【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    国産

    【RMオークション】マツダRX-7(FD3S)561万円、フェアレディZ 591万円、スープラ 1932万円 プレミアム化する日本車!!


    トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション」落札価格トップ5(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
    アメリカ・アメリア島で「RMオークション」が2019年3月8日~9日に開催。21回目の開催となるアメリア・オークションでは全142台が出品されるなか、日本のスポーツカーも ...
    (出典:Yahoo!ニュース)



    (出典 image.news.livedoor.com)


    先日、2019年3月8日~9日にアメリカ・アメリア島で「RMオークション」が開催。
    全142台が出品されるなか、日本のスポーツカーも数多くリストに入っており、その人気ぶりをみせた。

    1 名無しさん@涙目です。 :2019/03/16(土) 20:02:29.52 ID:ksIrk33V0.net BE:323057825-PLT(12000)


    (出典 img.5ch.net)

    アメリカ・アメリア島で「RMオークション」が2019年3月8日~9日に開催。
    21回目の開催となるアメリア・オークションでは全142台が出品されるなか、日本のスポーツカーも数多くリストに入っており、その人気ぶりをみせた。
    今回は国産スポーツカー4台と、高額落札モデルをトップ5を紹介しよう。

    1.1993年式 マツダRX-7(FD3S)

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    落札価格(日本円):561万1485円

     個人コレクションから出品されたRX-7の走行距離は1万3600マイル(2万1887km)、2オーナーものだ。
    日本においても、ロータリーエンジンの搭載モデルとして、走り好きなファンを虜にした1台。
    漫画「頭文字D」や映画「ワイルドスピード」にも登場することから、海外でも高い人気ぶりをみせている。

    2.1996年式 日産フェアレディZ 300ZXツインターボ

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    落札価格(日本円):591万6691円

     ロー&ワイドのスタイリングを持つZ32型フェアレディZも北米では人気の1台。
    日本では当時の自主規制によって国産車初の280馬力として話題となったが、
    自動車メディアでは「北米仕様は300馬力」というキャッチが目立ったモデルでもある。

    1994年式 トヨタ・スープラ ツインターボ タルガ

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    落札価格(日本円):1932万9318円

     2019年1月のアメリカ・デトロイトショーで発表されたスープラ。
    今回、個人コレクションから放出された先代の80型スープラは、走行距離1万1200マイル(1万8024km)という個体だ。

     しかも新車から25年もの間にチューニングされることなく、オリジナルのまま過ごしてきたという。

    トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション」落札価格トップ5
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190316-00010004-amweb-bus_all&p=1


    続きを読む

    【社会】コンセプトカー今昔 名車・珍車…メーカー黒歴史も?


    コンセプトカー今昔 名車・珍車…メーカー黒歴史も? - 朝日新聞
    11月8日までとなる東京モーターショー。1954年の第1回から今回の第44回まで、ずっと変わらず展示の主役であり続けているのは、各メーカーが競って打ち出すコンセプト ...
    (出典:朝日新聞)



    (出典 i.gzn.jp)



    1 極限紳士 ★ :2015/11/08(日) 12:16:12.65 ID:???*.net

    コンセプトカー今昔 名車・珍車…メーカー黒歴史も?

    朝日新聞デジタル 11月5日(木)7時22分配信

    1989年出展のトヨタ・セラ=同社提供

     11月8日までとなる東京モーターショー。1954年の第1回から今回の第44回まで、ずっと変わらず展示の主役であり続けているのは、各メーカーが競って打ち出すコンセプトカーだ。
    高度成長期やバブル経済などの勢いがあった時代に比べ、ここ最近の出展内容は「市販前提のプロモーションばかり」「夢がない」などと物足りなさを嘆く声もある。
    半面、都市化や高齢化をより意識し、他国のモーターショーにはない先進性を評価する指摘もある。
    モータリゼーションを彩ったクルマたちをその時代背景とともに振り返り、社会や生活の中で変遷してきた位置づけと将来の姿を探った。


    ■庶民の憧れを投影

     マイカー所有自体が庶民の憧れだった50年代。前身が軍用飛行機メーカーだった富士重工業は、58年に「スバル360」を発表する。
    通商産業省(当時)が産業振興の一環として各メーカーに求めた要件「国民車構想」に沿った軽乗用車だ。
    飛行機設計のノウハウをつぎ込み、軽量なフルモノコックボディーに独創的なサスペンションを組み込んだ。

     高速道路網が整備され始めた60年代。62年に鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)が完成すると、
    国内メーカーは「日本グランプリ」などのレースで高速走行性能を競い、販売プロモーションにつなげた。

     64年のマツダ・コスモスポーツは、のちに同社の代名詞となるロータリーエンジン(RE)を初めて搭載。市販に踏み切ったのも世界で初めてだった。
    未来的なデザインから、特撮番組「帰ってきたウルトラマン」の劇中車に採用され、子どもたちの憧れの的だった。

     当時は乗用車も手がけていたトラックメーカーの日野は、65年にレース参戦を意識した「コンテッサ GTプロトタイプ」を発表。同社の大衆車「コンテッサ」を名乗るものの、
    見た目も中身も、FRP製のボディーに4輪ディスクブレーキを備えた完全なレーシングカー。出場には至らなかったが、ファンはレース大会の盛り上がりに期待した。

     70年代のオイルショックは、ガソリンエンジンに代わる次世代の動力源の模索をうながした。
    75年にトヨタが出展した「センチュリー ガスタービン ハイブリッド」は、航空機などで用いられるガスタービンエンジンを、なぜか最高級セダンのセンチュリーに載せた実験車両。
    ボディー前方を伸ばして見た目の迫力も増している。

     出展内容のアクの強さでピークと言えるのが、千葉・幕張メッセでの初開催となった89年だ。時代は、バブル経済のまっただ中だった。

     特装車を手がける日産子会社のオーテックジャパンが、イタリアのデザイン工房と開発した「オーテック ザガート ステルビオ」。
    アルミ製ボディーに総革張りの内装をしつらえ、1900万円近い価格で市販された。ただ、ボンネット一体型ミラーなど大胆すぎるデザインからか、不人気に終わった。

     トヨタは、何の変哲もないスペックの大衆車に、羽根状に開くガルウィングドアを備えた「セラ」を発表。こんな奇抜なクルマが専用設計で市販されたことが、今となってはにわかに信じがたい。

    ソース
    朝日新聞社
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151105-00000019-asahi-bus_all
    続きます


    続きを読む

    【旧車・名車】ホンダ 「ドマーニ」という小型セダン、安くて、低燃費!?


    ドマーニ(Domani)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたセダン型の小型乗用車である。 コンチェルトの後継として1992年に発売された小型4ドアセダンで、シビックフェリオとプラットフォームを共用していた。取扱販売店はクリオ店で、いすゞ自動車へもジェミニ(4代目および5代目)としてOEM供給されていた。
    15キロバイト (1,590 語) - 2018年6月17日 (日) 22:48



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 名無しさん@見た瞬間に即決した :2006/06/04(日) 23:03:32 ID:yKHDiYKu.net

    シビックフェリオシリーズと基本メカニズムを共有するミドルクラスセダン。
    いすゞジェミニはこのドマーニを相手先ブランドで供給(OEM)したものだ。
    安くて低燃費。なんでこんないい車が不人気車なんだw
    オーナーの方、購入を考えてる方、数少ない情報交換の場を用意しますたよww
    因みに俺もステージアから買い替え予定ですおw

    ヤフー自動車カタログ
    http://autos.yahoo.co.jp/ncar/catalog/m0103/k01031034.html


    続きを読む

    【旧車・名車】三大、三菱自動車の名車「パジェロ」「アウトランダーPHEV」、あと1つは?


    昔は熱いスポーツモデルも多数あったのに……三菱自動車で復活してほしいSUV以外の名車4選(WEB CARTOP) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
    ランサーエボリューションの復刻は誰もが楽しみ 残念ながら国内販売では低迷が続く三菱自動車。リコール隠しや燃費偽装問題など、不祥事のイメージが付いてしまったこと ...
    (出典:carview!)



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 風吹けば名無し :2019/03/09(土) 08:34:02.98 ID:BMrN3VWL0.net

    あと一つは?


    続きを読む

    【話題】(貴方にとって)最高のクラシックカーとは?


    【ネオ・クラシックカー・デザイン太鼓判 特別編】80年代車は最高に楽しい! 旧車イベントで出会ったネオ・クラシックの魅力とは? - clicccar.com(クリッカー)
    80〜90年代の日本車のグッドデザイン振り返る本シリーズ。今回は特別編として、2月23日・24日にパシフィコ横浜で開催された日本最大級のクラシックモーター ...
    (出典:clicccar.com(クリッカー))



    (出典 a-ranking.com)


    思いのある車(旧車・名車=クラシックカー)は人それぞれ!
    とにかく最高にカッコいいと思うクラシックカーは何?

    1 名無しさん@見た瞬間に即決した :2006/04/12(水) 17:13:02 ID:+0gZzt+R.net

    クラシックカーといえば色々あるよな。とにかく最高にカッコイイやつを挙げてみよーぜー


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    ブログランキング
    ブログランキング
    • ライブドアブログ