【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    【韓】Hyundai

    【韓国】現代自動車が日本市場に再進出か、10年ぶり?


    撤退から10年、韓国の現代自動車が日本車市場に再挑戦=韓国ネット「やめた方が…」 - Record China
    6日、韓国・電子新聞は、現代自動車が日本の車市場に「再び挑戦状を突きつけた」と報じた。2009年に販売不振で撤退して以来、10年ぶりのことという。資料写真。
    (出典:Record China)



    (出典 www.nikkei.com)



    1 名無し募集中。。。 :2019/03/08(金) 09:07:00.82 0.net

    現代自が日本再進出か、10年ぶり=現地紙

    7日付電子新聞によると、韓国の完成車最大手、現代自動車が、日本市場での自動車販売を検討しているもようだ。
    実現すれば、2009年の日本撤退以来、10年ぶりの再進出となる。
    報道によると、電気自動車(EV)と水素燃料電池車(FCV)の発売を検討しているとみられる。
    https://www.nna.jp/news/show/1877815


    続きを読む

    【現代自動車】日本でヒュンダイ車乗ってる人っているの?


    【現代自動車(ヒュンダイ自動車)を特集】米国で人気のジェネシスから日本への輸入事情まで - MOBY
    韓国内最大の自動車メーカーである「現代自動車(ヒュンダイ自動車)」の歴史や主要車種について解説します。界での販売戦略が徐々に拡大しているヒュンダイ。米国で人気 ...
    (出典:MOBY)



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    韓国最大の自動車メーカである「現代自動車(ヒュンダイ自動車)」は2001年から日本市場へ参入しているが、今だ韓国のヒュンダイ車を乗っている人を見たことがない。日本でヒュンダイ車を運転している人がいるのだろうか?

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/02/17(日) 18:44:50.002 ID:Gkd5i3Uk0.net

    どうよ?


    続きを読む

    【韓国】仏ルノーも韓国を“拒絶” 労組スト頻発で委託生産「議論できない」 身動き取れない韓国自動車産業!!


    ルノーも韓国“拒絶” 労組スト頻発で委託生産「議論できない」 身動き取れない韓国自動車産業(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース
    日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告(64)=会社法違反(特別背任)などで起訴=を会長兼最高経営責任者(CEO)から退任させた仏自動車大手ルノーが、労働 ...
    (出典:Yahoo!ニュース)



    1 AHRA ★ :2019/02/13(水) 17:50:14.81 ID:rDg72ppl9.net

    ※韓スレです

     日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告(64)=会社法違反(特別背任)などで起訴=を会長兼最高経営責任者(CEO)から退任させた仏自動車大手ルノーが、労働組合のストライキが頻発している韓国の子会社「ルノーサムスン自動車」に、今後の製造台数の議論ができないと通告したことが分かった。同社の生産台数の約半分は、今年で契約が終わる日産からの受託生産で、ルノーから新たな製造割り当てがなくなれば、大打撃は避けられない。同社に限らず労組の過激行動が韓国自動車メーカーの首を絞めている。

     「労組がストライキを続けるなら、今後の製造台数の割り当てについて議論できない」

     複数の韓国メディアが、ルノーグループのロス・モザス製造総括副会長の最近の発言として伝えた。

     ルノーが約80%を出資するルノーサムスンは2014年から、ルノーと連合を組む日産が北米向けに輸出するSUV「ローグ」を受託生産している。ルノーサムスンが生産する車両の半数近くをローグが占めているとされる。

     その日産との契約は今年9月に終了する予定だ。このため、ルノーサムスンは、親会社であるルノーからの製造割り当てに期待を寄せていたが、そこに立ちはだかったのがルノーサムスンの労組だった。

     韓国経済新聞の記事を翻訳した中央日報(日本語版)によると、昨年12月に新たな労組委員長が就任してから、労組の姿勢がさらに強硬となった。昨年10月から今月7日まで、28回にわたって部分ストを行い、5000台程度の生産に支障が出たという。

     もともとローグの生産をルノーサムスンが請け負った背景には、ルノーと日産を率いていたゴーン被告の存在が大きかったとされる。そのゴーン被告が両社を追われたため、ルノーサムスンの見通しは暗い。

     韓国経済新聞は、ルノーからの新たな委託生産がない場合、「業界では4000人水準の釜山工場の人材のうち半数ほどが職場を失うかもしれないと予測している」と紹介している。

     労組の過激行動は、ルノーサムスンに限った問題ではない。

     韓国を代表する現代自動車では、賃金交渉が泥沼化して労組がストライキを決行し、国内生産に打撃を与えた。2016年9~10月のストでは、現代自の約14万台の生産に影響し、売上損失は約3兆ウォン(約3000億円)超に達したとされている。

     朝鮮日報(日本語版)は7日、《スト頻発、強硬労組の圧力で身動き取れない韓国自動車産業》と報じた。記事では、各国の自動車メーカーが取り組むリストラや体質改善について、「韓国の自動車業界にとっては『遠い国の話』だ。労組の圧力が強く、企業側は何もできないからだ」と指摘した。

     朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏は「ルノーサムスンの給与は日産の工場より高く、現代自動車はそれ以上ともいわれる。人件費が高く、ストライキばかり起きる不安定なところに仕事を任せるわけがない」と解説する。

     現実離れした要求を繰り返し、韓国の自動車業界を危機に追いやった元凶とされるのが、世界有数の戦闘的労組として知られる全国民主労働組合総連盟(民主労総)だ。韓国の自動車メーカーの労組の多くは、民主労総の傘下にあるとされる。

     松木氏は「民主労総はロウソクデモを組織し、文在寅(ムン・ジェイン)政権をつくり、現在どんどん組織を拡大している。もともと左翼民族主義者である文氏はもっと過激な改革をやりたいのだろうが、大統領の立場ではなかな*ぐにはできない。このため、民主労総を使って、韓国を社会主義化の方向に持っていこうとしているのではないか。民主労総は無理は承知で、経営者を追い詰めているわけで、社会主義一歩手前の労働者参加型の経営を要求しているように見える」と指摘した。

     韓国はついに、自由民主主義を捨て去ろうとしているのか。

    2019.2.13
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/190213/soc1902130007-n1.html
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/190213/soc1902130007-n2.html
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/190213/soc1902130007-n3.html


    続きを読む

    【韓国】「赤字の泥沼」に28兆ウォンの銀行貸付償還圧力まで…韓国の自動車部品メーカー“連鎖倒産直前”。。。


    韓経:「赤字の泥沼」に28兆ウォン銀行貸付償還圧力まで…韓国の自動車部品メーカー「連鎖倒産直前」 | Joongang Ilbo - 中央日報
    韓国の自動車産業を支える部品メーカーが枯死直前だ。昨年の中国の高高度防衛ミサイル(THAAD)報復に続き、今年に入り韓国GMの群山(クンサン)工場閉鎖まで ...
    (出典:中央日報)



    (出典 erakokyu.net)



    1 ニライカナイφ ★ :2018/10/23(火) 13:47:06.64 ID:CAP_USER9.net

    韓国の自動車産業を支える部品メーカーが枯死直前だ。
    昨年の中国の高高度防衛ミサイル(THAAD)報復に続き、今年に入り韓国GMの群山(クンサン)工場閉鎖まで重なり1年以上にわたり苦戦してきた自動車業界の後遺症が本格化したためだ。

    工場稼動率は半分になり、赤字を出した企業が続出している。
    運営資金も尽きて久しい。倒産する企業も相次いでいる。

    現代自動車の1次協力会社であるリハンが企業改善プログラムのワークアウトを申請したのに続き中堅部品メーカーのダナメック、クンムン産業などが相次いで法定管理(会社更生法に相当)に入った。
    2016年基準で韓国の製造業の雇用の12%、輸出額の13%を占める自動車産業が崩壊しかねないという警告は止まらない。

    ◇銀行の重点管理対象になった自動車部品業界

    相当数の部品メーカーは廃業の危機に置かれている。
    「自動車業界の販売不振→工場稼動率下落→営業利益急減または赤字転落→金融機関の貸し剥がしと貸し渋り→資金難」という悪循環に閉じ込められてだ。

    「赤字の泥沼」に陥ったところも少なくない。
    韓国経済新聞が上場部品メーカー82社の上半期業績を調査した結果25社が赤字を出していたことがわかった。

    2年間に赤字企業は2倍以上に増えた。
    52社は昨年上半期よりも売り上げが減り成長エンジンが消えつつあると分析された。
    業界では「これ以上耐えるのは難しい限界に直面した」と口をそろえる。

    今後がさらに問題という観測も出ている。
    銀行が手形割引や既存貸付の返済満期延長を拒否するなど管理を厳しくしているためだ。

    銀行が貸付の回収に乗り出し、すぐに返済できず地団駄を踏んでいる企業も増えている。
    韓国の自動車部品メーカーが銀行など金融機関から借りた資金は28兆ウォンに達するという。

    部品メーカーが新規の貸付を受けるのは「考えることすらできないこと」というのが業界の話だ。
    いくつかの都市銀行は自動車部品メーカーを最初から「重点管理対象」に分類し取引自体を大幅に縮小している。
    ある部品メーカー代表は「最高経営責任者(CEO)が直接銀行を訪ね回っても資金を借りるのは容易でない」と打ち明けた。

    ついに崔鍾球(チェ・ジョング)金融委員長まで直接乗り出した。
    崔委員長は最近銀行頭取らとの現場懇談会で「銀行が雨が降る時に傘を奪い取るような形態を見せなければよいと思う」と述べた。

    自動車部品メーカーに対する貸付回収を自制してほしいという要請だった。
    だが銀行がこれに従うかは未知数だ。

    与信健全性を管理しなければならない銀行としてはただ負債償還を先送りすることはできないからだ。
    ある都市銀行関係者は「過去に造船メーカーに対する与信を速やかに回収できず大規模な貸倒引当金を積んだ記憶のため銀行が自動車部品メーカーを無計画に助けるのは困る」と吐露した。

    ◇「来年には深刻な状況になる可能性も」

    2次・3次協力会社の状況はもっと深刻だ。
    廃業の危機に追いやられた2次・3次部品メーカーが1次協力会社を相手に自社の設備を高い価格で買い取ってほしいと要求する事例も続出している。

    慶尚北道永川(キョンサンブクド・ヨンチョン)で工場を運営するある部品メーカー代表は「工場や設備を買わなければシンナーを撒いて燃やすという下請け業者までいる。
    部品を作る2次・3次協力会社が金型などの設備をなくせば生産ラインが止まるほかなく、どうすることもできない状況だ」と訴えた。

    企画財政部と産業通商資源部、金融委員会など政府官庁はようやく自動車部品産業の実態調査と支援対策作りに乗り出した。政府高位関係者は「早ければ来月自動車産業全般に対する総合対策を出すだろう」と話した。
    金融委員会は産業銀行と中小企業銀行など国策銀行を通じて自動車部品メーカーを対象にした政策金融を拡大する計画だ。
    信用保証基金と技術保証基金などの保証規模を増やすことも検討中だ。

    既存の貸付償還満期を延長し新規貸付もできるようにするためだ。
    産業通商資源部は既に運用しているファンドなどを拡大することを考慮中という。
    韓国政府は年末に終わる個別消費税引き下げ措置(5.0%→3.5%)を来年上半期まで延長し、追加の税制支援案も検討中だ。

    ※続きはソースでご覧ください。
    https://japanese.joins.com/article/354/246354.html?servcode=300&sectcode=300


    続きを読む

    【HYUNDAI】 韓国タイヤを外してミシュランの輸入タイヤを装着する現代自動車、その理由は?


    ウェットでも安全で長持ちがグローバルのニーズ…ミシュラン プライマシー4 - レスポンス
    18日、日本ミシュランタイヤは、快適性・高速安定性を追求したコンフォートタイヤ、プライマシー3の後継となる、プレミアムコンフォートタイヤ「プライマシー4」を発表した。
    (出典:レスポンス)



    (出典 response.jp)



    1 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ :2016/11/24(木) 23:38:11.73 ID:CAP_USER.net

    #1. 22日、京畿道(キョンギド)金浦(キンポ)航空産業団地で開かれた‘グレンジャーIG’発売行事でもう一つの話題はタイヤだった。新車のタイヤには鮮明な‘ミシュラン’のロゴが刻まれていた。1986年、第一世代モデルを発売して30年ぶりに初めて輸入タイヤを基本装着したのだ。新車は18・19インチタイヤにミシュラン、17インチタイヤには錦湖(クムホ)・ネクセンタイヤを付けた。‘国内1位’の韓国タイヤはLPGモデル18インチだけが装着した。

    #2. 去る1月‘アイオニクハイブリッド’をリリースした席でもタイヤが問題になった。ミシュランタイヤを基本装着したことに対しメディアから多くの質問があった。現代車は過去、新車に国産タイヤを適用して「国産タイヤの品質は十分に優れている」と広報した。しかし、この日の懇談会では「親環境車はタイヤが重要だ。国産タイヤのレベルも高いが、すでに性能・燃費が検証されたミシュランタイヤを適用した」と説明した。

    現代起亜車と韓国タイヤ決別の信号弾は昨年12月に発売した‘ジェネシスEQ900’であった。現代車はエクウスの後継車EQ900にミシュラン・コンティネンタルタイヤを基本装着した。1999年と2009年に発売した1・2世代エクウスにタイヤを供給した韓国タイヤは初めて苦杯をなめた。

    EQ900のような高級車にタイヤを供給するのはタイヤ会社にとって逃せない機会だ。高級車に搭載した事実だけで該当会社の技術力を立証できるからだ。‘国内大企業最高経営者(CEO)が乗る車’という象徴性も無視できない。

    現代車関係者は「製品性能問題もあるが高級車のイメージを加えるためにも輸入タイヤを採択した」と説明した。EQ900から始まった現代起亜車の韓国タイヤ外しはジェネシスG80とG80スポーツにつながった。今年はじめに発売したアイオニクハイブリッドはもちろん6月に発売したアイオニクエレクトリックもミシュランを選択した。起亜車が初めてリリースした親環境車専用スポーツユーティリティー車両(SUV)‘ニーロ’もミシュランを搭載した。

    問題はこのような傾向が持続する可能性が高いことだ。韓国タイヤの売り上げの約30%が新車に供給するタイヤだ。このうち30~40%が現代起亜車であるだけに韓国タイヤの打撃は侮れない。
    (中略:過去の経緯)

    韓国タイヤ関係者は「現代起亜車は相変らず主要顧客会社だ。今後も協力関係を維持する」と話した。

    キム・キファン記者

    ソース:中央日報(韓国語) 韓国タイヤ引き離す現代車
    http://news.joins.com/article/20917906

    関連スレ:【グルメ】 うわさは本当だった~ソウル版ミシュランガイドに国のお金4億ウォン投入[11/23]
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1479996848/


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    ブログランキング
    ブログランキング
    • ライブドアブログ