【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    スズキ -SUZUKI-

    スズキ、51万台リコール 軽自動車ブレーキに不具合!



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    「ブレーキ不具合!」最悪、追突事故...? これで事故った場合、メーカ側の責任になる? 人に接触したら怖い。

    1 みつを ★ :2019/11/21(木) 17:10:04.52 ID:PNciEUIb9.net

    https://this.kiji.is/570159184209708129


    スズキ、51万台リコール
    軽自動車ブレーキに不具合
    2019/11/21 17:08 (JST)
    ©一般社団法人共同通信社



     スズキは21日、ブレーキの利きが悪くなる恐れがあるとして、「パレット」、日産自動車のブランドで販売する「ルークス」とマツダのブランドで販売する「フレアワゴン」の軽自動車3車種、計51万7316台(2008年1月~13年2月生産)のリコールを国土交通省に届け出た。

     国交省によると、前輪ブレーキにあるホースが短いため、繰り返し引っ張られると、亀裂が入って制動力低下につながる。16年4月、同様の理由で約31万5千台のリコールを届けたが、交換したホースでも長さが足りないことが判明し、生産時期を広げ再リコールすると決めた。


    続きを読む

    スズキの人気コンパクトカー「スイフト」に特別仕様車...「ハイブリッドMGリミテッド」発売開始!



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    スズキの「スイフト」もハイブリッド化!
    安全装備も充実しているようだが、
    「価格はFF車が162万8000円、4WD車が178万2000円。」
    はお買い得か?(最近の軽自動車より安い気がする。)

    1 自治郎 ★ :2019/11/14(Thu) 21:45:36 ID:+vc6WGZf9.net

    スズキは2019年11月14日、コンパクトカー「スイフト」に特別仕様車「ハイブリッドMGリミテッド」を設定し、販売を開始した。

    今回のハイブリッドMGリミテッドは、1.2リッター直4エンジンを搭載する「XGリミテッド」グレードをベースに、パワーユニットを1.2リッター直4マイルドハイブリッドに換装。同時に快適装備の充実が図られた、特別仕様車である。外装色は現行スイフト初となる「ホワイト2トーンルーフ」仕様をはじめ全8パターンの設定で、内装には専用のパールホワイト加飾が施されている。

    スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」やSRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグがベース車同様に標準装備され、経産省や国交省などが普及を推進する「サポカーSワイド」、国交省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当している。

    これらを含む特別装備は以下の通り。

    ・マイルドハイブリッド機構
    ・アイドリングストップシステム
    ・エコクール
    ・フロント2スピーカー、フロント2ツイーター、リア2スピーカー
    ・携帯リモコン(ブルー)
    ・電動格納式リモコンドアミラー(リモート格納)
    ・助手席シートヒーター(2WD車)
    ・フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ
    ・LEDサイドターンランプ付きドアミラー
    ・マイルドハイブリッドエンブレム(左右フロントフェンダー、バックドア)
    ・本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ、シルバーガーニッシュ付き)
    ・シフトパドル
    ・ステータスインフォメーションランプ
    ・マルチインフォメーションディスプレイ(カラー)
    ・ドアアームレストオーナメント(パールホワイト)
    ・インパネオーナメント(パールホワイト)
    ・コンソールオーナメント(パールホワイト)

    価格はFF車が162万8000円、4WD車が178万2000円。

    また、ベース車となったXGリミテッドには、「クラレットレッドメタリック」の外装色が単色、「ブラック2トーンルーフ」仕様ともに追加設定されている。(webCG)

    2019.11.14
    https://www.webcg.net/articles/-/41922

    スイフト ハイブリッドMGリミテッド

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む

    スズキ、インド子会社で新型SUV「エスプレッソ」発表!...軽のプラットフォームに1リッターエンジンを搭載か?



    (出典 image.ennori.jp)


    【自動車】軽のプラットフォームに1リッターエンジンを搭載 スズキの新型SUV「エスプレッソ」登場 インド

    1 自治郎 ★ :2019/10/02(水) 20:12:50.54 ID:9iAX8+n69.net

    スズキのインド子会社であるマルチ・スズキ・インディアは2019年9月30日(現地時間)、新型の小型SUV「S-PRESSO(エスプレッソ)」を発売した。

    スズキ・エスプレッソは、「エスクード」などに代表されるスズキSUVの流れをくむデザインを採用したコンパクトSUVである。

    ボディーのスリーサイズは全長×全幅×全高=3565×1520×1549/1564mm(全高はグレードによって異なる)で、ホイールベースは2380mm。ボディーサイズが示す通り、軽自動車用のKプラットフォームを採用している(軽規格よりはわずかに大きい)。

    パワーユニットは最高出力68PS/5500rpm、最大トルク90N・m/3500rpmの1リッターガソリンエンジン。コンパクトボディーとの組み合わせにより、低燃費と高い走行性能を実現し、2020年4月に導入されるインドの新たな排ガス規制(BS6)に対応した。

    エクステリアは存在感のあるフロントバンパーに台形をモチーフとしたフロントグリルや、ウインカーをつかむように配置したヘッドランプを組み合わせることで力強くタフな印象に。フロントからリアにかけてのデザインイメージを統一することで、どの角度から見てもひと目でエスプレッソと認識できるようにしたという。

    インテリアには丸型のセンターコンソールを採用し、先進性を印象づけるデジタル表示のセンターメーターをレイアウト。室内空間を最大限に確保しながら、大型のスーツケースも収納できる荷室スペースを設けている。

    スズキによれば、2018年のインド乗用車市場は約337万台で、そのうち約6割を全長4m未満のコンパクトカーが占めている。エスプレッソのターゲットである若年層は車両購入に際してデザインを重視する傾向が強く、デザイン性の高いモデルを投入することで、新規需要の獲得を狙うという。

    エスプレッソの生産はマルチ・スズキのマネサール工場が担当。同社のアリーナ店を通じて販売する。(webCG)

    2019.10.01
    https://www.webcg.net/articles/-/41599

    S-PRESSO(エスプレッソ)

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む

    スズキ、「WAKU WAKU SWITCH for EVERYONE つくろう」テーマに出展!/東京モーターショー2019


    「WAKU WAKU SWITCH for EVERYONE つくろう、あなたのワクワクで、みんなのワクワクを。」テーマに!
    軽クロスオーバーワゴン「ハスラー」のコンセプトモデルは(外見上)現行とさほど変わらないようだ。次期「ハスラー」として近々、発売されるのだろうか?

    1 自治郎 ★ :2019/09/30(月) 21:18:02.86 ID:VfyFX8gl9.net

    スズキは2019年9月30日、第46回東京モーターショー2019(開催期間:2019年10月23日~11月4日)の出展概要を発表した。

    今回、スズキは「WAKU WAKU SWITCH for EVERYONE つくろう、あなたのワクワクで、みんなのワクワクを。」をテーマにブースを出展。2020年に設立100周年を迎えるにあたり、次の100年も「小さなクルマ作りで培った技術」により、多くの人に「移動の自由」と「実用だけではない楽しみやワクワク感」を提供し、「大きな未来」を切り開いていくことを表現するとしている。

    展示車両は四輪車19台、二輪車8台、電動車いす1台の計28台で、このうち四輪車の4モデル(7台)が世界初公開となる。主な展示車両の概要は以下の通り。

    【WAKUスポ(ワクスポ)】
    世代を超えて、日常使いでも趣味使いでも、家族内で1台のクルマをシェアリングすることを想定したAセグメントのコンパクトPHEV。Bピラーレスの変則4枚ドアを備えたAセグメントコンパクトで、ボタンひとつで3ボックスのクーペとワゴンにスタイリングを変更できる。

    【HANARE(ハナレ)】
    家の“離れ”のような程よいプライベート空間を内包した、箱型の自動運転車。駐車場や狭い場所での移動を容易にする前後対称のスタイリングが特徴で、進行方向はグリルデザインによって示される。また、ボディーサイドはほぼ全体が大開口のドアとなっており、インテリアについてはステアリングホイールやダッシュボードをなくすことで車内空間を最大化。間接照明や可動式のソファシートの採用などにより、リビングのような温かみのある空間としている。

    【HUSTLER CONCEPT(ハスラー コンセプト)】
    機能性を追求したスタイルと個性的なキャラクターを併せ持つ軽クロスオーバーワゴンのコンセプトモデル。内外装のデザインは「タフで力強い」ことを重視し、特に外装については、すべてのピラーをしっかり見せることで、より大きく、広く、カジュアルなイメージとしている。

    また自転車も積載可能な広い車内空間も特徴。夜間の歩行者も検知可能な最新の予防安全装備や、ターボ車には全車速対応のアダプティブクルーズコントロールと車線逸脱抑制機能も搭載される。パワーユニットは0.66リッターの自然吸気およびターボエンジンで、ともにマイルドハイブリッド機構が組み合わされる。

    【エブリイどこでもベビールーム with コンビ】
    ベビー用品の開発・販売を手がけるコンビとのコラボレーションで誕生した「エブリイ」のコンセプトモデル。公用車としての利用を想定しており、普段は日常の業務用車両として使用しながら、災害時の避難所や屋外イベント会場などでは、おむつの交換や授乳ができるベビー休憩室としても利用できるという。

    【ジクサー250/ジクサーSF250】
    スズキがインドで販売している250ccクラスの最新モーターサイクル。新開発の油冷4ストローク単気筒SOHCエンジンを搭載している。「ジクサー250」はネイキッドモデル、「ジクサーSF250」はフルカウルのモデルとなる。

    (webCG)

    2019.09.30
    https://www.webcg.net/articles/-/41583

    ハスラー コンセプト

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    WAKUスポ(ワクスポ)

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    HANARE(ハナレ)

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    エブリイどこでもベビールーム with コンビ

    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    ジクサー250(左)、ジクサーSF250(右)

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む

    【スズキ、軽王者奪還へ!】会長「47万円の軽自動車作れ!無理だと言うなら・・・」、社員は?



    (出典 bike-lineage.org)


    スズキの軽売上トップを奪還へ! 会長命令:「47万円の軽を作れ!・・・」
    確かに、今の軽自動車は高すぎる。昔はこのぐらいの金額で買えたものだ。消費税も上がる今、新車でこの価格で購入できれば売れるだろう。
    「昔できたことが、今は出来ないはずがない。」そう考えたのだろうか?

    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング




    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ