【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ◇モータースポーツ

    【F1速報】フェラーリ、ベッテルの後任としてカルロス・サインツJr.を抜擢。2年契約を締結



    (出典 cdn-image.as-web.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/05/14(木) 19:24:01.89

    5/14(木) 18:54配信 オートスポーツweb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200514-00585592-rcg-moto

    (出典 cdn-image.as-web.jp)


     *ーリは、現在マクラーレンに所属するカルロス・サインツJr.と2021年および2022年の契約を結んだことを発表した。サインツはセバスチャン・ベッテルの後任として、シャルル・ルクレールのチームメイトを務める。

    来年はチームメイトになるシャルル・ルクレール(*ーリ)とカルロス・サインツJr.(マクラーレン)

     5月12日、*ーリとベッテルは、2020年末までの現契約を延長しないことを発表した。その直後から、*ーリがサインツを獲得することが内定しているとの報道がなされていた。

     14日、マクラーレンがサインツ離脱とダニエル・リカルド加入を発表、その直後に*ーリも声明を出し、サインツとの2年契約を正式に発表した。

     スペイン出身のサインツは、2015年にトロロッソからF1デビューを果たし、2017年終盤にルノーに移籍、2019年にマクラーレンに加入した。この年のブラジルGPでは3位表彰台を獲得、ドライバーズ選手権で6位という素晴らしい結果をつかみ、高い評価を受けた。

     2021年の*ーリは、23歳のルクレールと26歳のサインツという若いペアで戦うことになる。


    続きを読む

    【F1速報】フェラーリがセバスチャン・ベッテルの離脱を発表、契約交渉決裂で2020年限りで他チーム移籍へ



    (出典 autosalon.tokyo)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/05/13(水) 06:16:32.53

    5/12(火) 16:03配信 オートスポーツweb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200512-00585016-rcg-moto

    (出典 cdn-image.as-web.jp)



     5月12日、スクーデリア・*ーリは、セバスチャン・ベッテルとの契約を延長しないことを発表した。ベッテルは、2020年シーズン限りでチームを離れることになる。

     レッドブル時代に4年連続でチャンピオンを獲得したベッテルは、2015年に*ーリへ移籍し、タイトル獲得を目指してきた。だが*ーリ加入後のランキング最高位は2017年と2018年の2位で、戴冠という目標はまだ達成されていない。

     2019年はマシン特性に苦しんだことやチームの過失などもあったものの、自身のミスや僚友シャルル・ルクレールの活躍もあって、1勝を挙げるにとどまった。

     ベッテルと*ーリとの契約は2020年までとなっており、2021年以降に向けて交渉が進められていた。チームは1年契約および大幅なサラリー減額というオファーを行ったようで、ベッテルがこれに対して難色を示していると報道されてきた。

     ベッテルの後任ドライバーはまだ明らかになっていないが、ダニエル・リカルド(ルノー)やカルロス・サインツJr.という噂もある。また、ルノーやマクラーレンがベッテルに対してオファーをしているという話もあるが、こちらもまだ正確なことはわかっていない。


    続きを読む

    鈴木亜久里氏も大賛成!(3年以内に)「横浜山下埠頭でF1開催?」 しかし...



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 ゴン太のん太猫 ★ :2019/09/09(月) 19:27:42.60

    https://friday.kodansha.co.jp/article/63574

    鈴木亜久里氏も大賛成!「横浜山下埠頭でF1開催」の全貌がこれだ

    カジノ誘致を表明した林市長に反対するハマのドン藤木幸夫氏の仰天プラン

    「今年1月、F1を主催する国際自動車連盟の幹部が(横浜の)山下埠頭を視察に来たんですが、『素晴らしい! ここでF1が開催できればとてつもない集客が望める』と興奮していました。F1側が乗り気なのは間違いありません」

    そう語るのは、横浜港運協会常務理事の水上裕之氏。”ハマのドン”こと藤木幸夫氏(89)の側近で、山下埠頭の有効活用に関わる業務の一切を任されている人物だ。

    8月22日、横浜市へのカジノ誘致を正式表明した林文子市長に対し、ドンが仰天プランを打ち出した。山下埠頭でF1を開催しよう、というのだ。夢物語のように聞こえるが、前出の水上氏は、計画は極めて具体的に進んでいると胸を張る。

    「幹部が来た2週間後には、コースデザインの責任者が二人来日し、山下埠頭を視察しました。詳細な地図を持ち帰って検討を重ね、2週間後、再び来日。そのときには具体的にコースをデザインした図面まで持ってきました」

    そのコース案が上の写真だ。全長は約4km。実現すれば、スーパーカーがこのコースを約75周することになる。

    「国際自動車連盟の幹部によれば、首都圏の横浜でF1をやれば、一開催につき700億円の売り上げが見込めるそうです。同じ市街地コースであるシンガポールが450億円ですから、彼らがどれだけ山下埠頭に魅力を感じているかがわかります。横浜市が許可さえ出せば、私たちなら3年以内に必ずF1開催を実現できる。カジノなんか作らなくても、横浜を世界に誇る観光都市にできるんです」(同前)

    仮にカジノ誘致が実現したとしても、完成は10年近くかかるとされる。しかも、市が実施した意見募集によると、実に94%がカジノに否定的だという。この状況を受け、ドン・藤木氏は本誌にこう語気を強めた。

    「カジノで儲けるのはアメリカだけで、トランプの意向に安倍さん以下政治家はみんな従っている。しかしF1を含めたハーバーリゾート計画なら、横浜全体が潤うんです。林市長には、早くカジノ誘致を撤回し、我々の計画に賛同してほしいものです」

    元F1ドライバーの鈴木亜久里氏も、横浜F1計画には大賛成だ。

    「コース設定には、まったく問題ないと思います。羽田空港から20分、東京からも電車ですぐ、中華街もあって、さらにF1もとなれば最高ですよね。間違いなく、世界トップクラスの観光地になりますよ。モータースポーツに関わる者として、僕はメチャクチャ応援しています」

    カジノかF1か。はたして横浜市民は、どちらが魅力的だと思うだろうか。


    (出典 i.imgur.com)


    続きを読む

    アイルトン・セナ事故死から26年、マンセルやプロストとのバトルは今見ても心が震えた



    (出典 celeby-media.net)



    1 キングコングニードロップ(静岡県) [US] :2020/05/01(金) 15:46:49.82


    F1界にとって5月1日は、“タンブレロの悲劇”の日として、記憶されている。
    いまから、26年前の1994年。イタリア・イモラで開催されたサンマリノGPで、3度のワールドチャンピオンを獲得し、
    '80年代後半から'90年代前半にかけてのF1で、絶大な人気を誇っていたアイルトン・セナが、
    レース中にイモラ・サーキットの高速コーナーである“タンブレロ”で、原因不明のトラブルに遭い、コンクリートウォールにクラッシュし、34歳の若さで還らぬ人となった。

    当時、最も人気のあったドライバーがトップを快走中に事故*るという衝撃は、
    モータースポーツ・ファンだけでなく、普段レースとは縁遠い一般の人々にも大きな悲しみを与えた。

    世界中のテレビや新聞がトップニュースでセナの死を伝えた。
    日本もその例外ではなく、'87年から6年間、一緒にレースを戦ったホンダの東京・青山にある本社には全国から約4万5000人のファンが駆けつけたほどだった。

    もちろん、セナの母国ブラジルは、さらに深い悲しみに包まれていた。
    セナの遺体を乗せた飛行機が帰ってくると、空港から埋葬される墓地までの道路には、約120万人もの市民が繰り出し、母国の英雄の死を悼んだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200501-00843367-number-moto&p=1


    続きを読む

    元FIA会長・モズレー 「今季のF1は完全中止」を提言!!



    (出典 giwiz-content.c.yimg.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/04/16(木) 06:25:57.02

    4/15(水) 20:55配信 TopNews
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200415-00000001-fliv-moto

    今年のF1はすべてキャンセルすべきだと前FIA会長
    2009年までFIA会長の職にあったマックス・モズレー
    前FIA(国際自動車連盟)会長のマックス・モズレーが、2020年のF1シーズンはすべてキャンセルするべきだと発言した。

    すでに、前F1最高責任者であるバーニー・エクレストンも世界中が新型コロナウイルスCOVID-19の脅威にさらされている今、F1は今季の活動をすべて停止すべきだとの考えを示している。

    そして、1993年から2009年までFIA会長を務めたモズレーもかつて共にF1運営に携わってきたエクレストンと同じ意見を持っているようだ。

    「2020年シーズンはキャンセルされるべきだ」

    今月13日(月)に80歳になったばかりのモズレーは『DPA通信』にそう語ると次のように続けた。

    「そうすれば、レース主催者たちは計画を立て、対策を練るための安心感を得ることができる」

    「現時点では、彼らは宙ぶらりんの状態であり、その多くが金を失いつつある。このまま静観を続ければ、何かを得られるという確証のないまま状況をさらに悪化させるリスクを負うことになる」

    モズレーはさらに、最近可能性が示唆されている無観客レースの実施は有効な対策とはならないだろうとも発言している。

    「それはほとんどのレース主催者たちを財政難に陥れてしまうだろう」

    「レース週末を短くし、ひとつのサーキットで複数のレースを開催することもコスト面から見れば小さな影響があるだろう」

    「7月にレースを開始できるという保証は何もないし、実際のところその可能性はどんどん小さくなりつつある」

    「だから、FIAとF1オーナーは将来に向けてもっと堅実な財政基盤を備えるために今がF1を再編し再構築するチャンスだととらえて行動に移す方がずっとよいことなんだ」

    そう語ったモズレーは次のように付け加えた。

    「このパンデミックがどう進展するかが分かるまで、我々にはF1のために理にかなった計画を立てることはできないよ」

    モズレーはさらに、2021年のバジェットキャップ(チーム予算上限値)を引き下げることに意味があるかどうかは疑問だとしている。

    「不平等という問題はそれでは解決することはできないよ。なぜならほとんどの小規模チームにとって、提案されている予算は手が届かないものだからね」

    FIA会長時代にもF1のコスト削減を強引に進めようとしていたことでも知られるモズレーはそう語ると次のように付け加えている。

    「それに、提案された(バジェットキャップ)ルールには例外が多すぎるよ」


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    i2iアクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ