【News】Car Multi Information

車に関する一般常識から最新情報まで、役立つ情報をお届けする。

【今日の人気記事】

    ◇エンタメ_車

    「スーパーカブ」っていうアニメ見たんだけど... 



    (出典 supercub-anime.com)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/04/10(土) 00:02:06.201

    主人公JKは一人暮らしみたいだけど、収入源はなんなの?


    続きを読む

    ウッズの事故は「スピードの出しすぎ」...130キロ超で走行と米当局



    (出典 s.eximg.jp)



    1 ひよこ ★ [US] :2021/04/08(木) 08:16:06.50

    https://www.sanspo.com/golf/news/20210408/pga21040806260001-n1.html
    2021.4.8 06:40

     米西部カリフォルニア州ロサンゼルス近郊で2月、男子ゴルフのタイガー・ウッズ(45)が重傷を負った乗用車の単独事故で、地元捜査当局は7日、ウッズ選手が制限速度を大幅に上回る推定時速135-140キロで走行していたことが事故につながったとの捜査結果を公表した。現場の制限速度は時速約72キロだった。

     ウッズは2月23日朝、片側2車線で緩やかなカーブの下り坂をスポーツタイプ多目的車(SUV)で走行中、中央分離帯を越えて反対車線の縁石に乗り上げ、横転。車は大破し、ウッズは病院に搬送されて右すねや足首の手術を受けた。

     ロサンゼルス郡保安官事務所は車両のデータを解析し、中央分離帯にぶつかった際の速度を時速135-140キロと推定。ブレーキをかけた形跡はなく、ウッズが誤ってアクセルを踏んだ可能性があるとの見方を示した。

     7日に記者会見した保安官は「安全ではない速度で運転し、カーブを曲がりきれなかったことが事故の主な原因だ」と指摘。飲酒や薬物などによる機能障害の兆候はなかったとも強調した。(共同)


    続きを読む

    伊藤かずえ、30年乗ったシーマの走行距離は…懐かしいインパネに驚異の数字



    (出典 marticleimage.nicoblomaga.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/30(火) 15:04:52.27

    3/30(火) 14:32配信
    デイリースポーツ

    伊藤かずえ

     女優の伊藤かずえが27日、インスタグラムを更新。30年乗り続け話題の日産・初代シーマの走行距離を公開した。

     伊藤は初代シーマに30年乗り続けたことが話題となり、日産がレストアを行うことに。レストアは4月から始まるため、まだ伊藤家にあるようだが、「私が運転走行中に娘が撮ってくれました」というメーターはなんと26万6300キロ。30年で割ると、1年約8800キロの計算となる。

     この数字にファンからは「26万キロってタクシーでもそこまで乗らないですよね」「目指せ50万km」「レストアしたらメーターはゼロにされちゃうのかな~?それは絶対ダメ~!」「懐かしいインパネ」などの声が寄せられていた。


    (出典 i.daily.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5298710ec8ec7df4f40e42d65ce70d7117294c58


    続きを読む

    吉澤ひとみが飲酒運転 ひき逃げで逮捕...その後は?



    (出典 img.jisin.jp)



    1 名無しちゃんいい子なのにね :2018/09/06(木) 20:09:06.63

    https://news.yahoo.co.jp/pi*up/6296054


    続きを読む

    伊藤かずえの愛車「初代シーマ」を日産がレストア 進行状況をTwitterで発信


    伊藤かずえの愛車「初代シーマ」を日産がレストア 進行状況をTwitterで発信


    NO.9329183 2021/03/17 18:24
    伊藤かずえの愛車「初代シーマ」を日産がレストア 進行状況をTwitterで発信

     女優の伊藤かずえさんが30年以上にわたって乗り続けている愛車、初代シーマを日産自動車がレストアすることを発表。2021年4月から一時預かる形で、新車当時の姿へ近づけるべく作業をするといいます。進行状況は日産公式Twitterなどで発信するほか、代車として伊藤さんが日産の現行ラインナップから選んだ車両が提供されます。

     女優の伊藤かずえさんはクルマ好きとして知られ、1990年に購入した白い初代シーマを大切に乗り続けているのは有名。走行距離10万kmを超えた時点でエンジンと足回りのパーツを全て交換し、2007年の新聞記事では「40万kmまで一緒に走る」と語っています。

     日産シーマは1987年、トヨタ・クラウン(S13#系)の4ドアハードトップに3ナンバー専用ワイドボディが登場し、その対抗車として東京モーターショーで発表され、翌1988年1月より販売が始まったもの。「FPY31」という車両形式から分かる通り、1987年に登場したY31系セドリック/グロリアとプラットフォームを共用し、ホイールベースはほぼ同じ(シーマの方が5mm長い)ながら、3ナンバー専用のボディ(全長4890mm:全幅1770mm)が与えられました。

     伊藤さんが購入したモデルは、初代シーマ後期型の「タイプIIリミテッド(E-FPAY31)」。V6・3リッターDOHCターボのVG30DETエンジンを積み、最高出力255PS/6000rpm・最高トルク35.0kgm/3200rpmのパワーで電子制御エアサスペンションを沈み込ませ、暴力的ともいえる加速を誇ったモデルです。

     日産自動車がレストアを申し出るきっかけとなったのは、2020年10月に伊藤さんがシーマの12か月点検の際、Twitterに投稿したこと。これがSNSやメディアで大きな話題となり、投稿を見た人々から「やっちゃえ、日産!」や「日産はレストアを検討して!」といったコメントが寄せられたといいます。

     日産社内でも何かできないかという声が上がり、有志によるチームが立ち上がったとのこと。チームリーダーの日本事業渉外部・遠藤和志部長は「伊藤さんが30年以上に亘り、「シーマ」を大切に乗り続けていただいていることに感謝するとともに、大変嬉しく思います。「シーマ」は日本における自動車の歴史において、一石を投じたクルマの一つであると自負しております。30年以上お乗りいただいた車両を、伊藤さんが期待する“新車時と同じ状態”に戻すレストアは非常に難しい作業となりますが、「技術の日産」に恥じぬよう、総力をあげて、伊藤さんにご満足いただける仕上がりにしたいと思います。是非、皆さまもご期待下さい」とのコメントを発表しています。

     伊藤かずえさんは今回の申し出を受け「この度、このようなお話をいただき感謝しています。父と塗りなおした塗装やへたってしまったシートなど思い出が詰まっているけれどもきれいにしたい部分がどうなるのか楽しみです。レストア中も見学できるという事なので、毎日のように作業の様子を見に行ってしまうかもしれません。30年乗り続けた「シーマ」とお別れするのはすごく寂しいですが、戻ってくるの を楽しみにしています」とのコメントを寄せています。

     日産には、日産テクニカルセンター内の開発部門従業員を中心に活動する「日産名車再生クラブ」があり、2006年の発足以来スカイラインGT-R(KPGC110:1972年東京モーターショー出品・スカイラインGT-Rレーシングコンセプト)を皮切りに、プリンス自動車や日産の名車をレストアしてきた実績があります。今回レストアを手がけるのは日産名車再生クラブではありませんが、ノウハウが反映されるといいですね。

     筆者も20年ほどスカイライン(R32)を乗り続けた過去があるだけに、伊藤さんの思い入れもよく分かります。筆者のスカイラインはエンジン補機に致命的な不具合が発生し、スペアパーツが調達できずに泣く泣く手放しただけに、伊藤さんの初代シーマが若さを取り戻すことを楽しみにしたいと思います。レストアの様子は日産公式Twitter(@NissanJP)ほかで、随時発信していくとのことです。

    情報提供:日産自動車株式会社

    (咲村珠樹)



    【日時】2021年03月17日 18:00
    【提供】おたくま経済新聞


    続きを読む
    スポンサードリンク
    カテゴリー
    Twitter プロフィール
    車に関する情報(最新ニュース、技術、車生活など) をお届けします。 http://carmulti.blog.jp/
    i2iアクセスランキング
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    スポンサードリンク
    人気ブログランキング
    にほんブログ村

    にほんブログ村 車ブログへ
    にほんブログ村
    • ライブドアブログ