【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    その他:安全装備

    【話題】痛車にするとしたら・・・、「初音ミク」「エルフェンリート」「東方」「ごちうさ」「キルミー」「SHUFFLE!」「のんのんびより」



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/12/31(月) 15:14:50.956 ID:F9z4cn+O0.net

    どれ選ぶ????


    続きを読む

    【疑問】タクシーだけがなぜ、新型車でも「フェンダーミラー」?


    なぜタクシーは新型でも「フェンダーミラー」? ドアミラーに変えない理由(くるまのニュース) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
    タクシーだけがなぜ? 次世代車でも「フェンダーミラー」「新型車なのになんで『ドアミラー』でなく『フェンダーミラー』なんだろう?」と、最近よく見かけるようになった次世代 ...
    (出典:carview!)



    (出典 udn.webcartop.jp)



    1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/11/24(木) 09:55:50.485 ID:m2hHLlDE0.net

    どう考えてもおかしいだろ


    続きを読む

    [疑問]フェンダーミラーはなぜ消えたのか?


    【疑問】フェンダーミラーはなぜ消えたのか? - WEB CARTOP
    かつてはほぼすべてのクルマ(乗用車)が採用していたフェンダーミラー。ボンネットの横から生えている後方を確認するミラーだ。現在はドアに付いているドアミラーが主流で、 ...
    (出典:WEB CARTOP)



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 朝一から閉店までφ ★ [US] :2017/07/08(土) 19:33:33.52 ID:CAP_USER9.net

    WEB CARTOP
    [疑問]フェンダーミラーはなぜ消えたのか?

    2017年7月8日 11時15分(最終更新 7月8日 11時15分)

    クルマ
    情報提供:カートップ

    機能面ではドアミラーよりも優れた装備
     もう、ずいぶん昔の話になってしまうが、かつて日本の道路上で「ドアミラー」のクルマを見かける機会は少なかった。1980年代前半にドアミラーが解禁になるまで、少なくとも国産車のほとんどはフェンダーミラーといってフロントフェンダー部分にバックミラーを装着していたのだ(ワンボックスなどのキャプオーバーは除く)。


    (出典 udn.webcartop.jp)


     ドアミラーが解禁されたのは、事実上の外圧であり、その機能性というよりもデザイン性が優先されての判断だった。実際、ドアミラー解禁になったばかりの頃、ベテランドライバーからは「フェンダーミラーのほうが視線移動を少なくできるから安全」、「ミラー・トゥ・ミラーの幅がドアミラーだと広くなってしまうので、狭い路地ではフェンダーミラーのほうが走りやすい」といった声もあった。


    (出典 udn.webcartop.jp)


     そうしたフェンダーミラーの物理的なメリットに対して、ドアミラーが追いつくことは難しい。つまり、今でもフェンダーミラーは、ある種のニーズに対しては有効といえる。タクシー専用車がフェンダーミラーを採用しているのは、そうした理由によるところが大きい。


    (出典 udn.webcartop.jp)


     一方で、デザイン性という点ではドアミラーが優位といえる。とくに1980年~90年代にはボンネット(フロントフード)が低くなっていったのでフェンダーミラーを装着すると脚の部分が長くなってしまい、それがデザインを損ねるという声もあった。


    (出典 udn.webcartop.jp)


     しかし、歩行者保護の観点からボンネットが高くなっている現在のトレンドからすると、フェンダーミラーの脚は短くできるだろうし、デザインをスポイルしないフェンダーミラーというのもあり得る。もっとも、歩行者保護を考えると、フェンダー部分に大きな突起物を置いておくのはノーサンキューともいえるかもしれないが……。


    (出典 udn.webcartop.jp)


     たとえば2017年のWEC(世界耐久選手権)においてポルシェが走らせているLMP1マシンは、まさにフェンダー部分にミラーを埋め込んでいる。これは視線移動を少なくするためのアイディアで、その物理的なメリットは現在においても有効という証の一つだろう。


    (出典 udn.webcartop.jp)


     バックミラーをカメラとモニターで代替するCMS(カメラモニタリングシステム)が認められるようになっているため、次世代バックミラーというとCMSに注目が集まりがちだが、新しいカタチのフェンダーミラーが登場してくる可能性にも期待したい。

    情報提供:カートップ

    https://mainichi.jp/articles/20170708/ctp/00m/020/001000c


    続きを読む

    【自律自動車】物体認識システム、「肌の色」で歩行者の検出精度に違い!!


    自律自動車、「肌の色」で歩行者の検出精度に違い - ASCII.jp
    ジョージア工科大学の研究チームは、自律自動車で使われている最先端技術による物体認識システムが、肌の色の濃い歩行者の検出に関して精度が低くなることを発見 ...
    (出典:ASCII.jp)



    (出典 www.toyota-ti.ac.jp)



    1 しじみ ★ :2019/03/04(月) 13:16:54.25 ID:CAP_USER.net

    ジョージア工科大学の研究チームは、自律自動車で使われている最先端技術による物体認識システムが、肌の色の濃い歩行者の検出に関して精度が低くなることを発見した。

    研究チームは、標準データセットで訓練された8つの画像認識システムに対し、多数の歩行者画像を用いたテストを実施した。テストに用いた歩行者の画像は、フィッツパトリック分類に基づいて、肌の色の白い歩行者のグループと濃い歩行者の2つのグループに分けられた。フィッツパトリック分類とは人の肌の色を分類する方法の1つだ。

    テストの結果、これらの物体認識システムの検出精度は、肌の色の濃いグループの方が平均5%低いことが分かった。この結果は、時刻や視界の遮りを調整した場合も変わらなかった。

    さらなる分析の結果、研究チームはこの偏りがおそらく2つの原因によるものだろうと判断した。1つは、訓練に用いた画像に肌の色の濃い歩行者の画像の例が少な過ぎたこと、もう一つは、その限られた数の例からの学習に重点を置くのが十分ではなかったことだ。研究チームは、こうした偏りはデータとアルゴリズムの両方を調整することで低減できる可能性があるとしている。

    https://www.technologyreview.jp/nl/self-driving-cars-may-be-more-likely-to-hit-you-if-you-have-dark-skin/


    続きを読む

    【次世代製品開発】ジャパンディスプレイ、48:9の車載用超横長液晶を本格展開!!


    株式会社ジャパンディスプレイ(英称:Japan Display Inc. 略称はJDI)は、ソニー・東芝・日立製作所の中小型液晶ディスプレイ事業を統合した会社。 産業革新機構の主導で、ソニー・東芝・日立のディスプレイ部門が統合されて誕生し、2012年4月1日に事業活動を開始した。2009年に東芝に統
    23キロバイト (2,853 語) - 2019年2月17日 (日) 19:55



    (出典 lpt.c.yimg.jp)



    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2019/02/27(水) 14:13:50.40 ID:CAP_USER.net

    (記事内の画像は恐らくブラウザを通さないと見られません、ご容赦)
    https://s.yimg.com/os/creatr-uploaded-images/2019-02/ca3d9f50-3a33-11e9-97fd-3ab4c12cd054
    経営再建中のジャパンディスプレイが、アスペクト比48:9という超横長32インチ車載液晶ディスプレイを本格的に展開することを発表しました。フランスの自動車部品メーカー・フォルシアとともに、自動車メーカーに向けた共同プロモーションを実施します。

    米国ラスベガスで1月に開催されたCES 2019では、自動車メーカー各社がダッシュボードいっぱいに広がる超横長ディスプレイを搭載したコンセプト車を出展。自動運転技術の進歩によって「車内でどう過ごすか」が課題となるなか、その解決策として娯楽などに活用できる大画面モニタの搭載が(コンセプトカー界隈では)トレンドとなっています。

    ジャパンディスプレイの超横長液晶もその流れに沿うもの。有機ELシフトが進み、販売が落ち込むスマホ向け液晶に代わる"新たな売れ筋"として期待されている車載向け液晶ですが、売り上げが思うように伸びていない現状があります。そこで、超横長のような新基軸を打ち出すことで、車載向けディスプレイの需要喚起を図る狙いもありそうです。

    https://s.yimg.com/os/creatr-uploaded-images/2019-01/fa57d800-122d-11e9-bf4b-fdda68e47bdd
    ▲中国のEVメーカー「BYTON」が展示したEVにも超横長ディスプレイ

    https://s.yimg.com/os/creatr-uploaded-images/2019-02/9cbc2180-3a3a-11e9-ba90-6a6366d0e7ee
    ▲韓国の自動車大手ヒュンダイは、窓ガラスをもディスプレイ化した自動運転車のコンセプトを披露している

    関連ページ
    ニュース&イベント : ニュースリリース | フォルシアと車載コクピット向けディスプレイで覚書を締結
    https://www.j-display.com/news/2019/20190226.html

    (出典 www.j-display.com)


    2月27日13時50分
    Engadget 日本版
    https://japanese.engadget.com/2019/02/26/48-9/


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    ブログランキング
    ブログランキング
    • ライブドアブログ