【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    その他:安全装備

    【衝突安全性能】「軽自動車では助からない」は本当か?…ホンダがオフセット衝突実験を公開!


    「軽自動車では助からない」は本当か?…ホンダがオフセット衝突実験を公開[動画] - レスポンス
    軽自動車は、そのサイズなどから衝突時にキャビンの生存空間が確保しにくい。また、多くの場合、自分より大きく重い車両との衝突になり、事故を考えると軽自動車は乗り ...
    (出典:レスポンス)



    (出典 response.jp)


    衝突実験の映像を見ても、軽自動車・青色「N-BOX」がフロント大破が運転席まで届いており、助からないような気がする。一方、乗用車の方はダメージが運転席までは届いていない。(フロント部の長さの違い?)
    横や後ろからの衝突はどうなるのだろう。おそらく、助からないと思うが・・・。

    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2019/07/09(火) 14:13:01.47 ID:CAP_USER.net


    (出典 response.jp)

    (その他画像はこちらからご覧下さい)
    https://response.jp/article/img/2019/07/09/324245/1431971.html

    ファーストカーとして軽自動車を選ぶ層が広がっているという。車内の広さ、ユーティリティ、衝突被害軽減ブレーキや誤発進防止装置といったADAS機能も充実し、スペックだけでは普通車と区別がつかないくらいだ。

    その一方で、軽自動車は、そのサイズなどから衝突時にキャビンの生存空間が確保しにくい。また、多くの場合、自分より大きく重い車両との衝突になり、事故を考えると軽自動車は乗りたくないという人も存在する。

    □安全性能も進化する軽自動車
    車同士の衝突という物理的な現象に対しては、ボディ構造やエアバッグなどの衝突安全機能を強化しても限界がある。相対的に軽い方が大きいダメージを受ける。普通自動車や大型車との比較で、軽自動車は危険というのも間違いではない。しかし、近年のJNCAP自動車アセスメントでも主だった軽自動車が4つ星を獲得するようになり、メーカーの安全対策は着実に進んでいるのも事実。

    2017年には、ホンダの『N-BOX』が総合評価で5つ星(184.1点)を獲得している。その安全性を広く認知してもらうべく、ホンダが、報道陣向けにN-BOXの衝突実験を公開した。

    場所は栃木県にあるホンダの研究所内に建設された屋内型全方位衝突実験施設。公開された実験はN-BOXと『インサイト』のラップ率50%の車両どうしのオフセット衝突。それぞれの50km/hの速度でぶつかる(相対速度100km/h)。N-BOXとインサイトでは重量比が1:1.5となり、衝突時の衝撃は当然N-BOXのほうが強く受けることになる。N-BOXの衝突時のスピードは50km/hだが、受ける衝撃は60km/h以上の衝突に匹敵するという。

    「軽自動車での事故は助からない」は本当か?…ホンダが N-BOX のオフセット衝突実験を公開(上視点)

    (出典 Youtube)


    >>2 へ続く

    2019年7月9日(火)11時45分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/07/09/324245.html


    続きを読む

    「笑いがとまらん!?」踏み間違い事故が多発する一方で、バカ売れ「STOPペダル」 町工場の発明品!


    “踏み間違い撲滅”思う町工場の発明品に注文殺到 - テレビ朝日
    車の踏み間違いによる事故を防ぐある商品に注文が殺到している。アクセルを踏み込みすぎるとブレーキが作動する装置、驚きの仕組みが隠されている。 車の販売や修理を ...
    (出典:テレビ朝日)



    (出典 radiolife.com)


    アクセルを踏み込みすぎるとブレーキが作動する「STOPペダル」の注文が殺到! 価格はというと、10万円程らしいが・・・高いような気がする。が。これだけ事故が多いと、対策を考えるでしょう。
    例えば、”ドライブレコーダ”、これについても10年前は出ている機種も少なく、取り付けている車もほとんどなかった状態。それが、近年の煽り運転が問題視され、取り上げられるようになって急速に普及してきた感がある。これと同じ! 後付の踏み間違い防止装置として、トヨタも「踏み間違い加速抑制システム」を販売しているが、これとの違いはどうなんだろう?

    1 rain ★ :2019/06/20(木) 20:42:23.15 ID:u+hycmzb9.net

     車の踏み間違いによる事故を防ぐある商品に注文が殺到している。アクセルを踏み込みすぎるとブレーキが作動する装置、驚きの仕組みが隠されている。

     車の販売や修理を手掛ける店に掛かってきた電話。最近は問い合わせが一日に40件から50件ほどあるという。

     「STOPペダル」を販売するパートナーズ・菊池照明社長:「もう今、3カ月くらいお待ち頂く感じで100台以上、ご注文を頂いている感じなんで」
     というくらい注文が殺到している商品というのが、後付けで踏み間違い事故を防止できる装置「STOPペダル」だ。

     東京・池袋。当時、87歳の男性が車を暴走させて12人が死傷。福岡市では81歳の男性の車が逆走するなどして9人が死傷。高齢ドライバーが陥りがちな心理について専門の研究機関がこんな考察を発表している。

     国際交通安全学会:「高齢者はパニックを起こすと、その時、足を乗せているアクセルペダルを逆に踏み込んでしまいやすいと考えられる」
     そこで、踏み間違いによる事故をなくしたいという思いから、町工場の男性がたった1人である装置を開発した。STOPペダルを考案した南平次社長(79)。まさに町工場のおやじさんだ。

     STOPペダルを考案したナンキ工業・南平次社長:「ブレーキだと思って間違ってガッと踏んだ時に」「(Q.アクセルを踏み込むと止まる?)そうですね。今のところ止まる装置って意外とほとんどない」

     目いっぱい踏み込むことで作動するというSTOPペダルの働きはどのようなものか。南社長、実は自動販売機の装置の整備などが本業。畑違いのペダル開発に乗り出したきっかけは、9年ほど前にテレビで踏み間違い事故の特集を見たことだったという。

     STOPペダルを考案したナンキ工業・南平次社長:「人間だから間違いは必ず起きるんですよ。間違いがどうしても起きるならば起きた後、どう対処すればいいかという考え方でこれを作っている」

    動画があります
    ANNnews

    (出典 Youtube)


    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000157608.html


    続きを読む

    【一体なぜ?】防止装置、普及しないのか 相次ぐ“踏み間違い”事故!


    相次ぐ“踏み間違い”事故 なぜ普及しない防止装置 - テレビ朝日
    アクセルとブレーキの踏み間違いが原因とみられる事故が後を絶ちません。こうしたことが社会問題となる度に注目されているのが踏み間違いをしないように考案された特別 ...
    (出典:テレビ朝日)



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 かに玉 ★ :2019/06/09(日) 00:58:11.79 ID:toROMI9E9.net

     アクセルとブレーキの踏み間違いが原因とみられる事故が後を絶ちません。こうしたことが社会問題となる度に注目されているのが踏み間違いをしないように考案された特別なペダルです。しかし、なかなか普及していきません。一体、なぜなんでしょうか。

    くわしくは動画で…

    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000156622.html


    続きを読む

    【あなた大丈夫】意外と多い!?クルマの運転支援機能が作動したことがある人は約7割、半数以上が駐車時に作動


    意外と多い!?クルマの運転支援機能が作動したことがある人は約7割、半数以上が駐車時に作動(@DIME) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
    近頃多発している自動車事故。日常的に車を運転する人にとって他人事ではなく、より一層交通安全に気を配りたいところだ。そんな安全運転の強い味方になるのが、「運転 ...
    (出典:carview!)



    (出典 img.phoenix.webcrew.co.jp)



    1 みなみ ★ :2019/05/14(火) 19:43:37.55 ID:yL75LKcz9.net

    近頃多発している自動車事故。日常的に車を運転する人にとって他人事ではなく、より一層交通安全に気を配りたいところだ。

    そんな安全運転の強い味方になるのが、「運転支援機能」。では実際のところ、どれくらいのドライバーが運転支援機能付きのクルマに乗ったことがあるのだろうか?

    ライダーの7割以上がヒヤリ経験あり!バイク用ドライブレコーダーは「あおり運転」抑止につながるか?

    今回、パーク24が運営するドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象にしたアンケート調査が実施された。

    3人に1人は運転支援機能付きのクルマに乗ったことが「ある」

    年々、装着率が増加している運転支援機能だが(出典:運転支援技術・自動運転技術の進化と普及 - 国土交通省)、実際に運転支援機能付きのクルマに乗ったことが「ある」という回答は3割だった。

    乗ったことが「ある」割合は、男女別でみると男性のほうが女性より14ポイント高くなっている。年代別においては、20代以下が最も高く、4割を超えていた。

    乗車経験があるクルマとしては「前方衝突防止機能付き車両」が最多

    運転支援機能付きの車両に乗ったことが「ある」と回答した人を対象に、搭載されていた機能を尋ねる調査が行われると、「前方衝突防止機能」が82%で最多だった。次いで、「車線逸脱防止機能」が74%、「障害物センサー機能」53%という結果に。
    その他には、「駐車支援システム機能」などの回答が挙がっていた。

    運転支援機能が作動した「経験あり」は67%。半数以上は駐車時に作動

    以下ソースで読んで
    2019.5.14
    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190514-10409787-carview/?ts=1


    続きを読む

    【画像】 絶対に事故らない車を考えたぞ!



    1 :2019/05/06(月) 17:56:00.688 ID:vsIBcJ8h0.net

    これで交通事故は無くなるぞ!
    感謝しろ!


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ