【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ・運転免許証

    「スマホのやりすぎ??」運転免許証更新の視力検査で落ちるやつ続出!!(ワロタw)



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    1 :2021/02/19(金) 15:13:59.16 ID:qFBIrUiT0.net BE:837857943-PLT(16930)


    (出典 img.5ch.net)

    免許更新時の適正検査に落ちると新しい免許証は交付されない?
    視力検査をパスしないと、その日のうちに運転免許の更新ができない旨は、公安委員会のサイトや各警察署の免許更新手続きの案内にも
    記載されています。
    視力の低下を自覚しているのなら、運転するときに眼鏡で視力を矯正する必要がありますが、一度、更新の手続きをしてしまうと、
    視力検査に落ちて更新ができなくても手数料などが返却されません。事前に眼鏡を用意しておく方がスムーズに更新できます。
    免許証の写真に眼鏡をかけていない状態で写りたい人は、写真撮影の段階で「コンタクトも使用する」というだけで眼鏡なしで撮影可能です。
    その場合でも免許証の条件の項目には、「眼鏡等」の文字が記載されることになります。
    https://kuruma-news.jp/post/227979


    続きを読む

    16都府県警で運転免許試験の出題ミス 6都県の95人不合格



    (出典 www.webcartop.jp)



    1 孤高の旅人 ★ :2021/02/19(金) 20:28:13.70 ID:Ld+ulE199.net

    16都府県警で運転免許試験の出題ミス
    2/19(金) 18:49配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d7d96d445480bee57316f29e28ff31d63d593c4d

     昨年12月~今年2月に16都府県警で実施した運転免許の学科試験を巡り、道交法改正で削除された車止め装置の規定に関して出題するミスをしていたことが19日、警察庁への取材で分かった。影響で6都県の95人が不合格と誤判定されていた。


    続きを読む

    運転免許に「中型車は8トンに限る」って書いてあるオッサンちょっと来い



    (出典 i.ytimg.com)



    1 たそ女臣委員長 :2021/01/26(火) 21:15:20.26 0.net

    制度上これ運転できるらしいけどこんなの転がす自信あるか?

    (出典 i.imgur.com)


    続きを読む

    【若者のMT車離れ】「AT限定免許」を選ぶ人が年々増加中、男性も半分はAT限定で取得



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 ボラえもん ★ :2021/01/06(水) 23:56:32.26 ID:c/CIAsgA9.net

    ●市販車の98%がAT車!「AT限定免許」を選ぶ人が年々増加

    「最近の若者はクルマに興味がない」という話は、もう10年以上前からいわれています。

    確かに若者でマイカーを所有している人は多くはありませんが、それでも運転免許を新規で取得される人は大勢います。

    そして現在では「AT限定免許」を選ぶ人が年々増加しているというのですが、その傾向はさらに多くなると推測されています。

     なぜ新規免許取得者は、AT限定免許を選ぶことが多くなったのでしょうか。

     警察庁「運転免許統計」による新規免許取得者数の推移を見てみると、2019年の普通免許の取得数は、全国で160万5386人でした。

     そのうちAT限定は109万4648人と、全体の約68.2%を占めています。つまり3人中2人はAT限定免許を取得していることになります。

     一方で、日本市場での新車販売の98%がAT車というデータもあります。
    それだけ免許を取得したあとMT車に触れる機会が少ないということを表しており、多くのユーザーがAT限定免許を選ぶのも納得できます。

     ちなみに、AT普及率はアメリカと日本が高く、欧州はMT率が高いといわれていますが、もともとヨーロッパではクルマは移動手段という意識が強く、日本やアメリカほど頻繁にクルマを買い換えないといいます。

     古いAT車は駆動力の伝達効率がMT車より劣る部分もあったため、MT車のほうが多かったとされていますが、最近ではAT車の伝達効率の向上や「DCT」などクラッチレスで気軽に乗れるAT車も増えており、以前ほどではないようです。

     AT技術は、アメリカを中心に1940年代から実用化されて普及しました。
    アメリカは国土が広く、燃料費も安いため大排気量でのロングドライブが主流だった社会背景もあり、ひんぱんにギアチェンジをしないで済むATが普及したのです。

     しかし、狭い国土の日本でAT車が普及した理由は、アメリカとは違います。

     日本でATの普及率が高い理由は、「慢性的に発生する渋滞」によるものといわれています。

     1950年代半ばから1970年代前半までのいわゆる「高度経済成長期」に伴って爆発的にマイカーが増加。
    都市部での慢性的な渋滞だけでなく、年末年始などの帰省や行楽シーズンでは高速道路上に数十kmに渡る大渋滞が発生します。

     そこで、低速でも壊れない信頼性とともにギアチェンジの操作が不要なATが普及したのです。

     現在ではAT技術自体が進化し、MTと遜色ない伝達効率を実現するどころか、MTモードなどは通常のMTを凌駕するレスポンスも向上しました。

     そんな技術の発達もあり、MTは運転する楽しみのための装備以外では必要性がなくなってしまったといえるでしょう。

     ほとんどがAT車状態の日本で運転する以上、わざわざ乗らないMTの運転を学ぶ必要がないことから、AT限定免許で十分となるのも納得できます。

    ●女性で普通免許は少数!? 男性も半分はAT限定で取得

     実際の教習所でのAT限定免許コースの人気について、都内にある教習所の教官 K氏に聞いてみました。

    「2020年は新型コロナウイルスによる外出自粛で一時休校があって変則的ではありましたが、現在では3分の2以上がAT限定免許コースを受講しています。

     男女比は地域や各教習所によって違うかもしれないですが、男性は半分程度がMT車も運転できる普通免許コースを選択するのに対し、女性でMTまでという人は非常に少なくなりました」

     自動車教習所でもAT限定免許コースのほうがMT車を使用する普通免許コースより費用が安く、
    技能単位(実習)においてもMT車は「34」のところ、AT限定は「31」と少ないので、取得しやすさから女性を中心に人気があるようです。

    (以下略、全文はソースにて)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/148e6acc12af1fa835675fe24260339ee97a5730?page=1

    ★1が立った時間:2021/01/05(火) 17:15:52.05
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1609912773/


    続きを読む

    「政府の愚策?」運転免許証がマイナンバーカードに!


    現状のままで問題ないことばかり変えようとし、早急に行わねばならないことは”ほったらかし”。それが、」安部⇒菅政権。
    (マイナンバーカード普及の)目的はなんだ!
    ...国民から税金を根こそぎとる施策なのか?

    1 :2021/01/03(日) 14:05:53.31 ID:rOSHzUru0●.net BE:601381941-PLT(13121)


    (出典 img.5ch.net)

    マイナンバーカード 令和4年度末までにほぼ全国民へ 普及策

    普及率が3割を下回るマイナンバーカードについて、政府は、健康保険証や運転免許証として利用できるようにするなど利便性の向上を図り、
    令和4年度末までにほぼすべての国民に行き渡るようにするという目標の達成を目指す方針です。

    マイナンバーカードの普及を促進するため、政府は去年9月からポイント還元制度「マイナポイント」を始めましたが、カードの普及率は12月23日時点で
    24%にとどまっています。

    このため政府は、カードの利便性の向上を図り、令和4年度末までにほぼすべての国民に行き渡るようにするという目標の達成を目指す方針です。

    具体的には、マイナンバーカードをことし3月から健康保険証として利用できるようにするほか、令和6年度末までに運転免許証との一体化を目指すとしています。

    また「マイナポイント」はことし9月まで制度の期限を延長したうえで、原則として申請から1か月でカードを交付できるよう各自治体に財政支援を行い、
    態勢の強化を図ることにしています。

    総務省住民制度課の池田敬之個人番号カード企画官は「マイナンバーカードはデジタル化における重要な本人確認ツールになる。利便性の向上や
    利活用できる場面の拡大に全力で取り組んでいくので、この機会に取得をお願いしたい」と話しています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210103/k10012794751000.html


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    i2iアクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ