【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    【独】ドイツ車

    VW 新型ゴルフ、8世代目を発表…48Vマイルドハイブリッド採用で燃費は最大10%向上!


    一方、マツダは2019年をめどにマイルドハイブリッド車の発売を計画していると報じられている。 ヨーロッパにおいては、通常の車両用電源で用いられる定格電圧を12Vから48Vに高電圧化(LV148)することで電装品の出力を高め、オルタネーターでの駆動補助を可能にする「48Vマイルド
    9キロバイト (1,053 語) - 2019年10月19日 (土) 00:13



    (出典 genroq.jp)



    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2019/10/25(金) 17:39:31.08 ID:CAP_USER.net


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)

    フォルクスワーゲン・ゴルフ 新型
    その他画像はこちらから
    https://response.jp/article/img/2019/10/25/328012/1467810.html

    フォルクスワーゲンは10月24日、新型『ゴルフ』(Volkswagen Golf)をドイツ・ヴォルフスブルクで発表した。

    □ひと目でゴルフと分かるデザイン
    ゴルフは、フォルクスワーゲンの主力車種だ。初代ゴルフは1974年に発表され、世界のコンパクトカーのベンチマーク的存在となった。新型ゴルフは8世代目モデルになる。

    新型ゴルフには、効率的な新エンジンをはじめ、強化されたサスペンション、デジタル化されたコネクティビティ、最新の先進運転支援システム(ADAS)などが採用される。

    エクステリアのデザインは、これまで以上にダイナミックでありながら、すぐにゴルフとして認識できるものとした。ヘッドライトやテールランプには、最新のLEDテクノロジーが組み込まれる。インテリアには、新鮮な色使いとファブリック素材を導入する。新世代コンパクトモデルらしいインテリアには、最新のデジタルコックピットが採用されている。


    (出典 response.jp)


    □48VマイルドHVで燃費は最大10%向上
    新型ゴルフには、新開発のマイルドハイブリッドシステム「eTSI」が搭載される。欧州で導入車種が拡大している48Vのマイルドハイブリッドシステムを採用する。新型ゴルフでは、エンジンに48Vのベルト一体型スタータージェネレーターと48Vのリチウムイオンバッテリーを組み合わせる。高速道路など低負荷走行時には、エンジンを停止し、惰性走行することが可能だ。これにより100km走行あたり、燃料を最大0.4リットル節約する。率にして、最大10%燃費(WLTP計測)を向上させるという。

    また、このマイルドハイブリッドシステムは、始動時に電気的ブーストをかけ、駆動トルクを増加させる小型軽量な発電機として機能する。これは、エンジンをスムーズに始動させるのが狙いだ。さらに減速時には、スタータージェネレーターはバッテリーに電力を蓄える機能も果たす。

    新型ゴルフの48Vマイルドハイブリッドは、欧州での発売当初、排気量1.0と1.5リットルエンジン、デュアルクラッチトランスミッション(DSG)との組み合わせになる。エンジンの最大出力は110ps、130ps、150psとなる。


    (出典 response.jp)


    >>2 へ続く

    2019年10月25日(金)11時23分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/10/25/328012.html


    続きを読む

    独フォルクスワーゲン・新型「ゴルフ」、8世代目を発表…48Vマイルドハイブリッド採用!



    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2019/10/25(金) 17:39:31.08 ID:CAP_USER.net


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)

    フォルクスワーゲン・ゴルフ 新型
    その他画像はこちらから
    https://response.jp/article/img/2019/10/25/328012/1467810.html

    フォルクスワーゲンは10月24日、新型『ゴルフ』(Volkswagen Golf)をドイツ・ヴォルフスブルクで発表した。

    □ひと目でゴルフと分かるデザイン
    ゴルフは、フォルクスワーゲンの主力車種だ。初代ゴルフは1974年に発表され、世界のコンパクトカーのベンチマーク的存在となった。新型ゴルフは8世代目モデルになる。

    新型ゴルフには、効率的な新エンジンをはじめ、強化されたサスペンション、デジタル化されたコネクティビティ、最新の先進運転支援システム(ADAS)などが採用される。

    エクステリアのデザインは、これまで以上にダイナミックでありながら、すぐにゴルフとして認識できるものとした。ヘッドライトやテールランプには、最新のLEDテクノロジーが組み込まれる。インテリアには、新鮮な色使いとファブリック素材を導入する。新世代コンパクトモデルらしいインテリアには、最新のデジタルコックピットが採用されている。


    (出典 response.jp)


    □48VマイルドHVで燃費は最大10%向上
    新型ゴルフには、新開発のマイルドハイブリッドシステム「eTSI」が搭載される。欧州で導入車種が拡大している48Vのマイルドハイブリッドシステムを採用する。新型ゴルフでは、エンジンに48Vのベルト一体型スタータージェネレーターと48Vのリチウムイオンバッテリーを組み合わせる。高速道路など低負荷走行時には、エンジンを停止し、惰性走行することが可能だ。これにより100km走行あたり、燃料を最大0.4リットル節約する。率にして、最大10%燃費(WLTP計測)を向上させるという。

    また、このマイルドハイブリッドシステムは、始動時に電気的ブーストをかけ、駆動トルクを増加させる小型軽量な発電機として機能する。これは、エンジンをスムーズに始動させるのが狙いだ。さらに減速時には、スタータージェネレーターはバッテリーに電力を蓄える機能も果たす。

    新型ゴルフの48Vマイルドハイブリッドは、欧州での発売当初、排気量1.0と1.5リットルエンジン、デュアルクラッチトランスミッション(DSG)との組み合わせになる。エンジンの最大出力は110ps、130ps、150psとなる。


    (出典 response.jp)


    >>2 へ続く

    2019年10月25日(金)11時23分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/10/25/328012.html


    続きを読む

    ベンベ(=BMW)の新型車がこちら!


    BMWグループ、複数の新型車を発表へ…電動化などに焦点 - レスポンス
    BMWグループ(BMW Group)は6月18日、ドイツ・ミュンヘンで6月25~27日に開催する「#NEXT GEN」において、複数の新型車をワールドプレミアすると発表した。
    (出典:レスポンス)



    (出典 response.jp)


    ベンベ=BMWの新型車、よく分からん? カッコ良いのか悪いのか? 装備・機能面は?

    1 :2019/06/24(月) 22:07:11.31 ID:l59O0slY0●.net BE:151915507-2BP(2000)


    (出典 img.5ch.net)


    (出典 i.imgur.com)


    https://www.bmw.com/


    続きを読む

    「(自動運転なら)走行中セックスできる?」 BMWのCMが波紋....”不謹慎”すぎると・・・ 【BMW Vision iNEXT】



    先ずは、「BMW Vision iNEXT」CM動画を!
    これこそ夢の車、誰しも持っている欲望、別にいいんじゃないの? 本当に安全な自動運転が実現できたら、車内で何しようが勝手、スマホやパソコン、会議、居眠り、そして、セックスだって・・・。何が悪いのか分からん。

    1 :2019/10/11(金) 03:10:39.44 ID:M8uFE1KF0●.net BE:842343564-2BP(2000)


    (出典 img.5ch.net)

    BMW、「自動運転車なら走りながらムフフなことしてもOKよ」なCMを作っていた
    https://www.gizmodo.jp/2019/10/bmw-autodrive-cm.html

    未来のモビリティーが新たなお愉しみの瞬間をもたらす。

    かつてはTeslaとの自動縦列駐車対決で散々な結果を叩き出したものの、過去50mまで走った行動をすべて記憶し、その道筋を巻き戻すようにバックするリバースアシスト機能がビックリだったBMW。

    無人で走る自動運転バイクも研究が進んでいる彼らは、フューチャリスティックなコンセプトEV「BMW i Vision」シリーズも作っています。

    「BMW Vision iNEXT」のCMが思わせぶりすぎる
    そして「フランクフルトモーターショー2019」に出展された「BMW Vision iNEXT」にはコマーシャルが作られたのですが…これが本能に忠実な人間なら、誰もがやろうと考えるよねっていう構成になっているのです。
    これは9月23日に公開されたものの、どうやら今ではお蔵入りになってしまったようです。

    考えることはみんな同じ
    かつては、Teslaのオートパイロット中にポルノを撮影する猛者もいましたが、自動車が自律走行してくれるなら、時間を持て余した男女がすることは決まってるよね! という夢をそのまま映像にしています。とはいえ美しい男女が熱烈に求め合っているだけで、ダイレクトな描写はありません。あとは視聴者が推して知るべし、と想像力に委ねる形で終わっています。

    車内の快適さをアピールする公式
    ROAD SHOWによりますと、BMWは2021年までにレベル4の自動運転を提供することを約束しているとあり、また公式サイトでも、この自動車は「ドライブ中、最も自分らしくいられる空間」、
    「まるで自宅でくつろいでいるかのような感覚」と、捉えようによってはムフフな妄想に繋がりかねない文言が並んでいます。
    なので総合的に見ると、勝手に動いてくれる自動車の快適な車中は、移動式のベッドルームになってもおかしくない、ってことをBMWご本人が言っちゃってるのがミソなのです。

    もしこの車が販売されたら、購入者はそういう目で見られてしまいそうですよね。ついでに自律走行車が当たり前の世の中になれば、勝手に走る魔法の鏡号のお目見えもそう遠くないかもしれません。


    (出典 Youtube)


    続きを読む

    「過去1年間で最も収益性の高い車は?」意外にも... 新型「911」、ポルシェ全利益の30%近くを稼ぐ−市場低迷の中国でも問題なし


    新型「911」はポルシェ全利益の30%近くを稼ぐ-中国でも問題なし
    …(ブルームバーグ): 過去1年間に発売された最も収益性の高い車は、テスラでもランボルギーニのようなスーパーカーでもなかった。その栄冠に輝いたのはポルシェの新型「911」だ。ブルームバーグ・インテリジェ…
    (出典:経済総合(Bloomberg))



    (出典 www.webcartop.jp)



    1 みつを ★ :2019/09/23(月) 23:36:07.29 ID:UBwdLJ8B9.net

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-09-18/PY0CGVT0AFB401

    新型「911」はポルシェ全利益の30%近くを稼ぐ-中国でも問題なし

    Hannah Elliott
    2019年9月19日 7:44 JST
    過去1年間に発売された最も収益性の高い車は、テスラでもランボルギーニのようなスーパーカーでもなかった。

      その栄冠に輝いたのはポルシェの新型「911」だ。ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)がまとめた最近のリポートによれば、投入以降、新型911はポルシェ全利益の30%近くを稼いだ。

      *ーリの「F8トリビュート」やアストンマーティンの「DBX」、メルセデス・ベンツの「GLE」、BMWの「X5」も利益率は高いが、メーカーの利益全体に占める割合という点ではポルシェ911に及ばない。
    (リンク先に続きあり)

    2020年型ポルシェ911カレラ

    (出典 assets.bwbx.io)


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    逆アクセスランキング




    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ