【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ◇バイク

    運動音痴でもバイクの免許ってとれるかなぁ・・・



    (出典 favoritecub.com)



    1 名無しさん@お腹いっぱい。 :04/07/30 14:00

    憧れてはいるんだが自身が無い。
    車取るときも苦労したしなぁ・・・


    続きを読む

    「バイクが流行らない理由は?」割安、速度も車と同じ、その辺で停車可、渋滞もスイスイ...なのに!



    (出典 www.8190.jp)



    続きを読む

    ホンダが新型「CBR600RR」を発表...レース技術をつぎ込んだ600cc級のスーパースポーツ



    (出典 autosalon.tokyo)



    1 自治郎 ★ :2020/08/21(金) 21:42:16.43

    本田技研工業は2020年8月21日、600ccクラスのエンジンを搭載した大型二輪のスーパースポーツモデル、新型「CBR600RR」を、同年9月25日に発売すると発表した。

    ■日常でも走りを楽しめるスーパースポーツ

    新型CBR600RRは、プロダクションレース(市販車に小改造を施した車両で行われるレース)にも用いられるスーパースポーツの高いポテンシャルを、日常においても楽しめるよう開発された「ジャストサイズのスーパースポーツモデル」(プレスリリースより)である。従来からの特徴である、高出力かつ扱いやすいエンジンの出力特性や俊敏なハンドリングに磨きをかけつつ、サーキットでの優れた動力性能と公道での扱いやすさを高次元で両立させ、“操る喜び”をさらに追求したという。

    エンジンは「PC40E」と呼ばれる排気量599ccの水冷4ストローク直4 DOHC 4バルブ(1気筒あたり)で、プロダクションレースにおける高い性能を確保するため、カムシャフト、バル*プリング、クランクシャフトなどの材質を変更。最高出力の発生回転数を、従来モデルより500rpm高い1万4000rpmに引き上げた。この高回転化に伴い、吸気系ではスロットルボアの大径化(φ40㎜→φ44㎜)やインレットポート形状変更、排気系ではエキゾーストパイプ各部のサイズや板厚の適正化などの改良を実施。バル*イミングの見直しもあり、吸排気効率をより向上させたアナウンスされる。

    これらの改良により、新エンジンは最高出力121PS(89kW)/1万4000rpm、最大トルク64N・m(6.5kgf・m)/1万1500rpmを実現。またシリンダーヘッドのウオータージャケットの形状を変更すことで、燃焼室およびエキゾーストバルブシート周辺の冷却効率向上も図っている。

    走りに関する装備も充実しており、姿勢制御にはBOSCH製5軸IMU(慣性測定装置)を用いた車体姿勢推定システムを搭載。これをABSやトルクコントロールと組み合わせることで、状況に応じた緻密な車体コントロールを実現しているという。またスロットルコントロールには、グリップの開度をアクセルポジションセンサー(APS)で検出し、ECUが電動アクチュエーターを介してバルブを制御するスロットルバイワイヤシステムを採用。パワーセレクターやトルクコントロール、ウイリー挙動緩和、セレクタブルエンジンブレーキの各制御レベルの組み合わせを、ドライバーが状況に応じて選択できるライディングモード機能も搭載している。

    さらに、新型CBR600RRはレース由来の空力技術を取り込んだスタイリングも特徴で、前面/側面投影面積の最適化とクラス最小のCd値(空気抵抗係数)が、防風性能の向上と俊敏なハンドリングに寄与。配置、形状、取り付け角度を最適化したカウル左右のウイングレットは、ダウンフォースの発生によりコーナー進入時や加速旋回時の安定感向上に貢献しているという。

    カラーリングは赤を基調に青と白のアクセントを配した「グランプリレッド」のみ。価格は160万6000円。(webCG)

    2020.08.21
    https://www.webcg.net/articles/-/43212

    CBR600RR

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む

    ホンダ、「CBR250RR」をパワーアップ 41馬力に 価格は82万円から



    (出典 www.wrs.jp)



    1 シャチ ★ :2020/07/26(日) 17:15:37.63

     本田技研工業は、軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」を一部仕様変更して、9月18日に発売する。一部仕様変更により最高出力41PSへ出力を向上させたほか、カラーリングなどを変更。4色展開となり、価格は「グランプリレッド(ストライプ)」が85万4700円、「マットガンパウダー*メタリック」「パールグレアホワイト」「グランプリレッド」が82万1700円。

     CBR250RRは、最高出力30kW(41PS)/13000rpm、最大トルク25Nm(2.5kgfm)/11000rpmを発生する、水冷4ストロークの直列2気筒DOHC4バルブ 249ccエンジンを搭載。トランスミッションは常時噛合式6段リターンを採用する。

     燃費性能では、定地燃費値で40.1km/L(60km/h:2名乗車時)、WMTCモード値で27.1km/L(クラス3-2:1名乗車時)を実現する。

     一部仕様変更は、パワーユニットでは新形状のピストンにより高められた圧縮比に対応するため、ピストンリング溝に錫メッキ処理を追加したほか、浸炭処理により強度を高めた浸炭コンロッドを採用。

     フリクションロスを最小限に抑えるため、バランサーシャフト軸の小径化やバル*プリング荷重の低減、エンジン内のポンピングロス低減につながるシリンダー下端への切り欠きを追加するなど最高回転数を高めながら、点火時期、吸気系部品の最適化やマフラー内部構造の変更などを施すことで、従来モデルに対して最高出力と最大トルクの向上を実現させた。

     出力特性の変更に伴い、スロットルグリップ操作に対してより緻密なスロットルバルブの制御を行なうスロットルバイワイヤシステムでは、ライディングモードの各パラメーター設定値を最適化しライダーの好みに合った3種の出力特性を選択可能にした。

     足まわりでは、フロントサスペンションのフリクション低減と減衰力の最適化を図り、市街地での扱いやすさをより高めながら、スポーツ走行での路面追従性を向上。また、新たにクラッチレバーの操作荷重と、シフトダウンに伴う後輪ホッピングを軽減するアシストスリッパークラッチを標準装備として採用した。

     さらに別売りの純正アクセサリーとして、シフトアップ/シフトダウン時のより素早いシフトチェンジ操作を可能とする「クイックシフター」(価格:2万5300円)を設定。より操りやすく快適でスムーズな乗り味を実現させたとしている。

    Car Watch,編集部:椿山和雄

    7/24(金) 11:12配信 Impress Watch
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6d4610f600abb4ffa80fcb32afdb01929d36892c
    写真:Impress Watch

    (出典 car.watch.impress.co.jp)


    (出典 car.watch.impress.co.jp)


    (出典 car.watch.impress.co.jp)


    (出典 car.watch.impress.co.jp)


    (出典 car.watch.impress.co.jp)

    ★1 2020/07/24(金) 13:09:19.72
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1595594394/


    続きを読む

    ホンダが「VFR750R(RC30)」のリフレッシュプランを発表 部品の再生産と販売もスタート



    (出典 motor-fan.jp)



    1 自治郎 ★ :2020/06/30(火) 21:31:58.43

    本田技研工業は2020年6月30日、1987年に限定販売された二輪のスーパースポーツモデル「VFR750R(RC30)」(以下、RC30)の整備プログラム「リフレッシュプラン」の提供を開始すると発表した。

    RC30は、世界耐久選手権シリーズで1985年度と1986年度にチャンピオンを獲得したレースマシン「RVF750」をベースとした“レーサーレプリカ”であり、チタン合金製のコンロッドやクロームモリブデン浸炭鋼製のカムシャフトなどが用いられたエンジン、極太の異形五角形断面材を使用したアルミツインチューブバックボーンフレームなど、各所に高度な技術が採用されていた。

    今回発表されたリフレッシュプランは、ユーザーが所有するRC30を「ベストコンディションに維持するプログラム」(リフレッシュプランのホームページより)であり、全国7カ所の「RC30リフレッシュプラン受付店」にて、2020年7月28日より相談や申し込みの受け付けを開始。また同リフレッシュプランの開始に伴い、RC30の部品も新たに再生産し、純正部品として6月30日より順次販売するとしている。

    実際の整備作業は、熊本製作所内に開設する「モーターサイクルリフレッシュセンター」にて、同年8月上旬に開始。整備の内容については、新車から30年以上経過したRC30に必要とされ、申し込みのあった全ての車両に実施する「基本メニュー」に加え、エンジンや足まわりなどの機能領域ごとにまとめて提供する「プランメニュー」、プランメニューを選択したうえで車両のコンディションとオーナーの要望に応じて追加する「オプションメニュー」の、3段階のメニューを用意している。

    RC30 リフレッシュプラン受付店は以下の通り。

    ・Honda Dream酒田(山形県酒田市)
    ・Honda Dream高崎(群馬県高崎市)
    ・Honda Dream王子(東京都北区)
    ・Honda Dream足立(東京都足立区)
    ・Honda Dream杉並(東京都杉並区)
    ・Honda Dream名古屋西(愛知県海部郡蟹江町)
    ・Honda Dream北九州(福岡県北九州市)

    (webCG)

    2020.06.30
    https://www.webcg.net/articles/-/42946

    VFR750R(RC30) リフレッシュプラン

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    i2iアクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ