【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ・F1(2020年)

    「黄金タッグ復活か?」マクラーレン、『Gulf』とのスポンサー契約締結を発表



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/07/28(火) 22:10:24.57

    7/28(火) 19:51配信 motorsport.com 日本版
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e7dfd1361e4a3461acd7a8f627c77643814d91dd

    (出典 cdn-1.motorsport.com)


     マクラーレンは石油会社のガルフオイルとスポンサー契約を締結したと発表。象徴的な同オイルのロゴが、F1マシンに掲げられることとなった。

     昨年からF1の中団グループ内で存在感を増し、今季は既に開幕戦でランド・ノリスが表彰台を獲得するなど、明るい話題が続いているマクラーレン。彼らがかつてレースをともにしたガルフオイルと再びスポンサー契約を結ぶのではないかという情報は、既に先週末から当サイトでも報じていたが、正式に発表されることとなった。

     マクラーレンは昨年末、ブラジルの石油会社ペトロブラスとのスポンサー契約を終了していたため、新たなスポンサーを探していたと見られる。

     ガルフのロゴはF1マシンのエンジンカウル及びミラーに配されており、31日から始まるF1イギリスGPから使用されることになる。なおドライバーとクルーのスーツにもロゴが入る予定だ。

     今回の契約締結に際し、マクラーレンCEOのザク・ブラウンは次のようにコメントを寄せた。

    「ガルフがマクラーレンへ戻ってくることを歓迎し、ふたつの象徴的なブランドが新たにエキサイティングなパートナーシップを共にできることを嬉しく思う」

    「ガルフはマクラーレンの歴史の一部であり、彼らは業界でイノベーションと卓越した技術によって非常によく知られている。それはマクラーレンと完全に一致している。我々はこのパートナーシップを今シーズンから開始できることを楽しみにしている」

     またガルフオイルのマイク・ジョーンズCEOは次のようにコメントを寄せた。

    「ガルフブランドをエリートモータースポーツへ復帰させる、素晴らしくエキサイティングなパートナーシップだ」

    「ガルフとマクラーレンが過去に成し遂げてきたことを物語る歴史書は、驚くべき物語に満ちている。今、我々はこのユニークなパートナーシップの次なる章を記すために、再び手をとったのだ」

     ガルフは1960年代にはF1やスポーツカー選手権『Can-Am』でブルース・マクラーレンをサポートし、1990年代にはガルフ・マクラーレンF1 GTRがル・マン24時間レースなどで活躍。モータースポーツ界において最も有名なスポンサーロゴのひとつと言える。


    続きを読む

    【F1速報2020】第3戦ハンガリーGP決勝:ハミルトン完勝、レッドブル・ホンダのフェルスタッペン2位



    (出典 webcg.ismcdn.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/07/20(月) 01:05:43.01

    7/19(日) 23:51配信 motorsport.com 日本版
    https://news.yahoo.co.jp/articles/af3314611858f921dbca7070d65232698242c037

     2020年のF1第3戦ハンガリーGPの決勝レースが行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンが優勝。ハミルトンは前戦シュタイアーマルクGPに続き、2連勝となった。

     2位にはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。フェルスタッペンはウエットコンディションだったレコノサンスラップの際にマシンの挙動を乱し、コースオフ。左フロントサスペンションを壊すシーンもあった。しかしチームがグリッド上でこれを修復。無事にレースに参加し、表彰台を手にすることができた。

     なおこのレース中には雨が降る降ると言われていたが、結局降雨はなく、多くのチーム/ドライバーが天気予報の翻弄される形となった。メルセデスのバルテリ・ボッタスもそのひとり。雨を待ち、柔らかめのタイヤを選んだことが裏目に出て、最後はフェルスタッペンの真後ろまで迫ったものの、3位止まりだった。レーシングポイントのランス・ストロールが4位に入った。

     レッドブル・ホンダのもう1台、アレクサンダー・アルボンは、終盤にセバスチャン・ベッテル(*ーリ)を抜いて5位。アルファタウリ・ホンダはダニール・クビアトが12位、ピエール・ガスリーはリタイアに終わった。


    続きを読む

    【F1速報2020】大波乱!ボッタス優勝、フェラーリ2位!マクラーレン表彰台!レッドブル・ホンダ2台リタイア/F1オーストリアGP



    (出典 www.topnews.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/07/05(日) 23:47:27.96

    7/5(日) 23:45配信TopNews
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b5fb171424b67efbebfc6360eaccf90856b1fce6


    F1開幕戦オーストリアGP(7月5日(日)決勝レース)が3日目を迎え、決勝レースが行われた。

    ●【決勝レース結果】2020年F1第1戦オーストリアGP決勝レースのタイム結果


    優勝はバルテリ・ボッタス(メルセデス)、2番手はシャルル・ルクレール(*ーリ)、3番手はルイス・ハミルトン(メルセデス)だった。

    レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンはリタイア。

    アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは7番手、ダニール・クビアトはリタイアだった。


    続きを読む

    【F1速報2020】第1戦オーストリアGP予選:ボッタスが見事ポールポジション獲得 フェルスタッペンは3番手



    (出典 cdn-image.as-web.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/07/04(土) 23:23:59.31

    7/4(土) 23:03配信 オートスポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/681e7303a02d2cb5251e792057359f6a813c51f9

     2020年F1第1戦オーストリアGPの予選が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがポールポジションを獲得した。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、アレクサンダー・アルボンは5番手に入っている。

    ■2020年F1第1戦オーストリアGP 予選結果
    Pos./No./Driver/Team/Time/Laps
    1/77/V.ボッタス/メルセデス/1’02.939/19
    2/44/L.ハミルトン/メルセデス/1’02.951/21
    3/33/M.フェルスタッペン/レッドブル・ホンダ/1’03.477/23
    4/4/L.ノリス/マクラーレン/1’03.626/17
    5/23/A.アルボン/レッドブル・ホンダ/1’03.868/18
    6/11/S.ペレス/レーシングポイント/1’03.868/19
    7/16/C.ルクレール/*ーリ/1’03.923/20
    8/55/C.サインツJr./マクラーレン/1’03.971/18
    9/18/L.ストロール/レーシングポイント/1’04.029/17
    10/3/D.リカルド/ルノー/1’04.239/15
    11/5/S.ベッテル/*ーリ/1’04.206/13
    12/10/P.ガスリー/アルファタウリ・ホンダ/1’04.305/14
    13/26/D.クビアト/アルファタウリ・ホンダ/1’04.431/14
    14/31/E.オコン/ルノー/1’04.643/12
    15/8/R.グロージャン/ハース/1’04.691/14
    16/20/K.マグヌッセン/ハース/1’05.164/8
    17/63/G.ラッセル/ウイリアムズ/1’05.167/10
    18/99/A.ジョビナッツィ/アルファロメオ/1’05.175/8
    19/7/K.ライコネン/アルファロメオ/1’05.224/9
    20/6/N.ラティフィ/ウイリアムズ/1’05.757/12


    続きを読む

    【F1速報】フェラーリ、ベッテルの後任としてカルロス・サインツJr.を抜擢。2年契約を締結



    (出典 cdn-image.as-web.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/05/14(木) 19:24:01.89

    5/14(木) 18:54配信 オートスポーツweb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200514-00585592-rcg-moto

    (出典 cdn-image.as-web.jp)


     *ーリは、現在マクラーレンに所属するカルロス・サインツJr.と2021年および2022年の契約を結んだことを発表した。サインツはセバスチャン・ベッテルの後任として、シャルル・ルクレールのチームメイトを務める。

    来年はチームメイトになるシャルル・ルクレール(*ーリ)とカルロス・サインツJr.(マクラーレン)

     5月12日、*ーリとベッテルは、2020年末までの現契約を延長しないことを発表した。その直後から、*ーリがサインツを獲得することが内定しているとの報道がなされていた。

     14日、マクラーレンがサインツ離脱とダニエル・リカルド加入を発表、その直後に*ーリも声明を出し、サインツとの2年契約を正式に発表した。

     スペイン出身のサインツは、2015年にトロロッソからF1デビューを果たし、2017年終盤にルノーに移籍、2019年にマクラーレンに加入した。この年のブラジルGPでは3位表彰台を獲得、ドライバーズ選手権で6位という素晴らしい結果をつかみ、高い評価を受けた。

     2021年の*ーリは、23歳のルクレールと26歳のサインツという若いペアで戦うことになる。


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    i2iアクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ