【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    空飛ぶくるま

    NEC、「空飛ぶクルマ」試作機の浮上実験に成功!



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    「空飛ぶクルマ」って、小型飛行機と何が違うの? どう区分されるのかがいまいち分からないが・・・。現行の飛行機だって地面走行できるし、何が新しい技術なんかが分からない。(何故、「~成功」ってニュースになるのかなぁ~。)

    1 田杉山脈 ★ :2019/08/06(火) 00:23:31.70 ID:CAP_USER.net

     NECは8月5日、同社が開発した「空飛ぶクルマ」の試作機について、我孫子事業場(所在地:千葉県我孫子市)に新設した実験場において浮上実験に成功したと発表した。

     今回、NECが開発した試作機のサイズは、全長約3.9m、幅3.7m、高さ1.3m。空飛ぶクルマに必要となる自律飛行や機*置情報把握(GPS)を含む飛行制御ソフトウェアや、推進装置であるモータードライバーなどを新たに開発して試作機に搭載。そして、新設した実験場にて試作機の浮上に成功した。

    同社は、空の移動革命の実現に向けて、空飛ぶクルマの移動環境に必要となる、交通整理や機体間・地上との通信などを支える管理基盤の構築を本格的に開始。今回、その取り組みの第1段階として、近未来型の空飛ぶクルマにおける機体管理の機能や飛行特性を把握するために試作機を開発した。

     同社では、これまで経済産業省と国土交通省が設立した「空の移動革命に向けた官民協議会」へ参画するとともに、日本発の空飛ぶクルマの開発活動団体「CARTIVATOR(カーティベーター)」を運営するCARTIVATOR Resource Managementとスポンサー契約を締結し、「空飛ぶクルマ」の機体開発の支援などを進めている。

     また、同社は航空・宇宙分野における航空管制システム・衛星運用システムなどで培ってきた管制技術や無線通信技術、無人航空機の飛行制御技術の開発実績および重要インフラ分野でのサイバーセキュリティ対策に関する知見を有しており、これらの技術・知見を活用して、空飛ぶクルマのための新たな移動環境の実現に向けた検討を進めている。

     NECは、今後も新たな移動環境の管理基盤の構築を目指して、空飛ぶクルマに関する技術開発や試作機を活用した検証・評価を継続して実施するとともに、CARTIVATORをはじめとしたパートナー連携を強化。将来的には地上から空までをシームレスに繋ぐ、安全・安心な次世代の移動環境の実現に向けての取り組みを加速していくとしている。

    (出典 car.watch.impress.co.jp)

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1200013.html


    続きを読む

    【気になる話題】「空飛ぶ車」っていつ頃実用化されるの?



    (出典 www.jmca.jp)


    「空飛ぶ車」よりは、まずは「自動運転車」の開発が優先だろう! 「空飛ぶ車」は飛行機と機能が重複している。 実用化されたとしても車両価格は高額で、別免許がいるのでは?(結局、上級国民様の脚でしかなくなる。)

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/07/04(木) 04:23:36.070 ID:8L2Uegpx0.net

    いつだったかニュースで見て気になったんだが。


    続きを読む

    (マレーシアで開発中)空飛ぶクルマ「ベクター」、12月に初飛行を予定!


    「空飛ぶクルマ」ベクター、12月に初飛行 マレーシア・運輸 - NNA.ASIA
    マレーシアの新興ドローン(小型無人機)サービスプロバイダー・エアロダインは、今年3月に国防省主催のランカウイ国際海事・航空宇宙展示会「LIMA19」で披露した「空 ...
    (出典:NNA.ASIA)



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    空飛ぶクルマ「ベクター」、これって”クルマ”ではなく、完全に飛行機じゃない??
    飛行機も車輪だして地面を走ることもできるが、一体何が違うのでしょうか?

    1 ごまカンパチ ★ :2019/05/03(金) 17:01:31.31 ID:M6QRdEja9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00000004-nna_kyodo-asia
     マレーシアの新興ドローン(小型無人機)サービスプロバイダー・エアロダインは、今年3月に国防省主催の
    ランカウイ国際海事・航空宇宙展示会「LIMA19」で披露した「空飛ぶクルマ(UAM、名称:ベクター)」の初飛行を今年12月に予定している。
    2日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

     エアロダイングループのカマルル・A・ムハマド最高経営責任者(CEO)によると、初飛行は15~20分程度を予定し、
    スランゴール州サイバージャヤでの一般公開も計画している。長期的には、バッテリーの性能を高めて2時間程度の飛行を可能にする見通しだ。

     ベクターは、時速60キロメートルで上空50~100メートルを飛行する。
    有効積載量200キログラム、最大離陸積載量は600キログラムで、主に荷物の運搬などを担う。
    現在、マレーシア国内で試作機を開発しており、開発コストは50万リンギ(約1,347万円)という。

     エアロダインは2014年の設立。日本のドローンスタートアップ特化型ファンド「ドローンファンド」から出資を受けている。

    画像

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    続きを読む

    昭和時代「(未来)21世紀の車は空を飛ぶ!」⇒21世紀になった現在「操作ミスで歩行者が轢き殺される」



    (出典 www.newsweekjapan.jp)


    昭和時代の21世紀像は、明るい未来を予想。漫画やアニメで出てくる光景、『車は空を飛ぶ!』と思っていた!? ところが、21世紀となった現在でも「車」は地を這い、交通事故に悩む毎日! なかなか思うようにいかないなぁ~。この要因は何なのか?

    1 47の素敵な :2019/04/20(土) 15:49:50.95 .net

    全然進歩してねえじゃん VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    続きを読む

    【<モビリティ体験>が変わる?】日本での視界は良好か?「空飛ぶ自動車」の未来 IoT時代!!


    日本での視界は良好か?「空飛ぶ自動車」の未来 IoT時代、<モビリティ体験>が変わる | IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 - - JBpress
    名だたるハリウッド映画の中で「空飛ぶ自動車」は、近未来のライフスタイルを象徴する、夢の乗り物としてスクリーンを彩ってきた。「空飛ぶ自動車」が空中を行き交うIoT ...
    (出典:JBpress)



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 しじみ ★ :2018/09/20(木) 11:36:22.21 ID:CAP_USER.net

    ■動画
    The Transition® Is...
    (出典 Youtube)

    AeroMobil 4.0 official video
    (出典 Youtube)


    『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』(1989年)、『フィフス・エレメント』(1997年)、『マイノリティ・リポート』(2002年)、そして昨年(2017年)公開された『ブレード・ランナー2049』・・・。

     名だたるハリウッド映画の中で「空飛ぶ自動車」は、近未来のライフスタイルを象徴する、夢の乗り物としてスクリーンを彩ってきた。

     イノベーションには「技術の確立」と「法律や運用環境の整備」の2つのステップがあるが、今回のテーマ「空飛ぶ自動車」は前者の「技術の確立」については、そのハードルをすでにクリアしつつあるように見える。

     それでは「空飛ぶ自動車」は2つ目のハードル、すなわち「法律や運用環境の整備」に向けてもその視界は良好なのか。

     そして「空飛ぶ自動車」が空中を行き交うIoT時代、人々の<モビリティ体験>はどうあるべきか。

    ■いよいよ予約発売が開始された「空飛ぶ自動車」

    ・1人ないしは2人乗りの自動車兼飛行機。
    ・翼は折りたたみ式もしくは収納式で、自宅ガレージにも収納できる。
    ・しかも、ボタンを押すだけで自動車モードと飛行機モードの切り替えが短時間で可能。

     このような画期的なコンセプトの「空飛ぶ自動車」がすでに数社の企業から発表され、予約販売をスタートさせている事実は、当面その恩恵を受ける可能性が低い日本ではあまり知られていない。

     今回の記事では「空飛ぶ自動車」の予約販売をスタートさせたプレイヤーのうち、スロバキアのエアロモービル(AeroMobil)社と米テラフージア(Terrafugia)社の2社を紹介する。

     いずれもこの道では由緒正しく、評判の高いスタートアップ企業だ。

     まずは、エアロモービル社。

     1990年に創業者シュテファン・クライン(Štefan Klein)がブラチスラヴァ芸術・デザインアカデミーにおいて、自動車としての走行と航空機としての飛行を速やかに切り替えることができるという、エアロモービル(AeroMobil)1.0のコンセプトをまとめたことに端を発する。

     1993年に開発した最初のプロトタイプ(試作機)は失敗に終わった。

     しかし、その後、改良を繰り返すと同時に、スロバキア国内で超軽量動力機としての認証を獲得するなど着実に地歩を固めていき、2014年に発表したエアロモービル3.0では各種装備を充実させて実用化にめどをつけた。

     そして、2017年9月に開催されたフランクフルトモーターショーに、満を持してエアロモービル4.0を出展したのである。

     モーターショー会場にて500台限定でエアロモービル4.0の予約注文の受付を行うと同時に、2018年から生産開始、2020年までの「納車」がアナウンスされた。

    続きはソースで


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/54071


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ