【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ・空飛ぶくるま

    「空飛ぶ車」「空飛ぶバイク」が開発されたとして、道路交通法上の扱いはどうなるの?



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/05/16(月) 22:45:47.045

    普通自動車や普通自動二輪車扱いになるのか?


    続きを読む

    大阪府・吉村洋文知事「空飛ぶクルマ、必ず実現したい。絵空事ではない。着実に実現させていく」【大阪万博】



    1 スペル魔 ★ :2022/03/24(木) 12:40:48.62

    2025年、大阪・関西万博で運航開始を目指す「空飛ぶクルマ」の実現に向けた「ロードマップ」が公開されました。

     「空飛ぶクルマ」は電気で動いて垂直に離着陸し、自動操縦ができる「新しい移動手段」と言われていて、現在、開発が進んでいます。

     先週、経済産業省などが「夢洲と関空」など9つの路線を候補とし、1時間に20便程度を目標とする運航計画案を示していました。

     23日、大阪府と民間企業がつくる組織が公開した「ロードマップ」では、来年度にも「離着陸場」の設置に取り掛かり、2025年の万博での運航開始を目指すとしています。

     (大阪府・吉村洋文知事)「ここ大阪の地において『空飛ぶクルマ』、これを必ず実現したい。絵空事ではなくて着実に実現させていく、これが重要」。

    ロードマップには、2030年ごろ、都市部を中心に「日常的に使えるサービス」に。

     2035年ごろには、地方を含めた広いネットワークでの運航を目指すことも盛り込まれました。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/49fe723d428899516de9f1cbf4b1735f193eb905


    続きを読む

    吉村洋文知事、大阪府の予算案に「空飛ぶクルマ」 2025年万博での実現・商業運行開始に向け本格化



    1 スペル魔 ★ :2022/02/19(土) 15:54:13.21

    大阪府の予算案に「空飛ぶクルマ」、万博での実現に向け本格化

    大阪府の定例会見が2月17日に実施され、令和4年度当初予算案の新規事業として「空飛ぶクルマ都市型ビジネス創造都市推進事業費」に約6千万円を計上することを発表。「空飛ぶクルマ」の商業運航に向けた社会実験や調査検討に取り組む予定だ。

    『2025年 大阪・関西万博』開催時に、会場を中心とした「空飛ぶクルマ」商業運航を目指している大阪府。新年度からは、2022年3月策定予定の行動計画「大阪版ロードマップ」に沿って、ルートや離着陸場などの調査検討がおこなわれる。

    同時にデモフライトやオペレーション検証などに取り組む事業者も支援。万博後も見据えたビジネスの仕組み作りに向け、方針や構想を策定するという。

    吉村洋文知事は、「空飛ぶクルマで外から万博会場に入るパターンを想定した実証実験を本格的に実施する。2025年の万博時には商業運用を開始できるように進め、万博以降は商業運航が拡大する社会を目指していく」と意気込んだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c7715e23a86ec9d1f17773fb79e1047750700ad6


    続きを読む

    高校生が製作した“空飛ぶクルマ” 空中に浮くか初実験/岡山・浅口市



    1 少考さん ★ :2022/01/11(火) 21:18:16.68

    ※NHK 岡山県のニュース

    高校生が製作した“空飛ぶクルマ” 空中に浮くか初実験
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/20220111/4020011465.html

    01月11日 17時52分


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    浅口市の高校生が、新たな移動手段として将来の実用化が期待されている「空飛ぶクルマ」を製作し、空中に浮くかどうか調べる実験を初めて行いました。

    浅口市にある、おかやま山陽高校の生徒20人が、去年8月から製作しているのは「KIBOU」と名付けられた空飛ぶクルマで、ドローンの技術を応用して電動で飛行します。
    機体は全長およそ3メートルで、1人まで乗ることができ、生徒たちはドローンが空中に浮くかどうか調べる実験を初めて行いました。
    実験は、安全を確保するため空飛ぶクルマの周囲に鉄のポールを立てて行われ、はじめは機体のバランスが崩れることもありましたが、およそ1分間、1.2メートルの高さに浮き上がりました。
    操縦を担当した高校3年生の生徒は「はじめは操作が難しかったですが、途中から慣れてきました。次はおもりを載せて飛ばし、最終的には人を安全に乗せられるようにしたい」と話していました。
    生徒たちは今後さらに実験を行い、1月15日に岡山市で行われる催しで、空飛ぶクルマを発表する予定です。


    続きを読む

    空飛ぶクルマのナビシステム実証実験 2.7キロ飛行/三重・鳥羽市


    三重 鳥羽 ”空飛ぶクルマ”のナビ 開発企業が実証実験 - NHK.JP
    https://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20211214/3000019896.html



    1 ひよこ ★ [US] :2021/12/20(月) 14:54:09.01

    https://mainichi.jp/articles/20211220/k00/00m/040/073000c

    毎日新聞 2021/12/20 12:58(最終更新 12/20 12:58) 461文字





    (出典 cdn.mainichi.jp)

    日本初のナビゲーションシステムを搭載し飛び立つドローン=鳥羽市鳥羽1で2021年12月14日、林一茂撮影

     日本初となる「空飛ぶクルマ」のナビゲーションシステムの試作品が完成し、三重県鳥羽市鳥羽1の鳥羽マリンターミナルで、ドローンを使った実証実験が行われた。「AirNavi」と名付けたシステムを搭載したドローンは、同市大明東町までの2・7キロ間を指示通りに飛行した。

     県、東京海上日動火災保険と2020年11月、県内での「空飛ぶクルマ」の実証実験、実用化に向けた協定を結んだ、エアモビリティ会社(東京都港区)が実施した。「AirNavi」はルート設定などのナビゲーション機能や気象情報、離着陸場などの条件を選択し、安全な運航を支援する。



     実証実験には関係者らが集まり、服部浩副知事が「『空飛ぶクルマ』を活用して、観光地や離島・過疎地域の利便性向上などにつなげたい。鳥羽市は中部国際空港から三重県側の空の玄関口として絶好の位置にある」と述べ、期待を寄せた。

     同社などは、飛行によって得られたデータを解析するとともに、通信環境や法整備などの課題について検討したいとしている。「空飛ぶクルマ」は各国で開発が進められている。【林一茂】


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    i2iアクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ