【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ◇動力源

    【話題】電気自動車、あなたが思うほど「環境に優しい」? リチウム採掘の現状!


    リチウム鉱山は塩湖かん水を利用するシルバーピーク鉱山のみであり、リチウム鉱石の採掘は行われていない。 潜在的なリチウムの資源回収源として地熱井戸が挙げられる。地熱井戸では高温の水のような地熱流体の移動を介して地表に熱エネルギーを伝達するが、そのような地熱流体に含まれるリチウム
    91キロバイト (12,088 語) - 2019年10月9日 (水) 12:51



    (出典 www.sankei.com)


    なるほど? 電気自動車で使われている電池「リチウムイオンバッテリー」の原材料を採取する裏側を考えれば、とても環境に”優しい”といえないのでは?
    また、一般庶民は環境よりも”生活重視”なのである!(一部の上級国民様の間で「「環境に優しい」というタレこみで、一般庶民をコントロール?)

    1 みつを ★ :2019/11/01(金) 23:56:54.73 ID:MIVkus0g9.net

    https://www.bbc.com/japanese/video-50258885
    (リンク先に動画あり)


    電気自動車、あなたが思うほど「環境に優しい」? リチウム採掘の現状
    5時間前
    2019/11/01

    2030年までに、世界中で1億2500万台の電気自動車(EV)が街中を走ると予想されている。しかし、その電池を動*リチウムはどこから来ているのか?

    地球上で最も軽い金属とされるリチウム、その大半は南米アンデス山脈の塩類平原の地下に埋まっている。
    アルゼンチン・フフイ州では現在、大規模なリチウム採掘プロジェクトが進行している。一方、この地域はアルゼンチンで最も先住民族が多く暮らしている場所でもある。

    また、水が貴重な乾燥地帯であるにもかかわらず、リチウムの精製には大量の真水が必要とされる。
    そこには不安と反発を覚える人たちがいた。


    続きを読む

    米ボーイングと独ポルシェ、「空飛ぶ車」の開発で提携!



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    「空飛ぶ車」、本当に開発しようというのか? 開発しようというのなら、当然の流れ、航空機メーカと自動車メーカの共同開発は。ただ、実用性に関して分からない。飛べる場所が限られては意味がない。好きなときに飛べなくては意味がない。例えば、道路が渋滞している際に先へ行きたい場合など。

    1 :2019/10/20(日) 05:55:20 ID:/VVtqRqZ9.net

    https://www.cnn.co.jp/business/35144192.html


    ボーイングとポルシェ、「空飛ぶ車」の開発で提携
    2019.10.19 Sat posted at 17:00 JST


    ニューヨーク(CNN Business) 米ボーイングと独ポルシェは19日までに、都市圏の空域を移動する全面的な電気動力の「空飛ぶ車」の研究、開発で提携すると発表した。

    垂直に離着陸可能な機体を想定。ただ、この分野に投入する資金、研究開発に絡む具体的な日程や市場での値段などについては触れなかった。

    ポルシェの親会社は世界最大の自動車メーカーのフォルクスワーゲン。同社は電気自動車の開発に本格的に乗り出しており、今後10年間で自ら持つ複数のブランド名で計2200万台を生産する計画も既に発表した。

    一方、ボーイング社は今年、自律機能を持つ電気動力の空飛ぶ車の試作品を公表している。同社で次世代の車両や航空機の研究開発を手掛ける部門「ボーイング・ネクスト」幹部は、ポルシェと協力し、都市型の航空移動を世界規模で広げるための精密工学、スタイルや技術革新をもたらすと強調した。


    続きを読む

    「走行可能距離60km」 超小型電気自動車「コムス」を高齢者に無料で貸し出す実証実験!


    事故ったら? 電気で動くだけで、自動運転ではない。
    事故の可能性は大きいと思う。

    1 ガーディス ★ :2019/09/28(土) 21:23:21.53 ID:Sp7l2s909.net

    79歳の高木さんが運転しているのは、超小型電気自動車「コムス」。最大時速60キロ、車体が小さいので小回りがききます。豊田市では、3年半前に名古屋大学、東京大学と共同で、コムスを高齢者に無料で貸し出す実証実験を始めました。

    実験に参加した高木さんが暮らすのは、豊田市の山間部。買い物に行くにも、病院に行くにも、車が必要です。

    高木さん「おおげさに言えば、(車が無いと)生きていけない」

    そこで導入されたコムス。フル充電での走行可能距離は60キロなので、長距離ドライブなどはできませんが、生活圏の移動はまかなえます。

    高齢者におすすめの理由は、操作が簡単なこと。ギアレバーを下げれば前進、手前に引いてあげれば後退、前進と後退で動きが違うので高齢者ドライバーに多い、ギアの入れ間違いが防げます。

    馬力が弱いため、急発進せず、衝突時の衝撃も小さくてすみます。さらに、ボディーは手で押すだけでへこみます。これで、衝突時の衝撃が緩和されます。充電は家庭用電源に対応。ガソリンスタンドに行く必要はありません。

    高木さんはサークルを作り、生活に合わせてコムスを改良しました。農作業道具を積めるもの、荷物入れを設置したもの、2人乗り用のコムスもあります。山仕事用に改良したものは、バギー用のタイヤがついているので、悪路でも走れます。

    高木さん「愛称山コムスと言っています(笑)」

    整備士の資格が無い高木さんでしたが、運輸局に通い改良を重ね、改造車は全て車両登録の認可を取得しました。実証実験は終了しましたが、高木さんを含め、30人ほどが今でもコムスを利用しています。

    高木さん「最近の高齢者のふみ間違いだとか、そういった問題から考えると一番安全な車じゃないかなと思います」

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190912-00000164-nnn-soci

    (出典 Youtube)


    続きを読む

    「国民の血税が泡」 水素自動車は失敗!?....誰がどのように責任とるの?


    脱炭素社会へ活用必須、関連予算増で飛躍期待の水素関連株 <株探トップ特集> - minkabu PRESS
    経産省、FCVや水素ステーション支援拡大で市場さらに成長へ― 経済産業省が8月末にまとめた2...
    (出典:minkabu PRESS)



    (出典 hirotsu-motoko.com)


    日々、生活に困窮している人を横目に、こんな無駄なことに金をつぎ込む政府。そりゃ、一定の資産とネットワーク(権力)がある者のみがなれる国会議員、こうなるのは当然かも? 我々と金銭感覚が違いすぎる。必要なところに金を使わず、無駄なことに使う。もう、国会議員なんかいらない。日本の厄介者であり、進歩を妨げる者である。

    P.S.
    水素自動車にするメリットが分からん。一般庶民にメリットはあるのか? 燃料を水素にするだけで車両価格が高いのであれば、安いガソリン車の方が良いのに決まっている。

    1 名無しさん@そうだドライブへ行こう :2019/06/16(日) 11:44:38.17 ID:O4t2XzTj0.net

    何十億という国民の血税を泡にしておきながら
    そのまま知らんふりして無かったことにするのか?
    社会人として当たり前のことだが責任持って国民に還元するんだよな?
    また税金で還元しますなんてバカな事ぬ*んじゃねぇぞ。
    自分らのポケットマネーから出すのが当たり前、
    ちゃんとケジメ付けろよな。


    続きを読む

    「どうして?」 海外ではEV車へ移行しつつあるが、日本では未だにハイブリッドが主流!


    「騙されるな、空前の電気自動車(EV)ブームは空振りに終わる」は間違いだらけ? - 独自、またはライセンスによる
    電気自動車・プラグインハイブリッド車の普及により、日本をはじめとする世界の自動車産業および、石油産業は大きな影響を受けます。しかし、ご存じの通り、この変化に ...
    (出典:独自、またはライセンスによる)



    (出典 www.enecho.meti.go.jp)


    電気自動車は今だ、車両価格が高い。税金面、補助金等、或いは燃料費で優位に立っても元が取れず、インフラ(充電スタンド)が限られた場所にしかなく、充電するにも時間がかかる。国民性であろうか、メリットを感じる人が少ないのでは?(だいたい、日本でカッコ良いと思える電気自動車が存在しないのが現状。)

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/08/29(木) 12:06:36.703 ID:aP0KBAIhpNIKU.net

    未だに石油に依存するのか?


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング




    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ