【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    マツダ -MAZDA-

    【マイナーチェンジ】マツダ「デミオ」⇒「MAZDA2」に車名変更、デザイン刷新で9月発売!



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    デミオも「MAZDA2」に車名変更したが、マイナーチェンジに留まる模様。デザイン的には現行モデルとそう変わっていない気がする。「車名変更した!」というから、MAZDA3(先代:アクセラ)と同じ顔つきになると期待していたが・・・。

    1 自治郎 ★ :2019/07/19(金) 19:55:56.98 ID:SqliTd0h9.net

    マツダは2019年7月18日、コンパクトカー「デミオ」の車名を「マツダ2」に変更するとともに、一部改良を実施し、同日、予約受け付けを開始した。発売は同年9月12日の予定となっている。

    今回の改良では、内外装デザインの変更や乗り心地の改善、新装備の追加など、多岐にわたり手が加えられている。

    エクステリアでは、フロントマスクを「マツダ6」などに通じる彫りの深いデザインに変更するとともに、高輝度塗装の16インチアルミホイールを採用。インテリアでは運転中に頭がぶれにくく、よりクルマとの一体感が感じられるフロントシートを採用したほか、きめ細かな対策により静粛性を向上させたという。

    走りに関しては、滑らかなクルマの動きと快適な乗り心地を実現するとうたわれる新しいサスペンションシステムや、高速走行時の車両の挙動をより安定させる「G-ベクタリングコントロール プラス(GVC プラス)」を採用。実用燃費を改善する「i-ELOOP(減速エネルギー回収システム)」を、ディーゼルエンジン車に加えてガソリンエンジン車にも展開している。

    装備の強化も図っており、インフォテインメントシステム「マツダ コネクト」を「Apple Carplay」や「Android Auto」に対応させたほか、ポジションメモリー機能付き(シート位置/アクティブドライビングディスプレイ)の運転席6wayパワーシートや自動防げんルームミラーを設定。全車速追従型のレーダークルーズコントロール(停車保持機能なし)やレーンキープアシストシステム、左右20ブロックに分割したLEDを個別に点灯/消灯させるアダプティブLEDヘッドライトなどを新たに採用した。

    価格は154万4000円から261万9000円。(webCG)

    2019.07.18
    https://www.webcg.net/articles/-/41244

    マツダ2

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む

    評論家が口を揃えて絶賛するマツダ車。販売台数は一人負けの前年比マイナス69,1%です



    (出典 i.ytimg.com)



    1 :2019/07/17(水) 22:00:00.69 ID:fmn3yHND0.net BE:232392284-PLT(12000)


    (出典 img.5ch.net)

    日本とアメリカでマツダの販売台数減少が止まらないと聞いた。
    久し振りに日本の販売台数をチェックしてびっくり! 昨年の6月と比べ、乗用車全体だと98,2%の微減。

    今年1月~6月までの台数と昨年同じ時期の販売台数も99,6%だから微減。しかし! マツダの台数見たら昨年6月の69,1%しか売れていない! 
    今年前半の台数も昨年の85,2%に留まってしまってます。何と一人負け!

    ちなみに6月の販売台数には、早くもマツダ3が1591台も入っている。マツダ3、ディーラー試乗車だろうから販売に人員を割かれたワケじゃない。
    この分だけ純増になっていてもおかしくない状況。なぜ売れないのか?

    皆さん「マツダ車はカコ良い!」というが、買わない。自動車メディアギョウカイ、一時期はマツダ車に乗ってる人もいたけれど、けっこう乗り換える傾向。
    あれほどマツダ好きだった永田さえデミオ買ってすぐ飽きて手放した。果たしてマツダ3を買う同業者、出てくるだろうか? 

    そうそう。アメリカも12ヶ月連続して前年比を下回っていて、6月なんか15%減。絶対的な台数でスバルの3分の1しか売れていない。
    マツダ、相変わらず華やかさ無し。しかも直近の販売不振で節約ムード全開になってしまっており、さらに暗くなる方向だという。
    新しい企画や楽しい企画を立てても、すべて却下されちゃうというから深刻です。今後どうなるだろう?

    もしかしたらスカイアクティブXで挽回出来ると思っているかもしれないが、ドイツで行われた国際試乗会での評価を海外メディアに聞いてみたら、悲しいくらい厳しい感じ。
    皆さんコストパフォーマンスで納得しておらず、ロータリーエンジンのような”華”も無し。
    そもそも厳しい燃費規制をクリア出来るだけの実力だって持っていない(トヨタのハイブリッドで規制値ギリギリ)。

    このままだと早晩再びマツダは厳しい状況になってしまう、とマツダの人達が口々に言う。
    社内で意見具申してもパワーユニットとデザイン関係の圧倒的なパワーで押し切られるそうな。「いいクルマですね」などとおだてられて悦に入ってる役員が居る限り、マツダは厳しい。

    熱烈な信者に嫌われてもロータリーエンジンに憧れたマツダファンとして書いていきたい。

    http://kunisawa.net/diary/いいけど買わない人が多いマツダ車。6月の販売台/


    続きを読む

    「えぇー、そうなんだ!」好調に見えたマツダ、実は日本とASEANのみ販売増、世界販売数は減少!


    マツダ、通期グローバル販売台数は対前年4%減 日本・ASEANで販売増も、中国・米国等で低調 - まぐまぐニュース!
    2019年5月9日に行われた、マツダ株式会社2019年3月期決算説明会の内容を書き起こしでお伝えします。IR資料.
    (出典:まぐまぐニュース!)



    (出典 img.logmi.jp)



    1 :2019/06/29(土) 11:47:42.17 ID:iqZZhmkO0.net BE:232392284-PLT(12000)


    (出典 img.5ch.net)

    マツダ、通期グローバル販売台数は対前年4%減 日本・ASEANで販売増も、中国・米国等で低調


    (出典 img.logmi.jp)


    https://www.zaikei.co.jp/article/20190613/515669.html


    続きを読む

    【ブランドイメージ戦略】マツダ、「アテンザ」「デミオ」の車名廃止し、各々「MAZDA6」「MAZDA2」に!


    マツダ、「アテンザ」「デミオ」の車名廃止 - 日本経済新聞
    アテンザ」は「MAZDA6(マツダ・シックス)」、「デミオ」は「MAZDA2」に――。マツダは日本だけで使ってきた愛称風の車名を廃止し、海外向けと統一する。無機質にもみえる ...
    (出典:日本経済新聞)



    (出典 i.ytimg.com)


    先日、「アクセラ」の後継機種を「MAZDA3」という車名で販売開始された。今度は「アテンザ」を「MAZDA6」、「デミオ」を「MAZDA2」として、各々次機種を販売されるのだろう。やはり、次機種の顔付きは(「MAZDA3」と)同じ?


    ※私的には「MAZDA*」というように数字よりも各々の車名の方が分かりやすいと思うのだが・・・。

    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2019/07/04(木) 16:15:01.43 ID:CAP_USER.net

    「アテンザ」は「MAZDA6(マツダ・シックス)」、「デミオ」は「MAZDA2」に――。マツダは日本だけで使ってきた愛称風の車名を廃止し、海外向けと統一する。無機質にもみえる簡素な車名は欧州の高級車が多く採用している。マツダブランドを前面に出して高級路線を目指す狙いがありそうだ。

    アテンザは2002年に発売し国内で累計約21万台を販売してきた旗艦車種だ。エンジンだけでなくブレーキも制御の対象として走行の安定性を高めるなどの改良を加え、4日から新たな車名で受注を始める。希望小売価格は284万400~423万9000円。8月1日に発売する。

    小型車のデミオの車名も「長くかからないうちに変える」(福原和幸常務執行役員)。5月には主力小型車「アクセラ」を全面改良に合わせて「MAZDA3」に変更していた。今後も国内外で同じ車名を使うのを原則とする。

    長年親しまれた名称の廃止は販売に響きかねないが、福原氏は「マツダというブランドで選んでもらうのが目的だ。MAZDA3では車名変更がネガティブな要素にはなっていない」と説明する。ただ、単独の商品として強いブランド力を持つスポーツ車「ロードスター」(海外名MX5)は例外として現在の車名を維持する方向だ。

    数字やアルファベットを組み合わせた簡素な車名は欧州車に多い。ある大手販売会社の首脳は「マツダ幹部は以前から独BMWのようなブランドを目指すと言っている。車名も意識したのではないか」と指摘する。(岡田江美)

    2019/7/4 11:30
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46927500T00C19A7TJC000/


    続きを読む

    マツダの車、こんなにカッコ良いのに、どうして日本一になれない?


    【2019年最新】かっこいい車ランキング30選!世界が認めた名車から新型車まで - MOBY
    外車から日本車までかっこいい車を30台選んでランキング!あなたが選ぶ「かっこいい車ランキング」アンケートも受付中。各トップ10、合計33車種を紹介。世界が認めた ...
    (出典:MOBY)



    (出典 president.ismcdn.jp)


    マツダの車、「デミオ」を始め、骨格にこだわるだけあってカッコよいと思うが、販売台数はそれほど伸びていないようだ! 何故なんだ! 販売ネットワークの差? 或いは、それほどカッコ良いと思っている人は多くないのだろうか? 又は、車選択の指標として、スタイルは二の次?

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/04/22(月) 17:12:29.001 ID:vG72emJua.net

    なぜ?


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ