【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    スズキ -SUZUKI-

    燃費は良いが、あまりにも不恰好「スズキ・アルト」、40周年特別仕様車が登場したが...何かメリットある?



    (出典 motor-fan.jp)


    スズキの軽自動車「アルト」、JC08モード燃費は37km/リットルでガソリン車ながら、ハイブリッド車のトヨタ「アクア」に並ぶ数値。だが、スタイル的には好きでない。明らかに、不恰好で古臭いイメージがある。燃費重視なら良いが、「車はやはりカッコいいないと・・・」と思う人は選択肢から外すかもしれない? 以前、こんな記事を投稿した。

    「【SUZUKI】 どうして? スズキの軽自動車が貧乏臭く見える理由は?」
    http://carmulti.blog.jp/archives/17888649.html

    まさに、「アルト」もその一台のような気がする。
    特別仕様車を出したから・・・といって変わり映えしないのでは?

    1 自治郎 ★ :2019/06/13(木) 21:33:54.64 ID:96o+PdPT9.net

    スズキは2019年6月13日、軽乗用車「アルト」に「40周年記念特別仕様車Lリミテッド」を設定、同日に販売を開始した。

    初代アルトは1979年5月にデビュー。現在まで40年間8代にわたり、進化を続けてきた。スズキを代表する軽自動車として愛され続け、国内累計販売台数はスズキ車中最多となる514万台に達しているという(「アルト ラパン」を除く)。

    今回設定された40周年記念特別仕様車Lリミテッドは、「Lスズキセーフティサポート装着車」をベースに、ブラック基調のインテリアのほか、「40th Anniversary」専用エンブレムなどを採用。外装色には「ブリスクブルーメタリック」を特別設定するなど、全5色を用意している。

    安全装備としては、車両や歩行者を検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」や、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」などを標準装備している。

    主な特別装備は下記の通り。

    ・電動格納式リモコンドアミラー
    ・カラードドアミラー
    ・ヒーテッドドアミラー(4WD車)
    ・スモークガラス(リアドア、バックドア)
    ・UVカット機能付きガラス(全面)
    ・インパネカラーパネル(ブラック)
    ・ピアノブラック調ドアアームレスト(フロント)
    ・エアコンサイドルーバーリング(サテンメッキ調)
    ・エアコンセンタールーバー(サテンメッキ調)
    ・メッキインサイドドアハンドル
    ・40th Anniversary専用エンブレム(バックドア)

    価格はFF車が95万5800円、4WD車が106万3800円。(webCG)

    2019.06.13
    https://www.webcg.net/articles/-/41064

    アルト 40周年記念特別仕様車Lリミテッド

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む

    【SUZUKI】 どうして? スズキの軽自動車が貧乏臭く見える理由は?


    なぜ人気が低迷? 軽でかつての王者「ワゴンR」が「N-BOX」に勝てない理由 - くるまのニュース
    最近の売れ筋軽自動車といえば、ホンダ「N-BOX」です。しかし、2011年頃までの売れ筋軽自動車はスズキ「ワゴンR」でした。なぜ、激化する軽自動車市場で売れ続けてい ...
    (出典:くるまのニュース)



    (出典 udn.webcartop.jp)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/05/29(水) 03:32:22.728 ID:Ylp/CBr+0.net

    まぁ軽の時点で貧乏臭いのは変わらんけど特にスズキが群を抜いてる


    続きを読む

    【SUZUKI】スズキ「ハスラー」、2020年フルモデルチェンジ予測、HEARTECTで軽量化!


    ムーヴもハスラーも新型に?? 2019年デビューなるか!! 大注目の新型軽自動車7台(ベストカーWeb) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
    日本全国で多くの人を支える軽自動車。最大限の空間効率を稼ぐとともに、安全性も向上し続けている。さらには走りを売りにする軽自動車もまだまだ元気だ。 そんな日本に ...
    (出典:carview!)



    (出典 nextjapan.net)



    1 名無しさん@涙目です。 :2019/04/14(日) 15:22:24.44 ID:sQIKYzN+0●.net BE:423476805-2BP(4000)


    (出典 img.5ch.net)

    スズキの軽自動車、ハスラーがフルモデルチェンジを受けて2代目モデルへ。
    2020年前半の発売が予想される。
    (動画は現行ハスラー ワンダラー)
    ハスラーシリーズは、先代ワゴンRのプラットフォームをベースにクロスオーバーSUVタイプの内外装が与えられたモデルで、2013年の東京モーターショーでの初公開であった。
    増産体制が敷かれワゴンRを超えるセールスとなり、スズキとしても想定外の人気車種に成長した。
    ベースとなったワゴンRのほうは、2017年のフルモデルチェンジで新しくなっている。
    ハーテクトと呼ばれる軽量プラットフォームの採用、R06A型エンジンとハイブリッドシステムのブラッシュアップ、これらによるJC08モード燃費の改善が次期ハスラーにも導入されることになるだろう。
    2019年10月の東京モーターショーで、市販型あるいはプロトタイプとしての参考出品が期待される。
    https://car-research.jp/tag/hustler

    (出典 car-research.jp)


    (出典 Youtube)


    続きを読む

    【SUZUKI】快挙! スズキ「ジムニー」が日本車で初めて『ワールドアーバンカー』」受賞



    (出典 www.sankei.com)



    1 ばーど ★ :2019/04/18(木) 08:48:58.54 ID:RodPmoGe9.net

    世界各国の自動車評論家らが優れた車を選ぶ2019年の「ワールド・カー・アワーズ」が17日、ニューヨーク国際自動車ショーの会場で発表され、スズキの「ジムニー」が小型車向けの「ワールドアーバンカー」を受賞した。

    17年に新設された部門で、日本車メーカーが受賞したのは初めて。主催団体の幹部は「審査員は、ジムニーはニューヨークのような混み合う都市の通りにぴったりだと結論づけた」と述べた。

    最優秀賞「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」は、英ジャガー・ランドローバーの高級電気自動車(EV)「ジャガーI-PACE(アイペース)」が選ばれた。(共同)

    2019年4月18日8時26分
    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/general/news/201904180000157.html

    (出典 www.nikkansports.com)


    続きを読む

    【スズキ】ブレーキ検査でも不正、1981年から!!



    (出典 news.tbs.co.jp)



    1 みつを ★ :2019/04/12(金) 15:26:10.75 ID:1l9alLWM9.net

    https://this.kiji.is/489320524467111009

    スズキのブレーキ検査不正、1981年から
    2019/4/12 15:24
    ©一般社団法人共同通信社

     スズキは、ブレーキの制動力検査などの工程でも不正があったことを明らかにした。不正は1981年6月ごろから今年1月まで続いていた。弁護士に依頼した調査で判明した。


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ