【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    空飛ぶくるま

    【求人】経産省、「空飛ぶクルマ」プロジェクトに参加する「週1官僚」募集 日給1万5000円、副業・兼業限定


    経産省、「空飛ぶクルマ」プロジェクトに参加する「週1官僚」募集 日給1万5000円、副業・兼業限定 - ニコニコニュース
    経済産業省は3月7日、ドローンを大型化させた「空飛ぶクルマ」を実現させるためのプロジェクトに、副業や兼業で週1回参加する有識者「週一官僚」の募集を、求人サイト「 ...
    (出典:ニコニコニュース)



    (出典 prtimes.jp)



    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2019/03/07(木) 17:54:31.64 ID:CAP_USER.net

     経済産業省は3月7日、ドローンを大型化させた「空飛ぶクルマ」を実現させるためのプロジェクトに、副業や兼業で週1回参加する有識者「週一官僚」の募集を、求人サイト「ビズリーチ」で始めた。PR戦略を立案・実行するマネージャーと、公共サービスとの接続などを考案するディレクターを1人ずつ募集。月4回程度の勤務で、日給は1万5030円。


    (出典 image.itmedia.co.jp)

    募集ページより

    (出典 image.itmedia.co.jp)

    募集の概要
     空飛ぶクルマは、経済産業省と国土交通省が中心となって開催している「空の移動革命に向けた官民協議会」で議論され、昨年12月にロードマップが発表されたもの。経産省の若手有志が始動しており、2030年代以降の実用化を目指している。

     プロジェクトを進めるに当たり、「ビジネス視点を持ってサービスや技術を社会に広めてきたビジネスプロフェッショナルが必要」とし、ビズリーチで求人をスタート。ステークホルダーとの関係構築・マネジメントを行い、PR戦略を立案・実行して国民の理解や協力を促進する「パブリックリレーションズディレクター」と、自治体や地域コミュニティとの交流を通じ、公共サービスとの接続や社会課題を解決に導く利用方法を考案する「コミュニティマネージャー」を募集している。

     勤務は月4回程度を想定しており、日給は1万5030円(交通費別)。勤務地は都内。「報酬をお支払いして成果にコミットしていただくという、私たちにとっても前例のない挑戦」としている。

     「経産省に新たな風を吹き込む人材として、従来のやり方に縛られず、周囲を巻き込み、プロジェクトを推進していく主体性を強く求めている」という。プロジェクトに参加すれば、「専門性を発揮していただくのみならず、これまで触れることのできなかった知識、経験、価値観などに触れることで、新たなスキルを獲得できる『学び直し』のきっかけとなる」「他では得難い知見、キャリアを得られる」などとアピールしている。

    Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

    関連リンク
    ニュースリリース
    https://www.bizreach.co.jp/pressroom/pressrelease/2019/0307.html
    ビズリーチ 経済産業省
    https://www.bizreach.jp/content/executive/meti/

    2019年03月07日 16時17分 公開
    ITmedia NEWS
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1903/07/news106.html


    続きを読む

    【空飛ぶクルマ】2030年をめどに、2000万円台で販売!!・・・豊田市の技術者団体


    「空飛ぶ車」 2030年をめどに2000万円台が目標 技術者団体代表 - 毎日新聞 - 毎日新聞
    愛知県豊田市を主な拠点に活動する技術者団体「カーティベーター」の福沢知浩共同代表(31)は18日までに共同通信の取材に応じ、人を乗せて空を移動する「空飛ぶ車」 ...
    (出典:毎日新聞)



    (出典 scdn.line-apps.com)



    1 僕らなら ★ :2019/02/18(月) 17:18:36.19 ID:Py/OITuo9.net

    愛知県豊田市を主な拠点に活動する技術者団体「カーティベーター」の福沢知浩共同代表(31)は18日までに共同通信の取材に応じ、人を乗せて空を移動する「空飛ぶ車」を2030年をめどに2千万円台で販売する目標を明らかにした。超高級車程度の価格にして普及を図る。

    大学や研究機関、富裕層など限られた顧客に23年から売る機体は5千万円台を目指す。生産設備などを整え、26年に20~30キロを飛行できる機体の量産を始める方針だ。

    開発しているのは道路を3輪のタイヤで走行し、向きを変えられるプロペラで垂直に離着陸する陸空両用の機体。


    (出典 i.daily.jp)

    https://www.daily.co.jp/society/human_interest/2019/02/18/0012076688.shtml


    続きを読む

    【空飛ぶクルマ】未来の車? 水素ロータリーエンジン「空飛ぶクルマ」関西の技で開発へ!!


    ロータリーエンジン「空飛ぶクルマ」関西の技で - 読売新聞
    人を運べてドローン(小型無人機)のように小回りが利く「空飛ぶクルマ」を、大阪など関西の中小企業の技術を持ち寄って開発するプロジェクトが始動した。開発準備委員会 ...
    (出典:読売新聞)



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ :2019/01/23(水) 18:46:03.63 ID:pBqaMwSP9.net

    ロータリーエンジン「空飛ぶクルマ」関西の技で


     人を運べてドローン(小型無人機)のように小回りが利く「空飛ぶクルマ」を、
    大阪など関西の中小企業の技術を持ち寄って開発するプロジェクトが始動した。
    開発準備委員会が21日に発足し、参加企業の募集が始まった。
    2024年までに完成させ、大阪で開かれる25年国際博覧会(万博)の
    会場でデモ飛行することを目指す。

     空飛ぶクルマはドローンやヘリコプターの技術を応用した乗り物で、
    災害時の救助活動や過疎地での移動に役立つと期待されている。
    世界で開発競争が進んでおり、政府も20年代以降に実用化させる方針を
    示している。

     関西に集積する中小企業の技術力を活用しようと、近畿経済産業局が
    プロジェクトを主導する。プロペラが六つある1人乗りの機体とし、
    一般的なドローンの2~3倍の60分程度の連続飛行性能を目指す。
    環境負荷の小さい水素燃料を用いたロータリーエンジン(RE)を搭載し、
    REで発電した電気を動力源とする。


    読売新聞(2019年01月23日 17時31分)
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190123-OYT1T50089.html?from=ytop_main2


    開発を目指す「空飛ぶクルマ」のイメージ図=近畿経済産業局提供

    (出典 www.yomiuri.co.jp)


    続きを読む

    【未来の車】水素ロータリーエンジンで発電…「空飛ぶクルマ」関西の技で開発へ!!


    ロータリーエンジン「空飛ぶクルマ」関西の技で - 読売新聞
    人を運べてドローン(小型無人機)のように小回りが利く「空飛ぶクルマ」を、大阪など関西の中小企業の技術を持ち寄って開発するプロジェクトが始動した。開発準備委員会 ...
    (出典:読売新聞)



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ :2019/01/23(水) 18:46:03.63 ID:pBqaMwSP9.net

    ロータリーエンジン「空飛ぶクルマ」関西の技で


     人を運べてドローン(小型無人機)のように小回りが利く「空飛ぶクルマ」を、
    大阪など関西の中小企業の技術を持ち寄って開発するプロジェクトが始動した。
    開発準備委員会が21日に発足し、参加企業の募集が始まった。
    2024年までに完成させ、大阪で開かれる25年国際博覧会(万博)の
    会場でデモ飛行することを目指す。

     空飛ぶクルマはドローンやヘリコプターの技術を応用した乗り物で、
    災害時の救助活動や過疎地での移動に役立つと期待されている。
    世界で開発競争が進んでおり、政府も20年代以降に実用化させる方針を
    示している。

     関西に集積する中小企業の技術力を活用しようと、近畿経済産業局が
    プロジェクトを主導する。プロペラが六つある1人乗りの機体とし、
    一般的なドローンの2~3倍の60分程度の連続飛行性能を目指す。
    環境負荷の小さい水素燃料を用いたロータリーエンジン(RE)を搭載し、
    REで発電した電気を動力源とする。


    読売新聞(2019年01月23日 17時31分)
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190123-OYT1T50089.html?from=ytop_main2


    開発を目指す「空飛ぶクルマ」のイメージ図=近畿経済産業局提供

    (出典 www.yomiuri.co.jp)


    続きを読む

    【CES 2019】(未来技術)大手ヘリメーカーの「空飛ぶクルマ」、ベールを脱ぐ!! 2019年1月8日~2019年1月11日


    大手ヘリメーカーの「空飛ぶクルマ」、ベールを脱ぐ - 日経xTECH
    ヘリコプターメーカー大手の米Bell Helicopter(ベルヘリコプター)は、「CES 2019」開催前のプレスカンファレンスで、電動の垂直離着陸(eVTOL)機「BELL Nexus」を発表 ...
    (出典:日経xTECH)



    1 ラテ ★ :2019/01/08(火) 20:37:28.27 ID:Crm3lq4v.net

    2019/01/08 19:09
    根津 禎=日経 xTECH/日経エレクトロニクス
    https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/event/18/00042/00025/

    ヘリコプターメーカー大手の米Bell Helicopter(ベルヘリコプター)は、「CES 2019」開催前のプレスカンファレンスで、電動の垂直離着陸(eVTOL)機「BELL Nexus」を発表した(プレスリリース)。2025年ごろの実用化を目指す

    同社がeVTOL機を開発していることは知られていたが、コクピットなど一部しか見せておらず、回転翼(*)などを含めたフォームファクター(形状)全体を披露したのは今回が初めてである。eVTOL機は、内燃機関を備えた従来の小型航空機に比べて、騒音の低減、構造の簡素化によるメンテナンス負荷の軽減などの利点があり、自動車のように気軽に利用できることから「空飛ぶクルマ」と呼ばれる。

    BELL Nexusは、ダクトで囲まれた6つの*を備える。パイロットを含めて5人乗りの機体である。自律飛行技術を開発中で、将来はパイロットなしでの飛行を目指している。

    *はチルト型だとみられる。チルト型は、離陸時には、地面に対して*が水平(*の回転軸を垂直)になるようにし、地面に向けて風を吹き付けて浮上する。浮上後、*部が地面に対して傾くように回転させて、水平方向の推進力を得て、目的地まで飛行する。これにより、垂直離着陸を可能にし、巡行時は大きな推力を得やすくする。


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    ブログランキング
    ブログランキング
    • ライブドアブログ