【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    空飛ぶくるま

    昭和時代「(未来)21世紀の車は空を飛ぶ!」⇒21世紀になった現在「操作ミスで歩行者が轢き殺される」



    (出典 www.newsweekjapan.jp)


    昭和時代の21世紀像は、明るい未来を予想。漫画やアニメで出てくる光景、『車は空を飛ぶ!』と思っていた!? ところが、21世紀となった現在でも「車」は地を這い、交通事故に悩む毎日! なかなか思うようにいかないなぁ~。この要因は何なのか?

    1 47の素敵な :2019/04/20(土) 15:49:50.95 .net

    全然進歩してねえじゃん VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    続きを読む

    【<モビリティ体験>が変わる?】日本での視界は良好か?「空飛ぶ自動車」の未来 IoT時代!!


    日本での視界は良好か?「空飛ぶ自動車」の未来 IoT時代、<モビリティ体験>が変わる | IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 - - JBpress
    名だたるハリウッド映画の中で「空飛ぶ自動車」は、近未来のライフスタイルを象徴する、夢の乗り物としてスクリーンを彩ってきた。「空飛ぶ自動車」が空中を行き交うIoT ...
    (出典:JBpress)



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 しじみ ★ :2018/09/20(木) 11:36:22.21 ID:CAP_USER.net

    ■動画
    The Transition® Is...
    (出典 Youtube)

    AeroMobil 4.0 official video
    (出典 Youtube)


    『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』(1989年)、『フィフス・エレメント』(1997年)、『マイノリティ・リポート』(2002年)、そして昨年(2017年)公開された『ブレード・ランナー2049』・・・。

     名だたるハリウッド映画の中で「空飛ぶ自動車」は、近未来のライフスタイルを象徴する、夢の乗り物としてスクリーンを彩ってきた。

     イノベーションには「技術の確立」と「法律や運用環境の整備」の2つのステップがあるが、今回のテーマ「空飛ぶ自動車」は前者の「技術の確立」については、そのハードルをすでにクリアしつつあるように見える。

     それでは「空飛ぶ自動車」は2つ目のハードル、すなわち「法律や運用環境の整備」に向けてもその視界は良好なのか。

     そして「空飛ぶ自動車」が空中を行き交うIoT時代、人々の<モビリティ体験>はどうあるべきか。

    ■いよいよ予約発売が開始された「空飛ぶ自動車」

    ・1人ないしは2人乗りの自動車兼飛行機。
    ・翼は折りたたみ式もしくは収納式で、自宅ガレージにも収納できる。
    ・しかも、ボタンを押すだけで自動車モードと飛行機モードの切り替えが短時間で可能。

     このような画期的なコンセプトの「空飛ぶ自動車」がすでに数社の企業から発表され、予約販売をスタートさせている事実は、当面その恩恵を受ける可能性が低い日本ではあまり知られていない。

     今回の記事では「空飛ぶ自動車」の予約販売をスタートさせたプレイヤーのうち、スロバキアのエアロモービル(AeroMobil)社と米テラフージア(Terrafugia)社の2社を紹介する。

     いずれもこの道では由緒正しく、評判の高いスタートアップ企業だ。

     まずは、エアロモービル社。

     1990年に創業者シュテファン・クライン(Štefan Klein)がブラチスラヴァ芸術・デザインアカデミーにおいて、自動車としての走行と航空機としての飛行を速やかに切り替えることができるという、エアロモービル(AeroMobil)1.0のコンセプトをまとめたことに端を発する。

     1993年に開発した最初のプロトタイプ(試作機)は失敗に終わった。

     しかし、その後、改良を繰り返すと同時に、スロバキア国内で超軽量動力機としての認証を獲得するなど着実に地歩を固めていき、2014年に発表したエアロモービル3.0では各種装備を充実させて実用化にめどをつけた。

     そして、2017年9月に開催されたフランクフルトモーターショーに、満を持してエアロモービル4.0を出展したのである。

     モーターショー会場にて500台限定でエアロモービル4.0の予約注文の受付を行うと同時に、2018年から生産開始、2020年までの「納車」がアナウンスされた。

    続きはソースで


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/54071


    続きを読む

    【米ボーイング】「空飛ぶ車」試作機の初試験飛行成功!!



    1 みつを ★ :2019/02/04(月) 04:47:03.37 ID:WOXIhgcm9.net

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-23/PLT3J76JIJUU01

    米ボーイング、「空飛ぶ車」試作機の初試験飛行完了-自動操縦

    Anurag Kotoky、Julie Johnsson
    2019年1月24日 8:45 JST
    →バージニア州の試験飛行で離着陸とホバリングに成功
    →ボーイングやエアバスは空飛ぶ車と貨物輸送ドローンで主導権争い

    米航空機メーカー、 ボーイングは22日、自動操縦で飛行する「空飛ぶ車」試作機の初の試験飛行を完了した。同社などが目指す都市交通の革命的な未来像をのぞかせた。

      ボーイングの23日の発表資料によれば、試作機はバージニア州マナサスで行われた試験飛行で、離陸後、ホバリング(空中停止)し、着陸した。電動の同機は完全自動操縦で最大50マイル(約80キロメートル)飛行するという。

     ボーイングと欧州エアバスなどは、航空産業に新たな波紋を巻き起こす可能性がある空飛ぶ車と貨物輸送ドローンで主導権争いを演じている。ボーイングは2017年、オーロラ・フライト・サイエンシズを買収した。オーロラ・フライトはウーバー・テクノロジーズと共同開発中の「空飛ぶタクシー」などのプロジェクトを手掛けている。

    原題:Boeing’s Flying Car Takes Off to Show a Glimpse of the Future(抜粋)

    バージニア州マナサスで試験飛行を行ったボーイングの「空飛ぶ車」試作機 ソース:ボーイング

    (出典 assets.bwbx.io)


    続きを読む

    【空飛ぶクルマ】空飛ぶタクシーは交通渋滞知らずとか最近良くみるけど運送量からして全然解決しなくね!!


    空飛ぶタクシー、都市部に登場? - 渋滞知らずで飛べる「CityHawk」 - えん乗り
    Urban Aeronauticsが、空飛ぶクルマ「CityHawk」の開発に本格着手したと発表しました。空飛ぶタクシー、空飛ぶ救急車としての活用が検討されています。
    (出典:えん乗り)



    (出典 i2.wp.com)



    1 名無し募集中。。。 :2018/09/17(月) 14:36:50.57 0.net

    新宿-横浜間10分の衝撃!? 米ウーバーが狙う「第2の移動革命」 (1/3)

    新宿から横浜に、10分で到着――。
    ライドシェア(相乗り)サービスで世界の移動のあり方を大きく変えた
    米配車大手ウーバー・テクノロジーズは、2023年にも“第2の革命”を起こそうと準備をしている。
    スマートフォンで手続きをして、気軽に主要都市間を飛行する「空飛ぶタクシー」構想だ。
    課題は多いが、そのインパクトは大きく、実現に向けた取り組みが注目される。
     「2次元のトランスポーテーション(交通)には限界がある。
    3次元に踏み出し革命的に変えたい。空に、迅速で安全な交通網が構築できる」
     8月末、ウーバーは同社が計画する空飛ぶタクシー「ウーバーエア」について説明するシンポジウムを
    東京都内で開催。バーニー・ハーフォード最高執行責任者(COO)は、その将来性の大きさを強調した。


     構想では、乗客は同社のライドシェアと同じようにスマホで“乗車”予約し、
    ビルの屋上などに設置する離着陸地点「スカイポート」に移動。
    複数の電動プロペラを持つ「eVTOL(電動垂直離着陸車両)」で
    他の都市のスカイポートまで飛ぶ-というものだ。
    ここで例えに出したのが、新宿駅(東京都新宿区)上空から横浜スタジアム(横浜市)を結ぶルートだった。
     ハーフォード氏は、世界的に都市部の人口増が加速するとの予測について
    「経済的なチャンスである一方、交通渋滞という大きな損失も懸念される」と指摘。
    渋滞を解消できる新しいモビリティー(乗り物)の必要性を訴えた。
    また、「インドのムンバイやニューデリーでは、何万人もの人が2時間以上かけて通勤している。
    これを短縮できれば家族と過ごしたり、仕事したりすることに時間を使える」と、
    具体的な事例を出して必要性を説明した。

    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1809/17/news015.html

    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    続きを読む

    【求人】経産省、「空飛ぶクルマ」プロジェクトに参加する「週1官僚」募集 日給1万5000円、副業・兼業限定


    経産省、「空飛ぶクルマ」プロジェクトに参加する「週1官僚」募集 日給1万5000円、副業・兼業限定 - ニコニコニュース
    経済産業省は3月7日、ドローンを大型化させた「空飛ぶクルマ」を実現させるためのプロジェクトに、副業や兼業で週1回参加する有識者「週一官僚」の募集を、求人サイト「 ...
    (出典:ニコニコニュース)



    (出典 prtimes.jp)



    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2019/03/07(木) 17:54:31.64 ID:CAP_USER.net

     経済産業省は3月7日、ドローンを大型化させた「空飛ぶクルマ」を実現させるためのプロジェクトに、副業や兼業で週1回参加する有識者「週一官僚」の募集を、求人サイト「ビズリーチ」で始めた。PR戦略を立案・実行するマネージャーと、公共サービスとの接続などを考案するディレクターを1人ずつ募集。月4回程度の勤務で、日給は1万5030円。


    (出典 image.itmedia.co.jp)

    募集ページより

    (出典 image.itmedia.co.jp)

    募集の概要
     空飛ぶクルマは、経済産業省と国土交通省が中心となって開催している「空の移動革命に向けた官民協議会」で議論され、昨年12月にロードマップが発表されたもの。経産省の若手有志が始動しており、2030年代以降の実用化を目指している。

     プロジェクトを進めるに当たり、「ビジネス視点を持ってサービスや技術を社会に広めてきたビジネスプロフェッショナルが必要」とし、ビズリーチで求人をスタート。ステークホルダーとの関係構築・マネジメントを行い、PR戦略を立案・実行して国民の理解や協力を促進する「パブリックリレーションズディレクター」と、自治体や地域コミュニティとの交流を通じ、公共サービスとの接続や社会課題を解決に導く利用方法を考案する「コミュニティマネージャー」を募集している。

     勤務は月4回程度を想定しており、日給は1万5030円(交通費別)。勤務地は都内。「報酬をお支払いして成果にコミットしていただくという、私たちにとっても前例のない挑戦」としている。

     「経産省に新たな風を吹き込む人材として、従来のやり方に縛られず、周囲を巻き込み、プロジェクトを推進していく主体性を強く求めている」という。プロジェクトに参加すれば、「専門性を発揮していただくのみならず、これまで触れることのできなかった知識、経験、価値観などに触れることで、新たなスキルを獲得できる『学び直し』のきっかけとなる」「他では得難い知見、キャリアを得られる」などとアピールしている。

    Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

    関連リンク
    ニュースリリース
    https://www.bizreach.co.jp/pressroom/pressrelease/2019/0307.html
    ビズリーチ 経済産業省
    https://www.bizreach.jp/content/executive/meti/

    2019年03月07日 16時17分 公開
    ITmedia NEWS
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1903/07/news106.html


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ