウルレッドクリスタルメタリック」「マシーングレーメタリック」の2色に加え、ファストバックでは専用色として、金属の質感と樹脂の滑らかな素材感を融合させた新開発の「ポリメタルグレーメタリック」が設定されました。

     内装でも引き算の美学が取り入れられ、水平基調でシンプルな構造による上質感と運転に集中できる心地よい空間という機能性を融合しています。

     動力性能については、クルマ全体で最適化したマツダ独自の新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を新開発。

     理想の運転姿勢を「歩行状態(人間が歩いている時の姿勢)」と定義し、シートからボディ、シャシー、タイヤに至るまですべての車体構造を刷新して、安心して楽しく運転できる環境を実現しました。

     パワートレインは、マツダが新たに開発した2リッターの「SKYACTIV-X」を初めて実用化して搭載するとともに、1.5リッターガソリン、2リッターガソリン、1.8リッタークリーンディーゼルの4タイプがセダン・ファストバックともに設定されました。

     SKYACTIV-Xは、独自の燃焼方式「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」を採用し、ガソリンエンジンで圧縮着火を制御する技術が世界で初めて実用化されたものです。

     優れた初期レスポンスと力強いトルクを備えるディーゼルエンジンの良さと、素早い操作に追従し、高回転までスムーズに伸びていくガソリンエンジンの良さを兼ね備えた走りが楽しめます。また、小型で効率的なハイブリッドシステム「M Hybrid」を搭載することで、モーターアシストによる低燃費を実現しました。

     トランスミッションはATに加え、SKYACTIV-Xと1.5リッターガソリンではMTも用意されています。

     そのほか、質の高い静粛性の実現や各スピーカーの位置と方向を刷新してクリアなサウンドを提供するオーディオシステム「Mazda Harmonic Acoustics(マツダ・ハーモニックアコースティックス)」を装備しました。

     安全装備として、緊急時の回避・被害軽減を支援する先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」も搭載しています。

     また、直感的な操作性と機能性を備えたコネクティビティ・システム「マツダコネクト」が進化し、基本性能の向上やより直感的に使えるヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)などを採用して使いやすくなりました。

     さらに、クルマとマツダがネットワークでつながり、ユーザーのカーライフを24時間365日サポートするサービスが導入されます。事故や病気などの時に、クルマがオペレーターとつながること迅速に緊急車両を手配することができ、スマホアプリ「MyMazda」と連携することでクルマの状況やドアの閉め忘れ等を通知するサービスも利用できます。
     
     価格(消費税込)は、セダンが247万円から355万1200円、ファストバックが218万1000円から362万1400円です。

     なお、SKYACTIV-X搭載モデルは2019年7月に予約受注が開始され、発売は10月の予定となります。【了】

    https://kuruma-news.jp/post/147521
    2019.05.24 くるまのニュース


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ