【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ダイハツ -DAIHATSU-

    「何故、売れなかったの?」三輪自動車...ダイハツ「ミゼット」は昭和の名車として有名なのに!


    ミゼット(Midget)とは、ダイハツ工業が1957年(昭和32年)から1972年(昭和47年)まで生産・販売していた軽自動車規格の三輪自動車である。Midgetは英語で「超小型のもの」という意味の単語で、小型な車という想いを込めて名付けられた。 ダイハツは戦前から長くオート三輪業界の上位メーカーで
    19キロバイト (2,443 語) - 2019年3月10日 (日) 04:10


    ミゼット動画PV風

    (出典 Youtube)


    三輪自動車の象徴として、ダイハツ工業の「ミゼット」が有名。昭和の象徴としてドラマやアニメで目にすることがある名車だったが、実はあまり売れていなかった模様。その理由とは?(やはり、安定性が原因だったのか?)

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/10/14(月) 08:45:48.717 ID:h8r17iL00.net


    (出典 i.pinimg.com)

    意味がわからん


    続きを読む

    ダイハツの出展テーマは「つどい」、あたたかな未来の暮らしをクルマでサポート! 【東京モーターショー2019】



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    「つどい ~みんなの暮らしをあたたかく~」
    ってどういうこと? こんなこと、今の日本では無理。車を持つだけでお金に苦しめられる日々、今後も「車離れ」は加速するに違いない。

    1 自治郎 ★ :2019/10/08(火) 21:45:34.60 ID:DOtTdJeC9.net

    ダイハツ工業は2019年10月8日、第46回東京モーターショー2019(開催期間:2019年10月23日~11月4日)の出展概要を発表した。

    ■クルマが主役ではなく、クルマがかなえる“暮らし”を表現

    今回、ダイハツは「つどい ~みんなの暮らしをあたたかく~」をテーマにブースを構成。コンセプトカーや演出、各種コンテンツを通じて、クルマを“きっかけ”に人々や日本の各地域が元気になる、「あたたかな未来の暮らし」を表現するとしている。

    4台のコンセプトカーはいずれも人々の生活を支えたり、ワクワク感をもたらしたりすることを意図したスモールカーとなっており、そのすべてが世界初公開となる。各車の概要は以下の通り。

    【IcoIco(イコイコ)&Nipote(ニポテ)】
    年齢や免許の有無を問わず、だれもが自分の意思で移動することサポートする自動運転式のパブリックトランスポーター。ファースト/ラストワンマイルでの利用を想定しており、自宅や目的地前の細い路地にも入れるコンパクトな車体(ボディーサイズは軽自動車規格に準拠)としたほか、車いす利用者や高齢者も楽に乗降できるよう、格納式のスロープやニールダウン機構を備えている。また、“お世話ロボット”「ニポテ」(イタリア語で“孫”の意)が付属しており、移動に関わるアシストをしてくれるという。

    【TsumuTsumu(ツムツム)】
    多用途に使えることを想定した、未来の軽トラック。前開きの“エルボードア”を備えた乗降性のよいビッグキャビンが特徴で、荷台についてもレイアウトの工夫により、現行軽トラックと同等の長さを実現している。さらに、用途に合わせて荷台の換装が可能となっており、農業用ドローン基地や移動個室、マルシェの店舗など、従来の軽トラックの枠を超えた使い方にも対応できるという。

    【WaiWai(ワイワイ)】
    ユニークなスタイリングが目を引く、3列6人乗りの小型ミニバン。運転しやすいコンパクトなボディーサイズと、開放的な車内空間を実現するツインサンルーフが特徴となっている。従来のミニバンとは趣を異にする、モダンフレンドリーなデザインも魅力。

    【WakuWaku(ワクワク)】
    レジャーユースで使い倒せること、好きな荷物を存分に積めることを第一とした“遊びの世界を広げる軽クロスオーバー”。車両後部には、2分割開口のテールゲートを持つ機能的な荷室に加え、ルーフラゲッジも採用。前席と後席とで明確に空間のキャラクターを分けており、リアシートに気兼ねなく荷物をポンポン置くような、バンのような使われ方を想定しているという。またSUVらしい骨太な内外装デザインも特徴となっている。

    さらに、ダイハツではこれら車両の展示に加え、来た人皆が楽しめるようさまざまなコンテンツも用意。来場者には漫画家 田中むねよし氏のイラストがプレゼントされるほか、キッズスペースには同じく田中むねよし氏のイラストによる、塗り絵コーナーも開設される。またブース内にはポストカードを投函(とうかん)できるポストも用意。ショーの思い出を会場の外の人と共有できる“仕掛け”とするなど、ブース全体で出展テーマ「つどい」が表現されている。(webCG)

    2019.10.08
    https://www.webcg.net/articles/-/41642

    田中むねよし氏によるダイハツのコンセプトカーの絵はがき

    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    IcoIco(イコイコ)

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    Nipote(ニポテ)

    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    TsumuTsumu(ツムツム)

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    WaiWai(ワイワイ)

    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    WakuWaku(ワクワク)

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む

    ダイハツ「新型タント」が好調! 内装は?



    (出典 response.jp)



    1 阻止押さえられちゃいました :2019/08/22(木) 23:59:38.51 ID:zms1stjS.net

    2019.7 NEWタント DEBUT!

    ティザーサイト
    https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/special/


    ※Nボ宣伝荒らし、旧型連呼荒らしはNGで

    ※前スレ
    【ダイハツ】新型タント Part5
    https://mao.5ch.net/test/read.cgi/kcar/1564120005/


    続きを読む

    マレーシア「第3の国民車」 ダイハツ工業が技術支援!


    マレーシア「第3の国民車」 ダイハツが技術支援 - 日本経済新聞
    【シンガポール=中野貴司】マレーシア政府は9日、検討中の「第3の国民車」構想について、ダイハツ工業がエンジンなどの先端技術の支援を担うと発表した。ダイハツは第2 ...
    (出典:日本経済新聞)



    (出典 diamond.jp)



    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2019/08/09(金) 14:55:32.16 ID:CAP_USER.net

    【シンガポール=中野貴司】マレーシア政府は9日、検討中の「第3の国民車」構想について、ダイハツ工業がエンジンなどの先端技術の支援を担うと発表した。ダイハツは第2の国民車メーカー、プロドゥアに出資し、基幹技術を提供しているが、今回は出資はしない見通しだ。

    第3の国民車は現地コンサルティング会社のドリームエッジが主導し、2021年3月の発売を目指している。国民車と銘打っているが、9日に会見したダレル・レイキン貿易産業相によると資金調達は民間が担い、国は特別な支援を実施しないという。

    18年5月に復帰したマハティール首相は産業政策の一環として新たな国民車を立ち上げる方針を発表。「自動車の基幹部分の独自開発には膨大な資金がかかるため、日本企業の力を借りたい」と期待を表明していた。

    ダイハツはプロドゥアに約20%出資し、小型車などを生産している。同社がマレーシア市場で首位を維持するのに貢献しており、政府はその点を評価したとみられる。

    マレーシアには最初の国民車メーカーであるプロトンもある。三菱自動車が出資していたが、今は中国自動車大手の浙江吉利控股集団が株式の49.9%を保有する。

    2019/8/9 12:31
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48407340Z00C19A8EAF000/


    続きを読む

    「うそぉっ!」新型タントが新車フル装備で280万! お前ら買う?


    ダイハツ 新型タント、福祉車両もフルモデルチェンジ|ユーザーの声を本気で反映した新装備|【業界先取り】自動車ニュース2019国産車から輸入車まで【MOTA】 - MOTA
    ダイハツは2019年7月9日、新型タントを発売するとともに、あわせて軽福祉車両「タント スローパー」「タント ウェルカムシートリフト」もフルモデルチェンジし、また福祉車両に ...
    (出典:MOTA)



    (出典 img1.kakaku.k-img.com)


    軽自動車なのにあまりにも高い。フル装備で、なんと280万!
    なんでこんなにもするのか? 特別な理由でもある?
    280万もあれば、「軽」じゃなく別の車にするが・・・。

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/07/17(水) 14:52:39.802 ID:ug8NYxzEa.net

    ちょっとふざけてるよな


    続きを読む
    スポンサードリンク
    最新記事(画像付)
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ