【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    リコール

    【速報!リコール】 トヨタ「ヴィッツ」、助手席側後席ドアガラスの不具合で保安基準満たさず! 2019年1月22日~2月7日に製造された2169台が交換対象


    トヨタ ヴィッツ、リアガラスが保安基準満たさず 全車交換へ - レスポンス
    トヨタ自動車は5月29日、『ヴィッツ』の助手席側後席ドアガラスに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2019年1月22 ...
    (出典:レスポンス)



    (出典 response.jp)



    1 ばーど ★ :2019/05/30(木) 15:06:03.42 ID:QsR/RYNF9.net

    トヨタ自動車は5月29日、『ヴィッツ』の助手席側後席ドアガラスに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2019年1月22日~2月7日に製造された2169台。

    助手席側後席ドアガラスにおいて、生産設備のプログラムが不適切なため、冷却不良となり、ガラスの破砕要件を満たしていないものがある。そのため、ガラスが損傷した場合、破片が粉々にならず、保安基準第29条(窓ガラスの基準)に抵触するおそれがある。

    改善措置として、全車両、助手席側後席ドアガラスを良品に交換する。

    不具合および事故は起きていない。仕入先からの情報によりリコールを届け出た。


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    2019年5月30日(木)10時46分
    https://response.jp/article/2019/05/30/322924.html


    続きを読む

    【NISSAN】日産「エルグランド」「ムラーノ」9万台リコール!


    日産「エルグランド」「ムラーノ」9万台リコール - 読売新聞
    日産自動車は23日、「エルグランド」と「ムラーノ」の2車種計9万222台(2008年9月~15年7月製造)のリコールを国土交通省へ届け出た。国交省によると、ブレーキ部品 ...
    (出典:読売新聞)



    (出典 creative311.com)



    1 豆次郎 ★ :2019/05/23(木) 18:55:48.61 ID:A1EZqMJo9.net

    17:57

     日産自動車は23日、「エルグランド」と「ムラーノ」の2車種計9万222台(2008年9月~15年7月製造)のリコールを国土交通省へ届け出た。国交省によると、ブレーキ部品の耐性不足のため、指定外のブレーキオイルを使うと、ブレーキの利きが悪くなる恐れがある。

    お問い合わせは↓を見て
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20190523-OYT1T50266/


    続きを読む

    【悲報】米、1000万台超のエアバッグが死亡事故多発でリコール! トヨタ車など6社が対象



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    1 名無しさん@涙目です。 :2019/04/24(水) 11:44:06.90 ID:PRylDiVU0.net BE:422186189-PLT(12015)


    (出典 img.5ch.net)

    米道路交通安全局(NHTSA)は23日、衝突時にエアバッグが開かない恐れがあるとして、
    トヨタ自動車やホンダ、三菱自動車など日系メーカーを含む6社の計1230万台を対象に、
    調査を開始したと発表した。不具合による死亡事故が確認されており、大規模なリコール
    (回収・無償修理)に発展する可能性がある。

    調査対象は2010~19年型の車両で、いずれも米部品メーカー「ZF-TRW」が製造した
    エアバッグ制御装置を搭載している。日系3社以外の対象は、韓国の起亜自動車と現代自動車、
    米国の「FCA US」(旧クライスラー)。

    衝突時に誤った電気信号が発生し、エアバッグを開く装置が作動しなくなる恐れがあるという。

    NHTSAは、トヨタの乗用車「カローラ」で起きた2件の衝突事故でエアバッグが開かず、
    うち1件で死者が出ていたと明らかにした。トヨタは「NHTSAの調査に協力している」
    としており、必要な対応をとる方針を示している。

    ロイター通信によると、16年以降にFCAや起亜、現代自はすでにリコールを実施していた。

    https://www.sankei.com/economy/news/190424/ecn1904240027-n1.html


    続きを読む

    【リコール情報】スズキ、検査不正でリコール200万台!!


    スズキ、検査不正でリコール200万台 - 日本経済新聞
    スズキ(7269)の鈴木俊宏社長は12日、都内で開いた記者会見で燃費検査などに関する不正を受けて四輪車約200万台のリコール(無償回収・修理)を実施する予定だと ...
    (出典:日本経済新聞)



    (出典 news.tbs.co.jp)



    1 みつを ★ :2019/04/12(金) 17:17:22.00 ID:1l9alLWM9.net

    https://this.kiji.is/489347334374638689

    スズキ、検査不正でリコール200万台
    2019/4/12 17:11
    ©一般社団法人共同通信社

     スズキの鈴木俊宏社長は12日、東京都内で記者会見し、不正によるリコール(無料の回収・修理)の規模について200万台と明らかにした。費用は800億円に上るとしている。


    続きを読む

    【リコール情報】ダイハツ「ムーブ」など22車種約192万台リコール、ブレーキの効きが悪くなる恐れ!!



    (出典 news.tbs.co.jp)



    1 みつを ★ :2019/04/11(木) 15:59:57.26 ID:RXVZNJCD9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190411/k10011880771000.html

    ブレーキの効き悪くなるおそれ ダイハツ 約191万台リコール
    2019年4月11日 15時46分

    自動車メーカーのダイハツは、ブレーキの効きが悪くなるおそれがあるおよそ191万台について、リコールを国に届け出ました。

    対象となるのはダイハツの「ムーヴ」や「タント」など22車種、合わせておよそ191万台で、製造期間は平成22年12月から去年9月までです。

    ボンネットの隙間から雨水などが車体に入り込み、ブレーキに関係する部品がさびたりするなどしてブレーキの効きが悪くなるおそれがあるということです。

    このほか、日産も、軽自動車の「ノート」74万台余りで部品の欠陥が見つかったとしてリコールを届け出ました。

    製造期間は平成24年7月からことし2月までで、走行時のショックを吸収するサスペンションの部品の形状が不適切で、壊れるおそれがあるということです。

    いずれの欠陥もこれまでに事故の報告はないということです。

    ダイハツ、日産とも12日から全国の販売店で無料で改修に応じることにしています。


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ